トップ > カテゴリー: 家庭の悩み > 質問: 音楽の道に進みたいけれど、法律を勉強しているいとこと比較されて周りの人から反対されます。
いとこが現役で東大に合格し、現在通っています。いとこのことは、嫌いではないのですが、何かにつけ私と比較してきます。いとこは法律を勉強しています。そのことが親戚一同自慢のようですが、私が音楽の道に進みたいと言ったとき、○○君は立派なことを勉強しているのに、よりにもよって音楽かと馬鹿にされました。今まで苦しくなったときは音楽を聴いてきましたが、その音楽も今は苦しくて仕方がありません。かといって、私は夢を諦めたくありません。もう一度音楽を好きだと言える自分に戻るにはどうしたらいいでしょうか。泣くほど好きだった音楽を私が取り戻す方法を教えてください。 (高1女子)

音楽が好きな気持ちを大切にしよう

  
武蔵野音楽大学 教授(声楽)
ほりうち やすお
堀内 康雄
先生

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。味の素株式会社勤務を経て、ミラノ・ヴェルディ音楽院へ留学。ヴェネツィア・フェニーチェ座・ローマ歌劇場等イタリアのメジャー・オペラハウスをはじめ、スペイン・スウェーデン・ギリシャ・ハンガリー・ポルトガル・アイルランド等の主要劇場を中心に、17シーズンに亘って出演した。日本では、藤原歌劇団・新国立劇場・びわ湖ホール等、第一線のオペラ公演で活躍した。第25回ジロー・オペラ賞受賞。2012年武蔵野音楽大学教授に就任し、後進の指導に当たっている。



音楽も法律も同じ重みのある学問です



 あなたはとても大変な思いをしましたね。比較をされるのは嫌になります。僕は法律を勉強して、サラリーマンを経験した後に歌の世界に長くいます。その上で僕は、どれが自分に合っているかは言えるけれど、どれが学問としての順位が低いのかは言えません。そもそも音楽と法律は全く交わらない世界で、どちらが良くてどちらが悪いということはありません。だから、音楽を志したいというあなたの情熱は、いとこが法律を学んでいることと同じ重みがあります。その情熱をコンプレックスに思わなくて良いと思います。音楽が好きということは、逆にいとこにはない世界を持っていることにもなるので自信を持ちましょう。



自分の気持ちを代弁してくれるような音楽を聴いてみましょう



 今まで聴けていた曲が聴けなくなってしまったと自分を責める必要はありません。あなたが音楽を取り戻すためには、自分が共感できるような音楽を聴くことです。例えばあなたが悲しい気分だったら悲しい曲、といった自分の気持ちを認めてくれる曲です。また、今まで聴いていた音楽とは違うジャンルの音楽を聴いたり、どんな気分のときにどういった音楽を聴くと良いのかを自分で調べたりするのも良いですね。



音楽好きの人たちと接しましょう



 音楽に関係する人と積極的に接しましょう。いつも親や親戚に囲まれているとその考え方しか見えなくなります。ですが、色々な人の話を聞くと、親の考え方や意見だけではないと分かって安心できますよ。


 今の時代は、音楽好きの人たちのコミュニティを見つけやすいと思います。そしてそのコミュニティの中で、自分と同じ境遇の人や、自分と同じ音楽が好きな人と仲間になって、感動や興味を分かち合いましょう。音楽の話をするだけでも気分転換になります。



トップに戻る
  • 相談カテゴリー

  • 友人の悩み
  • 家庭の悩み
  • 学校の悩み
  • 進路の悩み
  • 勉強の悩み
  • コンプレックス
  • 恋愛の悩み
  • スマホの悩み
  • 健康の悩み

悩みを検索

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
ペンネーム(任意)
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