注目度ランキング
10 件表示/全252件

英語民間試験「地域格差は最初から問題に」…有識者会議座長

読売新聞オンライン

英語民間試験の活用を提言した文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」で、座長を務めた上智大の吉田研作特任教授は7日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、「地域格差は最初から問題になっており、委員として、できるだけ考慮してほしいと言うほかなかった」と述べた。

2019-11-07

第104回「英語民間試験、何が問題?」

毎日新聞

2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される予定だった英語民間試験導入が延期されました。高額な試験料や地方の会場不足などの問題が以前から指摘され、受験生や教育現場からは強い懸念の声が上がっていました。

2019-11-07

英語試験法人に天下り 旧文部省次官ら2人 衆院予算委

TOKYO WEB

衆院予算委員会は六日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。二1二1年度の大学入学共通テストへの導入が延期された英語民間検定試験に関し、実施団体の一つベネッセの関連法人に旧文部省、文部科学省から二人が再就職していたことが明らかになった。

2019-11-07

首相、2閣僚辞任で「責任を痛感」…野党は事実関係を追及

読売新聞オンライン

衆院予算委員会は6日午後、安倍首相と関係閣僚が出席して集中審議が始まった。菅原一秀・前経済産業相と河井克行・前法相の相次ぐ辞任後、首相の国会出席は初めて。野党は首相の任命責任を厳しく追及し、大学入学共通テストでの英語民間試験の導入を見送った政府の対応もただす。

2019-11-06

上智大「まさか」、高2は不安「大学はどうするのか」…英語民間試験延期

読売新聞オンライン

2020年度からの大学入学共通テストの英語民間試験活用の導入見送りを受け、共通テストの民間試験を積極利用する予定だった大学では、大幅な見直しを迫られる。高校や受験生は、あらためて各大学の英語入試情報を集める必要があり、負担増が懸念される。

2019-11-03

英語新入試延期 受験生を翻弄した責任は重い

読売新聞オンライン

土壇場での方針転換は極めて異例だ。受験生を翻弄した文部科学省の責任は極めて重い。2020年度からスタートする大学入学共通テストで、英語民間試験の活用が見送られることになった。萩生田文科相は「自信を持ってお勧めできるシステムになっていない」と述べ、陳謝した。

2019-11-02

LINE ツイッター インスタグラム ティックトック フェイスブック メール