全国統一テスト企業案内採用情報サイトマップニュースリリース
東進ドットコムトップページ > センター試験解答速報2019 > 地学学習アドバイス
トップヘ戻る。 センター速報 学習アドバイス

◇センター試験「地学」の特徴を知ろう
皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。センター試験「地学」がどのようなものか、まずは今回のセンター試験「地学」についてその出題形式と内容を確認するために、問題に挑戦してみましょう。「地学基礎」についても同様に挑戦してみて、「地学」と「地学基礎」の違いを確認しておきましょう。「地学基礎」は学習したけれど「地学」の学習はこれからという人も多いでしょうが、まずは「地学」がどのようなものか、「地学基礎」とどう違うか、体験しておくことです。
センター試験の出題範囲は教科書に限られています。センター試験で高得点を得るためには、「教科書」→「問題演習」→「教科書」という流れの学習方法を徹底して、教科書を徹底理解することが大切です。特に、昨年・今年と基礎事項の正確な理解と応用力が問われる出題になっています。まず、教科書の通読から始めましょう。すでに授業を受けている場合も、あらためて教科書を通読しましょう。はじめは、理解しようとか暗記しようとか考えずに、地学の内容、全体像を概観・把握することが大事です。地学は地球物理、プレートテクトニクス、岩石・鉱物、地質・地史、気象、天文、自然環境と範囲が多岐にわたっています。これらについてどんなことを学ぶのか、どのような図表やグラフがあるのか、大体のイメージを最初に作っておくことがその後の学習に役立ちます。


◇教科書の徹底学習を
教科書を通読したら、今度はできるだけ丁寧に教科書を読んでいきます。このときに大事なことは暗記することでなく、地学の各分野それぞれの論理の展開を把握することです。どのような観測や観察、実験がされて、そこからどのような考察がされているのか、また、どのような物理法則が用いられているか、を理解しましょう。そのために、図・表・グラフを正確に読む力をつけていきましょう。教科書の図やグラフはセンター試験に繰り返し出題されています。図やグラフを正確に読むためにはそれを自分でノートに書いてみることが大切です。書いてみると、見ているだけでは分からなかったポイントが見えてくるはずです。


◇模試を活用しよう
「地学」には十分な過去問がありません。以前の地学Iとは範囲も内容もかなり違っています。ですから、早くから多くの模試を受けることが学習を進めるうえで重要になります。2ヵ月ごとに実施される東進のセンター試験本番レベル模試は年6回で地学の出題範囲をすべてカバーしていますから、学習の進み方と学習の不足点を判定できるとてもよい機会になります。2月からの受験にぜひチャレンジしてみてください。

 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 


各分野について基礎的な知識を問う標準的問題が大半で、難易度は昨年並み。第1問の地球物理分野が中問4から2に、小問8問から5問に減。第2問の地質・岩石分野と、第4問の宇宙分野が5問から8問に増。第3問気象分野が中問3、小問8から中問2、小問5に減。天文分野の小問数が5から8に増加した。 地質図は必答問題で標準的。計算問題は4問すべて標準的問題で容易であった。選択問題は重力とケイ酸塩鉱物の結晶構造、水の循環と海洋の構造でともに標準的出題であった。


出題分野、大問数と大問の分野は昨年、一昨年と同じだが、中問数が少なくなった。

基本的事項の知識問題が大半で、グラフや図もわかりやすいものである。教科書の基本事項を丹念に学習することと標準レベルの問題を多く演習することが高得点につながる出題である。難問はなかった。

第1問の地球物理分野が中問4から2に、小問8問から5問に減。第2問の地質・岩石分野と、第4問の宇宙分野が5問から8問に増。第3問気象分野が中問3、小問8から中問2、小問5に減。天文分野の小問数が5から8に増加した。 地質図は必答問題で標準的。計算問題は4問すべて標準的問題で容易であった。選択問題は重力とケイ酸塩鉱物の結晶構造、水の循環と海洋の構造でともに標準的出題であった。

