東大レポートの最近のブログ記事

2019年11月27日 17:11

法学部のゼミ

みなさんこんにちは。法学部3年の森谷です。
東京もだいぶ寒くなってきました。今年はインフルエンザがひどく流行しているようなので、みなさん体調に気を付けてくださいね。

ひさしぶりの登場(3年生になってからはもしかして初かもしれない)で若干ブログ執筆にあたり緊張していますが、ゆるゆるとお付き合いいただければと思います!


今日は、法学部のゼミについて少しお話できればと思います。

ゼミと聞くと、いかにも大学の授業っぽいなぁというイメージを抱く人も多いでしょうか。
一般的に大学のゼミというと、三年生くらいから卒業の時期まで所属し、専門的な内容について自分の学習と研究を深めていくようなものが多いと思いますが、東大の法学部のゼミ(時間割上は演習という名前で開講されています)はちょっと違っています。

他の授業と同じように、半年に一回履修するかたちなので、2年間おなじ先生のゼミをうけるもよし、いろんな分野の、普段の授業より深い内容を学習してみるもよし、といった、わりと自由なゼミのスタイルです。
大体毎週一回、2時間程度(先生によってまちまち)の授業をうけるかたちになります。


私は、今年の前半は、政治とマスメディアをテーマにしたゼミ、現在は、英米法のゼミを履修しています。

政治とマスメディアは、現代の日本政治をマスメディアとの関係を切り口に考えるゼミです。
毎回ゲスト講師としていらっしゃる、政治家の方や、新聞記者の方など、普段なら直接お話をお会いすることができないような有名な方のお話を聞いて学習していました。
(おすすめです、もし将来法学部の進学を考えているみなさんはぜひ)

現在は、英米法のゼミで、アメリカ最高裁の判決文(もちろん全部英語です)を読解しながら、表現の自由について、アメリカの判例や、日本との比較について学習しています。
個人的には、二年生の教養学部時代に履修した授業で、アメリカの最高裁判例の歴史を学ぶ授業があり、そのときから法学部進学後にかならず学びを深めたいと思っていたテーマなので、毎週楽しみにしています。


今回は私が履修経験のあるゼミを中心に紹介しましたが、東大法学部にはもっとたくさんのゼミが開講されており、選択の幅がかなり広いです!


ゼミは、その分野において日本を代表するような有名な先生と近い距離でその分野の学習をふかめられることが魅力的な点かなぁと思っているので、皆さんも法学部に進学した際には、自分の興味分野のゼミをぜひ楽しんで履修してもらえたらと思っています。


それでは。





| | コメント(0)

2019年11月20日 19:10

駒場祭!!

 初めまして。理科三類1年の荻原です。本番レベル模試、実戦模試、即応オープン、その他模試受けた人お疲れ様でした!まだ答案は返ってきていないと思いますが、自分の実力をしっかり出せた感触はありましたか。もし、時間配分や解き方や答え方などでミスしたことが分かっているものがあるなら、覚えているうちに早めに復習するのが良いですよ!


 さて、私達1年と、一部の2年以上が通っている駒場キャンパスでは、銀杏の悪臭もかなりおさまって銀杏がきれいに色づきだし、お祭りムードも自然と高まっています。そう、駒場祭です。東大は本郷で行われる五月祭と合わせて年2回学校祭があるので他大の人には時々羨ましがられます(笑)駒場祭は基本的に1年が中心となって盛り上げるため、五月祭に比べてさらに活気があります。


 1年生はクラス展示を五月祭では必ず行い、駒場祭では希望したクラスのみ行います。それでもかなり多くのクラスが駒場祭でもクラス展示をやります。今年の五月祭では牛串とタピオカだけで60店舗を超えたようですが、駒場祭はどうなるのでしょうか、、笑


 平岡さんのブログhttp://www.toshin.com/cgi-bin/MTOS/mt.cgi?__mode=view&_type=entry&id=1962&blog_id=17でも書かれていますが、駒場祭は東大の中に入れるなかなかないチャンスの1つです。特に駒場キャンパスは東大に入って最初に通うキャンパスなので、東大での新生活の想像を膨らませるには最適だと思います。私も東大を志望したきっかけの一つが駒場祭に行ったことだったりします(笑)


