東大特進のまどの最近のブログ記事

2018年1月18日 15:08

国公立大学への出願

こんにちは。理科一類2年の谷田です。

まずは受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。
月並みではありますが、結果には一喜一憂しないことが大切です。気持ちのコントロールというのは非常に難しいものですが、やるべきことを整理し、二次試験までもうひと踏ん張りしてほしいと思います。


さて、国公立大学を志望する場合、センター試験の自己採点の結果を基に前期日程、中期日程、後期日程に出願することになります。その際、もちろん出願要項などは確認すると思うのですが、せっかくなので周囲してほしいことを書いておくことにします。(抜けなどがありえるので、参考程度としてください)

まず、東大に出願する場合についてです。
前々から決めていた科類に出願する場合は特に問題ないのですが、変更を考えている人もいるかと思います。この場合、科類によっては進めない、あるいは非常に進みにくい学部・学科・コースがあるので、注意してください。ただ、このタイミングでの科類変更は多くの場合センター試験の点数が振るわなかったことによるものだと思いますが、安易な科類変更は避けた方がいいと思います。例えば足切り点を見ると昨年度は理Ⅱの方が理Ⅰより高くなっていますし、合格最低点も理Ⅲを除けばさほど変わるものでもありません。ただ、どうしても迷ってしまうという場合は、「東京大学 出願状況」で検索すると最新の出願状況が知れるので、参考にしてみてください。

次に、志望変更をする場合・あるいは中後期日程への出願についてです。
大学によってセンター試験の要求科目は異なります。東京大学では英語のリスニングは不要ですが、他の多くの大学では必要なのが分かりやすい例だと思います。他にも、生物が必須だったり、倫理政経が使えなかったり、などあります。もし条件を満たさずに出願すると、当然のことながら受験資格すらありません。そういったことがないように注意しましょう。

大学入試で人生がすべて決まる、ということは全くないですが、少なくとも4年間どの大学に通うかは決まりますし、また場合によってはどのような分野を専門にして生きていくか、ということを決めることにもなります。後戻りできない多くの分かれ道の中の一つを選ぶようなもので、なにがよくてなにが悪いのかは後になってみないと分からない部分も大きいですが、どうしても譲れない、という点で後悔を残すことはないようにしてほしいと思います。


駄文となってしまいましたが、読んでくださった方はありがとうございます。しばらく気温の上下が激しい日々が続くようなので、体調には十分気をつけてください。
| | コメント(0)
こんばんは!文科Ⅱ類一年の深澤崇史です!

受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。
ほとんどの皆さんにとっては初めての「本番」でしたが、緊張しましたか?
センター試験では同じ会場に高校の同級生がたくさんいるので、僕もそこまで緊張しなかった記憶があります。(むしろリラックスしすぎていたかもしれません...)

緊張の度合はどうであれ、二日間の試験は集中力も使いますし、なかなかに疲れます。
まずは家に帰ってゆっくりと休息をとりましょう。
一息ついたら、自己採点をすることをおすすめします。
解答は東進のホームページにアップされているので、是非参考にして下さいね!
(自動採点機能もついているので、かなり便利です!)

今年は去年に比べると全体的にやや易化したようですが、例年東大受験生の平均点はほとんど変わりません。
9割行ったぞ!という人は素直に自分を褒めてあげてください。
全然ダメだった⤵という人も大して気に病む必要はありません。
どうせセンター試験でつく点差は4,5点なのですから、二次で一瞬で巻き返せます!
大失敗をしてしまって、どうしてもまた勉強するモチベーションが湧かないという人は、是非東大特進コースにお電話くださいね!
大成功して自慢したい方も電話してくれていいですよ(笑)優秀なスタッフにイキり返されるでしょうけど...
そして、是非東大特進コースにも自己採点結果の報告をお願いします!

