大学入試センター試験

センター試験 1日目解答

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

国語

国語 

英語

英語 リスニング 

センター試験 2日目解答

理科1

物理基礎 化学基礎 生物基礎 地学基礎 

数学1

数学I 数学I・数学A 

数学2

数学II 数学II・数学B 

理科2

物理 化学 生物 地学 

全体概観

出題形式、出題傾向とも変化なし 


大問数
減少 | 変化なし | 増加  
設問数
減少 | 変化なし | 増加  
マーク数
減少 | 変化なし | 増加  
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化  

 設問数、マーク数、配点とも昨年と同じ。第4問(A・B)は、2016年からの出題形式が今年も踏襲され、Aは1人の女性が読み上げる長めの英文(約200語)、Bは3人の会話(発言数10、総語数約300語)を聞いて、それぞれ3つの問いに答える出題形式である。第1問の問6では、今年もグラフに関する問題が出題された。また、イラストを見ながら答える第3問Bは、友達同士が夏休みのアルバイトについて話しているという場面設定。第4問Bの3人の会話は、男性が通い始めたギター教室について相談しているという場面設定だった。
 第1問の計算を要する問題やグラフを読み取る問題、第3問Aの対話が行われている場所を推測する問題、第4問Bの行動を推測する問題など、今回も、聞き取った情報をもとに適切な判断を下す思考力が求められていた。

年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2020 第1問 短い対話の内容に合う絵などを選ぶ 6 6 12
第2問 短い対話の後に続く応答文を選ぶ 7 7 14
第3問 A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3
第4問 A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える 3 3
2019 第1問 短い対話の内容に合う絵などを選ぶ 6 6 12
第2問 短い対話の後に続く応答文を選ぶ 7 7 14
第3問 A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3
第4問 A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える 3 3
2018 第1問 短い対話の内容に合う絵などを選ぶ 6 6 12
第2問 短い対話の後に続く応答文を選ぶ 7 7 14
第3問 A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3
第4問 A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える 3 3
2017 第1問 短い対話の内容に合う絵などを選ぶ 6 6 12
第2問 短い対話の後に続く応答文を選ぶ 7 7 14
第3問 A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3
第4問 A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える 3 3
2016 第1問 短い対話の内容に合う絵などを選ぶ 6 6 12
第2問 短い対話の後に続く応答文を選ぶ 7 7 14
第3問 A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3
第4問 A 長めの英文の内容について、質問に対する答えを選ぶ 3 3 12
B 長めの会話(3人)の内容について、質問に答える 3 3

過去の平均点の推移

2020 2019 2018 2017 2016
29.32点 31.42点 22.67点 28.11点 30.81点

設問別分析

【第1問】短い対話の内容に合う絵や語句を選ぶ
例年同様、絵や数値・語句を選ぶ問題構成であった。絵については、一般的な状態や位置関係などを問う問題、もう1つは折れ線グラフを選ぶ問題で、これまでと大きな変化は見られなかった。数値に関する問題も、例年どおり簡単な計算を必要とする問題であった。語句を選ぶ問題は、男女の会話を追いながらその内容を捉える問題だったが、昨年より若干複雑なやり取りの問題もあった。

【第2問】短い対話に続く応答を選ぶ問題
対話の最後に続く応答文を選ぶ問題で、例年同様の問題構成であった。対話が行われている状況や流れを正しく判断できるかどうかが問われている。対話の内容を理解することができればおのずと正解は絞られてくる問題がほとんどではあったものの、対話中で正解となる語句に直接言及がなく、特定の場面での会話の流れや決まり文句に迷った受験生もいたかもしれない。

【第3問】A 短い対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ
     B 長めの対話の内容について、質問に対する答えを選ぶ
Aは昨年と同じ形式で、短い対話の内容について質問に対する答えを選ぶ問題が3題出題された。いずれも状況を思い浮かべやすい内容で口語表現もわかりやすいものが多かった。Bも昨年と同様に、長い対話を聞いて3つの設問に答える形式だった。対話の内容は、夏休みのアルバイトとして選択可能なものはどれかを話している、というものだったが、アルバイトの広告から就業条件、勤務時間などの情報を正確に把握することができたかどうかが鍵である。

【第4問】A 長めの体験談の内容について、質問に対する答えを選ぶ問題
    B 3人による長めの対話文について、質問に対する答えを選ぶ問題
Aは長めの体験談を1つ聞いて3つの設問に答える形式の問題であった。聞き取る英文の長さ、設問形式ともに昨年とほぼ同じであり、日本とネパールにおける、お茶と時間に関する文化的な違いについて正しく情報を聞き取ることができれば、十分に対処できたであろう。Bも昨年と同様、3人の会話を聞き取る問題で、「Davidが通っているギター教室のレッスンをやめるべきか」という話題。部分的な聞き取りだけでは正解が選びにくい問題があり、注意深く内容を聞き取り、かつ設問の意図を正しく理解することが重要である。
Copyright (C) Nagase brothers Inc.

SNSでシェアしよう!

Instagramでこのサイトを紹介する tiktokでこのサイトを紹介する