皆さんこんにちは、文科一類一年の佐々木です!

本日は、新高校2年生の皆さんを対象に渋谷校で開講される地歴理科ライブ講座のうち、荒巻豊志先生の高2東大世界史について紹介したいと思います。

このライブ講座はt-PODの「スタンダード世界史」に伴って開講され、授業はその内容をさらに深めるものとなっています。
問題演習に特化した高3の東大世界史とは異なり、通史解説が中心となっているこの授業は本格的な演習に移る前に一度流れを整理しておきたいという人におすすめです。

t-PODは1コマ90分ずつきちんと区切られているため、先生の話が途中で終わってしまって続きは次の授業で...ということも多いかと思いますが、このライブ授業は約2コマの時間を柔軟に使って展開され、荒巻先生の語りを毎回余すことなく聞くことができます。
受験世界史の枠にとらわれない先生の世界史像は受験以降の勉強にも通用するものであり、東大世界史の第一問を解くにあたっても大変勉強になるので世界史選択者は必見(必聴?)です!

また、ところどころに挟まれる雑談(と言いつつこれが重要だったりすることも...)もライブ授業の魅力の一つです。世界史を学ぶ意義なども聞くことができ、世界史ひいては勉強へのモチベーションが上がること間違いなし!
高3ほど大人数ではないので、先生と授業中に質問・挙手など双方向のやり取りができるのもこの授業のおすすめポイントです。

以上、高2東大世界史の内容と魅力の紹介でした。
初回の授業は2021年2月を予定しています。日程が決まりましたらこのブログでご案内いたします。

ライブ会場には私たち東大生スタッフもいるので、是非これを機会に申し込んで来年度渋谷校でお会いしましょう!


<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

コメントする

月別 アーカイブ

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31