東大特進のまど: 2017年10月アーカイブ

2017年10月28日 13:27

病院の日常に残るドイツ語

こんにちは!
東京大学医学部医学科5年の佐藤元彌です。
ブログは夏休み以来の登場です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?急に気温が低くなってきているので体調を崩さないようにしましょう!

本題に先立ち2点お伝えしていことがあります。

【1.t-PODの受講は計画を立ててやりましょう!】

現在東大特進コースで秋ターム「秋期特別講座」「秋期テストゼミ」の多くの講座が開講されており、このブログをご覧になっている人の中にも-PODで講座を受講されている人、またこれからt-PODで講座を受ける人も多くいると思います。
t-PODの講座を受講するためには①「t-PODの受講申請」をした後に、②「t-POD受講承認」を受ける必要があります。そのため思い立ってすぐにt-POD受講をすることはできません。
また5講座分までは同時に受講申請を出すことが可能なので、〇月△日、☓日は空いているからt-PODを受講する日にしよう、などといったように予め計画を立てて受講申請を出すようにしましょう!

【2.自習室の開室時間について】

東大特進コース御茶ノ水校・渋谷校・大阪校には自習室があります。開室時間は以下の通りですのでご気軽に空いた時間でも良いので勉強しに来てください!校舎に来てスタッフと学習相談をすることも可能です。

★自習室開室時間★
■平日 12:00~21:00
■土曜・日曜・祝日 10:00~18:00

さて本題ですが、「医学部だったらドイツ語を勉強しないといけない??」と一般の人からよく言われます。
でも実際のところそんなことはほとんどありません(自分は教養学部の時はスペイン語を選択していました)。
現在publishされる有名な論文は全て英語で書かれますし、ドイツ語でカルテを書いたり(カルテという言葉はドイツ語ですが笑)することは全くありません。

しかし、先程「カルテ」といったように病院の中には隅々にドイツ語の痕跡がっています。今日はその例をあげたいと思います!

【1.「最近ポリクリで何科回ってるのー?」訳:「最近病院実習で何科回ってるの?」】
これは他大の医学部の学生と話すときに100%出現するセンテンスです。
医学部の5年生はどこの大学であってもいわゆる「病院実習」と呼ばれるものを行います。
東大以外の大学(のほとんど)では「病院実習」のことを「ポリクリ」と読んでいます。この「ポリクリ」とはドイツ語で総合病院を意味する「Poliklinik」から来ているそうです。
東大では「ポリクリ」ではなく「Clinical Clerkship」と読んでおり、アメリカの学生が医療チームの一員として実際の診療に参加し、より実践的な臨床能力を身に付ける「参加型実習」という意味をこめてそう呼んでいるんだそうです。東大生は「クリクラ」と一般に呼んでいます。

【2.「今日のクルズスって何時からだっけ??」訳:「今日の(少人数)セミナー何時からだっけ?】
これも医学部生なら必ず一度は言ったことのあるセンテンスです。
クルズスとはドイツ語で課程を意味する「Kursus」で英語の「Course」と同義です。もともとの意味には「少人数セミナー、授業」といった意味は無いのですが、病院実習の文脈で使用されるとその意味が付加されます。なぜクルズスという言葉が現在に至るまで残っているのかは謎ですが、他に代替できる適切な言葉がないというのも事実なんですよね...。

【3.「オーベン(大ベン)にレポート見てもらわないと!」訳:「上級医にレポート見てもらわないと!】
これも絶対に発したことがあるセンテンスです。
オーベンとはドイツ語で上の(副詞)を意味する「oben」のことで、英語の「above」と同義です。「上の」を意味する副詞が「上級医」を意味する名詞で使われている辺りがツッコミどころがありますが、それに加えて面白いのは、これが和製ドイツ語化しており、オーベンの下の位の人(主に20代後半~30代前半の医師)をチューベン(中ベン)と呼んだりしています。しかし、それより下の人を小ベン(声に出して読んで見ましょう)とは下品なので呼びません...笑
あと中ベンと呼ぶなら「中」は音読みなので、「大」は音読みして「だい」と読むべきで「大ベン」は(声にだして読んで見ましょう)...もういいですね笑


長文となってしまいましたが、11月に入ると東大模試があったりと忙しくなってしまうので、これからの学習計画を今のうちに立てて頑張っていきましょう!では!