 部活やサークルの行う企画は、どれも特徴的で面白くて目移りします! 私は、クラス展示(ホットドッグ)と、所属している運動会漕艇部の企画(焼きそば)(エルゴというトレーニングマシンを体験すると50円引き!)、理三1年生による企画(サンドイッチ、喫茶)、鉄門室内楽演奏会に参加します。駒場祭の大半がシフトで埋まりなかなか忙しそうですが、楽しもうと思います。



 高2以下の人は是非、高3の人も、ちょっとした息抜きに駒場に足を向けてみてはいかがでしょうか!
| | コメント(0)

2019年10月25日 14:26

人に頼ろう

こんにちは、教育学部4年(スタッフ7年目)の勅使河原です。
本日東京は大雨です......傘をさしていたのにびしょびしょになりながら校舎にたどり着きました。
皆さんのお住まいの地域はいかがですか?
特に受験生の皆さんはこれから体調管理が非常に大事な時期に突入していきます、
天候に翻弄されないよう、気を付けてくださいね。

私は最近、専ら卒論(卒業論文)に取り組んでいます。
以前にもこのブログで書いたことがあるので覚えている方もいるかもしれませんが、
私は教育社会学を専攻していて、インタビューによる社会調査を行っています。
大体インタビューは取り終わったので、
今はそこから何を見いだせて何が言えるのか、分析を詰めています。

周囲の人(同期)の進捗を見ていても感じるのですが
誰の研究でも、つまってしまい身動きがとれなくなる瞬間が来るみたいです。
データから思ったような結果が導かれなくて、それをどう消化・解釈すればいいかわからないとか、
研究の意義をどこに見出せばいいのか悩んでしまったりとか。
かく言う私自身、最近ちょっとスランプ気味でした。

ですが、わたくし現在24歳にして、ようやく学んだことがあります。
それは、
困った時は人に頼ろう!!
ということです。
当たり前じゃん、というつっこみが来そうですね(笑)。

でも、人に頼るのが苦手な人って結構いるのではないでしょうか?
私自身悩みとか困難を抱えても、自分で解決しようと思って
ああでもないこうでもないと、自分の頭のなかでぐるぐる考えがちです。

もちろんそれで解決すればいいのですが、
物事の見方や思考回路ってどうしてもパターン化されてしまうことが多いので、自分だけでは限界があるんですよね。
そこに、自分とは異なる経験・視野・思考を持っている人の意見が入ると
そういう考え方・やり方があったのか!
という「発見」が訪れる瞬間があります。
この「発見」を選択肢のレパートリーに入れて、もう一度困難を向き合うと
新たな視座から解決策を練られることがあります。
私は最近これを、卒論で困った時に教授や先輩たちに相談することで経験しました。

それに、相談を受ける側の人も、頼りにされることを迷惑だと思う場合は少ないみたいですね。
確かに私自身、人に頼ってもらえるのはむしろ嬉しいよなぁ、と思います。


皆さんも勉強を進めるなかで、
そこからどう動けばいいのか悩んでしまう瞬間があるのではないでしょうか。
勉強したはずなのにそれが模試の結果に表れない、とか
入試までの残された時間に対してやりたいことが多すぎる、とか。

そのときは一人でぐるぐる考えず、積極的に人に相談してみてください。
入試までの時間は有限なので、ぐるぐるしている時間が長いのはもったいないです。
先生でも先輩でも友達でもいいと思います。
もちろん、自分から相談にいくのは勇気が......という人もいると思うので、
そのためにもスタッフから皆さんのご自宅に、
質問や相談はありませんか?
というお電話をさしあげています。
私たちスタッフも、私たちや東大特進を頼りにしてくれるのはとても嬉しいです。
積極的に活用してくださいね!

| | コメント(0)

