« 宮内の教科書レベルから入試につながる物理【力学・熱力学編】 | メイン | 2018/9/24更新 お詫びと訂正 »

物理一問一答【完全版】





三宅唯 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890858019
【定価】本体1000円+税
【頁数】352頁
【判型】B6判
Amazon_logo.gif


本書をお買い上げいただいた方へ訂正のお知らせ


message.gif

 本書は,入試問題が解けるようになるための橋渡しとして,「わかる」を「できる」に結びつけるシンプルな問題集です。物理法則自体の成り立ちを説明する原理的な立場に偏り過ぎないように注意しながら,その物理法則が一体何に使えるのかという実用的な立場で書きました。

 物理法則は覚えているだけではいけません。それを用いて何を求めうるのかを知らなければ,法則を知っているとは決して言えません。使い方を知るためには問題演習が必要です。しかしながら,多くの入試問題はテーマが絞られておらず,そのままでは学習に適しているとは言えません。入試問題は選抜のための問題ですから,多くの要素を問いたいわけであり,テーマが絞られないのは実に自然なことです。また,試験の得点が,学習水準を段階的に表すにあたって適切な目安となるように作られるのが理想ですから,単に暗記した公式を適用するだけの悲しい小問もときどき見かけます。入試問題は選抜のための道具であり,学習のための道具ではないのです。
続きはこちら>>

【本書の特長】
1.すべての入試に必要な知識を完全網羅!
入試において出題される典型的な現象・立式パターンを完全収録。すべての問題の核となる基本法則・解法パターンを短期間で修得することができます。

2.問題文から式を立てる力が身につく!
入試問題を目的直結型のシンプルな構図に分解し,1問1テーマに絞って出題。問題に適用すべき法則を正しく選ぶことができる「問題を解く力」が身につきます。

3.豊富な演習により「理解」が「定着」へ!
高校物理全分野を網羅した,必ず押さえておくべき問題を多数収録。学習した知識を確実に定着させることはもちろん,未習分野の効率的速習にも効果を発揮します。


【目次】
第1部 力学① −静止と運動−
第1章 運動と力
第2章 剛体のつり合い

第2部 力学②−保存則−
第3章 エネルギーと仕事
第4章 運動量と力積

第3部 力学③−円運動と単振動−
第5章 円運動
第6章 単振動
第7章 天体の運動

第4部 熱力学
第8章 温度変化と状態変化
第9章 理想気体の状態変化

第5部 波動
第10章 力学的波動 
第11章 光学

第6部 電磁気学① −電場と回路−
第12章 電場

第7部 電磁気学②−磁場と回路−
第13章 磁場
第14章 電磁誘導

第8部 原子物理
第15章 光の粒子性
第16章 電子の波動性
第17章 核反応