合否判定システム

大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

大問数、設問数は昨年と同様であるが、マーク数が大幅に増加した。また、大学入学共通テストの試行調査に類似した、会話文形式の問題が出題された。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加(+5)  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

大問数は3問、設問数は16問で昨年と同様であるが、マーク数は23個で昨年より5個多く、大幅に増加した。出題形式は空所補充、用語の組合せ、正誤判断が主体ではあるが、問題文が長く、解答に時間を要する。また、大学入学共通テストの試行調査に類似した会話文形式の問題が出題された。昨年に引き続き、計算問題も出題されている。全体の難易度は、難化した前年度とほぼ変わらないと思われる。例年同様、特定の分野に偏ることなく、幅広い内容が出題されている。出題内容は、第1問が「生物と遺伝子」から生物の特徴・代謝・ミクロメーターの使い方・細胞構成成分・遺伝情報とDNA・遺伝情報とタンパク質の合成・DNAの研究史、第2問が「生物の体内環境の維持」から体液の濃度調節・ホルモン・免疫、第3問が「生物の多様性と生態系」からバイオーム・炭素の循環・生態系とエネルギーの流れ・地球温暖化・大気中の二酸化炭素濃度の変化である。全体として、解答までに時間を要する問題も散見されるが、問題ごとの難易の差が大きく、平均点は難化した前年とほぼ変わらないと予想される。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 生物の特徴および遺伝子とそのはたらき 6 10 18
第2問 生物の体内環境の維持 5 5 16
第3問 生物の多様性と生態系 5 8 16
2019 第1問 生物の特徴および遺伝子とそのはたらき 6 7 19
第2問 生物の体内環境の維持 5 6 15
第3問 生物の多様性と生態系 5 5 16
2018 第1問 生物の特徴および遺伝子とそのはたらき 6 7 19
第2問 生物の体内環境の維持 5 5 15
第3問 生物多様性と生態系 5 5 16
2017 第1問 生物の特徴および遺伝子とそのはたらき 6 7 19
第2問 生物の体内環境の維持 5 5 15
第3問 生物多様性と生態系 4 5 16
2016 第1問 生物の特徴および遺伝子とそのはたらき 6 6 19
第2問 生物の体内環境の維持 5 6 16
第3問 生態と環境 5 5 15

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
32.65点 30.99点 35.62点 39.47点 27.58点

設問別分析

【第1問】生物と遺伝子(生物の特徴・代謝・ミクロメーターの使い方・細胞構成成分・遺伝情報とDNA・遺伝情報とタンパク質の合成・DNAの研究史)
設問数は6問で昨年と変わらないが、マーク数は10個で昨年と比べて3個増加した。Aでは、生物の特徴・代謝・細胞構成成分に関する知識問題と、ミクロメーターを用いた計算問題が出題された。問1は生物の特徴や代謝に関する知識問題であり、平易。問2はミクロメーターを用いてミトコンドリアの長さを求める計算問題。問3は生体構成物質に関する知識問題であるが、やや解答しにくい。Bでは、遺伝子の発現や塩基の相補性に関する知識問題と、DNAの研究史に関する考察問題が出題された。問4は問題文が長いが、問われている内容は遺伝子の発現に関する基本的な知識であり、平易。問5はDNAとRNAの塩基の相補性に関する知識問題であり、平易。問6はDNAの研究史に関する考察問題であるが、実験内容を覚えていた受験生は素早く解答ができたであろう。

【第2問】生物の体内環境の維持(体液の濃度調節・ホルモン・免疫)
設問数は5問で昨年と変わらないが、マーク数は5個で昨年より1個減少した。Aでは、体液の濃度調節に関する考察問題とホルモンに関する知識問題が出題された。問1は硬骨魚類の体液の塩類濃度に関する考察問題である。淡水魚と海水魚の尿中の塩類濃度を比較する考察はやや難しい。問2は塩類細胞がおこなう塩類の輸送に関する考察問題であるが、塩類の輸送方向を知識として習得していた受験生は素早く解答ができたであろう。ホルモンに関する知識問題は平易。問3は硬骨魚類における外界の塩類濃度の変化に対する体液の塩類濃度に関する考察問題であり、やや難しい。Bでは、免疫に関する知識問題と考察問題が出題された。問4は細胞性免疫に関する知識問題であるが、正確な知識が要求されており、解答に時間を要する。問5は体液性免疫に関する考察問題である。実験内容と図を組み合わせて考察する力が問われており、解答に時間を要する。

【第3問】生物の多様性と生態系(バイオーム・炭素の循環・生態系とエネルギーの流れ・地球温暖化・大気中の二酸化炭素濃度の変化)
設問数は5問で昨年と変わらないが、マーク数は8個で昨年より3個増加した。Aでは、バイオームや炭素の循環、生態系とエネルギーの流れに関する知識問題が出題された。問1は平易。問2は主要な元素が炭素と窒素のいずれであるかの判断に時間を要する。問3は平易。昨年度も同じような問題が出題されている。Bでは、地球温暖化に関する知識問題と大気中の二酸化炭素濃度の変化に関する考察問題が出題された。問4は平易。問5は大気中の二酸化炭素濃度の変化に関するデータ考察問題であるが、季節変動の大きい地域と小さい地域での光合成をおこなう期間の長さに関する考察に若干の時間を要する。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

両方受かったらどっちへ行く?1万件以上の事例を紹介

昨年ダブル合格した先輩がどちらに進学したのか、なんと12,808の事例を紹介。
中にはあっと驚く結果もあり。君の出願校決定に役立てよう。合否判定システムへ。

無料

センター試験合否判定システム

これから私大を受ける人、合否判定はしましたか?

東進のセンター合否判定システムは、私大一般入試の判定も行います。
センター試験後に私大を受験する人は必ずチェックしよう。

無料

センター試験合否判定システム

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する