東進×AI!限られた時間の中で本当に必要な演習を提供

東進では、最後まで学力を伸ばして合格可能性を高めるために、入試直前期の演習まで徹底的に行います。そのうちの一つが、この「志望校別単元ジャンル演習講座」です。この講座の大きな特長は、最新のAIによる学力診断で、君の志望校合格に必要な取り組むべき単元・ジャンルと問題レベルが明確にわかること、そして診断結果をもとに条件づけをすると、10万問以上のデータベースから最適な問題が提案されて演習できることです。現役合格No.1の東進が保有するビッグデータを投入し最新のAIを活用した、一人ひとりに最適な志望校対策を実現する日本初の学習システムです。

東進は演習もスモールステップ

志望校別単元ジャンル演習講座の強み

①より正確な学力診断

演習セットを選択する際の元データとなる「学力診断」は、君が東進で取り組んできたあらゆる学習履歴データをもとにしてAIが行います。志望校の入試傾向と君の過去の学習履歴から学習課題を特定し、取り組むべき単元・ジャンル別の学習項目とそのレベルを、優先度の高い順に提案します。
日々の学習履歴をもとに診断するため、学習成果よって診断結果は適宜変化します。学習すればするほどAIの学力診断は正確になり、より最適な演習へと君をナビゲートします。

②より緻密な分析

東進では、難関大学の過去問を徹底分析。単元・ジャンルごとの詳細な出題内容の他、出題形式、解答形式などの傾向についても志望校ごとに徹底的に分析しました。この詳細な分析により、志望校最適化を実現しています。

③志望校最適化を実現

各大学の入試問題の傾向分析をもとに、提案する問題・学習優先度を君の志望大学※に最適化します。例えば、志望校が異なる生徒が、同じ単元・ジャンル・レベルを選択したとしても、それぞれの志望校の傾向・特徴に合った異なる問題を優先して提示します。つまり、それぞれの志望校に対応した演習が可能になるのです。
※過去問演習講座設置大学が対象

④圧倒的な問題演習量

センター試験・難関大学の過去問や東進模試を中心に、単元・ジャンル・出題形式などで分類して、10万問以上のデータベースを構築しています。また採点・添削指導により質の高い演習が可能です。

⑤AIによる学習アドバイス

演習後に、AIによる学習アドバイスを提示します。たとえば、学習レベルが君に合っていないと判断されれば、適切なレベルの提案や、他の推奨される単元・ジャンルの提案を行います。学習の方向性が君にとって正しいものなのかを確認しながら進められます。

機能イメージ

単元・ジャンルとは・・・

難関大学入試では教科書に沿った単元から出題されるとは限りません。むしろ、複数の単元を横断した「ジャンル」で出題されることが多いのです。そのため教科書の知識を修得するだけでは解くことが難しく、合格するためには各大学の入試傾向に沿った「ジャンル」による演習が非常に重要です。