明日は高校の登校日になっている人が多いと思います。
そこでセンターリサーチに自分の得点を記入したら、センター試験のことはきっぱりと忘れましょう。
特に文系は理科基礎、理系は地歴・公民を頭の中から綺麗に消し去りましょう。
実際僕も物化基礎の内容は大学に入ってから一度も使っていません。
スイヘーリーベーボクノフネ???っていう感じです。今年解いたら91点でした笑

明後日からは本格的な二次対策に入っていきましょう。
特に英数はセンターボケといわれる事態に陥りがちです。
僕はこの時期数学で計算ミスを連発していました。
(検算を習得してこれを乗り切ったつもりでしたが、本番でもしっかりと分数の足し算を間違えました笑)
まずは過去問を解いて時間感覚を取り戻すことが最重要といえるでしょう。

来週末(1/20,21)には最終東大本番レベル模試があります。
本番前の最後の東大模試なので、必ず受験してしっかりと復習しましょう。
まだ実力が取り戻せていない人も多いので、結果はそこまで気にしないで良いと思います。

二次試験まであと一か月ちょっと、短いように見えて出来ることは沢山あります!
僕たちスタッフも全力で応援しているので、東大特進を存分に活用しつつ、全力で頑張ってくださいね!
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2017年12月30日 12:00

センターのあれこれ

師走、何かと気ぜわしいこの頃となりましたが、皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。2週間ぶりぐらいですかね。理科Ⅱ類(→理学部生物化学科)2年の武田です。
今日はセンターの諸注意的なものを書こうかなと思います。

  • 持ち物について
    鉛筆が必要とか、消しゴム複数個必要とか色々あるとは思いますが、2点ほど。
    まず、英語が書かれた筆記用具や洋服を着て行かないということです。その場で監督官に注意されて没収ではありますが、それをされるだけで心理的には非常に厳しいものになると思われます。
    また、ティッシュ、カイロ、時計を持っていくなどありますが、時計も複数持って行った方がいいかと思われます。知り合いが目覚まし時計のような時計を持って行って没収されて途方に暮れたらしく(見知らぬ受験生に腕時計を貸してもらって何とかはなったそうです)、卓上時計と腕時計2種類持って行くべきと言っていたのを聞きました。
  • 服装について
    英語が書かれていないものは勿論なのですが、自分で体温調整が楽にできる服装が良いです。要は重ね着の方が良いです。制服は基本的に文字など入っていないことが多いので、迷ったら制服をおすすめします。
  • 会場について
    恐らく見知らぬ大学がセンター試験の会場になっていることが多いと思います。そこへのアクセス、当日の天候や混み具合などを予め調べておくと共に、前もって会場に行っておくと精神的には落ち着くと思います。
  • 昼食について
    昼食は前もって準備しておくことをおすすめします。近くのコンビニに買いに行こうとしたりお店で食べようとしたものの、混雑のせいで時間がおしてしっかり食べれなかったりするのも面倒なので。基本的にほとんどの受験生は会場内で食べていました。
  • 休み時間の過ごし方について
    休み時間に勉強するのもいいとは思います。そこは人それぞれなので。ですが、僕個人の意見としては、今まで散々やってきたんだからもう今更変わんないでしょ、と思います。休み時間勉強して集中力使うよりは、友達と喋ってリラックスするか、昼寝するかの方がいいんじゃないかなと思います。あくまで個人の意見なのでお気になさらず。
  • マークシートについて
    マークミスをしてもいきなり全部消さないこと。これはかなり重要です。急がなきゃという気持ちは分かりますが、どの部分を消す必要があるのか、どこからどこまではそのまま写せばいいのかをちゃんと見てから消さないと逆に時間をロスする可能性があります。
  • 数学ⅠAについて
    これは結構決定的なものがあります。問題を配られたら裏にして、解答開始の合図とともに裏から問題を捲り始めるというものです。ロスとしては十数秒ですが、数学Ⅰを解くという最大懸念事項が解消されるのであれば良いものだと思います。
  • 自己採点について
    1日目の夜にやらない方がいいです。絶対やらない方がいいです。たとえ点数が良くても正直何の安心感もないです(僕も1日目の夜にセンター社会自己採点してしまったので)。むしろミスしていて点数が悪い場合のリカバリーが効かなくなるので、これに関してはやらない方がいいと思います。

以上、諸注意ですが、恐らく1年生スタッフが皆さんのところにお電話したり、メルマガでセンター試験について流れてきたりしていると思うので、それも参考にして下さい。

それでは良いお年を......。
| | コメント(0)
こんにちは。
スタッフの勅使河原です。
以前は結構頻繁にブログに登場していたのですが、
すっかりご無沙汰になってしまっていました......
久々のブログ、嬉しいです!笑

今年も残すところわずか。
センター試験までは2週間強、二次試験までは2ヶ月弱ですね。
いよいよ受験シーズン突入ということで、
1年生スタッフは受験生の皆さんに、センター激励の電話をおかけしています。
不安に思う事があれば、何でもスタッフに話してくださいね。
もちろん皆さんからのお電話もお待ちしています!

