東大特進のまどの最近のブログ記事

 第1回東大本番レベル模試の講評が完成しました。

 講評は受験に最も近かった1年生のスタッフを中心に作成しておりますので、参考になる部分も多いと思います。

 是非これを読んで、どの問題は点数を取るべきだったか、逆にこの問題は捨てても良かったなどの、時間配分の戦略を練る際の参考にし、また復習に役立てて頂きたいです。

 

 受験勉強は課題を見つけてその穴を埋める作業の連続です。

 講評を課題の発見に役立ててください!



| | コメント(0)
こんにちは。

東大特進スタッフの小野です。

明日は第一回東大本番レベル模試ですね。皆さん勉強は順調でしょうか?体調は崩していませんか?暑くなったかと思えば肌寒くなったりと、梅雨特有の不安定な天気でやられてしまいそうですが、明日に備えて今日はしっかり寝てくださいね。

明日は模試なので、各校舎の自習室は高3生は利用することができません。ご了承ください。

では明日の皆さんの健闘を祈っています...!
| | コメント(0)
こんにちは、文科Ⅲ類2年の岡田です!

梅雨の時期になり雨が降って寒くなったと思えば、突然暑くなったり、、と季節の移り変わりの時期ですが、皆さん体調管理は出来ていますか?
もちろん万全の体調で6月16日を迎える準備はできていますよね!?
絶対にないとは思いますが、なぜ6月16日なのかを忘れている人がいたときのためにお伝えします。
来たる6月16日は第1回東大本番レベル模試です!

とここまで大げさに書きましたが、今回のブログでは東大本番レベル模試に臨む姿勢や受験後の使い方などについてお話したいと思います。

ある程度の規模の模試のうち、この第1回東大本番レベル模試は今年度最初の東大型模試ではないでしょうか。
今回の模試が初めての東大模試だという方は、必ず問題形式を確認してから受験しましょう!
模試だけではなく普段の勉強に関しても言えますが、目の前の問題に捉われずに、全体像をもって取り組むことは大事です。
折角の模試の機会ですから、今の自分の力を最大限発揮できるよう、事前にできることはしておきましょう!

模試に臨む姿勢について他にもいうと、緊張感をもって受験しましょう。
本番の試験だと思って、とまではいいませんが、計算ミスや誤字がないかを確認しなかったり、昼食後眠たくなったから試験中に少し寝たりなど、本番だったらしないよねみたいなことはやめておいたほうがよいでしょう。
自分で150分計りながらテストするのって結構大変じゃないですか。その大変なことをわざわざしに来ているのなら、その150分を最大限活用してみたらいいのではないでしょうか。

模試というのは学力を測るためのものだけではなく、メンタルを鍛えるためのものでもあると私は考えています。
自分自身が受験生時代に痛感したのは、メンタルの強さが最終的な決め手になるということです。
だからこそ皆さんには、緊張感に慣れるため、これから何度もある模試を無駄にせず、一つ一つと真剣に向き合って欲しいです。

次に成績が返ってきた時のことについてです。
東進模試は成績返却が早いから受験生にはありがたいですよね。
東大本番同日模試を受けた方は分かるかもしれませんが、東進の模試って判定が厳しくないですか!?(私はずっと悪かったです、、、私だけか、、、)
D・E判定が大半です。C判定なんか出れば、親が赤飯を炊いてくれるはずです。
まだ実施もされていないのに、こんなことを言うのもあれですが、D・E判定でも落ち込まないでください!!!!!

でも気にしないでとは言いません。気にしてください。
なぜ自分が他の人と差をつけられてしまったのかよく分析して復習しましょう。
正答率が低い問題を間違えてしまったのは仕方がありません。(でも次からは解けるように復習が必須です。)
しかし正答率が高い問題を間違えてしまったなら、何につまづいたのか、また採点基準をどう満たしていないのかをよく考えて、次に生かせるよう整理しておきましょう。
このことは、ここまで自分とは関係ないわ^^と読み飛ばしてきた、いつもA判定のあなたにもあてはまることですよ!(読んでくださりありがとうございます。)
模試の復習は溜まると余計億劫になるものです。
受験時の記憶が新しいうちに復習しておくことを強く勧めます!

