大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

第1問は、昨年に続き、三角関数と指数・対数関数の問題の組合せ。第4問は、3年ぶりに空間ベクトルからの出題だった。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

必答問題が2題と選択問題3題中から2題の選択、合計4題となっている。第1問は〔1〕が三角関数の問題、〔2〕が対数関数を含む不等式の問題である。第2問は、昨年が2つの問題に分かれた出題であったが、従来どおりの一大問に戻った。第3問は、等比数列、階差数列の問題である。初めから階差数列を絡めた問題になっており、前半から戸惑った受験生も多かったと思われる。第4問は3年ぶりの空間ベクトルからの出題で、四角錐の体積などを計算する問題。誘導も丁寧で計算量もそれほど多くない。第5問は例年通り、正規分布表を利用した統計の計算問題であり、様々な量を計算する。第3問の難易度がやや高いが、全体の分量、難易度などは昨年と同程度である。

年度 大問 出題分野 配点
2019 第1問 [1] 三角関数 30
[2] 指数関数・対数関数
第2問 微分法と積分法 30
第3問 2問選択 数列 20
第4問 ベクトル 20
第5問 確率分布と統計的な推測 20
2018 第1問 [1] 三角関数 30
[2] 指数関数・対数関数
第2問 [1] 微分法と積分法 30
[2] 微分法と積分法
第3問 2問選択 数列 20
第4問 ベクトル 20
第5問 確率分布と統計的な推測 20
2017 第1問 [1] 三角関数 30
[2] 指数関数・対数関数
第2問 微分法と積分法 30
第3問 2問選択 数列 20
第4問 ベクトル 20
第5問 確率分布と統計的な推測 20
2016 第1問 [1] 指数関数・対数関数 30
[2] 三角関数
第2問 微分法と積分法 30
第3問 2問選択 数列 20
第4問 ベクトル 20
第5問 確率分布と統計的な推測 20
2015 第1問 [1] 三角関数 30
[2] 指数関数・対数関数
第2問 微分法と積分法 30
第3問 2問選択 数列 20
第4問 ベクトル 20
第5問 確率分布と統計的な推測 20

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015 2014
51.07点 52.07点 47.92点 39.31点 53.94点

設問別分析

【第1問】三角関数、指数・対数関数
[1](三角関数)
三角関数の最大・最小、および方程式の解を求める問題。2倍角の公式、三角関数の合成により式を書き換える必要がある。標準的な出題である。

[2](指数関数・対数関数)
連立方程式の解を求める問題。真数の条件、および底の変換、置き換えを必要とするが、誘導に従って計算すれば難しくない。

【第2問】微分法・積分法
文字の定数を含む3次関数・2次関数のグラフに関する問題である。極値から係数を決定し、接線と曲線の囲む部分を問う内容で、よく出題されるテーマである。ただし、文字のままで計算する部分が多く、やや煩雑である。

【第3問】数列 (選択問題)
等比数列、階差数列の問題であり、前半は和の計算問題。後半は、数列の一般項を求めるために別の数列を考えることで単純な漸化式を解く問題に帰着される。しかし、与えられた漸化式をどのように整理するかがポイントになっており、誘導に上手く乗りにくい問題であろう。

【第4問】ベクトル (選択問題)
四角錐・三角錐を扱った空間ベクトルの問題である。底面が等脚台形であり、前半はその平面の扱いが中心である。後半は四角錐を平面で切ったときにできる三角錐の体積を求める問題であり、垂線を下ろしてその長さを計算するという頻出の内容になっている。

【第5問】確率分布と統計的な推測 (選択問題)
ある食品を摂取したときの血液中にある物質の量の変化をとらえる問題であり、前半は基本計算のみである。後半は正規分布、二項分布を利用した計算がメインであり、センター試験では頻出の内容である。

▼新高3生・新高2生・新高1生の君へ▼

Copyright (C) Nagase brothers Inc.

SNSでシェアしよう!