高等学校の先生方へ

ナガセ×東京大学=未来を創造

※2021年の「大学入学共通テスト」の分析に
関する詳細は、確定次第お知らせいたします。

主なサービス

東進模試
東進模試

⇒詳しくはこちら!

4つの特徴

これらの特長を活用し、連続して受けていただくことで、学力の伸びや弱点分野を把握することが可能です。また、復習ツールがあることで、合格した先輩と競争することもできます。ぜひご活用ください。

絶対評価

東進の模試は、合格までに必要な点数と自分との差を明らかにする絶対評価。周囲の受験者の結果に左右されることなく、志望校合格に必要な学力と現在の学力を比較できます。

スピード返却

学習の成果を分野別にわかりやすく表示した成績表を最短7日で返却。「今の実力」を把握し、すぐに勉強の計画を立てることができます。

本番レベル

レベル・形式・試験範囲が実際の入試と同じであるため、学習の成果、そして志望校合格までの距離を具体的な点数で把握できます。

合格指導解説授業

東進の実力講師陣が間違えやすいポイントをわかりやすく解説。模試を受験したままにせず、生徒の学習を徹底サポート。

お申し込み・お問い合わせはこちら
現在申込受付中の東進模試はこちら!!
※学校単位でのお申し込みもできます。
お手数をお掛けいたしますが、本人認証のために下記項目の生徒情報をご提供の程お願い申し上げます。ご提供いただいた個人情報は、成績処理、模試実施後の学習指導用資料の作成に使用させていただきます。
詳細はこちらをご覧下さい。
閉じる
東進タイムズonWEB
TOSHIN TIMEZ

入試制度の変更から大学のイベント情報まで、大学受験や大学に関するニューズをお届けします。また、東進の実力講師陣による学習アドバイスも毎月掲載。最新の受験事情と今やるべき勉強、受験に向けての心構えなどを発信しています。生徒のみなさまへの情報提供や、受験勉強の最前線の情報を用いた学習指導などにご活用ください。

立命館大学 創立120周年記念シンポジウム ライブストリーミング開催決定
  • 2020/05/14

立命館大学 創立120周年記念シンポジウム ライブストリーミング開催決定

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるしい今日、あなたがどう生きるかが問われている。パネルディスカッションを通… →もっと読む

閉じる
大学案内
大学案内

日本全国の大学情報を提供しております。学費、男女比、学部の募集人員などの大学に関わる基本データから、就職情報や入試アドバイス、現役の大学生による大学紹介など、コンテンツは非常に充実しております。生徒のみなさまの進路相談や、データベースとしてご活用ください。

閉じる
大学入試過去問データベース
大学入試過去問データベース

主要大学の過去問を資料化。ご登録いただければ、過去問と解答が無料でご利用いただけます。実際の受験問題ですので、そのまま学習教材としてもご利用いただけます。幅広く問題をカバーし、大学別にすぐにデータを取り出せますので、お手数もおかけいたしません。東進のストックしてきた大学受験の要たる問題を味方につけ、生徒のみなさまの学力アップにお役立てください。

閉じる
大学入試難易度ランキング
大学入試難易度ランキング

大学入試の難易度を、東進独自でランク付けいたしました。国公立か私立か、学問系統はいずれか、地域はどこかなど様々な条件で検索できますので、大学案内と合わせて生徒のみなさまの志望校選択などの進路相談にお役立てください。

閉じる
東進ブックス
東進ブックス

東進の実力講師陣の受験対策を、それぞれ本にまとめて出版しております。そのまま授業教材としてご利用いただくこともできますし、受験対策として最新の受験問題の要所を把握することも可能です。コミカライズした敷居の低いものも各種取り揃えております。先生方のご負担を軽減するためにも、是非ご利用ください。

閉じる
全国学校のお天気
全国学校のお天気
閉じる

「大学入学共通テスト」、保護者の約4割が「よく知らない」

エドテックジン

ジェイディーネットが運営する進学塾・予備校にかかわる情報サイト「塾・予備校比較ナビ」は、高校2年生の子どもを持つ母親を対象に実施した「大学入学共通テスト」に関するアンケート調査の結果を、3月18日に発表した。

2020年3月19日

英語民間試験の活用「各大学で判断を」自民提言

日本経済新聞

自民党は9日、文部科学部会のワーキングチームの会合を開き、大学入試の英語試験の見直しに向けた提言案を大筋で了承した。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の評価について、民間試験の活用を含め「各大学で判断すべきだ」と指摘。地域格差や経済格差が生じないよう政府が予算措置を講じるなど、入試の公平性への配慮が不可欠だとも訴えた。

2020年3月10日

夏の教育セミナー