最後に、でもやっぱりD・E判定だったらどうしようか不安で夜も眠れない人に教えましょう。
ここだけの話、D判定のDは大丈夫、E判定のEはいいね(関西だとええやん)の頭文字なのです。
C判定だと丁度いいを指します。
逆に、A判定は危ない、B判定は微妙を意味するので要注意です!
まあこんなくだらないことを言っていますが、つまり成績表のアルファベットなんかに左右されるな!ということです。
とにかく明後日の模試を受ける人は全力で格闘してきてください!!


| | コメント(0)

2019年6月 3日 15:32

東大模試の活用法

こんにちは。文科2類二年生スタッフの勝嵜です。連続での登場になってしまいました。

今月は東大本番レベル模試があります。東大同日を受験していない人は初めての東大形式の試験となりますね。以前別のスタッフが模試について記事を書いてくれているので基本的にはそちらを参照して頂くとして、東大模試特有の内容について今回は書いていきたいと思います。

全体としては東大模試を有効活用するためには、「二次試験本番を意識すること」が重要だと考えています。さて、これだけでは実際に何をすればいいのか分からない人もいると思うので、ここからより具体的なお話をしていきます。

①はじめに
学習以外の面でまず、二次試験本番を意識するべきことがあります。それは前日からの行動です。前日何時に寝れば頭がしっかり働くか、休み時間には何を食べれば試験中お腹がすいたり眠くなったりしないか、などを実際に試していきましょう。二次試験本番は誰しも緊張からコンディションに多少の崩れが生じます。それを最小限に抑えるためにも、どのような準備をすれば試験中により良いコンディションで受験できるかを今のうちから確認しておきましょう。
また、何科目も連続して受ける試験ということで、一科目一科目、一喜一憂せずに切り替えるというのもしっかり練習していきましょう。
②英語について
東大英語は問題形式がかなり特殊です。初めて受験する人はあまりの量の多さに驚くと思います。「45分+リスニング30分+45分」という時間をどのように使えば得点が最大化できるかを念頭に、解く順番や各問題にかける時間の目安を考えておきましょう。東大模試は自分のプランが正しいかどうかを確認する数少ない機会です。是非有効活用してください。
③数学について
東大数学は高校の定期試験やセンター数学と違い、満点を取りに行く試験ではありません。完答できる問題を見つけてしっかり正解を出し、それ以外の問題は部分点を少しでももぎ取りに行く必要があります。東大模試は問題の取捨選択という合格に不可欠な能力をつけるチャンスです。模範解答をもらったあとで、自分はどの問題を取らなければいけなかったのか、超難問に必要以上にしがみついていなかったかをしっかり考えるようにしましょう。
④理社について
この時期にはまだ理社の学習が進んでいない人が多いと思います。だからといって理社を受験しないのも違うし、試験前に一気に付け焼刃の知識をつけるのも違うと思います。少なくとも、これまでの学習で得たものを最大限活かせるように試験時間の間は最後まで集中して取り組んでほしいです。また、模試の問題形式から今後の学習の方向性を考えられると今後の学習がより合格に近いものになると思います。

以上が僕が受験生時代に気を付けていたことと、受験を終えてやっておくべきだったと思ったことです。他にも考えておくべきことはたくさんあると思うので、皆さんも本番を想定した対策をしてみてください!

家で過去問を解くのと、試験会場で模試を受けるのはやはりそれぞれ違った効果が得られるものだと思います。周りに他の受験生がいて、試験監督に時間を管理されて、一日で一気に何科目も受ける模試は現役生にとっては数の限られたかなり貴重な機会です。最大限有効活用してくださいね!