<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2017年10月27日 13:53

天候トラブルに負けるな!

こんにちは!
相変わらずの登場頻度の麻薙です。


前回記事で永沢さんが野球について書いていますが、
記事最後に出ている宮台くんは日本ハムに7位指名されました!
東大法学部初のプロ野球選手誕生は昨日、ロースクールのクラス内でも話題になりました。


さて、最近、台風が毎週のように来ていますね。

台風が来る場合、東大の授業はどうなるかというと、基本的になくなりません
というのも、東大の採る休講基準というのが、「首都圏におけるJR及び大手私鉄等が全面的に運転を休止していること」なのです。
首都圏に暮らしている方はわかると思いますが、近年、台風はなぜか東京を通過するのは夜ばかりですし、昼に来たとしても、直撃の時間帯以外は電車の本数を減らして運行するだけで全面的に運転休止にはなりません。
全面休講になるのはかなり珍しいことなのです...。先週の台風21号の場合も1限だけ休講という措置になりました。ただし、教授が自主休講にしてくださることもあります(特に文学部に多いイメージ)。

皆さんの場合、台風は秋模試の日と被る可能性がありますが(私がそうでした)、そういう場合もトラブル対処の練習だと思って落ち着いて頑張ってくださいね!


冬になると、大雪が降ることもありますね。
こういう場合はどうかというと、大抵2月なので冬休み中で授業はありません(笑)
つまり、大学生にはほとんど影響なしなのですが、高3の皆さんには大きく影響を与える場合があります。
それが、センター試験・2次試験の前日・当日に雪が降った場合です。

直前期になると、耳タコのように言われることになると思いますが、受験当日についてはあらゆる可能性を考えてシミュレーションしておきましょう。
大学生の授業と違って、「雪が降って電車が動いてないから行けませ~ん」では済まないのです(大学生もそんないい加減ではないかも(笑))。
センター試験は追試の可能性もありますが、追試の方が難しいと言われていますし、2次試験は大学側が救済措置を採ってくれるとは限らないです。

受験当日のトラブルについては直前期のブログネタ、トークネタにとっておくことにして、これ以上深入りはしませんが(笑)
現に私のセンター試験の直前に稀に見る大雪が降りましたし、今のうちから考えておいて損はないと思います。
センター試験の受験会場がわかったら(ちょっと先になりますが)、下見しておくのも手だと思いますよ!

天候トラブルに負けるな!<(`^´)>
| | コメント(0)

2017年10月23日 13:45

秋模試の位置づけ

こんにちは、経済学部3年の岡林です。
先週は師走並みの寒さ、土日は台風、本日は秋晴れ+突風、と落ち着きのない天気ですが、自習室に籠って勉強されているであろう皆さんにはあまり関係ないかもしれませんね。ただ気温差が大きいと体調を崩しやすいので、くれぐれも健康には気をつけて、規則正しい生活を送って下さい。

最近どうやら、スタッフが所属している学部の話をするのがブームみたいなので、僕も少しだけ。
経済学部はこの時期、インターンや面接に向かうスーツ姿の学生で溢れかえっています。他の学部の話を聞いてみても、これほど就活に敏感な学部は無いような気がします。
また、夏に近藤さんがブログで言っていた通り、4月から始まったゼミの繋がりが強くなりはじめ、ゼミの人と行動を共にすることが多くなります。この前は経済学部内でゼミ対抗フットサル大会が開催され、院生や教員の方々含め計36チームも参加しました。普段のゼミでの活動だけでなく、こういったイベントもあるおかげで絆が深まっていくのは経済学部のゼミならではかもしれません。
さらに、真面目に勉強をしていれば、3年生で卒業に必要な単位をほぼ全て回収し、4年生は自分の好きなことに時間を費やせるというメリットもあります。それを生かすか殺すかは自分次第ですが(笑)、やはり最後の学生期間は、やり残したことの無いよう有意義な時間を過ごしたいですね。


