ページを更新する ページを更新する

合格

2546人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

招待状をお持ちでない方はまずは招待状を請求してください。

秋田大学
医学部医学科

no image

写真

荒木愛加さん

東進ハイスクール池袋校

出身校: 東京都 私立 豊島岡女子学園高校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 水泳部 部長

共通テスト本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

東進の担任の先生に「自分がやりたい進路に進むべき」と言われ、医学部を目指すことに

 私は受験勉強を本気で始めようと思い、高校2年生の3月に東進に入学しました。医学部に行きたいという思いがありながらも、その当時、私は勉強を全然してこなかったため成績がとても悪く、夢を口に出すのも恥ずかしく感じ、志望学部を変更しようとさえ思っていました。しかし、東進の担任の先生に自分がやりたい進路に進むべきだと言われ、医学部を目指すことにしました。

最初は分からないことばかりだったので、受講に取り組み、インプットに集中しました。6月までに数学と物理の受講を終わらせ、その後は過去問に取り組みました。過去問を解いた際、全く歯が立たないわけではなかったので、今までの勉強方法に少し自信が持て、よりやる気が出ました。

秋には志望校別単元ジャンル演習講座に取り組み、アウトプットに集中しました。演習をする際、分からなかった問題や解けたけど自信があまりない問題があった時は、その範囲の基礎問題に戻って解くなどして、その問題がもう一度出た時は絶対解けるようにしようという意識の元演習を重ねました。それでも不安な問題はノートにまとめ、いつでも見返せるようにしました。

また、夏休みまでにインプットを終わらせることの出来なかった化学は単語カードを夏休み前半につくり、隙間時間ができる度に目を通して覚えました。12月からは二次対策と並行して共通テスト対策を進め、クリスマスあたりからは共通テスト対策だけに集中しました。共通テストの問題はこの期間で10年分解きました。このとき、ただ10年分解くだけでは成績は上がらないだろうと感じていたので、1回分を解く度に、各大問の点数、良かった点、反省点、どのように解くとより高い点をとれるかを分析したもの、などを3行ほどでノートにまとめていました。問題を解く前にそのノートを見ることで、解き方を意識して取り組めるようになりました。

共通テストの模試ではなかなか成績があがらず不安でしたが、このように共通テストの問題を10年分演習し、解き方を模索したことで本番では12月の共通テスト本番レベル模試から約100点、総合計の点数をあげることが出来ました。共通テスト後は、私立を1校だけ受験し、その後第一志望校の対策を徹底的にやりました。過去問演習では10年分を3周し、第一志望校対策演習で志望校の類題をできる限り解きました。また、数学の苦手な分野は基礎に戻って演習しました。

二次試験では想定通りに問題が解けず、筆記試験が終わった段階で不合格に違いないと感じ、面接を受けずに帰りたいとも思いましたが、家族に励まされたことで、最後の最後の試験だから思いっきりやろう!と思い直し、最終的に面接では過去1番の応答をすることが出来ました。この立ち直りが合格に繋がったと思います。

大学では、受験勉強で培ってきた経験を活かし、部活動と勉強に励み、6年後の国家試験に合格できるよう、初心を忘れずに努力をし続けたいです。患者さんのバックグラウンドに寄り添える医師になりたいと思います。初めは現役国立医学部合格は遠い夢に過ぎませんでしたが、夢を見続けることで合格することが出来ました。諦めずに努力さえすればどうにかなります。夢を追い続けることが大切です。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

細かく学習の進行状況を把握し、的確なアドバイスをしてくださった。決して無理とは言わずに励まし続けてもらえたのが心の支えになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎月のようにあるので、共通テスト慣れができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業により、自分に合った難易度の授業を自分のペースで進められるので、基本事項からの学習が必要だった自分にはぴったりだと思いました。また、私は計画を立てるのが苦手だったので、担任の先生や担任助手の方による指導制に惹かれました。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

少し雑談も入るチームミーティングが楽しくて、勉強の息抜きになりました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

スキマ時間に何も勉強しないということに罪悪感を覚えるようになり、そのような時間を利用するようになったこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

やればやるほど得点は伸びていったのであまり辛さを感じなかった。ただ、成績の向上が試験本番までに間に合うかは少し不安だった。偏差値などの相対評価よりも、過去の自分と比べるように意識していた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

医学部にいきたいという思いを口に出すことで、それに見合った行動をしなければいけないと思うようになり、それがやる気につながった。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

国立の総合大学であり、ストレート卒業率や国家試験合格率がとても高かったため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

知らないことが多すぎたため、学びが多くて意外と楽しかった。自分の将来について真剣に考える良い機会となった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

患者さんを取り巻く環境を理解し、思いやりを持った診療ができる医師になりたい

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
合格までの最短のルートを導き、レールからはみ出さないようにサポートしてくれるから。

確認テスト・修了判定テスト
授業を理解できたかどうかが確認できるのが良かった。

過去問演習講座
過去問の本だと配点がわからないが、この講座では、添削してもらい、仮想の得点を知ることができるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関物理 PART1 】
初学者でもわかりやすいが、決して簡単な問題ではないというレベルだった。物理を根本から理解でき、また思考力も伸ばすことができ、最終的に物理を得意科目にすることができるようになったから。

【 志望校別単元ジャンル演習講座 】
問題集をこなすのに比べて、比較的簡単に自分の苦手分野の演習をし、潰すことができたから。

【 過去問演習講座 秋田大学(全学部) 】
1つの問題につき3回も添削してもらえるので、過去問を3周することができ、志望校の傾向が掴めたから。

秋田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 37