2019年10月23日 13:47

経済学部2Aの日々

こんにちは。経済学部に内定し、金融学科に進学選択した2年の平岡です。

2Aセメスターが始まって1ヶ月が経とうとしています。だんだん慣れてきました。

2Sは文ニート生活をしている人が多い経済学部。打って変わって、2Aはかなりハードです。

①まず、他学部に比べ授業のコマ数が多い。
他の学部は平均10コマ前後なのですが、経済学部は持出し可(経済学部に進学した際に単位に認められるもの)の必修授業だけで14コマあります。入学当初に逆戻りですね。
ただ違うのは、自分の興味分野であるぶん、意欲的に聴けるということです。(一年の頃は興味のない分野の授業も必修だったりして、つまらなく感じてしまうこともあったので。まあ、自分がその分野に興味がないことが分かるのも一つの学びです。)
あと、他学部の授業はなかなか取りにくいのが多くの人の現実です。(取ろうと思えば全然取れますが、この日は全休にしたいな~とか他にやりたいこともあるな~と思っちゃうので)

②一科目がなんと2コマ連続で行われる。
1コマ105分でさえ、他の大学に比べると長めなのに、経済学部は一つの科目に2コマ割きます。
つまり、一日に2科目の授業があると、統計を210分受けた後にミクロ経済学を210分...的な。
休憩をこまめに取ってくださる教授もいれば、105分ぶっ通しで板書を続ける教授もいらっしゃいます(笑)
この超ロングな授業時間にもさすがに慣れました。

③ある教室を永遠使い続ける。
経済学部の持出し可の授業が開講されるのは、1323教室に固定です。移動の手間が省けてそれはそれでいいのですが、飽きる人も出てきそうですね。昼休みを挟んで授業が一日2科目ある日は、みんな荷物を置いたまま食堂に行ったりして、まさに塾の自習室みたいな感じです。

ただ、他の学部と違って、経済学部(とあと法学部)に特徴的なのが、なんせ人が多いので

出席がない

ということです。

これもあって、授業に来ない人も当然いる訳で、だからスライドがオンラインに上がる授業が多いのか、オンラインに上がるから授業を切る人がいるのか、教科書と参考書自学自習が可能だからかわかりませんが、出席率は経過日数に比例して綺麗に減少関数を描いています。

けど、単純に一日四コマ受ける場合、105分×4=420分=7時間勉強していることになるので、軽く受験生に逆戻りしたような感覚ですね。まあ、その濃度はさておき(笑)

けど、水曜は全休で好きなことが出来ますし、わりとメリハリのついた生活が出来ていて、充実している実感はあります。


学部によって、過ごし方も全然違うと思うので、面白いですね。



台風の翌日は銀杏がやばい。
| | コメント(0)

2019年10月22日 16:22

進学選択を終えて

こんにちは~(^ ^)
最近急に寒くなって困ってます2年の宇野です、、、受験生の皆さん、体調管理には気を付けてください、、

今日は、徳仁天皇の即位礼正殿の儀が行われましたね!
あれが天皇に徳仁なんだなあ...


ということで(笑)、今日は進学選択(旧進振り)を終え薬学部に進学したばかりの私が、薬学部に進学する裏ワザ(?!)について書こうと思います。

薬学部といえば、理科二類から進学するというイメージがあると思います。
実際、薬学部の学生は8、9割が理科二類出身で、たまに理科一類からの人もいます。

しかし!!本当に薬学部に進学したかったら、実は、理科一類に入った方が進学しやすいんです!!びっくり。

理科二類といえば農学部か薬学部、という印象が強いだけに、やはり理科二類から薬学部を目指す人はたくさんいます。
目指す人が多いということは、それだけ良い成績を取らないと進学しづらいということです(成績上位の人から内定していくため)。
つまり、薬学部志望者が少ない理科一類に入れば、ちょっと成績が芳しくない...(^_^;)という場合でも、薬学部に進学できる可能性が上がるというわけなんです。
(進学に必要な点数は年によってまちまちなので一概には言えませんが、実際の結果を見てみると、例年、理科二類から進学した方が点数が必要になっています。)

ただ、理科一類は二、三類と比べて物理系の授業が多く生物系が少ないので、生物が好き(物理が苦手)で薬学部を目指す方にはあまりオススメしません笑

元生物選択の私から、生物選択で薬学部を目指す方へ。
理科何類に入っても、物理の授業はあります。
周りの人を頼って何が何でも単位を取りましょうね。
私は去年単位を落としてしまい、今回単位を落としたら留年です。
ちなみに薬学部に入って専門の科目が増えたら物理がなくなるとか思ってたら大間違いです。
全然ありました今めっちゃ苦労してます。
(もちろん生物系の科目も増えるし楽しいといえば楽しいです!笑)


...それではまたお会い(?)しましょう!2年の宇野でした!
| | コメント(0)

2019年9月19日 17:13

駒場祭のすゝめ

こんにちは~この夏ブログへの出現率が割と高めの2年スタッフ、平岡です。

少し肌寒く感じる日も増えてきました。
皆さん体調管理はしっかりお願いしますね。

秋と言えば、駒場キャンパスの銀杏並木(1年目で銀杏が嫌いになるほど秋は臭い)、
そして銀杏並木と言えば、秋に駒場キャンパスで行われる駒場祭です!