それでは今月の第一回東大本番レベル模試、頑張ってください!
| | コメント(0)

2019年5月31日 19:08

高2の生活について

こんにちは。ブログを書くのも半年ぶりになってしまいました。文科二類2年の勝嵜です。

現在は文ニートとは言わないまでも週4コマ、週休5日制の自由な生活を送っています。晴れて合格し2年になれば夢のような自由な生活が待っています!その時期に何するかを考えてモチベーションにするのもいいと思いますよ!

 

さて、今回は高校2年の時期になにをすれば良いのかについて書いていきたいと思います。

①学習面について

去年の東大特進生の開示データから考えると二次試験で点差が付きやすいのは英語と数学の2科目になります。英語と数学は短期集中で成績を伸ばすのが難しいことから、東大受験を有利に進めるためには高2のうちに英語と数学をある程度進めておくことが重要になります。

以下、科目ごとに少しだけ勉強法の案を書いておきます。

英語に関しては、単語と文法を完璧にしておけると高3の学習に移行しやすいです。また、英語が得意で余裕がある人は、継続的にやればやるほど伸びるリスニングや慣れれば確実に得点できる英作文などをやっておくと良いと思います。

数学に関しては、数2Bまでの知識・解法の8割くらいは身につけておきましょう。苦手な人の多い科目だとは思いますが粘り強くやれば結果が出る科目でもあります。

理科社会に関しては、片方の1科目だけでもいいので基礎的な知識をさらっておくといいと思います。余裕があれば2科目とも触れておくと高3になってからかなり楽ですが、英数を優先してください。

 

②学習以外の面について

学習面について長々と書きましたが、東大合格のためには意外と学習以外の活動で得られるものも大切です。東大を現役で合格するには、短い期間で4科目を完成させる「計画力」・1年間諦めずに勉強する「精神力」・高3の1年間の学習や2日に渡る試験に耐える「体力」が必要になります。これらは学習以外の活動でこそ身につくものです。高2のうちは部活・文化祭などなんでもいいので何か一つ決めて全力でやりきるということができるとそこで得たものが東大合格への助けになると思います。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。部活で忙しく学習の進んでいない方もいると思いますが、まだ大丈夫です。①は高3で集中して学習すればいくらでも取り返せますが、②は高2の間でしか得られないものです。自分でやると決めたことを大切にしながら、時間を見つけて少しずつ学習を進めていきましょう!

東大では、他では出会えない貴重な経験をすることができます。高校2年生の方にはこれからの2年間はとても長く感じられるかもしれませんが、2年後の大学生活を夢見て着実に進んでいっていただければと思います!

 

それでは、頑張ってください!

 

 

 

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)
みなさんこんにちは。文科二類二年の山口紗弥です。

さて、今日は模試についてブログを書いてみたいと思います。
東進では6月9日に全国統一高校生テスト、そして6月16日に第一回東大本番レベル模試を開催します。これを読んでいるみなさんはもちろん既に申し込んでますよね?
(まだならすぐに特進コースへお電話を!)

前者はセンタータイプのもので、後者は東大の二次試験のタイプです。
本番は両方2日間ずつかけて試験が行われますが、東進の模試では一日ずつに詰め込んで模試が行なわれます。はじめはかなりハードだと思いますが、だんだん慣れてくるものです。(私も一年間東進の模試で鍛えられたので、本番は楽に感じました)

模試は試験時間中にがんばるのは勿論ですが、効果的に活用するにはその前後が鍵になってきます。

模試前
・目標点を科目ごとに決める
→自身の今までの記録や東大合格体験記を参照して決めてください。合計点と各科目のそれぞれで決めた上、余裕があれば大問や単元ごとに目安を大体でいいので考えておくといいと思います

・前回の模試の反省をいまいちど思い出す
→人間そう簡単には変われないものですし嫌な記憶はすぐ忘れます。そこを思い返しておくことで自分の悪い癖と向き合い、同じミスを減らせるように努めましょう。

模試後
・復習ノートを作る
→科目ごとに、間違えた問題をまとめましょう。どれぐらい丁寧にまとめるかは間違えた種類によって変えればよいとおもいます(ケアレスミスなら問題そのものではなくケアレスミスした理由を簡潔にまとめる。問題そのものがわからなかったら公式などもメモするなど)

