合否判定システム

大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

大問数が4つと昨年より1つ増えた。小問数は15問で変化無し。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加(+1)  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

第1問のAでは、地震の基本性質とプレートテクトニクスとの関係がバランス良く問われている。全体としては標準レベルである。Bは地層の変遷と地球環境への理解を問うている。生物の上陸が時系列に理解できていないと難しい。Cは岩石と鉱物の標準的な問題である。
第2問のAは、作図を厭わなければ中学レベル+αの平易な問題である。Bは海水の鉛直循環に関する超頻出問題である。平易。
第3問は、時間の流れとスケール(空間)両方への理解が必要で、センター試験以外でも近年しばしば出題されるタイプである。知識が整理できていなければ難しかっただろう。
第4問は超頻出の自然災害がテーマ。
本年も計算は1問だけであった。全体的にグラフや数値(座標)を利用する問題が少なかった。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 地球 6 6 20
第2問 大気と海洋 3 3 10
第3問 宇宙 3 3 10
第4問 自然災害 3 3 10
2019 第1問 地球 9 9 30
第2問 天気図 3 3 10
第3問 恒星の誕生と宇宙の進化 3 3 10
2018 第1問 地球 8 8 27
第2問 自然現象 4 4 13
第3問 太陽系の誕生と形成 3 3 10
2017 第1問 地球とその構成物質 5 5 17
第2問 地球環境と大気・海洋 5 5 16
第3問 太陽と太陽系の惑星 2 2 7
第4問 宇宙からの光と地球・生命の歴史 3 3 10
2016 第1問 地球 8 8 27
第2問 地球全体のエネルギー収支(熱収支) 4 4 13
第3問 宇宙 3 3 10

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
28.06点 29.62点 34.13点 32.50点 33.90点

設問別分析

第1問 固体地球

問1 中学理科でも学ぶ初期微動継続時間の問題である。
問2 プレートの3つの境界の理解を問うている。


問3 水流と重力による地層形成とその後の地殻変動が問われている。
問4 オゾン層完成以降の植物の進化が分かっていなければ難しい。


問5 岩石名が分かっているので、マグマの分化が分かっていれば解ける。
問6 プレートテクトニクスと変成作用へのきちんとした理解が必要である。

第2問 気象と海洋

問1 反時計回りに風が吹き込む様子を作図しながら考える必要がある。
問2 温帯低気圧の構造を問う中学レベルの内容である。


問3 海水の熱塩循環の仕組みが分かっていれば平易である。

第3問 宇宙
問1 宇宙の歴史を順序立てて理解していなければ解けない。
問2 昨年度の追試や高卒認定試験に類題がある。散開星団がややわかりにくいか。
問3 太陽系の惑星を比較するという典型問題である。

第4問 自然災害
問1 地震災害についての常識的な問題である。
問2 火砕流に関するきちんとした理解を問う頻出問題である。
問3 単位変換を伴う計算問題である。単位を理解できれば平易である。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

両方受かったらどっちへ行く?1万件以上の事例を紹介

昨年ダブル合格した先輩がどちらに進学したのか、なんと12,808の事例を紹介。
中にはあっと驚く結果もあり。君の出願校決定に役立てよう。合否判定システムへ。

無料

センター試験合否判定システム

これから私大を受ける人、合否判定はしましたか?

東進のセンター合否判定システムは、私大一般入試の判定も行います。
センター試験後に私大を受験する人は必ずチェックしよう。

無料

センター試験合否判定システム

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する