大学受験の予備校・塾 東進ドットコム

トップ > カテゴリー: 進路の悩み > 質問: 叶う確率の低い夢を追いかけるべきか
大きな夢があります。でも叶う確率はとても低いです。夢を追いかけたほうがいいですか? (高2男子)

夢の実現に責任を持つのは自分。あなたの人生、選択する覚悟を決めよう。

  
いきものがかり ミュージシャン・ソングライター
みずの よしき
水野 良樹
先生

「いきものがかり」のリーダー。ソングライター。神奈川県出身。2006年一橋大学社会学部卒業。2006年にメジャーデビューし、2008年より「NHK紅白歌合戦」に9年連続出場。「YELL」、「じょいふる」、「ありがとう」など、数々のヒット曲を作詞作曲。国内外を問わず、様々なアーティストに楽曲提供をする他、ラジオ、テレビ出演、また雑誌、web連載など幅広い活動を行う。


いきものがかり流、大きな夢を叶えるための共有意識


 夢を達成するために、いきものがかりの3人で共有していた意識があります。


 デビュー前の僕たちは、デビューして曲を届けることでお金をもらいながら頑張っていきたいと考えていました。しかし全国の数千、数万というバンドのうち、デビューできるのは年間100組くらい。ほとんどのバンドは淘汰されます。そこで僕たちは、「今掲げている目標は99.9%叶わない」という前提を受け入れてからスタートしました。そして、「99.9%」叶わない目標を、いかに「99.8%」に減らすかを考えました。叶う確率を上げるというより、失敗する可能性を1つ1つ潰していくというイメージですね。


 例えばライブハウスで言えば、まずは300人を入れて満席にしよう。300人集まったら、次はそれを2回、3回と続けよう。そのように目標を1つ1つ積み上げていくと、たまたま今のマネージャーが僕らを見てくれていたように、階段を10段くらい引き上げてくれる人に出会ったりします。僕らはこうして目標を達成してきました。大きな夢を叶えたいならば、夢は叶わないということの大きさに戸惑わずに、失敗する確率を1つ1つ潰していけるといいですね。


選択する覚悟が夢の実現に繋がる


 夢を追って成功するかどうかは、誰にも分かりません。その職業の専門家ですら分からない。大事なのは、自分自身がどう納得し、どう選択するかだと思います。たとえ失敗しても人生は続きます。どちらにしても未来はあって、生きていかなければならない。失敗しても自分の人生に納得できるならやればいいし、失敗したら自分の人生に納得できそうにないと思うならやらなければいい。それを決められるのは本人だけ。追いかけていいですかと問いかけるのではなく、自分自身で選択する覚悟を持ってほしいです。


 自分の人生は自分で責任を負わなければなりません。夢を追いかけるという選択をするのであれば、失敗しても自分の責任として受け止めるという覚悟を決めることが大事です。その覚悟の強さが、夢を叶えることに繋がってくると思いますよ。


今の考えだけにとらわれすぎないで


 夢を追う際に、いったん立ち止まって考えてほしいことがあります。


 子どもって幼い頃から夢を持つように言われて育つので、夢を追いかけていることに対してポジティブなイメージが強いですよね。でも、それは時に、人を急かすようになっていることがあります。本当に大事じゃないものを夢って言ったり、夢を叶えること自体が目的になって、叶いやすいものを夢って言ったり。それらの夢は、本当の意味での幸せに繋がらない場合が多いです。


 また、環境の変化や新しい人との出会いによって、人の価値観は変化し続けます。大切だとこだわっていたものの価値が無くなるかもしれない。無駄だと思っていたものの価値に気づくかもしれない。もしかしたら高校卒業後に、人生をかけてもいいものに出会うかもしれません。ですので、今の考えだけにとらわれすぎているともったいないと思います。


 夢がないから駄目な人間ということは絶対にありません。あなたの価値観は変化していきます。それらを踏まえ、自分の夢について考えてみてください。

トップに戻る
  • 相談カテゴリー

  • 友人の悩み
  • 家庭の悩み
  • 学校の悩み
  • 進路の悩み
  • 勉強の悩み
  • コンプレックス
  • 恋愛の悩み
  • スマホの悩み
  • 健康の悩み

悩みを検索

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
ペンネーム(任意)
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