ページを更新する ページを更新する

合格

2534人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
工学部

no image

写真

江口兼生くん

東進衛星予備校千早駅西口校

出身校: 福岡高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高3・6月

阪大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

部活がハードだったけど必ず毎日登校した、この毎日の積み重ねが着実に合格に結びついた

 僕が東進に入ったのは一年生の夏休み前でした。日本トップレベルの講師の授業や快適な自習スペース、充実した質問対応にひかれて入学を決めました。

僕は卓球部に所属しており、とても練習がハードだったのですが、必ず毎日登校するようにしました。部活の後、東進で勉強できるのは一時間ほどでしたが、この毎日の積み重ねが着実に合格に結びついていったきがします。それから、二年生の十月ごろ、チューターの先生と話し合い、志望校を九州大学から大阪大学に上げました。それまで、模試の判定ではほとんどD判定でしたが、必死に勉強して、三年生では冠模試で、B判定が取れるようになりました。共通テスト過去問講座や大阪大学過去問演習が大いに役に立ったと思います。

共通テストでは、試験の二週間前の模試でE判定をとってしまいましたが、あきらめず勉強して、本番はB判定をとることができました。また、二次試験本番も一番初めの数学で傾向が大きく変わり、これまでではありえないような悪い出来となり、くじけそうになりましたが、それでもあきらめず、全力で後の科目を解き、無事合格を勝ち取りました。

受験勉強で一番大切なことは、あきらめない心だと思います。模試で悪い判定をとってしまっても、あきらめなければ、逆転合格できるかもしれません。本番、ある科目で大きなミスをしても、後の科目次第で補うことができるかもしれません。あきらめない心が合格にはとても大切だと思います。

最後に、ここまで支えてくださった先生、担任助手の方、本当にありがとうございました。東進で学んだことを生かして、これから先も全力で頑張ります。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

くじけそうになった時、すごく励ましてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

くじけそうになった時、すごく励ましてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自習スペースの確保。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

メンバーの友達と励ましあった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

限られた時間で物事を効率よくこなす能力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

自分がなりたいものへの関心が高まった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

八月から十一月まで数学がスランプになったがとにかく勉強してできるようになった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

wkatteTVを見る。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

レベルが高いから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

乗り越えるべき試練。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

多くの人の役に立つような機械を作る

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】
英語の力がつくだけでなく、英語の勉強方法や大学入試全般、これから先の人生で役立つことを学べるから。

【 テーマ別数学Ⅲ 】
本質的な理解が深まる。

【 過去問演習講座 大阪大学(全学部) 】
とても分かりやすいので、早く進められ、かなり効率よく学べるから。

大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11