大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

史料問題が増加し、読解力、判断力を測る問題が目立った 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

大問数6題、小問数36問の問題数は昨年度と同様で、昨年度変更された大問ごとの配点は、今年度も踏襲された。視覚教材を用いた問題の数はほぼ例年通りであるが、グラフ・表などの統計資料を読み取る問題や、図版を用いた年代配列問題は出題されなかった。その一方で、地図と写真を組み合わせた問題や視覚資料を4つ用いた問題など、近年にはみられなかった形式の設問もみられた。

(時代)
旧石器時代〜弥生時代を正面から扱った問題はみられなかった。昨年度姿を消した戦後史単独の問題が2題出題され、1970年代までを対象とする設問がみられた。

(分野)
政治・社会・経済・外交・文化の全分野から出題されており、2017年度減少した文化史からの割合が若干増加した。

(出題形式)
2015年度までは第1問で会話形式、第5問もしくは第6問で人物をとりあげた問題が定着していた。昨年度は、第1問が会話文ではなく手紙、第6問がテーマ史からの出題というように傾向はやや変化していたが、2015年度までのパターンが復活した。昨年度減少した年代整序問題は1問減少し(14年度5→15年度3→16年度4→17年度6→18年度5)、史料を読みとる力を重んじる問題が多くみられた。

(史料・グラフ・写真・地図)
史料(稲荷山古墳出土鉄剣銘、『続日本紀』〔大仏開眼供養会〕、『上田氏旧記』〔村の盗人に関する史料〕、石橋湛山「池田外交路線へ望む」1960年)、図版(東大寺領糞置荘開田図、伯耆国東郷荘の下地中分図、検地仕法、地券、樺太の日露国境碑、関東都督府、『大山寺縁起絵巻』)、地図(樺太・旅順)、が設問の素材として用いられた。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

第1問

地域とその歴史的文化財

6

6

16

第2問

原始・古代の国家・社会と音楽との関係

6

6

16

第3問

中世から近世初期までの地震とその影響

6

6

16

第4問

近世の外交・思想・宗教

6

6

16

第5問

幕末から明治維新にかけての軍制改革と西洋医学

4

4

12

第6問

石橋湛山

8

8

24

2017

第1問

東アジア情勢と国内外の交通・通信

6

6

16

第2問

古代の思想・信仰と政治・社会との関係

6

6

16

第3問

中世の政治・社会・文化

6

6

16

第4問

近世の文化・政治・社会

6

6

16

第5問

幕末から明治期の大坂(大阪)

4

4

12

第6問

近現代の公園

8

8

24

2016

第1問

史料としての日記

6

6

16

第2問

原始・古代の漆と香の文化

6

6

16

第3問

中世から近世初期までの政治・社会・文化

6

6

16

第4問

近世の政治・社会・文化

6

6

16

第5問

明治期の地方制度

4

4

12

第6問

日本とオリンピックとのかかわり

8

8

24

2015

第1問

日本人の海外移住と外国人の渡来

6

6

12

第2問

原始・古代の農業と社会の変化

6

6

18

第3問

中世から近世初期までの政治・社会

6

6

18

第4問

近世の政治・経済・社会

6

6

17

第5問

明治期の立法機関

4

4

12

第6問

林芙美子とその時代

8

8

23

過去の平均点の推移

2017 2016 2015 2014 2013
59.29点 67.25点 65.64点 66.32点 62.13点

設問別分析

第1問 :地域とその歴史的文化財

「地域と歴史」を主題としたテーマ史が2年続けて出題された。会話文形式が定着していたが、2016年度では大学生の日記、2017年度では大学生の手紙というかたちで問題文が構成される形式となった。しかし,今年度は会話文が復活した。
原始・古代から現代までと出題範囲が広いのは例年通りであるが、(1)史料の読解を求める問題が出題されたこと(→問1)、(2)4つの図・写真を判断させる問題が出題されたこと(→問2)、(3)写真と地図を組み合わせた問題が出題されたこと(→問6)、が特徴として挙げられる。第1問特有の複数の時代にまたがる設問(問3・問5)が出題された。こうした設問は、時代観を養っておかなければ対応しづらいので注意が必要である。

問2 Wの地券の説明文は,判断しにくかったかもしれないが,最終センター試験本番レベル模試で図版を引用していたため,受験した人はすぐに誤文だと判断できただろう。

問6 Xの写真(北緯50度線の境界標石)は,資料集などに掲載されている。初見であっても説明文から判断できるが,確認した経験があれば自信をもって解答できる。理解を深めるためにも副教材を活用しよう。

 
第2問 原始・古代の国家・社会と音楽との関係

本問の問題文でテーマの1つとされている「音楽」は,全国統一高校生テスト第1問でテーマとして取り上げていた。
第2問では、2015年度までは鹿子木荘の史料(2015年度)・「魏志」倭人伝(2014年度)・『宋書』倭国伝(2013年度)というように基本史料の引用が定番となっていた。昨年度、史料問題はみられなかったが,今年度は多くの受験生にとって初見となる大仏開眼供養会の史料(『続日本紀』)が問5で引用された。

