東大特進のまど: 2018年1月アーカイブ

東大特進生の皆様

「単元ジャンル別演習 東大対策」演習の手引きは下記よりご覧いただけます。
単元ジャンル別演習手引き.pdf
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>

ぜひご活用ください!

| | コメント(0)

2018年1月18日 15:08

国公立大学への出願

こんにちは。理科一類2年の谷田です。

まずは受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。
月並みではありますが、結果には一喜一憂しないことが大切です。気持ちのコントロールというのは非常に難しいものですが、やるべきことを整理し、二次試験までもうひと踏ん張りしてほしいと思います。


さて、国公立大学を志望する場合、センター試験の自己採点の結果を基に前期日程、中期日程、後期日程に出願することになります。その際、もちろん出願要項などは確認すると思うのですが、せっかくなので周囲してほしいことを書いておくことにします。(抜けなどがありえるので、参考程度としてください)

まず、東大に出願する場合についてです。
前々から決めていた科類に出願する場合は特に問題ないのですが、変更を考えている人もいるかと思います。この場合、科類によっては進めない、あるいは非常に進みにくい学部・学科・コースがあるので、注意してください。ただ、このタイミングでの科類変更は多くの場合センター試験の点数が振るわなかったことによるものだと思いますが、安易な科類変更は避けた方がいいと思います。例えば足切り点を見ると昨年度は理Ⅱの方が理Ⅰより高くなっていますし、合格最低点も理Ⅲを除けばさほど変わるものでもありません。ただ、どうしても迷ってしまうという場合は、「東京大学 出願状況」で検索すると最新の出願状況が知れるので、参考にしてみてください。

次に、志望変更をする場合・あるいは中後期日程への出願についてです。
大学によってセンター試験の要求科目は異なります。東京大学では英語のリスニングは不要ですが、他の多くの大学では必要なのが分かりやすい例だと思います。他にも、生物が必須だったり、倫理政経が使えなかったり、などあります。もし条件を満たさずに出願すると、当然のことながら受験資格すらありません。そういったことがないように注意しましょう。

大学入試で人生がすべて決まる、ということは全くないですが、少なくとも4年間どの大学に通うかは決まりますし、また場合によってはどのような分野を専門にして生きていくか、ということを決めることにもなります。後戻りできない多くの分かれ道の中の一つを選ぶようなもので、なにがよくてなにが悪いのかは後になってみないと分からない部分も大きいですが、どうしても譲れない、という点で後悔を残すことはないようにしてほしいと思います。


駄文となってしまいましたが、読んでくださった方はありがとうございます。しばらく気温の上下が激しい日々が続くようなので、体調には十分気をつけてください。
| | コメント(0)
こんばんは!文科Ⅱ類一年の深澤崇史です!

受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。
ほとんどの皆さんにとっては初めての「本番」でしたが、緊張しましたか?
センター試験では同じ会場に高校の同級生がたくさんいるので、僕もそこまで緊張しなかった記憶があります。(むしろリラックスしすぎていたかもしれません...)

緊張の度合はどうであれ、二日間の試験は集中力も使いますし、なかなかに疲れます。
まずは家に帰ってゆっくりと休息をとりましょう。
一息ついたら、自己採点をすることをおすすめします。
解答は東進のホームページにアップされているので、是非参考にして下さいね!
(自動採点機能もついているので、かなり便利です!)

今年は去年に比べると全体的にやや易化したようですが、例年東大受験生の平均点はほとんど変わりません。
9割行ったぞ!という人は素直に自分を褒めてあげてください。
全然ダメだった⤵という人も大して気に病む必要はありません。
どうせセンター試験でつく点差は4,5点なのですから、二次で一瞬で巻き返せます!
大失敗をしてしまって、どうしてもまた勉強するモチベーションが湧かないという人は、是非東大特進コースにお電話くださいね!
大成功して自慢したい方も電話してくれていいですよ(笑)優秀なスタッフにイキり返されるでしょうけど...
そして、是非東大特進コースにも自己採点結果の報告をお願いします!

明日は高校の登校日になっている人が多いと思います。
そこでセンターリサーチに自分の得点を記入したら、センター試験のことはきっぱりと忘れましょう。
特に文系は理科基礎、理系は地歴・公民を頭の中から綺麗に消し去りましょう。
実際僕も物化基礎の内容は大学に入ってから一度も使っていません。
スイヘーリーベーボクノフネ???っていう感じです。今年解いたら91点でした笑

明後日からは本格的な二次対策に入っていきましょう。
特に英数はセンターボケといわれる事態に陥りがちです。
僕はこの時期数学で計算ミスを連発していました。
(検算を習得してこれを乗り切ったつもりでしたが、本番でもしっかりと分数の足し算を間違えました笑)
まずは過去問を解いて時間感覚を取り戻すことが最重要といえるでしょう。

来週末(1/20,21)には最終東大本番レベル模試があります。
本番前の最後の東大模試なので、必ず受験してしっかりと復習しましょう。
まだ実力が取り戻せていない人も多いので、結果はそこまで気にしないで良いと思います。

二次試験まであと一か月ちょっと、短いように見えて出来ることは沢山あります!
僕たちスタッフも全力で応援しているので、東大特進を存分に活用しつつ、全力で頑張ってくださいね!
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31