東進×AI!限られた時間の中で
本当に必要な演習を提供

東進は演習もスモールステップ

東進では、最後まで学力を伸ばして合格可能性を高めるために、入試直前期の演習まで徹底的に行います。そのうちの一つが、この「志望校別単元ジャンル演習講座」です。この講座の大きな特長は、最新のAIによる学力診断で、君の志望校合格に必要な取り組むべき単元・ジャンルと問題レベルが明確にわかること、そして診断結果をもとに条件づけをすると、10万問以上のデータベースから最適な問題が提案されて演習できることです。現役合格No.1の東進が保有するビッグデータを投入し最新のAIを活用した、一人ひとりに最適な志望校対策を実現する日本初の学習システムです。

「志望校別単元ジャンル演習講座」の強み

①AIが実現する正確な学力診断

演習セットを選択する際の元データとなる「学力診断」は、君が東進で取り組んできたあらゆる学習履歴データをもとにしてAIが行います。志望校の入試傾向と君の過去の学習履歴から学習課題を特定し、第一志望校に合格するために、取り組むべきすべての単元・ジャンルをAIが提案します。君の学力・学習状況と志望校の入試傾向等のデータからAIが分析しているため、合格するために必要なことが明確かつ合理的に示されます。これらを修得していくことが「合格への最短ルート」となります。

②大学入試のプロ集団による緻密な入試分析

東進では、難関大学の過去問を徹底分析。単元・ジャンルごとの詳細な出題内容の他、出題形式、解答形式などの傾向についても志望校ごとに徹底的に分析しました。この詳細な分析により、志望校最適化を実現しています。

③10万問以上におよぶデータベース設計

東進では16年前からインターネット上のシステムにより生徒の学習管理を行い、学習履歴をデータベース化してきました。
 この16年にわたる過去の受験生の演習結果と各大学への合格実績、そして各大学学部の入試出題傾向の緻密な分析結果を踏まえ、単元・ジャンル・レベルごとに仕分けた10万問以上からなる演習データベースを設計。この比類ないデータベースが一人ひとりに最適な「必勝・必達演習セット」の提供を実現しています。

④最適な授業で弱点を即解消

得点率が低いと、概念理解が不十分と判断して「単元ジャンル集中受講」を提案します。該当する単元ジャンルの理解を深めるために、東進の講座群から最適な講(1講座講のうち1講分)を受講できるシステムです。授業を受けることで、曖昧に理解していた概念を初めから再確認します。
 また、AIによる学習アドバイスも提示します。演習の結果、学習レベルが合っていないと判断すれば適切なレベルや他の推奨する単元・ジャンルを提案します。学習の方向性が正しいものか確認しながら進められます。
※教育効果向上のため、講座内容は変更になる可能性があります。

2020年 現役合格者の声🎤を読む

「志望校別単元ジャンル演習講座」
開発秘話🎤を読む

志望校別単元ジャンル演習講座
機能イメージ

学習診断機能

  • AIによる学力診断で課題を確認

    学習データ
    ×
    志望校の入試傾向分析結果

    君が取り組むべき
    学習課題を特定

    課題を克服するための
    「必勝・必達演習セット」を提案

    日々の学習履歴をデータとして活用

    過去問演習講座

    各種過去問演習講座

    志望校別単元ジャンル演習講座

    東進模試

    確認テスト

    講座修了判定テスト

    高速マスター基礎力養成講座

    ※分析対象は今後増える可能性があります。

  • 「必勝・必達演習セット」の確認

    君の学力・学習状況、志望校の入試傾向等から第一志望校に合格するために取り組むべきとAIが判断した単元・ジャンルを提示。君に最適化して「必勝・必達演習セット」を提案します。
    ※取り組む単元・ジャンル、レベルを自分で選択し登録する「マニュアル登録」機能もあります。
  • 学習する演習セットを選択

    「必勝・必達演習セット」が学習優先度の高い順で表示します。

    ※効率よく成績を伸ばす単元・ジャンルとその優先度をAIが導き出します。

演習機能

  • 問題選択

  • 演習開始

  • 演習後

    • 採点指導
    • 添削指導(国公立大の問題及び一部の私立大の問題に対応)
    • AIによる学習アドバイス
      演習レベルの変更提案
      演習する単元・ジャンルの変更提案
    • 単元ジャンル集中受講・ワンポイントアドバイス解説授業の受講※
      ※「志望校別単元ジャンル演習講座」を単科で取得する場合は、一部の機能が制限されます。また、こちらで紹介しているすべての機能は、2020年4月時点の仕様です。機能の制限等は変更となる場合があります。