これぞ東大対策の決め手!
的中率80.1%の最新AIが、今年の出題を予測!
東大入試最大50年分の問題と最新の傾向分析による圧倒的な精度。

※科目ごとの問題カテゴリー的中確率の平均

3つの特長
AI予測問題演習が持つ学力向上への鍵

高度なAI予測に基づいた出題セット

最大過去50年分の東大入試をAIが分析し、今年の入試に出題される確率の高い問題カテゴリを予測。

AI予測とは?

東進では東京大学を志望する方のために東大入試を最大過去50年分にまで遡り、AIによるデータ分析と教務知見を融合させることにより、より正確な入試問題の出題予測を的中させるロジックを完成させました。

全科目2回分のセット

文理ごとに東大の主要な入試科目4教科5科目をカバー。2回分のセットで直前の実戦演習に最適!
※地学は対象外です

受験直前期には本番同様の状況で演習することが効果的です。戦略的な部分は本番と同様の環境で通しで演習することによってしか会得することができないので時間配分など戦略面でも対策をしていきましょう。

最短中5日のスピード返却

答案提出から返却までのスピードが速く忘れないうちに復習できる!

生徒はスキャンした答案をデータで送り、添削者側もデジタル添削を行うことで余計な手間が省略され、添削者が丁寧に添削しても十分速く答案が手元に戻るという仕組みになっています。

AI予測問題演習のほかに
利用できるコンテンツ

クリックして詳細をチェック!

①東進リスニングアプリ

②東大世界史対策アプリ

③東大化学対策アプリ

④東大特進コース
双方向講座 英語・数学

⑤東大特進コース
2021年第Ⅵ期・テストゼミ映像授業

お申し込み方法・料金

料金:18,700円(税込)

※対象は一般の「高校3年生」です。
 東進在籍生は「第一志望校対策演習」をお勧めします。
 本演習と同じ問題内容を「第一志望校対策演習」で提供します。

※受験科類に応じ、文科または理科いずれかひとつをお申込み時に指定してください。

※返金は不可となっております。

AI予測問題演習と、それに付属する特進Ⅵ期のみ申込の場合
(1)入学金5,500円(税込) ただし、東進在籍生は0円
(2)模試受講料0円
(3)申し込み講座に
講座区分:AI予測問題演習 講座名:AI予測問題演習 受講形態:t-POD 受講料:13,200円
とご記入ください。
付属する特進Ⅵ期授業受講(英数国)希望の場合は、講座区分:AI予測問題演習と記載の上、その他情報もご記入ください。その他、必要な個人情報はすべてご記入ください。

※AI予測問題演習には特待生料金は適応されません。
※AI予測問題演習の学費には入学金が含まれています。

申込書の記入例はこちら

商品ご利用の流れ

クリックして詳細をチェック!

STEP
1

STEP
2

STEP
3

AI予測問題演習への申し込み

お申込み受付後、問題冊子・学習マニュアル等を代金引換にてお送りいたします。
※文科は英語・文系数学・文系国語・日本史・世界史・地理、理科は英語・理系数学・理系国語・物理・化学・生物がそれぞれセットになっています。

AI予測問題演習に取り組みましょう。

選択問題の解答入力とリスニング音声の再生は専用マイページから実施できます。
記述問題は答案をスキャンまたは撮影し、Eメールで提出してください。

添削解答返却・復習

最短中5日で添削済答案をマイページに返却します。添削と解答解説で得点力アップを図りましょう。英語・数学は解説授業も受講可能です。実力講師の解説でさらに理解を深めましょう。

  1. お申込みいただいた方に、問題冊子とマニュアル等を代金引換にてお送りいたします。4教科5科目×2回分の演習が可能です。
    ※お申込み後10日前後で問題冊子とマニュアル等を発送します。
  2. AI予測問題演習に取り組んでいただきます。マイページにてリスニング音声の再生と選択問題の入力ができます。演習履歴の確認も可能です。
  3. 演習が終わりましたら、解答用紙をスキャンまたは撮影していただき、メールにて提出していただきます。
  4. 中5日で添削した答案をWEB上にてご返却します。添削と解答解説で、得点力アップを図りましょう。
  5. 英語・数学は解説授業も視聴可能です。実力講師の解説で、真の理解を深めましょう。

現役東大合格者の声

Kさん
東京大学法学部4年

自分の受験生時代に欲しかった!

 私は受験生時代、直前期には全科目通しで演習する機会が模試しかなく、自分がトータルでどの程度の得点力があるのか不安になることがありました。AI予測問題演習は、最終的な仕上げとして得点力の確認と磨き上げができるというのが最大の特徴かと思っています。
 また、AI予測問題演習では全て最新の傾向に沿って問題演習できることが強みですね。過去問をすでに数十年分解いていると、直前期に初見の問題を解こうと思ってさらに古い年度のものを解くと、実は形式が変わってしまっていた……なんてことを心配する必要がないので。

  1. 東進ドットコム
  2.  >AI予測問題演習

ナガセの教育ネットワーク

教育力こそが、国力だと思う。