東大特進のまどの最近のブログ記事

2020年1月16日 15:12

センター試験前々日

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
 みなさんこんにちは。ブログでは久々、一年生スタッフの平﨑です。

 さて、否が応でもセンター前々日。皆さんもう、耳にタコができる程センター関連の話は聞かされてきたでしょうが、個々でも少しセンター試験関係で書かせていただこうかなと思います。

 具体的な注意事項や科目ごとの攻略法などにつきましては、前に既にスタッフの方から述べさせていただいておりますので、本日僕の方からは直前期ということもあり、応援メッセージを書かせていただこうかなと思います。

 センター試験超直前ということで、皆さん日に日に不安がつもり重なっている事と思います。その上で僕がアドバイスさせていただきたいのは、『とにかく自信を持て、不安なのはどの受験生も同じ、メンタルで負けるな!』ということです。

 根拠なき自信でも問題ありません、とにかく自分は解き切れると信じて当日試験会場に臨んでください。

 とはいえ、賢い東大受験者の皆さんのことです、このようなことを言われても、そう簡単には気持ちを切り替えることはできないかもしれません。ということで、以下では少し、自身の源になるであろうことを少し書きたいと思います。

 まず初めに、センター本番においては大半の受験者は自己ベストを叩き出します。東大特進コースが発行している体験記を見てもお判りでしょう。僕が考えるにその理由はいくつかあり、1つは本番の方が皆さんが直前期演習される、市販の問題集よりも難易度が低いということです。今やっている演習で手応えがいまいちであったとしても、本番においては、より良い結果が出せます。最後まで演習を続け頑張ってください。

 もう1つ、最後のセンター模試から時間もたち、直前期センター演習を重ねることで、皆さんのセンター試験に対する得点力は飛躍的に向上しています。結果が出せるのは順当で、至極当たり前なのです。

 最後に、個人的な体験談になってしまうのですが、僕の場合は時間が無くなるにつれて、難化したらどうしようか、試験場に行って緊張して急に解けなくなることはないだろうか、時間配分を間違え、大ダメージを負うことはないだろうかという不安が付きまとっていました。結論から言うと、個人の一例でしかないのですが、案外模試と同じように冷静に対応できます。焦る気持ちを抑え、飛ばすべき問題は飛ばす、時間内で得点を最大化する。やることはいつもと同じですので、どうか(いい意味でですが)、模試を受けに行くぐらいの気持ちで臨んでもらえればと思います。

 長々となりましたが、もうあと二日、もちろん最後まで演習を続けることは大事ですが、それと同時に体調管理にも気を遣い、自信を持ち、万全のコンディションで試験に臨める準備も行ってください。
スタッフ一同最後まで応援しております。まずは、センター試験上手くいったというよい報告を待っています。もちろん、何か不安事があれば校舎までお電話ください。いつでもお待ちしています。
 それでは、センター試験頑張ってください!

| | コメント(0)

こんにちは、スタッフ4年の市川です。そして、2020年初の更新ということで、明けましておめでとうございます!今年も、皆さんが受験を突破できるように、スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。3年生の皆さんはあと少しですが、最後まで力になれるようにお手伝いさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

新年のあいさつが終わったと思ったら、センター試験がすぐ来週まで迫っていますね。ということで、早々に申し訳ないのですが、今回は、センター試験本番に向けた注意事項のようなものを中心にお話できればと思います。勉強法と違って、結構誰にでもあてはまることが多いと思うので、是非参考にしてみてください。

1.前日

センター試験前日、何より大切なのは普段通りの生活を心掛けることです。かつ丼を食べてゲンを担いだり、願掛けしたりするのも良いのかもしれませんが、普段通りにご飯を食べて、お風呂に入って、普段通りの時間に寝るようにしましょう。因みに、かつ丼のような油っこいものはあまり消化が良くないので、前日はあっさりしたものを食べると良いのかもしれません。また、緊張して眠れなくなるという人は、何かしらルーティーンのようなものをするのがオススメです。例えば、寝る前にリスニングを10分程度するなど、何でも構わないので普段やっていることをするとリラックスできます。あとは、人間は体温が低下する時に眠気を感じやすいそうなので、お風呂から上がってしばらくは寝つきが良いそうですよ。

