ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

宮内優弥くん

東進衛星予備校三島駅前校

出身校: 静岡県立 沼津東高校

東進入学時期: 中1・9月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・5月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

意識したのは勉強の質と到達度

 僕が東進に入学したきっかけは、全国統一中学生テストです。田舎の小中学校で井の中の蛙状態だった僕にとって、全国にまだまだ自分より勉強ができる人がいるという事が衝撃で、悔しくてそのまま東進に入りました。

僕は小中とサッカーを続けていて、高校でも続けるつもりでした。僕が通う高校は電車で30分かけて駅まで行った後、自転車を漕いで通わなければならず、高校だけの3年間で大学受験に間に合うのか不安でした。そんな中、数学特待を勧められ、高校受験で勉強を止めることなく、数学ⅠAⅡBまでは高校入学の時に終わらせて、都会の進学校の人たちと同じスタートラインに立てたことが良かったと思っています。

高1、高2の間は予想通り忙しく、部活に遊びで、まとまった勉強時間をとるのはかなり厳しかったです。僕がそこで意識したのは勉強の質と到達度です。短い時間の中で自分で設定した目標をクリアしていくことで、高3の部活引退後、十分巻き返せる状態で済んでいました。

高3の時は、6月から本格的に受験勉強を始め、受講と問題集を使って基礎固めをした後、夏休みの半ばから過去問を始めました。9月の半ばまでに5年分解いた後は、志望校別単元ジャンル演習講座で東大型演習を重ね、大問ごとに区切りながら時間配分を意識し苦手を潰していきました。直前期は、残りの過去問を本番同様に解きながら調整をし、自信をもって当日を迎えられました。

僕はあまり色々な問題集に手を出した方ではなく、受けた授業を完璧にする、演習で解いた問題をきちんと復習することを徹底していました。その結果、やるべき事を見失う事なく、合格を掴み取れたのだと思います。東大に入って何をしたいかは僕自身まだわかりませんが、これから多くの人と出会い更に勉強を続けて、自分の進むべき道を切り開いていきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

不安だった時期も自分の合格をずっと信じてくれていたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

返却が早いから自分の立ち位置をすぐ把握でき、復習もしやすい。6月と1月にあるのも魅力。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅受講で自分のペースで進められるのが合っていた。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じクラスの東大京大志望の友達と話していたのが息抜きになった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強時間を確保するのはかなり難しい中で、質を意識し、時間ではなく自分の考える勉強の到達度を常に考えていた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高3の夏休みはまだ判定が悪くて、結果が出るのかわからない手探りのまま毎日10時間以上勉強しなければいけないのが大変だった。勉強に余裕が出てきた後半は体調を崩しがちで、コロナにもインフルにもかかったし、特に共通テストの1週間後にインフルにかかった時は最後の模試を受けられず、不安な直前期を過ごした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じクラスの東大京大志望の人と一緒にお昼ご飯を食べながら色々話した

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校入学時は漠然と東大を目指していたが、高2の時に本郷キャンパスに自分で行ったり、部活や学校の案内で行く機会があり、自分が東大生になるイメージが湧いた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生を変えるチャンス

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
林先生や苑田先生の解説授業を聞けるのが魅力。添削もすぐ返ってきた。

志望校別単元ジャンル演習講座
東大本番レベル模試の過去問を使って東大型演習をたくさんできたのがよかった。

東進模試
返却が早いから自分の立ち位置をすぐ把握でき、復習もしやすい。6月と1月にあるのも魅力。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策理系数学[理系上級微積分+α]-中級から上級そして超上級へ- 】
長岡先生の東大対策数学は量も多くてこなすので精一杯だったが、きちんと復習を重ねれば、他の問題集なしで過去問演習でも戦えた。

【 ハイレベル物理 力学 】
苑田先生のハイレベル物理は1回受講しただけでは理解に苦しむ所も多く、見直したりノートを何回も復習した。教科書だけではわからない物理の本質を学ぶことは、点数に直結するだけでなく、心の底から勉強が楽しいと思える。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17