東大特進のまど: 2018年9月アーカイブ

2018年9月30日 12:55

過去問の使い方

こんにちは、農学部3年の市川です。台風が上陸し記録的な暴風雨が予想されますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。危険ですので、今日明日は不用意な外出は避けるようにしましょうね!

さて、夏休みが終わって一か月ほど経ちました。それぞれ勉強の進み具合には差があると思いますが、先日授業運営の際質問があったため今回は過去問演習の話をしようと思います。過去問なんてまだ早いよーと思ってる人も今後の指針に役立ててもらえればと思います。

まず過去問をいつから始めるかという問題ですが、個人的にはなるべく早く始めるべきだと思います。過去問から東大入試でどんなことが求められるか、どれだけの情報を処理すればいいのかということが少しずつ分かってきます。英数に関していえば時間配分の練習になりますし、理科社会に関しては東大ではあまり聞かれない知識や逆によく聞かれる部分が分かってくるので力を入れる部分とそうでない部分とを明確にすれば効率も良くなると思います。ここでいう力の入れ方は単なる山あてではなく、その分野においてあまり本質的ではない知識にできる限り時間を持っていかれないようにしようという意味です。そういった能力は普段の勉強だけでなく入試を解くときにも役立つと思いますよ。

ではどんなふうにやればいいかという話ですが、これは人それぞれだと思うのでこの方法がいい!というものは無いですが、例を挙げておきます。夏休みが終わった時点で全分野習得しているのは理想ですが、なかなかそうはいかないと思います。過去問は時間を計って全教科やるのが一般的に思う人もいると思いますが、各教科バラバラに進捗に合わせてやるのも効果的です。また、最初から時間を計って全部やるのはキツイという人は大問ごとに時間を決めてやるのもオススメです。これは時間配分を決める際にも役立つので是非やってみてください。それから古い問題は最近のものに比べて量や難易度が違うので、問題演習でやるのもいいでしょう。古いとは言いつつ東大の問題なので勉強になると思いますよ。

こうして思いつくままに書いてしまったので、まだ漏れがある気はしますが、過去問を上手に使えばきっと力が付くと思います。合格体験記にも先輩たちの上手な過去問の使い方が載っているので是非参考にしてみてください。駄文失礼しました。ではまた。

 

| | コメント(0)

2018年9月26日 18:35

モチベーションと休息

みなさん、こんにちは!東京大学法学部4年の井之上です。

東大では昨日から秋学期が始まり、授業が再開しました!
大学の夏休みは2ヶ月くらいあるので、高校の時よりはかなり長いのではないかと思います!

受験の天王山とも言われる夏休みが終わり、勉強に焦りを感じている人も多いのではないかと思います。
また、そんな焦りから勉強が手につかない、、、なんて人もいるのではないでしょうか。

ぼくはそのような時、東京大学に入った後の自分の姿を想像してモチベーションを上げていました!
このような想像をしていると、東大に入りたい気持ちが強くなり、
「勉強しなければ!」という気持ちが湧いてきます。

例えば、大学生になると金銭的、スケジュール的に余裕ができるので、
旅行の好きな方は大学に入ったらどこに行きたいかなどを調べてみるのも良いのではないでしょうか。

このように休息を取れば、休息とモチベーションアップを同時にできて一石二鳥ですね!(笑)

僕も実際、この夏休みに国内外合わせて5回も旅行に行きました!

前回の記事で石井君も言っていますが、「適度に」休息をとることは大事なので、
色々な休息のとり方を考えてみてくださいね。

それでは今日はこの辺で失礼します。
ありがとうございました。
| | コメント(0)

2018年9月19日 17:24

息抜き、しよう!

みなさんこんにちは! 東大文科Ⅰ類2年の石井です。 自分は授業をほとんど取らなかった夏学期を含めると相当長かった夏休みもあと少しで終わってしまうということで、これから始まる学部の専門的な授業に戦々恐々としています(笑)

高校3年生のみなさんは二学期も始まって少し経ったくらいで、夏休みとの生活リズムとの差にも順応し着実に受験勉強を進めている人が多いのではないでしょうか。そして夏模試も次々に返却され、結果に応じて安心する人や焦りを覚える人など様々だと思います。 