・次回の目標を決める
→模試直後は後悔や悔しい気持ちが大きいはずです。その気持ちを失う前に次の目標を決めましょう。同じタイプの模試の次の日程を調べ、そこまでの日数で何ができるのか考え、少しでも苦手を克服し得意を伸ばせるように計画を立てましょう。


模試は拘束時間が長く疲れるので大変です。そのぶん活用しないとその一日を無駄にしたのと同じことになってしまいます。自分を成長させるツールとして模試を活用してください!!

今何をすべきかというのは緊急度と重要度の二つの視点で考えてほしいです。視野がせまくなると緊急度のみで行動してしまいます。緊急度は低くても重要度が高いことというのがポイントになってくるものです。ここに時間をさけるように計画をたてて勉強していきましょう!応援しています。
| | コメント(0)
東大特進コースのゴールデンウィーク中の校舎開館時間についてご案内いたします。
自習室等、ご利用の際はご確認ください。

■御茶ノ水校
4/27(土) 10:00~18:00
4/28(日) 10:00~18:00
4/29(月) 10:00~14:00
4/30(火) 10:00~18:00
5/1(水)   10:00~18:00
5/2(木)   10:00~18:00
5/3(金)   10:00~18:00
5/4(土)   10:00~18:00
5/5(日)   14:00~18:00
5/6(月)   閉館

■渋谷校
4/27(土) 10:00~18:00
4/28(日) 10:00~18:00
4/29(月)  閉館
4/30(火) 13:00~18:00
5/1(水)   10:00~18:00
5/2(木)   10:00~18:00
5/3(金)   10:00~18:00
5/4(土) 閉館
5/5(日) 閉館
5/6(月) 閉館

■大阪校
4/27(土) 閉館
4/28(日) 10:00~18:00
4/29(月) 10:00~18:00
4/30(火) 10:00~18:00
5/1(水)   10:00~18:00
5/2(木)   10:00~18:00
5/3(金)   10:00~18:00
5/4(土)   10:00~18:00
5/5(日)   10:00~18:00
5/6(月)   10:00~18:00

| | コメント(0)

2019年2月13日 16:12

いまやるべきこと

こんにちは、理科一類1年の永長です。
寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?


だんだんとゴールが見えてくるこの時期、残りの時間をどう使うべきか迷う人も多いかと思います。
限られた時間でいったい何をするのが正解なのでしょう?

いまやりたいことがいまやるべきこと

そう私は思います。


みなさんはこれまで自分の苦手科目に向き合い、得意科目を武器とし、懸命にがんばってきました。
積み重ねてきた勉強はもちろん力となっていますし、続けてきた習慣が今の生活を形作っています。

そんなあなたがいまやりたいと思うことは、あなたにとって必要なものに違いありません。


やり残したことがない状態で本番を迎えることが大事です。



これからが一番伸びる時期です!

いまあなたは自分史上一番頭がいい。
だから勉強効率もいまが一番いいはずです。

演習を通じて、蓄えてきた知識が一気に結びついていきます。
どうか信じて続けてください。



楽しみながら最後まで走り切って下さい!
| | コメント(0)

2019年2月 9日 13:49

3ポイントアドバイス

こんにちは、文科三類1年の田尻です。
今日は雪が降るくらい寒い日ですが、皆さん体調管理はばっちりですか?