第1問は地球の自転と内部構造(計算)、地震と断層(計算)についての基本的出題であった。第2問は地質調査と地質図、地球の歴史と化石、日本列島の付加体、火成岩と変成岩、地質・岩石分野の総合的出題であった。第3問は惑星の大気と海流についての基本的な出題であった。第4問は恒星の進化についての総合的知識を問う出題と銀河系と銀河についての基本的出題(計算)。第5問(選択)は重力とケイ酸塩鉱物についての基本的な理解を問う出題。第6問(選択)は水の循環と海洋の構造についての基本的な理解を問う出題。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2019 第1問 地球 5 5 17
第2問 地質と岩石 8 8 27
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問選択 地球 4 4 12
第6問 水の循環と海洋 4 4 12
2018 第1問 地球 8 8 27
第2問 岩石、鉱物と物質 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 宇宙 5 5 17
第5問 1問選択 地質と岩石 4 4 12
第6問 宇宙 4 4 12
2017 第1問 地球 7 7 24
第2問 地球の歴史と地層および岩石 6 6 20
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問選択 リソスフェアと磁気圏 4 4 12
第6問 大気と海洋 4 4 12
2016 第1問 地球の内部構造 8 8 27
第2問 地質と岩石 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 地球と恒星 5 5 17
第5問 1問選択 地球の大気と鉱物 4 4 12
第6問 宇宙膨張 4 4 12
2015 第1問 地球の形とプレートテクトニクス 6 6 20
第2問 地球の内部構造 3 3 10
第3問 地質と地表の変化 6 6 20
第4問 大気と海洋 6 6 20
第5問 宇宙 6 6 20
第6問 1問選択 火成活動と火成岩 3 3 10
第7問 地球の大気 3 3 10

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015
48.58点 53.77点 38.64点 40.91点

◇大学入学共通テストとセンター試験
2021年1月に、これまでのセンター試験にかわって大学入学共通テストが実施されます。試行テストを見る限り、現在のセンター試験と大きく変わることはないようです。そこで、まずは今回のセンター試験「地学」についてその出題形式と内容を確認しましょう。「地学」の学習はこれからという人がほとんどでしょうが、まずはセンター試験「地学」がどのようなものか理解しておくことです。今回のセンター試験について、大問数と各大問の分野、小問数、出題形式、選択肢の数など、その形式をチェックしましょう。また、すでに「地学基礎」を学習している人は、今回の問題に挑戦して、「地学基礎」と「地学」の違いを確認してみましょう。


◇教科書の徹底理解を
センター試験の出題範囲は教科書の範囲に限られています。これは大学入学共通テストでも変わりません。ですから、教科書の徹底理解が高得点の鍵です。教科書の徹底理解には「教科書」→「問題演習」→「教科書」という流れの学習を徹底することです。そのために、まず、教科書を通読することから始めましょう。「地学基礎」の教科書の通読から始めましょう。通読することで地学学習の全体像を把握することが大事なのです。「地学基礎」の教科書には「発展」や「参考」のページが多くあります。これはどれも「地学基礎」の範囲外ですが「地学」で扱う大事な内容ですのできちんと読むようにしてください。
地学は地球物理、プレートテクトニクス、岩石・鉱物、地質・地史、気象・海洋、天文と分野が多岐にわたっていて、それぞれの分野ごとに探究する方法や論理があります。それぞれの分野でどのような観察や観測が行われるか、観察や観測からどのようなことが導かれるか、「地学基礎」の教科書の図とグラフをできるだけ丁寧に読み、「探究活動」・「実験・観察」を丁寧に読んでそれを把握するようにしてください。大学入学共通テストの試行テストではいくつかの分野を総合した出題が見られ、また、問題文が長文になる傾向があるようです。このような傾向に対応するためにも教科書を丁寧に読むことが大事になります。