問5 Xは「文武の百官を率ゐて」から判断できる。Yは史料本文が読み取りづらかったとしても,注の「日本古来の歌舞」や「外来の歌舞」から判断できる。初見史料では注が重大なヒントとなることを知っておきたい。 


第3問 中世から近世初期までの地震とその影響
2016年度までは3年連続して近世初期までを対象とする問題が続き、昨年度は出題範囲が中世のみと変化したが,今年度は再び近世初期までを対象とするパターンに戻った。

問4  多くの受験生は,図(『大山寺縁起絵巻』)が初見だったと思われるが,この図を用いて田楽を問う設問は,全国統一高校生テストで出題していたため,同模試を受験していれば迷うことはなかっただろう。

問6 「桃山文化といえば千利休,千利休といえば侘茶」,といった単純暗記では誤文を選択できない設問となっている。侘茶とは何か,たとえば闘茶などとどこが違うのかというように,理解を優先した学習が求められている。


第4問 近世の外交・思想・宗教
第4問での初見史料の出題は、定番となりつつある。また,空欄補充が小問2つ出題されるといったパターンも昨年度と同様だった。問2は得点差が開く問題だったと思われる。

問2 UとVの前後関係を判断できるかがポイント。Vの「西洋砲術」の演習はなぜ必要なのか,対外的な危機と結びつけて考えれば,幕末に近い時期だと判断できたはずである。なお,「亜欧堂田善」は、2001年度の第4問でも出題されている。年代整序問題は,時代や歴史の流れ、背景や因果関係なども踏まえて学習することが必要である。

問4 「諸社禰宜神主法度」は、前後の問題文を熟読することで判断可能である。もちろん消去法でも絞れるが,出題者は問題文をよく読んで判断することを求めているといってよいだろう。

問5 読解タイプの史料問題。注をよく読めば判断できる問題となっている。


第5問 幕末から明治維新にかけての軍制改革と西洋医学

日本史A(第2問)との共通問題。かつては、2013年度の「明治期の特許制度」・2014年度の「明治期の租税制度」のように、テーマ的に難易度の高いものが目立ったが、2015年度の「明治期の立法機関」、2016年度の「明治期の地方制度」、2017年度の「幕末から明治期の大坂(大阪)」に続き、比較的取り組みやすいテーマ(「軍制改革と西洋医学」)が取り上げられた。

第5問では、かつてグラフ・表を用いた設問がみられたが、昨年に続き史料や図版を用いた問題が1問も出題されなかった。また、問題文も簡潔で読みやすいため、設問数が少ない第5問は、取り組みやすくなっている。

問3 センター試験の年代整序問題は、詳細な年代を問うものはほとんどみられず、本問も論理的に考えれば正答を導ける設問となっている。江戸後期に西洋医学が日本に紹介され、やがて外国人から医学の知識・技術を吸収するようになり、日本の医学者による世界的業績がみられるようになった、と段階的に理解できれば解けただろう。


第6問 石橋湛山

日本史A(第4問)との共通問題。2014年度では「漫画家手塚治虫」、2015年度では「作家林芙美子」というように、人物を取りあげた問題が定番となっていたが、2016年度では「オリンピック」、2017年度では「近現代の公園」がテーマとされた。今年度は人物を対象とするパターンが復活したが、首相にもなり、日本史Bの教科書に掲載されている石橋湛山が取り上げられた。昨年度は表の数値を判断する設問が出題されたが、今年度は比較的読みやすい史料を用いた設問がみられたのみであったため、比較的時間に余裕をもった受験生が多かったと思われる。

問2 新婦人協会の語句を問う本問は、形式面でも第3回センター試験本番レベル模試で出題した設問と一致していたため、受験した人は有利だったと思われる。

問5 戦中・戦後の文化は盲点となりがちである。しかし、戦後の法隆寺焼損と文化財保護法の制定とを関連づけるなど、考えて記憶する学習を進めていた受験生であれば、誤文を判断するのは難しくなかっただろう。また、文化財保護法は2012年度第1問、2010年度第6問の設問文、さらに2007年度第1問の問題文でも取り上げられており、過去問演習を徹底していたならば易しい問題だと感じたはずである。

問6 軍部大臣現役武官制を取り上げた問題。こうした問題に対応するためには、「同時期に何があったか」というようなヨコの視点だけではなく、「軍部大臣現役武官制がどのように展開したのか」といったテーマ史的なタテの視点で歴史をとらえておく必要があった。

問7 昨年度は第5問で大久保利通を対象として設問が出題されたが、本問では吉田茂に関する説明文の正誤判断が求められている。著名な政治家については、情報を整理しておきたい。

SNSでシェアしよう!