こんにちは、スタッフ4年の市川です。そして、2020年初の更新ということで、明けましておめでとうございます!今年も、皆さんが受験を突破できるように、スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。3年生の皆さんはあと少しですが、最後まで力になれるようにお手伝いさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

新年のあいさつが終わったと思ったら、センター試験がすぐ来週まで迫っていますね。ということで、早々に申し訳ないのですが、今回は、センター試験本番に向けた注意事項のようなものを中心にお話できればと思います。勉強法と違って、結構誰にでもあてはまることが多いと思うので、是非参考にしてみてください。

1.前日

センター試験前日、何より大切なのは普段通りの生活を心掛けることです。かつ丼を食べてゲンを担いだり、願掛けしたりするのも良いのかもしれませんが、普段通りにご飯を食べて、お風呂に入って、普段通りの時間に寝るようにしましょう。因みに、かつ丼のような油っこいものはあまり消化が良くないので、前日はあっさりしたものを食べると良いのかもしれません。また、緊張して眠れなくなるという人は、何かしらルーティーンのようなものをするのがオススメです。例えば、寝る前にリスニングを10分程度するなど、何でも構わないので普段やっていることをするとリラックスできます。あとは、人間は体温が低下する時に眠気を感じやすいそうなので、お風呂から上がってしばらくは寝つきが良いそうですよ。

2.当日朝

まずは、忘れ物に気を付けましょう。最低限受験票は何が何でも忘れないようにしましょう。その他、筆記用具、時計や各自必要な物など、持っているかしっかり確認が大切です。鉛筆は少し多めに持っていくと安心ですね。次に、服装です。英字がプリントされているものについては、試験監督から注意を受ける恐れがあるので、無地のものが望ましいです。服装についてよく言われることですが、、温度管理がしやすい物がオススメです。最後に、出掛ける時間ですが、少し余裕を持って出かけましょう。特に雪が降るような場合、交通が乱れる恐れがあるので注意が必要です。来週の天気予報では、北海道、東北や北陸などの一部地域で雪が降る予報だったので気象情報に十分注意しましょう。意外に落とし穴なんですが、あまり早く会場に向かっても、試験会場には入れず、場合によっては外で待つ羽目になりかねないので、あまり早く行き過ぎるのも考え物です。

3.試験会場で

試験会場まで無事に着いてしまえば、あとは試験に集中するのみです。リラックスして普段の模試通りに受ければいいだけですが、トイレの数に限りがあることに注意しましょう。休み時間に行くことはできますが、タイミングが悪いと行列ができているので、人が集まりにくい休み時間の最初や中盤以降に行くと良いかもしれません。意外に休み時間にゆとりがあるので、有意義に使いましょう。学校単位で会場が指定されていることが多いので、友達と談笑することでいい気分転換になりますよ。但し、試験の答え合わせをしようものなら、周りから物凄く嫌われますので、気を付けましょう。

以上、ざっくりとしていますが僕が受験生の時に感じたことをまとめた注意事項です。その他、自分でも考えてみるといくつか思い浮かぶと思うので、イメージトレーニングしてみると良いかもしれませんね。また、一年生スタッフのセンター試験にむけたアドバイスをメルマガで配信しているので、そちらも合わせてどうぞ!来週、良い結果が残せるようにお祈りしています。それではまた。

| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31