東大に足を踏み入れたことのない高校生の皆さん(特に文科生)には
是非駒場祭に行ってみてもらいたいところです。

何故だかお分かりと思いますが、それは文系の試験会場が駒場だからです。

私は地方出身で普段キャンパスを訪れることが出来なかったため、
駒場祭に行くことでキャンパスの雰囲気を掴んだりモチベーションをUPしました!

下見で行くからいいや、と思う方もいると思いますが、
駒場祭に行くメリット、それは・・・



実際に教室に入れること!



どんな机でどんな椅子なのか、受験生にでもなれば気になってしまうものです。


五月祭とくらべるとこじんまりはしていますが、出店もステージもあり、
展示などもどこに何があるのか分からなくなることなく、ゆっくり見て回れるのでオススメです。

五月祭ほど一般の方も多くいらっしゃらないので、
学生のワイワイとした感じがより感じられると思います。


一年生のクラスや、駒場が拠点のサークルによる出店や企画がメインなので、
さすがに私も2年生では関わらないと思っていたのですが・・・



2Sのデザインを学ぶ主題科目を受講した有志の人たちで展示を行なおう、
とTAさんから声がかかったので参加してみることにしました!

準備に気合いが入ります。

部活の後輩のお店を回るのも楽しみです!

| | コメント(0)

2019年9月 5日 13:55

2Aにむけて

お久しぶりです。文科Ⅱ類2年の平岡です。

9月に入り、残る夏休みも三週間ほど・・・
長いようであっという間に過ぎていく夏休みです。

さて、題名にも書きました通り、そろそろ2Aにむけて切り替えていかなければなりません。


私平岡は進振りの第一段階で無事経済学部に内定しましたので、2Aからは経済学部の必修の嵐です。

経済学部の2Aに取るべき必修は駒場でしか開講していないため、その単位を落とすと3年時に駒場に授業を受けに行く「駒バック」をしなくてはなりません。絶対に避けたいですね。

経済学部は他の文系の学部に比べて必修が多いらしく、週14コマが必修で埋まります。しかも一科目105分×2コマの210分授業。血流が悪くなりそうです。

2Sで週3コマだった私や、そのほか文ニートを謳歌していた人たちの生活が激変する未来がありありと見えてきました。

ましてや週3で1限(8:30開始)です。夏休み、部活が昼or夜、バイトも昼からで優雅に過ごしていた朝の時間(ほとんど睡眠タイム)が無くなってしまいます。早起きの習慣もつけないといけませんね。

1人暮らしの私は、3年からキャンパスが本郷になるため、家さがしも行わなければいけません。引っ越しは2月頃かな...色々準備が大変そうです。

あとは教科書を先輩から譲ってもらう、とかでしょうか。
入学時にも言えることですが、先輩に頼めば案外教科書は買わなくても手に入ります。
私なんて、再現答案で東進を含む各社様から頂いた図書カードがまだ余っています。
入学した暁には新歓時に仲良くなった先輩に頼んで見ると良いですよ~

準備することがたくさんありますが、2Aから始まる専門科目の授業が楽しみでもあります。
駒場の教養課程で授業を受ける中でみつけた、自分の興味があることを深く学べるのはいいですね。
気合いを入れて頑張ります。
と同時に、残りの夏休みもしっかり楽しみます!


| | コメント(0)

2019年9月 3日 13:46

東大受験で身につく力

こんにちは、スタッフの勅使河原です。


私は昨日までの3日間、来春入社予定の会社での研修合宿に行っていました。
約30人の同期たちと一緒に、グループワークをしたりその発表をしたり、
夜には懇親会をしたり、とても楽しかったです。