さて、今の皆さんはというと、第3回東大本番レベル模試の成績表が返ってきて色々な思いを胸に抱えている頃だと思います。11月には秋模試も控えているので、これから1ヶ月間のメンタルの持ちようは結構重要かもしれません。

秋は、自分の苦手分野を確認・克服する最後のチャンスだ、と思っておいてください。
だからこそ、この前の模試の成績はしっかりとうけとめ、とりあえず次の模試までに何ができるか、秋~12月くらいにかけてどうすればいいか、を考えて受験計画を修正することが大事です。
苦手分野が多い人、のびしろいっぱいです。ここで克服に成功して調子がぐんぐん上がっていけば、良いコンディションで本番を迎えられます。ただ、今までやってきたやり方で成果が出なかったのであれば、少しやり方を変える勇気も大事です。僕も6月模試→10月模試で10点くらいしか伸びませんでしたが、やり方を見直して10月模試→1月模試で70点くらい伸びました。このような生徒は毎年結構いると思いますし、その差は些細な違いだったりするかもしれません。自分が書いた解答をもう少しよく見直してみる、だとか、採点者のコメントをもう少し真面目に捉えてみるだったり。自分の現状に正直に向き合い、ここから挽回していきましょう。
上手くいった人、夏までの成果が出たのは喜ばしいことですね。ただ、この模試で東大から合格通知がもらえるわけでもなんでもないので、気を緩めずに行きましょう。同じように点が来ている問題でも、それは根拠ある回答だったか、もしくは少しあてずっぽうだったか。あてずっぽうだったということは、どこの知識が抜けている、あるいは覚えているのにうまく使えなかったのか。そうなったのはなぜか。このレベルまで落とし込むことで初めて自分の現状が理解できますし、それは模試の点数よりも大事なものだと思います。合格してから存分に自分を甘やかせばいいので、せめてあと数ヶ月はストイックにいきましょう。
そこそこだった人、これからどちらに転ぶ可能性も秘めている一番難しいポジションかもしれません。11月の秋模試の結果とも総合して考えて、調子にムラがある教科はちゃんとその現実をうけとめて、安定化を図って下さい。もう一度言いますが、あなた達が一番どうなるか分かりません。


秋模試が終わって気分転換したい人は、11/24~26に駒場キャンパスで開催される駒場祭に行ってみてもいいかもしれません!ついでにスタッフを見つけたら声をかけてくれると嬉しいです。
| | コメント(0)

2017年10月15日 14:35

さむくなってきましたね

お久し振りです。3年スタッフの橋新です。

ここ数日でかなり寒くなってきましたね。皆さん風邪を引いていませんか?

引いてる人はしっかり休んで早く治してくださいね!

 

というわけで今回は体調管理についてです!

 

皆さんに気をつけてもらいたいことを以下に挙げておきます。

①無茶な勉強計画を立てない。

これは言う必要のないことかもしれませんが、身体を追い込みすぎないようにしてください。もう間に合わないからといって一日15時間勉強をしているというようなケースを時折聞きますが、体調を崩すケースが多いです。睡眠と食事だけは省かないようにしましょう。

また集中力も恐らく持ちません。自分の体力と集中力を考えた勉強計画を立てましょう。(高1,2生は高3になってからそうならないよう、計画的に学習を進めておきましょう。)

 

②インフルエンザの予防接種に行く。

「試験当日にインフルエンザになっても受かる。」これは僕が高2の東大同日受験の際に考えていたことでした。確かにそれ位の実力をつけるつもりで日々、勉強してほしいのですが、インフルエンザにならないに越したことはありません。是非時間を取って予防接種を打つことをオススメします。

 

スタッフも全員打つ予定です!!!

