ページを更新する ページを更新する
公開日 : 2022/04/05

Q.同性の友人を好きになってしまいました。

私は男性ですが、いつも一緒に遊んでいる同性の友人を好きになってしまいました。彼に思いを伝えたいのですが、引かれてしまうのが怖くて告白する勇気がありません。どうす ればいいですか。 (高2 男子)
告白をする前に自分と同じような境遇の友人を探して相談してみましょう

この方が回答してくださいました!

早稲田大学 准教授
もりやまのりたか
森山至貴 先生

1982年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻(相関社会科学コース)博士課程単位取得満期退学。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻助教、早稲田大学文学学術院専任講師を経て、現在、同准教授。専門は社会学、クィア・スタディーズ。著書に『「ゲイコミュニティ」の社会学』(勁草書房)、『LGBTを読みとく―クィア・スタディーズ入門』(ちくま新書)、『10代から知っておきたい あなたを閉じこめる「ずるい言葉」』がある。



自分と同じような境遇の友人に相談しよう 


 これは大変難しい問題だと思います。告白をした相手が同性愛者に対して偏見を持っている場合、そのことであなた自身が傷つけられたり、あなた自身の性のあり方について周りの人にばらされてしまったりするかもしれません。ですから、「告白してみればいいよ」と気軽にアドバイスはできないなと正直思います。他方、同性のことを好きになること自体は悪いことでも間違いでもありませんので、そのことは恥ずかしく思わないでほしい、ということは言っておきたいです。  


 そのうえで、あなたがやはり相手に自分の思いを伝えたい、あるいはたとえば自分は同性愛者であるということを相手に伝えたいと思うならば、それを実行に移すことを私も応援したいです。ただ、実行に移す前に、性の悩みを告白できる、自分と同じような境遇の友人を探しておくと良いのでは、とは思います。友人がいれば、告白してふられたり傷つけられたりしたときでも、その人に助けてもらったりその人に慰めてもらったりできるからです。また、もし今、完全に自分一人の中だけで相手への思いが高まっている状態であれば、もしかしたら思いが先走ってベストな選択が考えられていない可能性もあります。ですから、まずは自分と同じような同性愛者やバイセクシュアルの友人を見つけて、その人に聞いてみたり、その人と一緒に考えてみたりするとよいのではないのでしょうか。



友人を見つける方法はいろいろある 


 ですが、学校の中で自分と同じような友人を探すのは多分難しいと思います。なので、まずは保健室の先生などに相談してみましょう。保健室の先生にいきなり「友達を紹介し てください」と依頼するのではなく、あなたが今思っていること、誰か自分と同じような境遇の人がいたら友達になりたいといったことを伝えて、コミュニケーション を取りながら探していけるとよいですね。


 友人を見つけるもう一つの方法として、若者たちがお互いに知り合うためのネットワークや団体、イベントがあります。インターネットを使い、そういった情報にアクセスすることによって、同年代の友達をつくることができますので、おすすめです。性の多様性に関する若者向けの書籍などには、相談先や情報サイトなどが載っているものが多いです。その中に、同年代の友達をつくるための居場所を提供している団体も紹介さ れています。性の多様性に関する本は、学校の図書館にも所蔵されていることが多いので、それらを使って情報を探してみることをおすすめします。


 最初からインターネットでいきなり情報を探そうとすると、若者にはふさわしくない情報に出会ってしまったり、悪い大人に騙されてしまったりする可能性があるからです 。まずは、書店や学校の図書館にある性の多様性に関する若者向けの本を読んでみて、その中にある情報から友達づくりにつなげていくとよいんじゃないかな、と思います。

関連記事

トップに戻る

カテゴリー

  • 人間関係
  • 家庭
  • 学校
  • 進路
  • 勉強
  • コンプレックス
  • 恋愛
  • スマホ
  • 健康

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