二卵性の男女の双子です。私と兄とは成績は同じくらいです。しかし兄は勉強とか全くしていなくても点数が取れてスポーツもできます。私は塾に行って毎日勉強とか部活とか頑張っていて同じくらいです。親には「なんであんたは頑張ってこれなの?兄をもっと見習ってよ。出来損ないが。」など言われます。それは慣れました。しかし私がいないところで「あの子は頑張ってこれとか笑える。兄はできるのになんでこんな違うの。兄だけでよかったわ。」って言っていたのを聞いてしまいました。しかも母は酔っていたのもあり本音なのかと思い、かなり心が折れました。もうダメかもしれません。なにかをするのにも意味あるのかなと考えるようになってしまいました。どうしたらいいでしょうか。 (中3女子)
親の文句や卑下をそのまま受け取る必要はない、「あなたは大丈夫」と言ってくれる人と出会ってみよう
  
みやもと まきこ
宮本 まき子
先生

家族問題評論家・カウンセラー・エッセイスト 国立山梨大学非常勤講師・思春期保険相談士・有)オフィス・ミヤジン取締役 1947年生まれの団塊の世代。津田塾大学英文科アメリカ研究科卒。翻訳などの仕事をしながら、カウンセリングや交流分析を学ぶ。主婦の友社電話相談室に22年間勤務。1989年より執筆活動開始、99年より山梨大学非常勤講師、2004年に会社を設立した。雑誌、新聞へのコメント、コラム担当の他、時事通信社の書評欄を担当。テレビのワイドショー等でも本音を語るコメンテーターとして出演。男女共同参画、結婚問題、育児や思春期の親子関係、家族関係問題、ジェンダー、フェミニズムなどをテーマにしたシンポジウムや講演講師として全国を回る。「輝ける熟年」「そこが違うぞ あなたの子育て」「シャキッとしなさい 日本の親たち」「熟年離婚より孫育て」「自分も幸せになる姑道十カ条」「団塊の世代の孫育てのススメ」「孫ができたらまず読む本」など、著書多数。



あなたは大丈夫! 


 親に色々言われて心が折れたのですね。親が兄に期待して、あなたはいろいろ言われて悔しい。それに「頑張ってもこれくらいなんて、何よ、その当てこすりは!?」と母親の言葉に傷ついているわけですよね。でも母親の理不尽さにも気がついているし、兄のエネルギッシュさも認めて現状分析できているのだから、あなたは大丈夫です。何をするのにも「意味があるのか?」と考えこめるなんて、なんと素晴らしい!!心の自立がほぼできかかっていて、あとはブレない自分を創るだけですね。もちろん、自己の存在意味を探す現在のあなたはすでに「おとな期の入り口」をくぐったのかもしれません。 大学受験でも社会に出てからも、どこにあっても中3の時期の悩みを思い出してくださいね。きっとがんばるエネルギー源になるでしょう。 兄、妹といっても同年齢ですから、四六時中ライバルとして親に比較されるのは「嫌だ」と思うなら、率直にそう言うべきです。勉強にもその人の得手不得手、向き不向きがあり、文系理系のタイプの違いがあるかもしれません。もしそうなら、お互いの苦手意識の部分を補いあえれば逆にラッキーですよ。お兄さんが「頭がいい」ため、妹に対する評価の基準が高いと不満でも、常にそばに好敵手がいてくれればあなた自身が気づかぬうちにレベルを上げているはずです。それがわかるのはもう少し後でしょう。 


  母親が「兄だけで良かった。」と言ったそうですが、それは本音ではありません。双子の育児は親にとって2倍どころか3倍の労力だったと、経験者は口をそろえます。本当に大変で、記憶にないほど必死にやってきているそうですよ。私の親友も双子で「ひとりだったら、もっとゆったりと育児できたのに・・・」とこぼす母親をよしよしと慰めた(?)と苦笑いしていましたね。親はどの子も愛おしい。でも今まで大変だったのよという愚痴は、同性の娘の方に言いやすい。母親の言うことをそんなにストレートに受け止める必要はないし、「今に見ておれ」とすましていなさいね。



 あなたより少し年上の人に出会ってみよう 


 私は大学生の時に何人もの家庭教師のアルバイトをしましたが、その内の一人の生徒には勉強を教えるというよりも「レンタルお姉さん」役で雇われたようでした。母親とそりがあわず、反発ばかりしていた彼女の愚痴や不安、悩みなどを聞いたり、意見したり・・・。私が「大丈夫よ、私も同じような時期があったけど、今の私をご覧。何年かすればあなたがこうなるはずだから大丈夫」と言うと、ホッとするらしい。「そうか、高校生になればああなって、大学生になればこうなるんだね」。山越え谷越え、谷底を這い上がった実物が目の前にいるのですから、展望が持てるのでしょう。 だからあなたとより少し年齢が上の人たちと出会う機会をつくって、話をしてみましょう。そうすると、世間は広い、みんな違う、人生も発想もこんなに違うというのがわかります。そのうち近い将来の自分がめざすモデルが見つかるんですね。人の発達でモデルが有るというのはとても大事ですが、でもそのモデルが「天才」や「世界的な偉人」なんかだと、中学生には遠すぎます。 高校生か大学生で、できればネアカで楽天的で、明るい人、体育会系タイプなどがいいですねぇ。「大丈夫、普通に努力すれば自分みたいになれる」とサラリと力づけてくれそうな人に出会えるチャンスを狙いましょう。男子の場合、思春期に親を敬遠したり、体が変化するから、「レンタルお兄さん」がいるととても心強いですよ。 たとえ母親に評価されなくてもがその他大勢のおとながあなたを評価してくれます。母親はこう言っている、他の人は言っているというように考えてみてください。



  • Lineで共有
  • Twitterで共有
  • facebookで共有
  • Mailで共有

関連記事

トップに戻る

カテゴリー

  • 人間関係
  • 家庭
  • 学校
  • 進路
  • 勉強
  • コンプレックス
  • 恋愛
  • スマホ
  • 健康

悩みを検索

あなたのお悩みをお聞かせください

あなたの投稿をもとに専門家や著名人の方に取材を行います!

性別
学年
メールアドレス(任意)
お悩み投稿欄