 

③直前にいかにも体調を崩しそうなものを食べない。

試験の前日にアイスを食べまくる、お腹があまり強くないのに牡蠣を食べるなど、もし体調を崩した時に後悔しそうなものは食べないようにしておきましょう。

 

④移動日程を考える。

これは遠方から受験する人向けの話です。長旅で疲労が蓄積すること大体2日前には東京に入る人が多いでしょうか。また受験会場の下見をする方も多いですね。

 

直前期向けの内容になってしまいましたね。色々書きましたが、どんなに気をつけても病気になるときはなります。病気になったとしても、合格できる実力を目指して、あと約4ヵ月がんばってください。

| | コメント(0)

こんにちは!文科Ⅰ類(→法学部)2年の若林です。

今日は久しぶりに暑かったですね...日ごとの、また時間帯ごとの寒暖差が激しいのでみなさん体調にはくれぐれもお気を付け下さい!!

 

さて、今日は、「東大生スタッフによる勉強会」の詳細が決まりましたのでお知らせします!皆さんふるってご参加ください!

科目、日時、会場、内容の順に簡潔に書いています。渋谷校、御茶ノ水校に詳細を記載したパンフレットがあるので、是非ご覧ください!

 

英語 10/31(火)19-21時 @渋谷校 英作文、小説読解 ※事前教材配付有

古典 10/30(月)19-21時 @渋谷校 1999年以前の東大過去問

文系数学 11/2(木)18.5-21時・11/23(火)10-12.5時 @御茶ノ水校 軌跡と領域、確率、整数、微積 

理系数学 11/29(水)18-21時・12/5(火)18-21時 @渋谷校 テストゼミ

物理 11/14(火)18-21時・11/28(火)18-21時 @渋谷校 力学、交流

化学 11/1(水)18-21時・11/15(水)18-21時 @渋谷校 テストゼミ

日本史 11/13(月)19-21時・11/29(水)19-21時 @御茶ノ水校 テストゼミ

世界史 11/1(水)19-21時・11/30(木)19-21時 @御茶ノ水校 テストゼミ

地理 11/16(木)18-21時 @渋谷校 テストゼミ

 

今日はまだ時間に余裕もあるので日程ごとにも並べてみましょう...

10/30(月) 19-21時 古典@渋谷校

10/31(火) 19-21時 英語@渋谷校

11/1(水)  18-21時 化学@渋谷校 19-21時 世界史@御茶ノ水校

11/2(木)  18.5-21時 文系数学@御茶ノ水校

11/13(月)  19-21時 日本史@御茶ノ水校

11/14(火)   18-21時 物理@渋谷校

11/15(水)  18-21時 化学@渋谷校

11/16(木)  18-21時 地理@渋谷校

11/23(火)  10-12.5時   文系数学@御茶ノ水校

11/28(火)  18-21時 物理@渋谷校

11/29(水)  18-21時 理系数学@渋谷校 19-21時 日本史@御茶ノ水校

11/30(木)  19-21時 世界史@御茶ノ水校

12/5(火)   18-21時 理系数学@渋谷校

 

ちょっと見にくくなってしまってすみません...基本的に2日間実施の科目は、片方のみの参加も可能です!

また、今回は御茶ノ水校で実施される科目もあるので、会場を間違えることが無いよう注意して下さい!

なにかわからないことがあれば、遠慮なくお尋ねくださいね!!

| | コメント(0)

2017年10月 6日 15:11

高校2年生の勉強計画

こんにちは!
登場頻度の高いロースクール1年、麻薙です。

最近は大学生活の話、高3生向けの勉強の話が多いですね。
というわけで、たまには高校2年生向けの記事も書いてみようと思います。


高2で東大特進の講座を受けている方は、高3になる前にスタートダッシュを決めて差をつけておきたい!という思いを持っているのではないでしょうか。

では、高2のうちにやっておくべきことは何か。
それは何と言ってもやはり英語・数学です!
というのも、理社は高3の1年間で合格点まで持っていくことが可能で、大抵あまり差はつきません。
合格不合格を分けるのは英数といっても過言ではないのです。
高2のうちに英数の基礎固めをみっちり行っておくのが合格への近道といえます。


