大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

難しめの実験考察問題が増加し、文章選択問題も増加したため、昨年より難化した。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

 

昨年と同様に、大問数は6題であり、第6問と第7問が選択問題である。設問数は第6問、第7問どちらを選択しても29問であり、昨年の29〜30問と同程度であった、マーク数は第6問、第7問どちらを選択しても34で、昨年(34〜35)と同程度であった。知識問題は、生物の教科書の内容を押さえておけば解けるが、文章選択の問題がやや難しめであった。また、実験考察問題の分量が多く、時間が十分ではないため、全体として昨年よりも難化した。

 

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

 

 

 

第1問

生命現象と物質

6

6

18

第2問

生殖と発生

4

6

18

第3問

生物の環境応答

5

7

18

第4問

生態と環境

5

6

18

第5問

生物の進化と系統

6

6

18

第6問

1問選択

遺伝子組換え実験

3

3

10

第7問

生物の生態と進化

3

3

10

2017

 

 

 

第1問

生命現象と物質

5

6

18

第2問

生殖と発生

5

7

18

第3問

生物の環境応答

6

6

18

第4問

生態と環境

5

6

18

第5問

生物の進化と系統

6

6

18

第6問

1問選択

細胞を構成する物質や細胞小器官を解析する研究技術

2

3

10

第7問

生物多様性

3

4

10

2016

 

 

 

第1問

生命現象と物質

4

6

18

第2問

生殖と発生

4

6

18

第3問

生物の環境応答

6

6

18

第4問

生態と環境

5

5

18

第5問

生物の進化と系統

4

6

18

第6問

1問
選択

イネ科植物の栽培と利用

3

3

10

第7問

社会性昆虫の行動と進化

3

3

10

2015

第1問

生命現象と物質

5

5

18

第2問

生殖と発生

5

6

18

第3問

生物の環境応答

5

6

18

第4問

生態と環境

5

5

18

第5問

生物の進化と系統

5

6

18

第6問

1問選択

臓器移植

3

4

10

第7問

DNAの塩基配列を用いた生物の系統推定

3

3

10

過去の平均点の推移

2017 2016 2015
68.97点 63.62点 54.99点

設問別分析

【第1問】生命現象と物質(タンパク質・酵素、スプラシング)

Aはタンパク質の構造や酵素の性質に関する基本的な知識問題、Bはスプライシングに関する知識問題と実験考察問題である。全体としてやや難しめである。問1〜問4は基本的な知識問題であるが、すべて文章選択問題であり、やや細かい知識が必要なこともあって時間がかかるだろう。問5の計算は問題集などで慣れていないと難しく、得点差がついたであろう。問6は見かけほど難しくはない。



【第2問】生殖と発生(外胚葉領域と遺伝子、花粉管の誘導と伸長)

Aは両生類の原基分布図に関する知識問題と外胚葉の領域の広がりにかかわる遺伝子に関する実験考察問題、Bは被子植物の重複受精に関する知識問題と、花粉管伸長の誘導と花柱のはたらきに関する実験考察問題である。知識問題、実験考察問題は標準的である。問1は原基分布図の知識があれば解ける。問2の実験考察問題は、実験結果を整理し、選択肢を照らし合わせ、明らかに矛盾する選択肢を除いていく作業に時間がかかり、得点差がついたであろう。問3は、実験結果が明確であり、解釈は難しくはないだろう。問4の重複受精の知識は典型的なものである。



【第3問】生物の環境応答(筋収縮、植物の病害抵抗性反応)

Aは筋収縮に関する知識問題と実験考察問題、Bは植物の病害抵抗性反応と遺伝子に関する知識問題と実験考察問題である。全体に標準的である。問1・3は基本的な知識問題である。問2は単収縮と強縮の収縮度合いが違うことがわかるかどうかが鍵である。問4は標準的な知識問題である。問5は標準的な実験考察問題であるが、遺伝子Xと遺伝子Yの関係を考えて遺伝子XとYの二重変異体を考えねばならず、時間がかかる。



【第4問】生態と環境(生態系の物質収支、種間関係)   

Aは窒素代謝に関する知識問題と生態系の物質収支に関するデータ考察問題であり、Bは種間関係に関する実験考察問題と生態系に関する知識問題である。全体的に標準的な問題である。問1は標準的な知識問題である。問2・問3は総生産量や純生産量など物質収支の計算式を知っていないと解けず、得点差がついたであろう。問4は、文章の内容を理解するのに時間がかかり、ミスを誘発しやすい。また、カッコウの托卵は基本的には寄生であることがピンとこず、戸惑った受験生もいたであろう。問5は攪乱や生物多様性について理解していないと2つ正答するのは難しい。



【第5問】生物の進化と系統(集団遺伝、分子系統樹、適応進化、生物の進化)

Aは集団遺伝と分子系統樹に関するデータ考察問題と計算問題、Bは植物の適応進化に関するデータ考察問題と生物の進化に関する知識問題である。全体としては易しめであるが、分子系統樹の計算問題で得点差がついたであろう。問1は遺伝子頻度を計算しなくてよく、易しめの考察問題である。問2の計算は、計算方法を知っているかどうかで大きく得点差がついたであろう。問3の知識問題は選択肢がわかりやすく、易しめである。問4は実験結果を理解するのに時間がかかるが、それほど難しくはない。問5・6は易しい知識問題である。



【第6問】遺伝子組換え実験(制限酵素、プラスミド、選択培地)

遺伝子組換え実験と選別に関する実験考察問題である。問題文が長く、理解するのに時間がかかる。問1は標準的な知識問題である。問2・3は、国公立二次や私大の入試で典型的であり、一度解いていれば解けるが、初見だと、文章の内容を整理するのに時間がかかり、得点差がついたであろう。



【第7問】生物の進化と生態(学名、個体群、配偶者選択)

学名、個体群、生態と進化に関する複合問題である。問1・2は標準的な知識問題であり、易しめである。問3は問題文が長く、実験1〜3の解釈に時間がかかり、得点差がつくであろう。

SNSでシェアしよう!