2.当日朝

まずは、忘れ物に気を付けましょう。最低限受験票は何が何でも忘れないようにしましょう。その他、筆記用具、時計や各自必要な物など、持っているかしっかり確認が大切です。鉛筆は少し多めに持っていくと安心ですね。次に、服装です。英字がプリントされているものについては、試験監督から注意を受ける恐れがあるので、無地のものが望ましいです。服装についてよく言われることですが、、温度管理がしやすい物がオススメです。最後に、出掛ける時間ですが、少し余裕を持って出かけましょう。特に雪が降るような場合、交通が乱れる恐れがあるので注意が必要です。来週の天気予報では、北海道、東北や北陸などの一部地域で雪が降る予報だったので気象情報に十分注意しましょう。意外に落とし穴なんですが、あまり早く会場に向かっても、試験会場には入れず、場合によっては外で待つ羽目になりかねないので、あまり早く行き過ぎるのも考え物です。

3.試験会場で

試験会場まで無事に着いてしまえば、あとは試験に集中するのみです。リラックスして普段の模試通りに受ければいいだけですが、トイレの数に限りがあることに注意しましょう。休み時間に行くことはできますが、タイミングが悪いと行列ができているので、人が集まりにくい休み時間の最初や中盤以降に行くと良いかもしれません。意外に休み時間にゆとりがあるので、有意義に使いましょう。学校単位で会場が指定されていることが多いので、友達と談笑することでいい気分転換になりますよ。但し、試験の答え合わせをしようものなら、周りから物凄く嫌われますので、気を付けましょう。

以上、ざっくりとしていますが僕が受験生の時に感じたことをまとめた注意事項です。その他、自分でも考えてみるといくつか思い浮かぶと思うので、イメージトレーニングしてみると良いかもしれませんね。また、一年生スタッフのセンター試験にむけたアドバイスをメルマガで配信しているので、そちらも合わせてどうぞ!来週、良い結果が残せるようにお祈りしています。それではまた。

| | コメント(0)

2019年12月30日 16:15

来年に向けて

こんにちは!
文科Ⅰ類一年生の清水です。

あっという間にクリスマスが終わってしまいましたね。
みなさんはどのように過ごされたでしょうか?


さて、年が明けると迫ってくるのがセンター試験です。
何かと話題が絶えないセンター試験ですが、来年でその長い歴史に幕を閉じます。
そのセンター試験、なかなか対策が難しいという声をたくさん聞きます。
実際、昨年受験した僕もそのように感じていました。
それでもなんとかそれなりの点数を出すことが出来たので、以下どのような点が難しかったか、そしてどのように攻略したかを少しご紹介します。


数学
僕にとっては鬼門でした。
とにかく時間がなく、一問一問考えていると全く解き終わらなかったです。
そのため、僕は解き方を覚えるという方向で攻めました。
センターは大問ごとにジャンルが分かれています。一見すると毎年全く違う問題が出題されているように見えるのですが、同じジャンルの問題を何度も演習することで実はそこに共通するパターンがあることに気が付きました。
例えば、図形の問題では最初は図形的な特徴を使って解かせる、などです。
思ったより普通ですか?
でも、何通りか解き方がある中でどの解き方を選択させようとしているかが分かれば試行錯誤の時間を大幅に削れます。
実際にこの「呼吸」を見つけられた後は点数が安定し、九割を超えられるようになりました。