ただ一般的な傾向として、受験勉強が佳境に入り始めた際にギチギチに予定を詰めて勉強をしてしまう人が一定数います。当然勉強のスタイルは人それぞれですので一概に悪いとは言えませんが、自分の経験上だとそういった時期は意外と勉強の進みが悪かったり、また、焦りながら必死に勉強するということが何よりメンタル的に辛いです(僕自身も直前期にそういった状況になり非常に苦しい思いをしました)。

そこで伝えたいことは、安定的に学習を進めていくためにも、焦っている時期であればこそ意識的に休みを取って勉強にメリハリをつけてほしい、ということです。 仮に焦っていても想像以上に勉強に手をつけていない時間は存在します。そういったときに「ヤバい...勉強やらないといけないけど手が付かない...」とか思い悩みながら時間を過ごすよりも「今は休む時間だから全部忘れて遊ぼう!」とわりきって考えていた方が、結果的には勉強時間が変わらずとも圧倒的にリフレッシュできます。そうして元気な状態で集中して勉強に臨んだほうが、(適度な緊張感は大切ですが)いたずらに焦りながら学習に取り組むよりは格段に勉強がはかどることは間違いないと思います。

具体的に言えば、昼食事した後は軽く睡眠をとるのも合わせて1時間ほど休みをとる、また大きな枠で言えば塾の授業がない日曜の午後は一切勉強しないなど、自分が継続的に勉強を進めていくにあたって無理のない程度に、ゆっくりするという時間を定めておくとよいと思います。他だと定期的に友達と遊ぶ時間を取る、といった方法も有りですね。自分の生活リズムや趣味などになじむように休む時間の取り方やそういった時間の使い方を定めてみるとよいのではないでしょうか。

また、(これは人にもよるでしょうが)コミュニケーションをとる時間を大切にしましょう。相手は家族であったり、はたまた学校の友達、ネット上で仲良くなった友達...自分が信頼できる相手ならだれでもいいと思います。そういった人と他愛もない話をしたり、時には自分の悩みを聞いてもらったりするとよいのではないでしょうか。まだ2学期なので問題はないと思いますが、特に3学期など学校に登校しなくなる時期などにずっと一人で黙々と勉強しているのは本当に辛いです。自分の中に焦りや悩み事をため込みすぎて辛くならないようにすることを意識しておきましょう。

表題と比して文の内容が全体的に暗い感じになってしまって申し訳ないです(笑) 伝えたいことは1点、勉強をがんばらねばならない時こそあえて休みを意識的に取ろう、ということです。ここから5か月ほどの期間のうち大半の時間を受験勉強というものに割く以上、その時間は下手に気分を落ち込ませるよりも気楽に過ごせたほうがいいに決まっています。 できるだけ気楽に、かつ集中して残りの勉強もがんばっていきましょう!

| | コメント(0)

2018年9月10日 17:28

計算ミス撲滅運動

皆さんこんにちは!文科Ⅰ類2年の石井です。

 

最近のブログで話に挙げている人もいますが、現在東大では進学振り分けの真っ只中です!自分は第1段階で法学部に内定を頂いたのですが、今日は第2段階(第1段階で進学先が決定しなかった人がふるいにかけられます)の結果発表がありました。第1段階とは違いここで進学先が内定する人がほとんどで、中には不本意な進学先に決定してしまうという人も多いというシビアな状況で、僕の友人たちも悲喜交々でした。

進学振り分けについて、なんで入学してからも競争にもまれなければいけないのか、と言う人もいます。しかし、点数をとることについてそこまでハードな努力は要求されていませんし、主体的に自分の進路を大学に入ってから確定させられるという点で良いシステムなのではないか、と個人的には考えています。

 

さてさて、話は変わりますが今日は数学の計算ミスについて話をしてみようと思います!

夏模試を受け終えて、あるいは過去問演習を始めて、「解けてたはずなのに計算ミスで全然点数来なかった、、」みたいな経験をする人、多いのではないでしょうか。実力以外のところで落としてしまって損だ、っていう感じがしてきますよね。 

でも点数が全てを言う本番でそんな言い分は通用しませんし、何よりそういったミスを最小限に抑えるのも実力のうち。数学における「得点ができる」という状況は、「問題が解ける」という状況のさらに一つ上の段階にあるのです。

......とエラそうなことを書いてはみましたが、僕も受験生時代は計算ミスを頻発していました。勉強の中で計算ミスを未然に防ぐ方法を見つけ改善したと思いきや、本番でパニックになり大問1つぶんの点を失うという雑魚っぷり。結局合格できたからよいものの、点数的にも精神的にも最悪の状況に陥ったので、皆さんは僕みたいにならないようにしましょう、、、

