ページを更新する ページを更新する

合格

167人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本一現役合格実績には理由ワケがある。

▼   その理由を体験しよう!   ▼

4講座無料招待 締切迫る!
締切まであと時間

招待状をお持ちでない方はまずは招待状を請求してください。

早稲田大学
創造理工学部

no image

写真

佐々木藍斗くん

東進ハイスクール取手校

出身校: 土浦第一高等学校

東進入学時期: 高3・8月

所属クラブ: バドミントン

引退時期: 高3・7月

早慶上理難関国公私大模試

この体験記の関連キーワード

志望校別単元ジャンル演習講座、過去問演習講座は、ゆるぎない真の学力を身に着けることが可能になった

 僕が東進に入学したのは、周りよりも遅い8月頃でした。受験勉強には、かなりの熱が入って、今まで生きてきた中で一番勉強したなと思います。それとともに自分自身を成長させ、もっと知るきっかけにもなりました。東進では、過去問対策講座と志望校別単元ジャンル演習講座を取りました。なかなか思うように早く進めませんでしたが、授業や演習はどれも得るものが大きく、問題を解く上での基礎の使い方や思考回路を詳しく学べて、とても有益なものでした。

また、東進の自習室の環境やチームミーティング、担任助手の方と頻繁に話をすることは、よく心が折れがちだった自分を支えてくれる存在でした。受験勉強にやる気は必須です。やる気の高まり次第で、勉強の質も十分に変わります。東進に通って、やる気がとてもある状態で、いろいろな勉強法を試して自分に合った勉強を見つけ出し、質の高い勉強ができたことが合格に結び付いたのではないかと思います。

共通テストでは、少し失敗してしまい、判定もB判定以上はひとつもなく、E判定が多かったですが、最後の一か月可能性が低かったとしても残された可能性を信じて最後まであきらめずに勉強し続けました。その時に役立ったのが過去問演習講座で、解き直しをしっかり行い、わからない問題は恥ずかしがらずに聞いたりしたことで、早稲田にも合格することができました。志望校別単元ジャンル演習講座、過去問演習講座は、いろいろな大学の問題を集めているので、その問題をしっかりこなすことでゆるぎない真の学力を身に着けることが可能になります。問題を解くことを通して、基礎知識の使い方や本質を理解し、解いた問題から学びを得るのが大事であるということが受験生活を通して知ることができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

効率よく勉強ができると思ったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

一級建築士になって、どの世代からも好きと言われる都市をつくることを実現すること。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校別単元ジャンル演習講座
ゆるぎない真の学力が身に付き、たくさんの初見の問題に対して最初から歯が立たなくなることがなくなってきた。

担任指導
メンタルがぼろぼろの時とかも、話を聞いてもらうだけで、落ち着くことができた。

過去問演習講座
とても分かりやすい授業で、本質を知れる授業が多く、東大に対応できる思考力が身に付きました。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17