ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb・格言
  3.  > 高杉晋作の格言

高杉晋作の格言
高杉晋作の格言

高杉晋作は、長州藩を倒幕運動に方向づけた幕末期の志士です。高杉晋作は、吉田松陰が開いた松下村塾に入り、多くの刺激を受けました。さらに、幕府使節団の一員として清に渡航した際に見た、欧米列強に植民地化される清の惨状に衝撃を受けます。このような経験は、高杉晋作に強烈な攘夷意識を芽生えさせました。その後、攘夷のためには、武力が必要であると考え、奇兵隊を作り幕府を撃退することになります。長く続いた幕府の権威が崩れ落ち、新しい世の中となっていくきっかけを作ったのです。

過ちを改めれば、それは過ちではないのだ。

高杉晋作
× 高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年08月20日(1839年09月27日)- 慶應3年04月14日(1867年05月17日))は、日本の武士(長州藩士)。 ... 詳しく読む
※Wikipediaより引用
いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

孔子、韓非、西郷隆盛。多くの偉人が、同様の意味の格言を残しています。誰しも失敗し、挫折を経験します。しかし、その失敗も経験だと思えば、それは失敗ではなく成功のカギとなります。高杉晋作も多くの失敗をして、この世に語り継がれる偉人となりました。成功するためには、失敗を恐れず挑戦することが大切です。

真の楽しみは苦しみの中にこそある。

高杉晋作
× 高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年08月20日(1839年09月27日)- 慶應3年04月14日(1867年05月17日))は、日本の武士(長州藩士)。 ... 詳しく読む
※Wikipediaより引用
いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

達成感や興奮というものは、苦しみを乗り越えた先にあります。人間は苦しみがないと、ストレスフリーの状態になって、変調をきたす恐れがあるとも言われることもあります。 苦しみのない毎日を望む人が多いかもしれませんが、それは同時に多くの楽しさを失うことになります。高杉晋作は、激動の幕末の日々の中に、楽しさを見つけていたのかもしれません。皆さんも、苦しいことがあったら楽しいことが待っていると思って頑張ってみませんか?

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

アイコン

何故に2つ❓ (その他・疑問文🧐さん)  2022/01/12 23:24

閉じる

×

Today's Proverb

Two heads are better than one.


直訳:2つの頭は1つよりも優れています。
意訳:三人寄れば文殊の知恵

いいね!と思ったらクリック

このProverbの
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

このProverbの
コメントを書く/見る

今日の格言

いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう

斎藤茂太(精神科医/随筆家)
× 斎藤 茂太(さいとう しげた、1916年(大正5年)03月21日 - 2006年(平成18年)11月20日)は、日本の精神科医、随筆家である。愛称はモタさん。 詳しく読む
※Wikipediaより引用
いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

Proverb・格言の一覧はこちら

東進からのおすすめ

LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール