ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

高橋凜くん

東進ハイスクール池袋校

出身校: 海城高等学校

東進入学時期: 高1・1月

所属クラブ: 吹奏楽団 副団長

引退時期: 高2・3月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

東進の講座の理解で受験科目の基本を根気強く学んでいく姿勢が大事

 僕の高校生活は、3時間以上の部活が週に4回と比較的忙しいものでした。そんな中ずっと東大に行きたいという気持ちがあり、成績を上げ合格に近づけるために、高校1年の冬に東進に入学しました。その時期の入学で早めに受験勉強を始められるということで講座とともに多くの問題集の実施計画を立て、学校の勉強と並行する形で勉強を進めていきました。講座、高速マスター基礎力養成講座、問題集、学校の勉強とやるべきことが多く、東進入学後は一つずつ勉強をこなしていきました。たくさんの講座と問題集の計画によく遅れが生じ、東大のための勉強の厳しさを実感し何度も諦めそうになりました。ですが、東大への憧れを胸に、計画を修正しながら根気強く勉強を進めていきました。

高3の夏から、東進のスケジュールに従い東大の過去問での演習を開始しました。当然、高3の夏なのであまり点数は取れませんが、問題を知り敵を知るということを目標に規定年数を終わらせ、秋以降の学習に生かすことができたと思っています。大学受験において大事だと感じたのは、やはり基礎力だと思います。今年僕が実際に受験会場で解いた問題の中には、形式が大幅に変更されたり、典型問題とは程遠い難問ばかりであったりと、解法暗記では決して解けない問題が多くありました。そんな受験生の多くが困惑するような問題と出くわしたとき、最終的にものを言うのは基礎力です。基礎力を培うためには、東進の講座の理解の徹底と共に各種参考書を活用して受験科目の基本を根気強く学んでいく姿勢が大事なのだろうと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強のペースを維持するのに役立ちました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強のペースを維持するのに役立ちました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

回数が多く返却が早いので十分に共通テストの対策を行うことができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業に魅力を感じたため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の息抜きになったり、学習に役立つ情報を得られたりしました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

イングリッシュキャンプに参加したおかげで、英語でのコミュニケーションへの抵抗が薄まり、積極的に英語でのコミュニケーションを取りたいと思うようになりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

模試の判定があまりよくなく、勉強計画も崩れ辛い時期がありましたが、担任の先生や担任助手の方の励ましを受け、計画も立て直してなんとか乗り切りました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進に登校し、同じ志望校の友人と会話してモチベーションを高めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

乗り越えるべき課題

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
共通テスト対応英単語1800や上級英単語1000は単語の初修に大いに役立ちました。

過去問演習講座
解説授業を活用しました。

東進模試
共通テスト本番レベル模試を何回も受けたことで共通テストに慣れることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
物理の基礎を効率よく正しく学ぶことができました。

【 東大英語 -読解問題の見方・考え方・解き方- 】
英文和訳をはじめとした英文読解のノウハウを学ぶことができました。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22