私の内定先(入社予定先)は、東大卒ばかりではなく、様々な大学出身の方がいらっしゃるので
同期たちも多様なバックグラウンド(社会学的に表現するならハビトゥス)を持っています。
同じ「難関大学」でも、大学によってこんなに文化が違うのか!と驚いたり、
やっぱり同じ大学同士の人は、考え方の様式といった部分で共通するものが多いんだなぁと思ったり。

私は今まで東大生ばかりに囲まれた大学生活を送ってきたわけですが、
自分とは異なるパスをたどり、異なる大学に行きついた同級生と仲良くなると、
彼らとの比較のなかで「東大生」を客観視し、相対化することができるようになると感じています。

例えば(少なくとも私の周囲にいる)東大生の強みとしては、
自分の考えを筋道立てて言語化するのが上手いなぁと思いました。
(他大学の人はそれが下手とか苦手、と言っているのでは決してありません!東大以外にも、論理的でそれを他者に伝えるのも上手い人がたくさんいます)
大学に入ってから勉強して、議論を重ねて学問して、そういった力を磨いていく面ももちろん大きいのでしょうが
「入口」の時点からも、その資質が求められているんだろうなぁ、と思います。

つまりは、東大入試は論理的に文章を把握してそれをまとめたり、
文系なら世界史の大論述で代表されるように、構想したことを言葉で表現することが求められますよね。
これって先述の「論理的思考と、その適切なアウトプット」ができる人をまさに東大が求めている印で、
それができる人が東大に入れるし、
更に言えば東大はそのスキルを磨くことができる環境が整っているのだと思います。


ちなみに、
「やばい、論理とかロゴス化とか苦手だわ......」
って思った東大受験生の皆さん、大丈夫!
私も正直、論理が得意な方ではないです!笑
それでもトレーニング次第で、少なくとも東大には入れたし、
大学で勉強しているうちに少しマシになってきたかな?と思います。多分。笑


論理とか言語化とか、上手になると東大に受かりやすくなるだけではなくて、
その先、例えば就職活動でも多くの場合高く評価されます(特に文系なら)。
就職活動で求められるということは、その先の社会人生活でも求められているのでしょう。
研究者を目指している場合も、言わずもがなですね。
そういう意味では、皆さんが東大受験のために重ねているトレーニングは、
一生ものの力を身につけられる可能性を秘めているのだと思います。


......そんなこと考えている余裕なんてないよー、とりあえず東大に受かりたいー、という感じかもしれませんね(私が受験生のときだったらそうでした(笑))。
それでも、皆さんより7歳とか(?)年上の自分から見れば
受験勉強で身につけられるのは「得点力」だけじゃない、絶対人生で役に立つ経験だと思うので、伝わればいいなーと考え記事にしてみました。
ぜひ頑張ってくださいね(*^^*)
| | コメント(0)
段々と涼しくなってきました。

一年生スタッフの熊谷です。

「今聞きたくなる音楽」というテーマで今回はブログを書かせていただこうと思うのですが、皆さんはこの時期にどんな曲を聴きたくなるでしょうか?

「ああ、今年の夏休みも終わってしまう」

そんな時に私が聴きたくなる曲を紹介しようと思います。


①「Summer」久石譲
多分誰もが一度は耳にしたことがあるんじゃないかなと思います。
目を閉じてこの曲を聴くと、夏の風景がバーーーーっと広がる感じがしますよね!

②「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」サザンオールスターズ
やっぱ夏と言えばサザンですよね、
まだ10代の僕たちには歌詞の意味は理解できないのかもしれません
毎年聞いていって、いつ理解できたと思えるようになるのか気になりますねー

③「君がくれた夏」家入レオ
良い歌だなって思います。
けど僕にはよく分かりません。
去年の夏に告白してフラれた友人がこの歌を聴いて震えていました。
良い歌だなって思います。

④「少年時代」井上陽水
サークルの合宿で友人と熱唱しました。
この曲は何と言っても歌詞、言葉遣いがすごいなって思います。
色んなサイトで解説されているみたいなので読んでみると面白いと思います。
あと、ジャケットの写真が結構インパクトあります。

⑤「夏の終わり」森山直太郎
やっぱりこの曲は外せません、今日一番紹介したかったのはこの曲かもしれないくらいです
イントロのフ―ってやつ、声なんですよ!?
色んな夏がある中で、やっぱり忘れられない夏ってあると思うんです
この曲を聴くと、今までの夏を振り返ったり、今年の夏あったことを忘れないようにしようって思ったり、僕はします。


5つほど紹介しました。皆さん本当に夏頑張りました!夏の締めくくりということで、帰り道とかリラックスタイムに聴いてもらえるとうれしいです。
全部邦楽だったので、洋楽好きの人には申し訳なかったです。今度はちゃんと洋楽も紹介しますね!