国語
全受験生にとっての敵です。
一問の配点がとても大きいので一つのミスが大きく響きます。
このミスを減らすにはじっくり解くしかないと思いました。
そのために、簡単に解ける問題を素早く解き、難しい問題に回す時間を確保することに務めました。
例えば現代文であれば、事前に自分の中で答えを考えてから選択肢を見ることで一発で選択肢を選ぶことが可能です。これは古典の読解問題にも共通で、これによって選択肢と問題文を何度も見比べていた時と比べて大幅な時間の削減ができました。


英語
得意科目だったのですが満点はなかなか取れなかったです。
二次に比べて圧倒的に簡単なのでできる限り得点したいところです。
そのため見直しの時間を有効活用しました。
具体的には一問の配点の高い読解問題で自信が持てなかった所をを優先して見直しました。
これにより読解問題の間違いはなくなりました。


以上色々と書きましたが、対策は人それぞれだと思います。
重要なのはただ問題を解いて結果に一喜一憂するのではなく、原因を考えてどのようにしたら点数が上がるか戦略を立てることだと思います。
寒いですので体調に気を付けて頑張ってください!!
| | コメント(0)
冬休み(12/23~1/5)の自習室の開館時間についてご案内いたします。1/6以降は通常通りの開館時間となります。

御茶ノ水校・渋谷校
12/23(月) 10-21時
12/24(火) 10-21時
12/25(水) 10-21時
12/26(木) 10-21時
12/27(金) 10-21時
12/28(土) 10-18時
12/29(日) 10-18時
12/30(月) 10-21時
12/31(火) 10-18時
1/1(水) 10-18時
1/2(木) 10-18時
1/3(金) 10-18時
1/4(土) 10-18時
1/5(日) 10-18時

大阪校
12/23(月) 10-21時
12/24(火) 10-21時
12/25(水) 10-21時
12/26(木) 10-21時
12/27(金) 10-21時
12/28(土) 10-18時
12/29(日) 10-18時
12/30(月) 10-21時
12/31(火) 閉館
1/1(水) 閉館
1/2(木) 10-18時
1/3(金) 10-18時
1/4(土) 10-18時
1/5(日) 10-18時
| | コメント(0)
東大特進コース担当の講師が、2020年1月から、以下のとおり、新高校2年生対象のライブ授業を実施します。

●高2東大物理
担当講師:苑田尚之先生 予定回数:90分45回+α
●高2東大特進化学
担当講師:鎌田真彰先生 予定回数:90分40回+α
●高2東大世界史
担当講師:荒巻豊志先生 予定回数:90分30回+α

詳細は下記のPDFをご覧ください。

ご不明点がありましたら、お気軽に東大特進コースまでお問い合わせください。

東大特進コース御茶ノ水校 0120-104-215
東大特進コース渋谷校 0120-104-430
| | コメント(0)

2019年12月13日 18:39

もうすぐクリスマスですね

こんにちは!(^u^)
理科二類から薬学部に内定
している2年の宇野瑛理香です。

さて、私は昨年落とした単位を
無事回収し、薬学部に進学する
ことが出来るのでしょうか?!
受験生の皆さんに負けないくらい、
頑張りたいと思います。
留年をかけた戦い、レディ、ファイッ!!


タイトルにも書きましたが、
もうすぐクリスマスですね。
2年前はクリスマスなんて
気にせず塾の冬期講習に
行っていた覚えがあります(^_^)
受験生のみなさんは、そろそろ
センター対策にシフトチェンジ
する頃でしょうか。


センター対策って、楽しいですよね。
ずっと二次の難し~い問題への
対策をしていると、センターの
問題が(二次と比べて)楽に解けて
しまうもんだから、負担が軽くて
楽しいと思います(?)

でも、楽しさに任せてセンター
ばかりやっていると、後から
やってきます、センターボケです。
みなさん、例えば数学大問1つ
とかでいいので、少しずつでも、
二次の問題に触れるように
しましょう。
私は大丈夫だろうと思って
二次に全く触れていなかったら、
センターボケしました(^_^;)


それではまた~~
2年の宇野でした!!