 

という感じなのですが、一応自分なりに計算ミス対策も考えていたのである程度は共有できるものもあると思います。というわけで計算ミスの対策について述べてみます! まず

計算ミスはして当たり前

という原則を念頭に置いておきましょう。

計算ミスによる失点をなくすためにするべきことは計算ミスをしないようにすることはもちろんですが、「計算ミスを発見しそれを未然に防げるようにしておくこと」もかなり大事なのです(確かに計算ミスをしないように慎重に計算を進めるのも大切ですが)。

 

これを踏まえて何個かテクニック、意識すべき事柄などについて簡単に列挙してみます。

①こまめに検算を行う

超大事。これにより最後の方でミスに気付いて初めのほうからやりなおしという事態はかなり防げます。また、こまめにチェックをしておくことによって、計算ミスに気付いたときに、「ここまではチェックしたからミスをしている蓋然性は低いだろう」と見当をつけられるので、ミスの元を探す範囲もしぼりこめてより易しくミスを発見することができます。 易しい問題のときはこのチェックの時間も邪魔だ、という人がいるかもしれませんが、特に絶対に完答したい問題などのときこそこの意識を徹底するようにしましょう。

②文字ははっきり書く

どちらかというとミスを未然に防ぐことを目的とはしていますが、これも大切です。変な転記ミスで値がぐちゃぐちゃにならないように、見やすい文字を書いておきましょう。また、見やすい文字を書くことを意識する中で取れる時間によって一つ一つの計算も丁寧にできる(逆に必死になって文字を書きなぐっているシーンをイメージすると納得できると思います)ので、移項などのミスが出やすい場で慎重になれると思います。

③解答が常識から外れていないかを確かめる

例えば確率漸化式の解に小さい値を代入したら結果が異ならないか、あるいはnに入る値を無限に大きくしていったときに取り得る値と相違ないか、はたまた軌跡の分野においては、図示したものが図形的なイメージから想定される領域の概形と大きく外れていないか、どう考えても通る場所を通らないことにしていないか...など、分野ごとに解答が合っていそうかどうかを判別するテクニックが存在します(特に余事象を考えるなど、確率の分野ではミスチェックのテクニックが豊富にあります)。

こういったテクニックをフルに活用して、試験中に、答えをだすだけではなく自分の解答があっていると自信を持って言える状態まで持ってくることを意識するとおのずと不要な失点が減っていきます。

④自分のミスのクセを知る

最重要。問題をたくさん解いていくなかで「自分は2次方程式を処理するときにミスしやすい」「不等号の向きを逆にしてしまいやすい」など、様々な自分の特徴が見えてくると思います。

それをまとめましょう。そして、自分がミスしやすい場面に出くわしたときはちゃんと身構えてミスしないように丁寧に解き進める、あるいは答えが間違っていそうなときはまず自分が良くミスしてしまうところを見返してみて間違いがないか探る...  自分のクセを改善しなくとも知っているだけでこのようにミスを減らしうるだけの効果を与えてくれます。

ただこれには自分がどういう所でミスしやすいかに気付くことが大前提です。数学の時(理系だと物理などでも同様に?)には常に自分のミスにアンテナをはっておきましょう。

 

長くなってしまいましたが以上になります。これから本番までは本当に一瞬で過ぎ去っていきます。

人によっては二学期は苦しい時期になるとは思いますが、マイペースに気楽にがんばってください!! 応援しています(^^)/

 

| | コメント(0)

2018年9月 9日 13:07

日本史ビリギャル

こんにちは!文科3類1年の岡田美里です。
今日から大阪校では秋期講座が始まりました。
夏休み、全力で頑張れた人もそうでない人も、また区切りなおして残り6か月を効率よく過ごせるように計画をたてましょう!

今回で2回目のブログ更新となります。
何をテーマにしようか迷ったのですが、夏模試での社会の点数が悪くて焦っている受験生(昨年の私)を勇気づける話をしたいと思います!

