合否判定システム

大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

各分野について基礎的な知識をもとに思考力を問う設問が多かった。第1問の地球物理分野は中問2、小問8問で変わらず。第2問の地質・岩石分野が8問から5問に減少した。第3問の気象分野が中問2、小問5から中問3、小問8に増加した。第4問の天文分野の小問数が8から5に減少した。

第2問の地質図学の問題は必答問題で標準的。計算問題は3問に減少した。選択問題は第5問が地球の歴史と火成岩の化学組成、第6問が地球の運動と太陽系、銀河、宇宙でともに標準的出題であった。



出題分野、大問数と大問の分野は昨年、一昨年と同じであった。

基本的事項の知識をもとに考察させる問題が多くなり、来年からの共通テストの傾向をうかがわせるものが見られる。教科書の基本事項を丹念に学習することと標準レベルの問題を多く演習することに加えて分野総合的な学習が求められる出題であった。

第1問は地球物理とプレートについての出題であった(計算2問)。
第2問は変成作用と地質図、第3問は大気と海洋についての基本的な出題であった。
第4問はHR図と恒星の進化についての総合的知識を問う出題と銀河系と銀河についての基本的出題(計算1問)。
第5問(選択)は地球の歴史と火成岩の化学組成についての基本的な理解を問う出題。
第6問(選択)は地球の運動、太陽系、宇宙、銀河についての総合的な理解を問う出題。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 地球 8 8 27
第2問 岩石と地質 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 恒星と星団 5 5 17
第5問 1問 選択 地球の活動と歴史 4 4 12
第6問 宇宙 4 4 12
2019 第1問 地球 5 5 17
第2問 地質と岩石 8 8 27
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問 選択 地球 4 4 12
第6問 水の循環と海洋 4 4 12
2018 第1問 地球 8 8 27
第2問 岩石、鉱物と物質 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 宇宙 5 5 17
第5問 1問 選択 地質と岩石 4 4 12
第6問 宇宙 4 4 12
2017 第1問 地球 7 7 24
第2問 地球の歴史と地層および岩石 6 6 20
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問選択 リソスフェアと磁気圏 4 4 12
第6問 大気と海洋 4 4 12
2016 第1問 地球の内部構造 8 8 27
第2問 地質と岩石 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 地球と恒星 5 5 17
第5問 1問選択 地球の大気と鉱物 4 4 12
第6問 宇宙膨張 4 4 12

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
40.34点 46.34点 48.58点 53.77点 38.64点

設問別分析

【第1問】地磁気と重力、プレート運動と火山
問1は地磁気についての知識で基礎的。問2は地磁気の三要素についての計算問題。問3は地下構造と重力の関係の応用。問4は地震波トモグラフィーの教科書的知識問題。問5はプレートの移動速度の計算で標準的。問6は地震の初動と地震波の屈折の融合問題。問7は弧―海溝系のマグマの発生と火山前線についての基礎的な問題。問8はマグマの発生についての理解を確認する出題で基礎的。


【第2問】岩石と地質
問1は多形についての基礎知識。問2は図から変成作用の生じた温度を推定し、相図から圧力を推定する出題。問3は地質図を描いて地層の重なり方を判断する、作図力が問われる出題。問4は堆積岩についての知識。問5は凝灰岩についての知識を問う。


【第3問】大気と海洋
問1は飽和水蒸気圧の温度変化と断熱減率を組み合わせた問題。問2は南半球の風についての基礎的知識。問3は台風についての基礎的出題。問4は気象衛星の画像についての理解を問う出題。問5は高層天気図と気圧の谷の動きについての知識を問う。問6は津波の速度とさまざまな速度との比較。問7は海流の速度の比較。知識問題。問8は太平洋の南北断面の温度・塩分についての知識。難。


【第4問】宇宙
問1は恒星の進化とHR図についての基礎的な問題。問2は恒星の距離の測定についての基本知識の確認。問3は太陽の進化についての知識を確認する出題。基礎的。問4はHR図の作成の経験があれば容易な出題。問5は黒点の光度を求める基礎的な計算問題。


【第5問】(選択問題)地球の活動と歴史
問1・2はテチス海をテーマに地球の歴史の基礎的知識を問う。やや難。問3・4は火成岩の化学組成についての標準的知識問題。


【第6問】(選択問題)宇宙
問1は地球の公転と自転についての理解を問う。問2は太陽系惑星の特徴の知識を問う出題。問3は球状星団の分布とハッブルの法則の作図法を問う。問4は宇宙の膨張についての知識を問う基本的な出題。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

両方受かったらどっちへ行く?1万件以上の事例を紹介

昨年ダブル合格した先輩がどちらに進学したのか、なんと12,808の事例を紹介。
中にはあっと驚く結果もあり。君の出願校決定に役立てよう。合否判定システムへ。

無料

センター試験合否判定システム

これから私大を受ける人、合否判定はしましたか?

東進のセンター合否判定システムは、私大一般入試の判定も行います。
センター試験後に私大を受験する人は必ずチェックしよう。

無料

センター試験合否判定システム

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する