大学受験の予備校・塾 東進ドットコム

トップ > カテゴリー: コンプレックス > 質問: 顔・体型にコンプレックスがあります

君の相談でドンドン回答が増える

悩み相談Q&Aは、高校生に悩みを乗り越えてもらうためのサイト。 悩みが投稿されたら、大学生の先輩たちが専門家や著名な方々を取材して、いただいたアドバイスを掲載していきます。君の悩みをお聞かせください。

性別
学年
自分を鏡で見ると落ち込みます。みんなで写真をとっても、細くてかわいい子が多くてついつい比べてしまうのが辛いです。 (高2女子)

内面を磨こう!それが魅力につながる!

なかむら ちあき
中村 千秋
先生

1958年東京生まれ。ミシガン州立大学大学院卒業。アフリカゾウ国際保護基金(AEF-I)客員研究員。酪農学園大学特任教授。専門はワイルドライフ・マネージメント、自然保護学、栄養学、環境社会学。NPO法人サラマンドフの会代表理事。 中高生時代に「一番日本から遠くて、一番日本人がいないところに行きたい」という想いから、アフリカを目指す。女子栄養大学卒業後、1年間、アフリカを放浪。帰国後、塾講師をしながら母校でゾウのフンの成分分析を始め、1989年、30歳でケニアに渡る。現地では、ツァボ・イースト国立公園内の小屋で暮らしながら、アフリカゾウと地域住民の問題の緩和に向けて研究調査を開始した。現在は日本とケニアを行き来し、現地での教育エコツアーを通して、共存の道を探る。 著書に『アフリカで象と暮らす』(文藝春秋社、2002年)『アフリカゾウから地球への伝言』(冨山房インターナショナル、2016年)など。

容姿には流行り廃れがある

 私は世界の多くのいろいろな人々に接してきて、それぞれに輝くときがあるのだな、と思います。容姿にも流行り廃れがありますから、あなたが写真で見ている細くてかわいい子たちも、今そのように見られているだけで、これからもそうである保障はないのです。また、日本を一歩出て、アジアをさらに出れば、日本人顔は皆同じに見られて、国内で差があるほどに細いだのかわいいだの関係はなくなってしまいます。


 ちなみに私が学生の頃、日本では目が大きくて二重瞼が人気でしたが、今見ると昭和臭くて古臭い感じがします。目が細くて一重瞼、鼻が低いことに学生の頃コンプレックスを持っていた私ですが、時代や場所が変われば流行にもなるんだと、コンプレックスを感じていた時間をもったいなく思います。

 今、細くてかわいい子たちでも、そのままの姿で80歳になるわけではありません。 人生を長いスパンで考えて、鏡で見る自分がどんな大人、おばさん、お婆さんになるのかな、とちょっと想像すると、細くてかわい子たちとあまり変わらないや、とか、もっといい顔しているよなあ、って安心できるのではないですか?

少しコンプレックスを持つくらいの方が、将来に期待が持てます!

 顔には、年をとればとるほど、その人の生き方が出てきますから、内面をしっかり磨いて、いい表情で日々生活するとそれが魅力になって顔に表れてきます。内面を磨くためには好きなことを見つけて打ち込むことが大切です。志望校選択や受験はその第一歩となります。内面が磨かれ、いい表情ができていくと、鏡や写真を見るのが楽しくなってくるはずです。あなたにとっての全盛期はまだこれからですから、心が豊かで表情が素敵な大人を目指してください! 

SNSで共有

トップに戻る[カテゴリー: コンプレックス] に戻る