ページを更新する ページを更新する

合格

2552人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
理学院

no image

写真

宮西大地くん

東進衛星予備校大分西校

出身校: 大分豊府高等学校

東進入学時期: 中3・9月

所属クラブ: 陸上

引退時期: 高2・5月

東工大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

勉強で一番成長するのは,「分かる」に変わる時

 僕が勉強中に一番心がけていたことは、曖昧な部分ほどじっくり考えることです。自分ですぐに理解できる部分はいいのですが、よくわからないところはわからないままで放置してしまいがちです。しかし、勉強で一番成長するのは,「分かる」に変わる時です。なのでこの部分をいかに丁寧に行うかが一番大事です。

実際に僕は、物理の問題を解いている途中で何をしているか分からなくなったときは、教科書レベルまで戻っていました。自分が何がわからなかったかを明確にして、その分野を理解し、わからなかった問題を人に説明できるようにするとよいです。そこまですると、自分の成長が良く感じられてもっと勉強したくなるぐらい楽しくなります。それに次にわからない問題が出てきたときに、理解するまでのプロセスの参考になります。ぜひ苦手な分野を得意な分野にするぐらいの勢いでやるといいです。

また受験では、何事も早めにすることが大事です。数学は高1の段階から数Ⅲを、物理、化学は高2で全範囲を終わらせるぐらいがちょうどいいです。早すぎることはありません。各教科の勉強についてですが、数学は問題をとにかく多く解いて経験を積むのが良いです。また、計算はないがしろにしがちですが、受験本番では、計算の正確さとスピードが命取りです。

次に物理、化学は数学と真逆で、最初の概念理解が一番大切です。そこをちゃんとやっていれば問題は意外と楽に解けます。最後に英語は、毎日コツコツやることが大切です。単語、文法などの基礎をないがしろにせず努力すれば、必ずだれでもできる様になります。

最後になりますが、どれだけ勉強しても、受験本番では緊張していつもどうりの実力が出せないこともあります。ギリギリではなく余裕を持てるぐらいの実力をつけるとよいです。つらい時もあると思いますが、頑張ってください。応援してます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進を選んだ理由
A.

いい大学に行けそうだったから。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
苑田先生の授業で、物理の本質を学べるから。

【 ハイレベル物理 電磁気学 】


【 ハイレベル物理 熱力学・波動 】


東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11