◇これからの学習について
地学は暗記科目だと言われることがありますが、それは大変な誤解です。大学入学共通テストやセンター試験で問われるのは論理的な思考力・判断力と総合的な理解力です。高得点を得るためには暗記に頼らない学習を心がけて下さい。
 学習を効果あるものにするために模試に早くからチャレンジしてみましょう。早くから模試を受けていくことは教科書の理解をより深めることになります。結果に一喜一憂することなく、模試を受けたら解説をしっかり読み、教科書に戻ってその内容を確認していきましょう。2ヵ月ごとに行われる東進のセンター試験本番レベル模試はそのための良い機会になります。まだ早いと思わないでチャレンジしてみましょう。

 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 


各分野について基礎的な知識を問う標準的問題が大半で、難易度は昨年並み。第1問の地球物理分野が中問4から2に、小問8問から5問に減。第2問の地質・岩石分野と、第4問の宇宙分野が5問から8問に増。第3問気象分野が中問3、小問8から中問2、小問5に減。天文分野の小問数が5から8に増加した。 地質図は必答問題で標準的。計算問題は4問すべて標準的問題で容易であった。選択問題は重力とケイ酸塩鉱物の結晶構造、水の循環と海洋の構造でともに標準的出題であった。


出題分野、大問数と大問の分野は昨年、一昨年と同じだが、中問数が少なくなった。

基本的事項の知識問題が大半で、グラフや図もわかりやすいものである。教科書の基本事項を丹念に学習することと標準レベルの問題を多く演習することが高得点につながる出題である。難問はなかった。

第1問の地球物理分野が中問4から2に、小問8問から5問に減。第2問の地質・岩石分野と、第4問の宇宙分野が5問から8問に増。第3問気象分野が中問3、小問8から中問2、小問5に減。天文分野の小問数が5から8に増加した。 地質図は必答問題で標準的。計算問題は4問すべて標準的問題で容易であった。選択問題は重力とケイ酸塩鉱物の結晶構造、水の循環と海洋の構造でともに標準的出題であった。

第1問は地球の自転と内部構造(計算)、地震と断層(計算)についての基本的出題であった。第2問は地質調査と地質図、地球の歴史と化石、日本列島の付加体、火成岩と変成岩、地質・岩石分野の総合的出題であった。第3問は惑星の大気と海流についての基本的な出題であった。第4問は恒星の進化についての総合的知識を問う出題と銀河系と銀河についての基本的出題(計算)。第5問(選択)は重力とケイ酸塩鉱物についての基本的な理解を問う出題。第6問(選択)は水の循環と海洋の構造についての基本的な理解を問う出題。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2019 第1問 地球 5 5 17
第2問 地質と岩石 8 8 27
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問選択 地球 4 4 12
第6問 水の循環と海洋 4 4 12
2018 第1問 地球 8 8 27
第2問 岩石、鉱物と物質 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 宇宙 5 5 17
第5問 1問選択 地質と岩石 4 4 12
第6問 宇宙 4 4 12
2017 第1問 地球 7 7 24
第2問 地球の歴史と地層および岩石 6 6 20
第3問 大気と海洋 5 5 17
第4問 宇宙 8 8 27
第5問 1問選択 リソスフェアと磁気圏 4 4 12
第6問 大気と海洋 4 4 12
2016 第1問 地球の内部構造 8 8 27
第2問 地質と岩石 5 5 17
第3問 大気と海洋 8 8 27
第4問 地球と恒星 5 5 17
第5問 1問選択 地球の大気と鉱物 4 4 12
第6問 宇宙膨張 4 4 12
2015 第1問 地球の形とプレートテクトニクス 6 6 20
第2問 地球の内部構造 3 3 10
第3問 地質と地表の変化 6 6 20
第4問 大気と海洋 6 6 20
第5問 宇宙 6 6 20
第6問 1問選択 火成活動と火成岩 3 3 10
第7問 地球の大気 3 3 10

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015
48.58点 53.77点 38.64点 40.91点

▼高3生・高2生・高1生の君へ▼

SNSでシェアしよう!