さて、直近の目標であるセンターからは話が外れてしまいますが、
次に私がブログを書けるのはいつか分からないので、
今のうちに英語の和訳問題の話をしておきます。

というのも、私はここ1ヶ月ほど膨大な数の和訳問題の答案をみています。
東大特進英語の、秋期集中講座のテストゼミ(ほとんど和訳問題)と、
冬期集中講座の添削課題その1(要約と和訳)の採点を担当させてもらっているからです。
(もう1人、教養学部3年のスタッフの黄ちゃんと2人で分担しています。)

秋期も冬期も、歯ごたえのある問題が揃っているので満点はとれなくて当たり前なのですが、
せめてこういうことは意識して解いてほしいよね!
と思ったことがいくつがあるので挙げてみます。


〇「きちんとした」日本語を書いてほしい!
・・・当たり前のことですが、出来ていない人が結構います......。

一番単純だけどよくあるのは、漢字間違え(「講義」を「講議」と書いている答案の多さに愕然としました......)や誤字脱字。こんなことで点を引かれるのは嫌ですよね。

他にも、単純化した例を挙げると、
"Shan Shan was playing with her mother when I went to Ueno Zoo, and she was very cute."
という文を和訳するとします。
「私が上野動物園に行ったときシャンシャンは彼女の母親と遊んでいた、彼女はとても可愛かった。」
という答案を見て、どう思いますか?
「接続詞を使ってよ!」、あるいは「『、』を『。』に変えればいいのに!」
と思いませんか?
これは極端な例ですが、こういう解答が結構あります。

あとは、話し言葉を訳すときに多いのが、少し日本語がくだけすぎかな?と思う解答。
たとえば、登場人物が相手を責めて言う
"You aren't sorry, are you?"
というセリフを訳す時、
「お前は申し訳ないって思っちゃないだろ。」
と訳したとします。
実際に採点する東大の先生がどう判断するかは分かりませんが、
入試の答案としては少しフランク過ぎてリスキーじゃないかと私は思います。
「お前は申し訳ないと思っていないのだろう。」
と訳すのが「無難」ではありますよね。
確かに話し言葉はなるべく自然に訳してほしいのですが、
1点を争う試験である以上、「文句をつけられない」、「つっこまれない」答えを書くことが
まずは優先かな、と......。

〇文脈もよく読んで!
・・・東大の和訳問題の下線部は、単体で存在しているわけではありません。
筆者が意図を持って書いた文章の、一連の流れの一部を必ず担っています。
だから下線部の単語が全ては分からなくても、文脈から意味を推測することも可能だし、
自分の書いた解答を見直して
「待てよ?この文脈からするとこの解答はおかしいぞ!」
と判断することもできます。
要するに、全く的外れな解答は自分自身で排除できなければだめなんです。
(そもそも文脈を掴めない、という人は語彙力なり構文把握力なり
何かしらが大きく欠如していると思われます。早急に対策を取ってください。)

〇字は丁寧に書いて!
・・・字の上手い下手ではないんです。
ただ、殴り書きのように書いてある答案を見ると、
この子は採点者に「伝える」という意識が薄いんだなぁ......
と悲しくなります。
よく言われることですが、答案は大学への「ラブレター」です。
「ラブレター」は丁寧に、読む相手に伝わるように綴りましょう。
これはどの科目にも共通することですね。


こんな感じです。

和訳は結局はその文の「意味」と「構文」を理解できるかです。
訳し漏れや訳語ミスなど細かい間違えはあっても、
この2つさえ読みとれていれば壊滅することはないはずです。
つまりそれは、文を「精読」できるか否かです。
「精読」が出来ない自覚がある人は、語彙力を強化したり、
長文を読むときは1文1文の構造を意識したり、
最後まであきらめず基礎を大事にしてください。