まずは英語。
単語と文法をしっかり固めましょう。
単語帳と文法書をそれぞれ1冊完璧にするのが良いと思います。

また日頃から英語に触れる習慣をつけておくと良いでしょう。
例えば、ペーパーバック(洋書)を読んでみるとか。
本屋に行くと、レベル別になっている薄めのシリーズがいくつかありますので、パラパラと見て自分の興味とレベルに合った本を選ぶと良いです。
普通の小説をすらすら読めるようになったら、東大の英語も怖くありません!
私は英語が苦手だったので、まずはハウルの動く城や赤毛のアンなど児童書を読んでいました。勉強しているという感覚なしに読めるので、英語が苦手な人におすすめ!

あとはリスニング。
教科書や単語帳についているCD、洋書についているCD、インターネットやPodcast、Youtubeで配信されている英語のニュースなどを毎日聞くようにしましょう。
mp3プレイヤーをお持ちの人は1.2倍速で流すのも良いですよ!


次に数学について。
数ⅠA、数ⅡB、理系の人はそれに加えて数Ⅲまで全範囲、基本的な解法を身につけておくのが目標です(難しいですが)。
学校で用いる問題集や網羅系の問題集の基礎の問題を使うのが良いでしょう。
ある問題に対してどのような解法があり得るのか(ある解法を用いるのはどのような問題化)、どの解法を用いるのが一番早いのかを考え、まとめながら、進めましょう。


高2のうちに英数の基礎を完璧にするというのはやはり難しいことですが、高3になってからの余裕が全然違います。
適度に高校生活をenjoyしながら、他の受験生に差をつけてしまいましょう!
高2の皆さんの電話でのご相談にも乗っていますので、校舎までお気軽にお電話くださいね☺
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2017年10月 5日 20:05

体調管理の再確認

こんばんは!文科Ⅰ類(→法学部)2年の若林です。

比較的登場回数は多い方だと思います。良ければ過去記事も読んで下さいね!

 

さて、めっきり寒くなってきましたね...自慢じゃないですが、僕はこの時期、必ず体調を崩します。

どうしてもお腹を出して寝ちゃうんですよね...起きると喉が痛い痛い。最悪の目覚めです。

体調が悪いと、その日のパフォーマンスも大幅に下がります。勉強しようにも、しんどくて集中力が続かない。また、集中できている時間であってもいつもより進みが悪い。結果、焦りといら立ちばからりが蓄積します。

挙句の果てには、「今日は体調も悪いし、ちょっとくらい勉強時間少なくても、ええんちゃう...??」という悪魔のささやきさえ聞こえてきます。恥ずかしながら僕はこのささやきに甘えることが多かったです...

しかしあまりにも頻繁に『なんか喉痛いなぁ』という事態が続き、これではダメだ、僕は考えるようになります。

考えたのは、1.体調を崩しても集中して頑張る方法 2.体調を崩さないようにする方法 の2つ。どちらがよいかみなさんすぐわかるでしょう。しんどいときはしんどいです。これはもう仕方ない。であれば、そもそも体調を崩さないようにすることに力を割くのが賢いですよね!

そして僕の『お腹だし寝』との戦いが始まりました。服を多く着てみたり、布団をこっぽり着てみたり...いろいろしてみましたが、いまいち効果が上がりません。

『もうこれは喉痛であっても集中できる方法を編み出すしかないのかな...』と途方に暮れかかっていた時、あるものを見つけました。

はらまき です。

大した期待もせずためしに...くらいで使ってみたのですが、これをつけて寝るとあら不思議!翌朝もきっちりそのままの格好で目覚められるようになったではありませんか!

おかげで僕はこれ以降体調を崩すことがほぼなくなり、快調に勉強できる日々が続きました。

 

喉の多少の痛みなど、大したことないように思われるかもしれないですが、個人的には喉痛がなくなったことで管理勉強がはかどるようになったと思っています。皆さんも、ささいな体調不良であっても見過ごさず、適切な処置をとって、快適に勉強できるよう心掛けてくださいね!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

| | コメント(0)

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31