東進ハイスクール東進衛星予備校

サイトトップ > メッセージ

ブログ

2017年 8月 29日 受験勉強、上から見るか?下から見るか?(吉瀬)

こんにちは!吉瀬です!
さて、今日は模試が終わったばかりということで
自分の受験勉強をどんな角度から見ればいいのかについて
書きたいと思います!
 

上から見る?

「まあ今回は失敗したけど本番は大丈夫でしょ」
「このまま適当にがんばればいける」
このように自分は出来ると思い込んで楽観視するのが
上から見るということです。
ここから先は自分の弱点を意識した勉強がカギになります。
しっかりと模試から自己分析をしなければそれはできません。

下から見る?

「自分ではがんばっても受からない」
「こんな点数を取ってしまったので志望校を諦めたい」
このように自分に絶望しネガティブな感情しかもてなくなっているのが下から見るということです。
勉強するのがつらいでしょうし、
無理だと思ったら本当に無理になってしまいます。

 

いや、横から見る!

実は、僕が第一志望に合格できた最大の要因は
メンタルの管理がしっかり出来たことだと思っています。
模試では最後まで納得のいく結果を出せませんでした
本番では自己最高点を取ることができました
なかなか結果が出ない中で
もちろん楽観視することはなかったし
がんばっても落ちるのではないか
などとは考えたこともありませんでした。
この経験から伝えたいのは
自分の受験勉強を
上からでも下からでもなく横から見る!ということです。
 
「今回の模試ではここが出来ていなかったから復習をしっかりやろう」
「今のままでは無理だがここを克服できれば合格できる」
このように現状に対してしっかりと分析をしたうえで
今後のビジョンまでもてているのが横から見るということです。
模試の結果や過去問の点数に一喜一憂して
ポジティブになりすぎたり、ネガティブになりすぎたり
していても意味がありません。
大切なのは
事実だけを見つめて
自己分析をしっかり行ったうえで
今後の勉強を進めていくことです。
 
夏も終わりに近づき、焦っている人も多いかもしれませんが
だからこそ余分な感情は捨てて、
平常心で毎日の勉強を積み重ねていきましょう!
いいね数:216

難関大合格を目指すなら

メッセージ検索
最新メッセージ

夏期 『特別』 特別招待講習!

>

センター対策の進め方(明治大学 政治経済学部)

明治大学

>

受験直前期に意識していたこと②

早稲田大学

>

【受験直前の受験生直前のメッセージ①】須田は国語をどう対処したか?

立教大学

>

センターの勉強法【数学】

明治大学

>

朝型のすすめ

法政大学

>

ピンチはチャンス

筑波大学

>

【1点でも多く】 谷口

東京大学

>

過去問10年分終わって満足してない??(金子担任助手)

法政大学

>

旅のように生活しよう!【東進ハイスクール町田校】

中央大学

>