~おまけ~

前述の通り、冬期の添削課題については「要約」も採点しているので
こちらについても一言......。

〇筆者の主張は、何が何でも解答に入れる!
・・・要約で出題されるような文章では、
筆者の主張が述べられている場合が多いです。
場所としては文章の最後が定番。
というのも、筆者の心理としては、
自分の主張を支える根拠や事実を述べていく→読者を誘導する
その上で
主張をどーんと表明する!→読者も納得しやすい!
としたいからです。
つまりは、このような場合には展開されている論は
筆者の主張を支えるための「手段」。
一番大切な「目的」である筆者の主張が本文に明記されているのに、
要旨にどうしてそれを含めなくていいことがあろうか、いやない。

なので筆者の主張らしきものがないか目を見張って、
もしあれば必ず答案にその旨を入れてください。
(当たり前ですが、主張が明確に書かれていない場合は捏造しちゃだめですよ!)


ではでは、今年最後の校舎勤務の勅使河原でした。
また来年、校舎や双方向講座で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!
良いお年をお過ごしください!

| | コメント(0)
こんばんは!医学部5年の佐藤元彌です!

今年は1年間病院で実習で忙しかったのですが、22日からようやく冬休みに突入しました(^^)/

さて今年インフルエンザの流行が例年より早いというニュースがありますが、受験生の皆さんは体調を崩していないでしょうか?
実はセンター試験「受験上の注意」の5.試験当日の注意事項の(9)には以下のように書かれています。

⑼ インフルエンザ,ノロウィルス等の感染症にかかり治癒していない者は,他の受験者や監督者等に感するおそれがあるため受験はできません。追試験の受験を申請してください。

インフルエンザやノロウイルスに罹患した状態で受験できないことは勿論のこと、治癒していなければ「追試験行き」となってしまいます...。手洗い・うがい・手指消毒や部屋の加湿など、できることはやっておきましょう!

前置きから本題に入ってしまいましたが、「受験上の注意」は暇なときでいいので一度目を通しておくといいと思います!特に持ち物に関しては詳しく指定がなされています。例えば、験時間中の注意事項の中の、(1) 所持品の取扱いには以下のように書かれています。

黒鉛筆(H,F,HB に限る。和歌・格言等が印刷されているものは不可。

各予備校が配付している鉛筆で格言が書いてあるものとかありますよね?試験監督に見つからなければラッキーですが、万一そういった鉛筆が発見された場合、最悪失格となってしまうのできちんと無地の鉛筆を購入しましょう。

時計(辞書,電卓,端末等の機能があるものや,それらの機能の有無が判別しづらいもの・
秒針音のするもの・キッチンタイマー・大型のものは不可。)

キッチンタイマーとか持ち込む人いるんかい、という感じですが、試験時間中にあのけたたましい音ならされたらたまったものじゃないですよね。最近はapple watchのような高機能の時計も増えてきたので、つけている人は気をつけましょう。

定規(定規の機能を備えた鉛筆等を含む。),コンパス,電卓,そろばん,グラフ用紙等の 補助具

意外と定規が持ち込み不可であることの認知度が低かったりするのでをつけてください!
私の二次試験の時の話ですが、自分の後に座っていた人が理科の時間に定規を使用していたことが試験官に発見され、没収&失格になったことがありました(恐ろしい)。 

受験室内で,コート類を着用しても差し支えありません。
英文字や地図等がプリントされている服等は着用しないでください。着用している場合には,脱いでもらうことがあります。

センター試験もそうですが、二次試験での英語の時間にもこのことはうるさく言われます。小さくしか書いてないし大丈夫だろうと思ったら注意され、薄着で受験するはめになった人もいます。私の二次試験の時は消しゴムのスリーブに書いてあった「ERASER」の文字を指摘され、スリーブを外すよう指示されました汗。


東大特進コースでは毎日学習相談の電話を受け付けています。
何か勉強法で不明なことや、受験本番について聞いてみたいことがあれば気軽に電話してください。
ではまた(^^)/