二次試験まであと2週間ほどとなりました。
私からは、あと2週間でできる本当にちょっとしたことを3点、まとめたいと思います。

1、生活リズムを整える
二次試験当日は混雑もあり、朝早くから会場に向かうことになります。2月に入って学校の授業がなくなるなど、生活の時間が変わった人はそろそろ睡眠時間・食事時間を入試モードにしていきましょう。

2、字を書く練習をする
最近の自分の勉強を思い浮かべてみてください。
問題を解くのを主として文字を適当に書いた問題演習の時間や、教科書を見ている時間が多くないですか?
もちろん自分に合った勉強をしてほしいのですが、不思議なもので、
しばらく文字を書いていないと、書くのが遅くなったり大論述を書いていられないほど途中で腕が痛くなってしまったり、ということがあります。
同様に、適当に字を書く癖をつけていると、丁寧に書くのにとても時間がかかってしまうことがあります。
もちろん最重要なのは答案の中身ですが、読めない答案は採点できないので、
余裕があれば少し意識してもらえればと思います。

3、成功のイメージトレーニングをする
自分では実感しなくても、自然と気持ちに焦りが出てきてしまうのがこの時期です。
また、この時期にケアレスミスをしてしまったり、苦手な単元を見つけてしまったりすると、本当に落ち込むと思います。
私は気分転換代わりに、入試当日の朝からの自分を出来るだけ細かく想像していました。
勿論緊張すると思いますが、緊張している自分を少し客観視してみたり、次に何があるのか何となくイメージが出来ていたりすると、少し落ち着くのかなあと思います。

本当にちょっとしたことしかお伝えできず申し訳ないですが、あともう少し、一緒に頑張っていきましょう。

最後に、遠方に住んでいて、入試(私大も含めて)のために東京にいらっしゃる方はぜひ、東大特進の自習室に来て下さいね。私自身入試前日に初めて(本当に人生で初めて)東京に来て、慣れない環境で知り合いもおらず、ホテルの部屋も自習するには狭くて暗いという状況の中、特進の渋谷校に行きました。勉強ができるだけでなく、入試の話しや悩みをいつでも話せる環境って思ったより少ないと思うので、是非ご活用いただけたらと思います。

| | コメント(0)

お久しぶりです、東大理科Ⅱ類1年の荻田です。

ブログを書くのは夏以来ですね。

僕ら1年生は試験が終わって春休みに入ったところですね。休みを利用して旅行などに行ったりする人が結構多いです。まあ僕は遊ぶ予定がほぼないのですが()。

とまあ、僕の大学生活は置いといて、試験前日、当日にどんなことに気を付ければいいのかということを書いていこうと思います。

 

僕の試験当日のアドバイスとしてまず、早く会場について殆ど得がないということです。試験当日だし勢い余って早くに東大に行こうとする気持ちも良くわかります。けれど、寒い中長時間待つことで、無駄に体力を消耗してしまいます。開門の時間は一緒です。どうせ待つなら出来るだけ暖かいところ(おうちの中とかホテルとか)にいて体力を温存した方が良いでしょう。かといってギリギリに到着するのも精神的な余裕があまりなくなると思うので、会場への到着は30分から1時間くらいがベストだと良いと思います

 

また、当日の昼食の調達についてですが、東大の近くのコンビニで買う計画を立てるのはやめましょう!東大のそばのコンビニではおにぎりやパンなどめぼしい商品がすぐになくなってしまうからです。自宅や宿泊しているホテルの近くのコンビニで調達するのがおすすめです。僕は確かおにぎり3個くらいとお茶を買って持って行ったような気がします。あとは、何か甘いものを持ち込むと良いです。(僕は明治のチョコレートを持っていきました)

 

次に当日の持ち物をきちんとチェックしておきましょう!

特にセンター試験の受験票!!

忘れてしまいがちなものだと思います。一応、忘れても2次試験を受けられないことは無いのですが東大の先生に怒られるらしいので絶対忘れないようにしてください。怒られてメンタル面がやられるのは結構つらいはずです。

 

また、下見は前日に余力があったらやっておきましょう。会場は比較的広く、迷ってしまう可能性があるからです。前日とかに見て回って、場所を把握しておけば、迷わず移動できると思います。

 

以上が前日、当日の注意点です。あとはまあ、風邪とかインフルにならないよう体調管理をきちんとしてください!

受験生活も残りわずかだと思いますが、出来ることを精いっぱい頑張ってください!応援しています!

 

ではまた。

 

 

 

| | コメント(0)

月別 アーカイブ

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30