トップ > カテゴリー: 進路の悩み > 質問: 大学のネームバリューを優先するべきでしょうか、それとも自分のやりたいことを優先するべきでしょうか。
大学のネームバリューを優先するべきでしょうか、それとも自分のやりたいことを優先するべきでしょうか。自分のやりたいことをする大学は、模試の判定も良くて怠けてしまいそうで怖いです。 (高3男子)

大学のネームバリューと自分のやりたいことのどちらも優先しよう

  
武蔵野音楽大学 教授(声楽)
ほりうち やすお
堀内 康雄
先生

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。味の素株式会社勤務を経て、ミラノ・ヴェルディ音楽院へ留学。ヴェネツィア・フェニーチェ座・ローマ歌劇場等イタリアのメジャー・オペラハウスをはじめ、スペイン・スウェーデン・ギリシャ・ハンガリー・ポルトガル・アイルランド等の主要劇場を中心に、17シーズンに亘って出演した。日本では、藤原歌劇団・新国立劇場・びわ湖ホール等、第一線のオペラ公演で活躍した。第25回ジロー・オペラ賞受賞。2012年武蔵野音楽大学教授に就任し、後進の指導に当たっている。



自分のやりたいことができる道へ



 大前提としては自分のやりたいことがあるっていうことはとても素晴らしいことです。もし、自分が本気でやりたいことを見つけたなら、その道に進んでほしいです。「人生に回り道や無駄はない」っていうけれど、この段階で進みたい道が決まっているわけですよね? それならもう、迷わずやりたい道に進んでいくのが僕の中では当たり前です。



後悔しないようにチャレンジしよう



 気になるのが、「模試の判定も良くて怠けてしまいそう」っていう部分が引っかかります。僕が思うに、あなたはたぶんこのままやりたい大学行くと、やり残し感が付きまとうと思います。もしこのままやりたいことに突き進んでしまって、あの時やっておけばよかったというやり残し感が付きまとってしまうのは一番よくないです。だから併願できるのなら、一生懸命勉強してダメでも難関校を受けるっていう受験の計画が一番後悔が残らないと思います。


 例えば音楽大学とか美術大学には、大抵は音楽や美術に情熱をもった学生が入学して来ますが、中にはなんとなく入学してしまった学生がいて、彼等はすぐに辞めて一般大学に入学しなおしたりするんです。あなたの場合も、やりたい大学の方に入って怠けてしまい、それで受験し直すっていうこともあるかもしれません。やりたくて来ている子もいるけど、大学にしょうがなく来ちゃった子はすぐにやめちゃってほかの大学に行っちゃったりするんです。あなたの場合も、やりたい大学の方に入ってみて、でも怠けちゃってそれでやめて受験しなおすっていうことも有り得るでしょう。そういうことも念頭に置いた上で、本当にそこを第一志望にしていいのか? 本当に自分のやりたいことなのか? とかもっと自分のことを分析した方が良いと思います。



挑戦する精神を持とう



 あきらめないで上を目指して挑戦するっていう精神を身につけておきましょう。そうでないと、社会人になったときに困ります。将来のためにも、ここでめげないで難関校を目指しておいた方が、色々と勉強になります。僕の場合は、難関校を目指した後で、やりたいことだった歌をやっています。両方を取って良かったと思います。だから、やりたいことと難関校を目指すことの両方に挑戦しましょう。



トップに戻る
  • 相談カテゴリー

  • 友人の悩み
  • 家庭の悩み
  • 学校の悩み
  • 進路の悩み
  • 勉強の悩み
  • コンプレックス
  • 恋愛の悩み
  • スマホの悩み
  • 健康の悩み

悩みを検索

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
ペンネーム(任意)
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