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2017年12月26日 16:55

ストレスとの付き合い方

こんばんは!医学部4年の吉井です(*・ω・)

受験生の皆さん、毎日勉強お疲れ様です。
私も先日CBT(臨床実習に出るために合格必須の、全国の医学生が受けるテスト)を受験したのですが、直前の2週間は毎日図書館に通って勉強していました。教材は重いしずっと机に向かっていると肩は凝るし、スキマ時間も活用しなきゃ!とか思うとだんだん日々の生活に疲れてきますよね...。

今日は、私が受験生時代(今も?)にやっていた、長時間勉強する時の息抜き法をいくつか紹介したいと思います♪

①トイレに行く
②20分くらい寝る
③伸びをする、肩関節をまわす
④お菓子を食べる
⑤太ももの辺りを拳で叩く(マッサージみたいなイメージ、揉むのもあり)

こんな感じでしょうか。大したことが言えずすみません...。ただ個人的に、身体をほぐして血の巡りを良くすることは大事なんじゃないかなと思います。別にトイレに行かなくても、その辺をふらっと歩くだけで気分転換にはなります。私の場合、お昼を遅めに食べる方が「ご飯まで頑張るぞ!」と思って集中できるのでそれもしていました。

需要があるか不明ですがよく食べていたお菓子も。
①アルフォート(ブルボン)
②DARS(森永)
③Rummy(ロッテ)
全部チョコレートやん、というツッコミは自分でしておきます。ちなみに③は洋酒使用なのでご注意ください。とりあえず糖分は大事です。脳の唯一の栄養です。私は試験前にもブドウ糖(ドラッグストアで売っています)を食べるのがジンクス?みたいになっていました。

あとは、ありきたりですが友達や家族と話すとかですかね...。悩み事は他人に話すだけでもだいぶ気持ちが楽になります。長期休暇で友達と話す機会がなくて寂しい、という方は是非校舎にいるスタッフにお声掛けください(・ω・)/ もちろん電話相談も受け付けております。


それでは、体調に気をつけてまずはセンター試験を乗り切りましょう☆

| | コメント(0)

2017年12月24日 14:42

冬休みとセンター試験

こんにちは。
高校は冬休みですが大学はまだ冬休みに突入していません、工学部物理工学科3年の小野です。

冬休みといっても高3の皆さんにとっては休みとなるはずもなく、毎日勉強をがんばっていることでしょう。センター試験が近づいてきており、その対策もしていかないといけないので、今はとても忙しいと思われます。

それでも健康管理はちゃんと行って、休憩はしっかりとるようにしてください。心身ともに健康であることが、密度の濃い勉強をする秘訣ですよ。

さて、上にも書きましたが高3生はセンターの対策という厄介なものを冬休みごろからはじめなければなりません。何が厄介なのかというと、全く対策せずに挑むと国語や裏科目(文系なら理科、理系なら社会)で痛い目にあう恐れがありますし、やりすぎるとセンター後にいわゆるセンターボケになる恐れがあるというところが厄介なのです。なのでこの時期は両者のバランスをうまく取ることが重要です。今の自分の実力をよく見極めて、また優先順位も考えて、日々有意義に過ごしていきましょう!

小野 真暉
| | コメント(0)

2017年12月21日 18:11

年末年始の過ごし方

こんばんは!東京大学法学部3年の井之上です。

そろそろ年末年始ですね。
年末年始ともなるとセンター試験が2週間弱に迫り、かなり勉強も佳境に入ってくるのではないかと思います。

ただ、直前期とは言っても息抜きも重要です。
紅白を見たり、ガキ使を見たり、、、色々な過ごし方があるでしょう。

ただやはり勉強時間を確保することも大事です。
しかし、年末年始は面白いテレビがやっていたり、街がお祭りの雰囲気だったり、誘惑が多いですよね。

なので、どのように勉強時間を確保するか、いくつかおすすめの方法を紹介します。

1.過去問を時間を計って解く
過去問を時間を計って解くと、解いている間は確実に集中して解けます。
また、直前期で、過去問を消費していくことは重要なので、良い方法なのではないかと思います。

2.自分の好きな科目を中心に勉強する
好きな科目の勉強であれば、まだ集中して勉強できるはずです。
好きな科目とは言え、まだ完璧とは言えない人が多いと思います。
苦手な範囲などあればこの機会に潰しましょう。

3.東大特進の自習室に来る
東大特進の自習室はなんと年末年始も開いております。
テレビという誘惑から解放された空間なら集中して勉強できるでしょう。
自習室は
13月30日から1月3日は 10:00~18:00 で開いております。
是非来て下さい!