冬とか、受験直前期とかに紹介できたらなと思ってますので楽しみにしててくださいーではまたー

| | コメント(0)

2019年8月30日 12:10

駒場ライフをあれこれと

こんにちは。またまたブログに登場の一年生スタッフで理科一類に所属している平﨑です。

昨日の小山君と同じで、最近ブログの登場回数が多いですね、、。あまり同じようなことを書いていても仕方がないということで、本日は皆さんが東大に入学したら、少なくとも一年半を過ごす(この理由も後で説明します)駒場キャンパスで一セメスターを僕が終えての感想や、駒場について知ったことを書こうかなと思います。


まず、1,2年の間は前期教養課程に学生は所属し、駒場キャンパスに通います。ただし、皆さんもご存知であるだろう進学振り分け制度(通称進振り)が2年生の夏にあり、進学する学部が内定し、2Aセメスター(大雑把に10~2月)は大抵の学部で専門科目が開講され始めて、基本的にはそちらを履修します。なので、本郷に所在する学部に内定した人は2Aセメスターは本郷で過ごすことが多かったりします。もちろん、駒場キャンパスにある、理学部数学科や後期教養学部に内定した人は4年間を駒場キャンパスで過ごします。単位が足りずに、進振りに参加できなかった人は、9月時点で後年届提出し、1年生の9月からやり直したりもします。まあ、皆さんは関係ないことだと思いますが・・・。


一年生の間は、理系の生徒は一年生の間は数学が必修科目となっており、主に高校生の時に習った微分積分学をより深く学ぶのと、高校で履修しなかった線形代数を学びます。その他にも、理系科目で言えば、力学、熱力学、電磁気学を一セメスターで学びます。化学については有機化学の延長のようなものを、一年の後半と二年生の前半で学びます。そのほか、2人ペアで実験の授業も必修となっています。

一方で文系の生徒は、理系の数理科目にあたる部分の必修はなく、その単位は自分で好きに授業を取って埋めるようです。


第二外国語と、英語は理系も文系も一年生の間は必修になります。第二外国語については、7月の方のブログ記事で詳しく紹介させていただいたのでそちらをご覧ください、、。


英語の授業は大別すると、読解、スピーキング、ライティング'(それもアカデミックな論文を書くための授業)の3つがあります。読解に関しては一年間、それ以外については一セメスター間の履修になります。


また、その他にも英語の授業の中で4単位分を自由に選択して取らなければなりません。その授業内容は本当に様々で、読解の授業もあれば、プレゼンの授業もあったり、ディベートをする授業まであります。


他にも体育の授業(通称スポ身)や、初年度ゼミナールという授業もありました。初ゼミに関しては、7月小山君が書いていましたので、もしよければそちらを参照ください。


こんな感じで、特に理系の生徒は一年生の間は必修の授業が多いですね。


その分、2年生の前半は必修が殆どなく、自分の興味に応じた授業を取れます。


その一方で、文系の人は、あまり必修が無く自分で選択してとる授業が多いですね。興味に応じてとれるメリットが多い一方で、選ぶのに苦労する人も多いようですが、、、。



最後に僕がSセメ(4~7月末)の授業を終えた感想としては、高校と違って、時間の使い方が自由になるなあということですね。履修の組み方によっては、2限と4限の間に空きコマが出来たりして、その間に遊ぶ人とかもいます。高校と違って、自分で決めて、時間を使えるのが大学の面白いところだなあと心底思いました。その分自分を律する責任もうまれますがね、、。


このように、皆さんも入学した後の楽しい大学生活を想像したりして、勉強のモチベにしたり、息抜きにしたりしてくれればなあと思います。


一足先にキャンパスで待ってます!!
| | コメント(0)

カテゴリ

月別 アーカイブ

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30