トップ > カテゴリー: 勉強の悩み > 質問: 危機感が持てません。
危機感を持てないのが悩みです。あまりの危機感のなさに、親からは「想像力が足りない」と言われるくらいです。リスクの想像は恐ろしくなるほどしているつもりですが、なぜか何とかなると思ってしまう自分がいるのが原因だと思います。どうすれば危機感が持てるようになるでしょうか。 (高3男子)

将来成功する自分を想像し、そこから行動計画を立てていこう

  
大阪大学大学院 経済学研究科教授
おおたけ ふみお
大竹 文雄
先生

京都大学経済学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、博士(経済学)。大阪大学助手、大阪府立大学講師、大阪大学社会経済研究所教授等を経て、2018年から現職。専門は労働経済学・行動経済学。著書に『経済学的思考のセンス』『競争と公平感』『競争社会の歩き方』『経済学は役に立ちますか?』など。


危機感を持つために重要な2つのこと


 誰でも遠い将来のことよりも、今のことを重視します。また、将来のために我慢強い計画を立てても、今の誘惑に負けて、計画を先延ばしすることも多いです。


 例えば、夏休みの宿題を思い出して下さい。夏休みが始まる前は、宿題を夏休みが始まったらすぐに仕上げて、思う存分遊ぼうと計画していたのではないでしょうか。しかし、夏休みが始まると、宿題をするのを毎日先延ばしして、最終日に慌ててすることになったという経験をもっていませんか。将来の計画を実現するためには、将来のことをきちんと考えることがまず必要です。


 それだけでは、だめです。将来のことを考えることはできても、それを実現するために、今何をすべきか、という具体的なことを考えて、それを実行するということが必要です。

危機感が持てないというのは、この二つが十分にできていないのだと思います。


 第一に、将来のことを考えることです。もし、今のままの状態が続けば、3ヶ月後、半年後そして1年後の自分はどうなるか、考えてみて下さい。そのまま延長して、10年後の自分を考えてみて下さい。勉強しないなら、目標とする大学に合格できないでしょう。大学に合格できない場合は、どんな生活をしているでしょうか。では、逆に、成功した自分を思い浮かべて下さい。成功した自分は、その前の年には何をしていたかを想像してみて下さい。そうやって、遡っていけば、今自分は何をしないとダメかがわかると思います。


 第二に、今やるべきことがわかったら、それを守らないとダメなように自分の計画を書き出して、公言していくことです。


やる気を出すための「70の法則」


 そうは言われても、まだまだやるべきことが多すぎて、やる気が出ないというのもよく分かります。そこで、勇気が出るのが「70の法則」です。70の法則というのは、複利の考え方を分かりやすくしたものです。複利でお金を借りてそのまま返さなかったとき、元利合計がもとの倍になるのに何年かかるか、ということを示す法則です。70を借りた金利で割ると倍になる年数が計算できます。具体的に言えば、5%の金利でお金を借りた場合、70÷5=14ですから、倍になるのは14年後です。


 さて、これがわかると、毎日前の日よりも1%だけ成長できれば1年後にどのくらい成長できるかを計算できます。70÷1=70ですから、あなたが毎日1%ずつ成長できると70日後にあなたの実力は今の2倍になります。140日後には4倍、210日後には8倍、280日後には16倍、350日後には32倍になるのです。


 つまり、毎日たった1%ずつ成長を続けるだけで、実力は1年で今の32倍になります。しかし、1日に0%の成長だと1年たってもあなたの実力は今のままです。ということは、毎日1%成長の努力をした人と努力をしないあなたの実力は、1年後には32倍も差がつくことになります。これでも危機感を感じませんか?

トップに戻る
  • 相談カテゴリー

  • 友人の悩み
  • 家庭の悩み
  • 学校の悩み
  • 進路の悩み
  • 勉強の悩み
  • コンプレックス
  • 恋愛の悩み
  • スマホの悩み
  • 健康の悩み

悩みを検索

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
ペンネーム(任意)
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