☆今日の豆知識☆
人が横書きの文字を見るとき、
一気に見られるのは13~4文字
までだそうです。
洋画についてる字幕なども、
13~4文字におさめなければ
いけないのが大変らしいです。
ということで、今回は13~4文字
を意識して文を切ってみました。
ブログだと、逆に見づらい
気がしますね!笑
| | コメント(0)
新高校3年生(現高校2年生)対象の「プレ講座」の時間割が決定しました!
いよいよ地歴・理科の授業もスタートします!
これから受験勉強を本格的に始めるうえでのガイダンスも兼ねた内容になっていますので、自分が受験で使う科目については、受講しておくことをお勧めします。


パンフレットは、12月中に完成予定です。お申し込みの際は、パンフレットをしっかりご確認の上、お申込みください!


<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2019年12月 4日 15:14

「頑張る」経験

こんにちは、教育学部4年の勅使河原です。
ここ1週間くらいで東京は随分と寒くなりました。
体調を崩しやすい時期ですが、皆さん大丈夫ですか?
手洗い・うがいをして、あたたかく着込んで、インフルエンザの予防接種もしっかり受けて、
くれぐれも気を付けて過ごしてくださいね。

先日の記事でも少し話した通り、
私は最近東大特進に来ていない日は、もっぱら卒論に追われています。
教育学部は今年の卒論提出期間は1月6日~9日なので、いよいよあと1ヶ月というところです。
ひいひい言いながら書いています(笑)。

大学生は遊んでいる、みたいなイメージが世間では流布していますが、
少なくとも東大生については、勉強や研究をやるときはきちっとやっている印象です。
皆さんも東大入学後も、勉強や研究を精一杯頑張らなくてはいけないときはきっと来ます。
受験勉強で終わりでは決してないです(笑)。

もちろん東大生も勉強だけではなくて、
サークル・部活を頑張っている人もバイトやインターンで活躍している人もたくさんいます。
情熱を注ぐ対象が何であるにせよ、
一度注力した始めたものには精一杯努力できる人が東大には多い気がします。

なんで東大生はそんなに頑張れるんでしょうか。
私の実感ベースの話にはなってしまいますが、
東大受験の経験が、その拠り所になっている気がします。

私も今大学に籠って卒論を書いていると
疲れたし遊びたいー、と思うことが(割と頻繁に(笑))あるのですが
そんなときに頭に浮かぶのが、高校3年生のまさにこの時期の経験です。
これから本番までの時期は、ほとんどの東大受験生が起きている時間の大半を勉強に費やしていると思うし、私もそうでした。
もちろん遊びたいと思うことはあったけど、それでも黙々と勉強し続ける日々を2月の本番まで送った結果、
私は頑張れる人、努力できる人なんだ、と自分のことを思えるようになりました。

私の場合は最終的に無事現役で合格することができましたが
たぶん3月10日、掲示板に自分の番号を見つけた瞬間の、「努力が報われた経験」ではなく
2月25、26日に至るまでの、「努力を続けた経験」それ自体が自信を培ってくれた気がします。

だから今卒論がしんどくても、
18歳の自分が頑張れたなら今の自分も頑張れるはず、と思って、頑張ります。
東大生は多かれ少なかれ受験勉強での「努力」を経験してきた人ばかりなので、
同じように思っている人は多い気がする、多分。

今年度受験を迎える皆さんも、ぜひ、「自分頑張ったなぁ」と思えるまでやってみてください。
その経験が、東大在学中も、きっとその後も、人生の「頑張り時」を支えてくれると思います。

......精神論になってしまいましたが、
もちろん具体的な勉強アドバイスなどもしているので、
困った時は東大特進コースに頼りつつ、「頑張って」くださいね。
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)
12月5日(木)の大阪校の自習室の開館時間は13:30となります。
※御茶ノ水校・渋谷校は変更ありません。

