合否判定システム

大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

分量・形式・出題分野・難易度、いずれも昨年並みだった。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  


分量
 大問数は例年通り5題である。設問数とマーク数は前年同様、ともに34である。

形式
 組合せ式の設問は前年と同じ11問(うち6択式7、4択式4)。図版数は前年と同じ28点となったが、そのうち写真資料は前年より1つ減って3点であった。

構成と内容
 各大問の設問数・解答数、配点は前年から変わらなかった。
第1問は4年続けてAとBに分かれ、Aは「地理の基礎的事項」、Bは「日本の自然環境と防災」であった。
第2問も4年連続して「世界の生活・文化」に当てられた。
第3問は地誌の大問であるが、「ヨーロッパ」が扱われたのは2006年以来である。
第4問は2018、19年同様に「世界の結びつきと地球的課題」の分野から出題された。
第5問は、例年通り地理B(第6問)との共通問題となる「地域調査」であった。

難易度
 いずれも高校地理に関する標準的な知識や図表を読み取る力を要求する問題であり、総合的な学力が求められる。常識的に判断しやすい設問も多いが、やや細かい知識を要する設問もあり、昨年並みの難易度だったと思われる。


年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 地理の基礎的事項 5 5 14
日本の自然環境と防災 3 3 9
第2問 世界の生活・文化 7 7 20
第3問 ヨーロッパ 7 7 21
第4問 世界の結びつきと地球的課題 6 6 18
第5問 地域調査(山梨県甲府盆地とその周辺地域) 6 6 18
2019 第1問 地理の基礎的事項 5 5 14
日本の自然環境と防災 3 3 9
第2問 世界の生活・文化 7 7 20
第3問 南アメリカ 7 7 21
第4問 世界の結びつきと地球的課題 6 6 18
第5問 地域調査(宮崎市) 6 6 18
2018 第1問 地理の基礎的事項 5 5 14
日本の自然環境と防災 3 3 9
第2問 世界の生活・文化 7 7 20
第3問 オーストラリア 7 7 21
第4問 世界の結びつきと地球的課題 6 6 18
第5問 地域調査(岐阜県高山市) 6 6 18
2017 第1問 地理の基礎的事項 5 5 23
日本の自然環境と災害 3 3 18
第2問 世界の生活・文化 6 6 21
第3問 ラテンアメリカ 7 7 21
第4問 地球的課題 6 6 18
第5問 地域調査(長崎県壱岐島) 7 7 20
2016 第1問 地理の基礎的事項 8 8 22
第2問 日本の自然環境と防災 5 5 15
第3問 世界の生活・文化 7 7 21
第4問 地球的課題と世界の結びつき 8 8 24
第5問 地域調査(岩手県北上市) 6 6 18

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
57.45点 57.11点 50.03点 57.08点 52.14点

設問別分析

【第1問】地理の基礎的事項および日本の自然環境と防災

例年同様に、図や写真などを多用して基礎的な知識を問う総合問題である。A・B2つの分野を組み合わせており、全体として標準的な大問である。

問1 時差計算に関する文章の空欄補充組み合わせ。方位に注意。
問2 4地点の土壌を説明する文章の判別。J付近はチェルノーゼム。
問3 4地点の季節別降水量グラフの判別。ケ付近は南半球のサバナ気候。
問4 3地点のプレート境界に関する説明文の判別組み合わせ。海嶺と海溝の区別がポイント。
問5 4地点の景観写真の判別。チはタワーカルストの桂林(コイリン)。
問6 自然災害に対する備えに関する文章の正誤判定組み合わせ。常識問題。
問7 日本各地の気象に関する統計地図の判別組み合わせ。ラとルの判別が鍵。
問8 新旧地図による変化や予測に関する説明文の判別。複雑に見えて単純。

【第2問】世界の生活・文化

4年続けて同じ分野からの出題であった。標準的な知識を活用することで高得点を目指したい。

問1 3作物の供給量に関する統計地図の判別組み合わせ。ライ麦は寒冷地。
問2 4カ国の品目別食料供給に関するグラフ判別。熱帯アフリカは芋類。
問3 各国の民族や宗教に関する説明文の正誤判定。Cは昨年のW杯で見た?
問4 3カ国の使用言語に関する表の判別。いずれも頻出の多言語国家。
問5 異なる宗教を信仰する隣国ペアの選択。ヒンドゥー教とイスラーム。
問6 日本の都市と姉妹都市提携する4都市の説明文判別。嘘は饒舌になる。
問7 世界遺産に関する文章の空欄補充組み合わせ。ダージリンは紅茶の銘柄。

【第3問】ヨーロッパ地誌

「新大陸」からの出題が3年続いていたが、本年は2006年以来のヨーロッパが取り上げられた。やや細かい地誌の知識が必要となる。

問1 4地点の地形に関する説明文の正誤判定。スカンディナビア山脈は古期。
問2 4地点の雨温図判別。イは年中偏西風の影響下にある西岸海洋性気候区。
問3 食文化・農業生産に関する説明文の正誤判定。夏は高地が過ごしやすい。
問4 4カ国の発電源割合グラフにおける発電源の判別。全て特徴のある国。
問5 4カ国の賃金水準と乗用車生産との相関・変化の統計判別。面白い1題。
問6 住民がカトリックを信仰する国の選択。ラテン系民族。単純な設問。
問7 4都市の水辺の景観写真の判別。ドックランズの再開発は頻出事項。

【第4問】世界の結びつきと地球的課題

3年続けて「地球的課題」と「世界の結びつき」との組み合わせで出題された。6問中5問が統計の判定であり、時間をかけて丁寧に解きたい。

問1 4空港に関する統計データの判別。韓国は国土が小さいので・・・。
問2 4カ国間の訪問客数を示す流線図における国名判別組み合わせ。米英の関係の深さが決め手。
問3 経済水準と送金受取額に関する相関図の判別。貧国は出稼ぎ者が多い。
問4 3指標の統計地図の判別組み合わせ。カ・キの判断を丁寧にしたい。
問5 プラスチックごみの排出量グラフの判別。AとBの判別がポイント。
問6 世界の環境問題への取り組みに関する文章の正誤判定。用語に注意。

【第5問】地域調査(山梨県甲府盆地周辺)

例年通り地理A(第5問)との共通問題である。会話文形式の出題が定着した一方で、3年続いて新旧地形図の比較が出題されなかった。全体として、常識で対応できる取り組みやすい問題が並んでおり、取りこぼしは避けたい。

問1 3地点の気候に関する資料の判別組み合わせ。頻出の内容・形式。
問2 鳥瞰図における方位選択。特別な知識は不要で、きわめて易しい。
問3 地形図中の土地利用に関する説明文の正誤判定。4つとも決めれば楽。
問4 養蚕業に関する資料に関する会話文の適語補充。常識で判断可能。
問5 小売店の分布を示す統計地図に関する説明文の正誤判定。読めば分かる。
問6 人口統計に関する説明文の正誤判定。人口増加=社会増加+自然増加。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

両方受かったらどっちへ行く?1万件以上の事例を紹介

昨年ダブル合格した先輩がどちらに進学したのか、なんと12,808の事例を紹介。
中にはあっと驚く結果もあり。君の出願校決定に役立てよう。合否判定システムへ。

無料

センター試験合否判定システム

これから私大を受ける人、合否判定はしましたか?

東進のセンター合否判定システムは、私大一般入試の判定も行います。
センター試験後に私大を受験する人は必ずチェックしよう。

無料

センター試験合否判定システム

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する