私の出身高校では地歴を1科目しか選択できなかったため、日本史は高2の2学期から週1で学校の先生の指導を受けていました。
しかしほとんど復習せずほったらかしにしていたせいで、高3春のセンター模試で30点台をとり、見事に学年最下位でした!!!
受験人数と自分の順位が一致する体験は初めてでショックではありましたが、ネタになるし()ここから頑張ればいいと切り替えることにしました。

それからはひたすら熱心に日本史の勉強に打ち込んだ!!ということはなく、数学と英語に時間をとられ、なかなか点数が伸びないまま夏休みを終えました。。。
唯一行っていた勉強として、東進衛星予備校で東大日本史を受講していて、その内容を教科書で確認していました。
このとき教科書に書き込んだメモはのちの記述練習で知識面でも表現面でも役立ちました。

そんなこんなで迎えた2学期。
スタートと同時に社会の勉強を始めた!!ということもなく、まだまだ数学に手こずっていました。
そうしてやっと過去問を解き始めたのが11月ごろでした。
このころのセンターの点数は良くて60点ぐらいだったでしょうか、、、
さすがに危機感を感じる点数でしたが、私は短期的な暗記が得意なほうだったので、知識の豊富さよりも歴史の流れや論理構成が重要な二次対策にギリギリまで集中しようと考えていました。

冬休みに入り自習時間が増えてからは、一気に日本史の知識を詰め込みました。
初めは、教科書を読んで、問題集を初めから解き直して、一問一答を進めてといった方法で勉強していました。
が、年末になっても70点以上得点できず、どうしたらいいか悩みました。
そこで徹底的にセンター試験に特化した効率の良い勉強を始めました。
まずはセンター試験用の一問一答問題集を使うことにしました。これで頻出問題を手っ取り早く確認できました。
また、年代を問う問題が出されるので、ゴロを使って年号を覚えました。
そして過去問、予想問題集をひたすら解きまくり、間違えたところを1つのノートにまとめました。

こうした効率の良さを追求した勉強を2週間続け、センター試験を迎えました。
そして!!なんと!!センター日本史で満点をとりました!!!!(手ごたえはあまりなかった)
タイトルにある日本史ビリギャルとは私のことです。(笑)
まさか学年ビリだった私が苦手科目の日本史で満点をとれるとは思っておらず、周囲にも驚かれました。

ここまで長くなりましたが、伝えたかったのは、社会の勉強が追いついていない受験生、まだまだ諦めないでください!ということです。
自分の得意不得意を正確に把握して効率的に勉強を進め、もし実力が伸びないなら修正していけば、きっと結果につながるでしょう。
これからはさらにたくさんの不安を抱える時期になってくるでしょうが、そんなときはぜひ特進スタッフに相談してみてください!
| | コメント(0)

2018年9月 5日 16:16

夏休みお疲れ様でした!

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
こんにちは!東京大学法学部4年の井之上旦です。

まずは受験の天王山ともいわれる、夏休みの勉強、本当にお疲れ様でした!

夏休みの目標を達成できた人も、達成できなかった人も勿論いるとは思いますが、
受験生になってから初めての長期休暇で、自分の弱点を補強したり、基礎を固めたりなど皆さん有意義に過ごされたと思います。

これからは夏休みに固めた基礎を応用力に変えていく時期です。
そこで重要になってくるのが最良の演習素材である過去問の演習です。

「過去問はいつ始めた方が良いですか??まだ基礎的なことしか勉強していないので、過去問を解ける自信がありません、、」
とよく聞かれます。

僕は個人的に「今すぐにでも」始めた方が良いと思っています!

僕も受験生の時は同様に、直前期に練習できる材料がたくさん残るので、過去問は残しておいた方が良いのではないかと考え、
実際にほとんどの過去問をセンター明けまで手をつけていませんでした。

しかし、直前期は焦りを抱えながら勉強するので、
「これもやりたい、あれもやりたい、、」となってしまい、意外と過去問に専念できるわけではありません。

また、これから冬休みまでの間に過去問をやりきったとしても、
直前期には各予備校が東大模試の過去問を出版するので、
英数など演習が重要な科目はそれを利用すれば10年分くらいの演習を積むことが出来ます。
そのため、過去問を早くに消化してしまっても演習素材が無くなるということはありません!

そうすると、早い時期から東大の過去問を使って演習を行い、
東大の傾向に慣れておいた方が自分の課題が明確になりやすい点でも良いのではないでしょうか。

学校が始まると時間的余裕がなくなって大変だとは思いますが、
土日を有効活用して過去問にも手をつけてみてくださいね!

読んでいただきありがとうございました!
| | コメント(0)

月別 アーカイブ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31