自習に来られる方はご注意ください。よろしくお願い致します。
| | コメント(0)
こんにちは、文科Ⅰ類一年の石原です。二か月ぶりくらいです。

今日は街を歩いていたら、ベトナム人っぽい女の人に募金を頼まれました。明らかに詐欺っぽかったので素通りしようとしたんですが、めちゃくちゃ食い下がられて結局ちょっとだけ募金してあげちゃいました。高校の時からそうなんですけど、やたら人に道を聞かれたり、カモられたりするんですよね。特に東南アジア系の人に好んで声をかけられます。なんだろう、話しかけやすそうって言えば聞こえはいいけど、どうにも複雑な気持ち...。結局募金しちゃってる辺り、やっぱ見透かされるんだろうなぁ。

まあそんなことはいいとして、いよいよ12月になりましたね。東京に関してはここ数日で一気に冷え込んできた感があります。体調を崩さず、順調に勉強を進められているでしょうか。この時期多くの受験生にとって悩みの種になりがちなのは、センターと二次への対策の配分だと思います。僕自身は一月頭までセンター0、二次10でやってた極端な人間なので、あまり参考にならないかもしれませんが、一応教科ごとにどういう振る舞いをすると良いと思うか、簡単に述べてみたいと思います。

国語...この教科はセンター試験に特化した対策がかなり重要になると思います。特に現代文に関しては過去問演習が命だと思うので、なるべく多くの年数演習を重ねておくに越したことはないでしょう。林先生が良問だと言っている年については特に。古文・漢文も、文章のレベル自体は二次のものと大きい差があるわけではないので、二次対策としても多めにやっておいて損はないです。

数学...かなりの力を持っている人ならともかく、少し自信がないな、という人は問題形式に慣れるために過去問演習を積んでおいた方が良いと思います。僕は、あくまで二次対策として解法の習得などを続けつつ、一月頭ごろから数年分解いて時間配分や感覚を確かめました。

英語...二次対策に終始するのではないかと思います。長文は二次の読解の練習をしていれば楽々読みこなせる難易度でしょうし、文法などで点数を落としやすいとは言っても、せいぜい10点以内であることがほとんどです。もちろんそこも貪欲に狙っていってほしい所ではありますが、現実として二次の地歴対策が不十分だとか、数学が固まっていないなどあれば、そちらを優先して二次の得点につなげた方が何倍も点数効率がいいであろうことは否めないでしょう。

地歴...最も二次対策で十分な教科ではないでしょうか。もちろんどのような形式で問題が出るかくらいはチェックしておいた方が良いですが、それ以外はひたすらインプットに時間を割いた方が二次のことを考えても良いと思います。論述練習を続けていてもいいくらいかもしれません。万一センター慣れしていないことで(正直言い訳としては苦しいですが)数点落としても、挽回できます。センター特化型の勉強に拘るのではなく、試験横断的に通用する知識を身につけるべきです。

理科基礎...なるべく時間をかけずに得点を最大化したい教科です。恐らくほとんどの学校である程度の対策授業がなされていると思いますし、仮にそうでなくとも薄めの参考書を一冊買ってしっかりその内容を理解しておけば、45点前後は固いのではないかと思います。英語でも述べたことですが、それほど点数が伸びなくても、他教科の二次対策を充実させる方が得点効率は何倍もいいです。やりこみ過ぎず、他教科のスキマ時間で詰めるくらいの感覚でもあながち間違いではないかもしれません。

以上、普段押しは弱いくせに、なかなか強気のセンター観を述べてみました。もちろん一切気にかけずセンター10、二次0でも良いとは思いますが、繰り返し強調したいのは、最終目標は合格することだということです。得点を最大化する上で、この方法で行けばいいのだ、と根拠まで含めて説明できるものを自分の中に確立することがなにより大切です。頑張ってください。

| | コメント(0)

カテゴリ

月別 アーカイブ

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31