ページを更新する ページを更新する

合格

2530人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

林響生くん

東進ハイスクール新浦安校

出身校: 千葉高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 剣道部

早慶上理難関国公私大模試

この体験記の関連キーワード

東進のシステムを最大限生かし、無事に第一志望に合格することができた

 僕は中高の6年間の定期テストで一度も平均以上の点数を取ったことがありません。ですので、自分が東進に入った高校一年生のときはプライドは微塵も無く、早慶を目標にはしていましたが明青立法中に運良く入れれば良いと思っていました。特に大学でやりたいことも無かったのですが、当時の担任助手の方に早稲田文化構想を教えてもらい、音楽や漫画、歴史などが好きだったのでピッタリだと思い、目指すようになりました。

僕は部活にも入っていなかったので、高2の前の春休みから学校に行っていると思って毎日朝登校を始めて、午前中は東進で勉強をしていました。そして夏休みは開館から四時まで、冬休みは開館から閉館までといった様に段々と自分の勉強時間の限界を上げていきました。

3科目でこの長い時間を活用するために、まず歴史の通史を早くから終わらせることをおすすめします。そうすれば歴史科目の定着に必要な膨大な時間を序盤から割くことができます。他にも英語は高速マスター基礎力養成講座を繰り返し行い、古典は単語だけでなく、文法もしっかり修得しましょう。僕の周りの人の多くは古典文法を疎かにしていました。なのでここで差がつくと思います。

三年生になってからは過去問演習や志望校別単元ジャンル演習講座が追加されていくのでやることはつきませんでした。こういった問題形式の教材は早くから片付けて、自身の問題点を確認し、補強するといったふうに活用していました。

このように東進のシステムを最大限生かし、無事に第一志望に合格することができました。僕は中学受験も失敗し、学校でも落ちこぼれだったので、努力が報われるということを初めて経験しました。皆さんも受験を通してこの体験ができることを願っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校探しを手伝ってくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の話など

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テスト

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

時間が自由だから

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

互いに競い合ってモチベーションを高めた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大きな声を出す

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

楽しそうなことが学べそうだから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

試練

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学に入ってから探します

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】


【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】


早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 21