年末年始に勉強時間を確保するための方法をいくつか紹介しました。
適度に息抜きしつつ、頑張って下さい!
| | コメント(0)
新高3生向けの講座を受講した先輩の声をご紹介しております。
是非参考にしてみてください!

| | コメント(0)

2017年12月 9日 12:19

本番までの心構え

お久し振りです。文科一類二年の川島です。

さて、気が付けば12月ということで、年末年始は楽しい行事も盛りだくさんなわけですが、今年ばかりはそういうわけにもいかないという受験生の方も多くいるのではないかと思います。
というわけで、受験当日のことは別の機会に書くとして、今日は受験当日までに気を付けるべきことを書いてみようかなと思います。

月並みな話ですが、まずは風邪予防が大事でしょう。体調を崩してしまっては元も子もありません。
マスクをしたりするのも効果は大きいとは思いますが、僕はどうもマスクをつけるのが苦手でどう頑張ってもマスクをすると眼鏡が曇ってしまうので、マスクはほとんどつけていませんでした。
その代わり、手洗いうがいはわりと意識的にやっていたので、普段やらないという人もこの時期くらいはやってみてもいいんじゃないでしょうか。思っているほど面倒くさくはないと思います。


あとはご飯ですね。特に昼食。
冬休みに入ると学校にお弁当を持っていくというようなこともなくなり、僕はわりと昼食の時間や量が不安定でした。そんな中で意外と大事かなとおもったのが、昼食をどうするか決めておくこと。
センターの会場は近くに店がないことも多いかと思いますし、あったとしてもできれば休み時間に買いにいくようなことは避けたいという人が多いでしょう。そう考えれば、事前、もしくは朝のうちに用意しておくのは自然な発想でしょう。
では何を食べるのかですが、なるべく普段食べているものがいいでしょう。僕の場合は、本番には母に作ってもらった「おにぎらず」を持っていくことに決めておき、東大特進の授業がある際には毎回おにぎらずを持参してそれを昼食にしていました。このように親御さんに作ってもらう場合には、事前に伝えておくのが吉かと思います。
何を食べるにせよ、いつもと同じようなものを同じくらいの量食べることが大事な気がします。本番で食べ過ぎてお腹を壊したりしたら元も子もないですからね......。

ついでに書いておきますと、最近中学受験の界隈の人から聞いた話なのですが、「試験前日にゲン担ぎでカツを食べるのはやめておけ」とのことです。前日の夜は消化にいいものを、例えばクリームシチューなんかがいいんじゃないかとの話でした。正直僕は本番前は何も考えずバクバク食べていたのですが、胃腸の調子が気になるという人は参考にしてみてもいいかもしれません。


そして最後に書いておきたいのが、本番前の行事とどう付き合っていくかという話。
結論から言えば、自分の中であまり気がかりになったりしない程度に楽しめばいいんじゃないでしょうか。たまにはそういうのもいいと思います。
まあでもやはり直前期ですから、どうしても気になるので勉強しておきたいという人もいるでしょう。
年末年始は特に家じゅうがバタバタするので、自習室を使える人はそこを利用するのも手だと思います。使えない場合は、可能なら家の人に勉強したいという旨を伝えておきましょう。了解が取れれば勉強もしやすいと思います。
ちなみに僕自身は、大晦日はかなり遊んで正月はそれなりに真面目に勉強した気がします。僕は何となく自習室が嫌いだったので、勉強は家でやっていました。家も家でそれほど静かな環境とは言い難かったのですが......。


今お伝えしておきたいのはこれくらいでしょうか。
それでは、本番までもうひと踏ん張り、頑張って下さい。
駄文、失礼しました。
| | コメント(0)

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31