2018年東進合格実績速報
旧七帝大
  東進の基準は他の予備校とは異なります。

※東進生とは、東進ネットワーク(東進ハイスクール、東進衛星予備校、東進東大特進コース、早稲田塾)の生徒を指します。
※2018年の東進の現役合格実績は、東進ネットワーク生の現役生のみ、高3時在籍者のみの合同実績です。高卒生や講習生は含みません。※東進リーダー塾 東大特進コースは2018年7月より東進ハイスクールに統合されました。

2018年 センター試験検証 速報!!
今年も東進生はこんなに伸びていた!

毎年東進では高2生を対象に「センター試験同日体験受験」を実施。約10万人の高2生が受験します。この時の得点と1年後のセンター試験本番の得点を比較することで、1年間の伸びがわかります。
 下のグラフは、2つのテストを両方とも理系5教科7科目(900点満点)で受験した東進生6,632名を対象として算出したものです。その結果、高2時には453.3点だった平均点が、1年後の本番では634.0点まで上がりました。その差は180.7点。東進生はこの1年間で大きな伸びを達成しました。今年の理系5教科7科目の全国平均点が昨年よりも3.0点上がっていることを考慮に入れて補正した場合でも、177.7点伸びていたことになります。
 また、今年の受験者全体の理系5教科7科目の全国平均点が560.0点(東進推計)でしたので、東進生は全国平均を74.0点上回りました。

        
私立タイトル
早慶

今年も記録更新!難関私大 東進生現役占有率

     上のグラフは、この4年間の難関私大(現役合格者率を公表している早稲田・慶應・青山学院・関西・同志社・立命館の6大学)の一般入試現役合格者における3/11現在の東進生の占有率です。ご覧のとおり東進生の占有率は毎年伸びています。
    近年の私大入試をみると、入学定員厳守のため、軒並み一般入試の合格者が削減されています。3/11時点で合格者数を公表している難関9大学合計で、前年に対して昨年は7.3%減、今年はさらに厳しく10.3%減と、きわめて狭き門となっています(下表参照)。ある教育評論家は「これは2016年からの文科省による入学定員超過抑制の指導によるもので、来年も削減が続き、AO入試などの定員増も考えると、一般入試はますます厳しくなる。受験生は数年前の先輩の話をあてにしてはならない」と私大受験生に対して警鐘を鳴らしています。
    この影響を受けて、東進の合格者数も減少傾向にあります。しかし、全体の合格者数の減り方に比べて、東進生が大健闘していることがわかります。東進の現役合格者は、これからの合格報告や補欠からの追加合格などにより、どんどん増えていきます。そのため3月31日締切時点での最終的な東進生現役占有率も大幅にアップする見込みです。

【グラフについて】 2018年3月11日現在で合格者数を発表している難関私大のうち、現役生・既卒生別を公表する早稲田・慶應・青山学院・関西・同志社・立命館の6大学について、3月11日時点における現役合格者に対する東進生の占有率を算出しました(分母に各大学が公表している一般入試の全体現役合格者数、分子に東進ネットワークの一般入試現役合格者数を使用)。
※3月11日時点の発表済学部の補欠を除いた全体現役合格者数は非公表のため、2015、16、17年については各大学が公表している現役生比率、2018年については17年の現役生比率をもとに算出。早稲田は大学公表のセンター利用入試を除く現役生比率を全一般入試に適用。