2019年5月17日 18:19

五月祭について

こんにちは、東大理科Ⅱ類二年の兒玉拓海です。一年の頃にはるか昔一度ブログを書いた記憶があるので、登場は二回目ですね。

さて、春も終わりが近づいてきて高校三年生の皆さんにはいよいよ受験の天王山といわれる夏がやってくるかと思います。夏休みはまとまった勉強時間を確保できる貴重な機会ですのでちゃんと計画をたてて大切に過ごして下さい!スタッフ一同応援しております。

...とまあ勉強の話はここではおいといて、楽しそうな話題について話したいと思います。

そう、学園祭です!!!

実は、東大の学園祭の一つである五月祭は明日と明後日、5/18と5/19に本郷キャンパスにおいて行われるのです!今回は、そんな五月祭について話していきたいと思います。


そもそも東大には一年で二種類の学園祭があります。5月に行われる五月祭と、11月に行われる駒場祭です。今回フォーカスするのは五月祭の方で、駒場祭についてはまた誰かスタッフの方が書いてくれることを期待しております(笑)

五月祭は一年生が東大に入学してから初めて参加する学園祭で、ほとんどの一年生のクラスが牛串やタピオカなど、飲食の店を出店します。中には二年生のクラスでも一年生と同様に出店するところがあるようです。一年生にとってこの出店の準備は、初めての共同作業という色が強くクラスメイトと仲良くなるチャンスでもあります。

クラス以外でも、店を出している団体はあります。サークルであったり、三年生以上の学科であったり、本当に様々なコミュニティ単位で出店・企画が行なわれています。僕の友達には、石川県出身の東大生が集まって郷土料理を提供するお店を出している人もいました。

お店の他にも、東大の各学科の研究室を見学できたり、研究テーマを聴講したり、模擬裁判を観たりと学術的な企画も沢山あります。研究と言っても、一般人に対してかなり分かりやすく教授や学部生が説明して下さるので、高校生のみなさんもぜひのぞきに行ってみてください!

五月祭をざっと説明するとこんな具合でしょうか...!説明しきれてない五月祭の魅力はまだまだたくさんあります。受験生は勉強でかなり忙しいとは思うのですが、東大受験のモチベーションにもなると思いますので、ぜひ息抜き程度に足を運んでみてください!きっとここでは書き尽くせなかった魅力に気づけることでしょう!!

それでは、またどこかでお会いしましょう!
| | コメント(0)

コメントする

月別 アーカイブ

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31