ページを更新する ページを更新する
大学受験の東進ドットコム> 第一志望合格のために> 過去問演習講座
※受験学年対象の講座です。
大学入学共通テスト対策
 大学入学共通テストの問題を徹底分析し、出題内容・思考型問題の比率・配点など、本番想定の演習にこだわった対策講座です。共通テスト本試験のほか、東進の共通テスト対応模試などを組み合わせた「共通テスト型演習」によって、十分な演習量を提供します。本番で高得点を獲得するために、どう対策すべきか、東進の教務力と情報力を凝縮した対策講座です。

1.10年分相当の共通テスト型演習で実戦力をつける

 過去問演習講座 共通テスト対策では、共通テストの過去問と、東進の共通テスト対応模試などを組み合わせた「共通テスト型演習」を合わせて、10回分の年度別演習が可能です。センター試験よりも長文化し、複雑になった出題形式や傾向に慣れ、課題を克服しつつ学習しましょう。
 自動採点システムにより採点の手間を省略。迅速かつ正確に把握できます。

2.共通テスト本番を想定した演習で実戦力をつける

 共通テストの問題演習だけでなく、出題形式・傾向に慣れるために、東進の共通テスト型模試なども活用して演習を行います。

3.実力講師陣の徹底解説授業で共通テストを攻略

 実力講師陣による解説授業で、出題傾向を把握し、共通テスト攻略のための戦略・戦術を獲得。まずは自力で解き、自分の考え方とどこが違うのか、どのように解けばよいのか、また時間配分など共通テストならではのコツを学びましょう。授業は映像による配信のため、自宅でも受講が可能です。

国公立二次・私大対策
 過去問演習は単に本番の練習をするだけではありません。各大学・学部は、アドミッション・ポリシーに沿った人財を入学させるために、特徴ある出題をします。これが入試問題に傾向となってあらわれるのです。過去問の演習を通して、志望校の傾向・特徴をつかみ、合格点を突破するための対策を行っていきましょう。

1.圧倒的な演習量と採点・添削指導が合格を生む

最大10年分の徹底演習

 出題形式・出題傾向に慣れ、過去の合格ライン(合格平均点、合格最低点)との差や課題を克服しつつ学習します。

スペシャリストが厳正に採点・添削

 ※添削指導は国公立大のみ実施、私大の一部は採点のみとなります。
 君が作成した答案を、各科目のスペシャリストが迅速に採点・添削。どこで部分点が取れるのか、なぜ減点されるのかを正確に把握できます。効率的に学習を進めることができるので、得点力アップにつながります。

5日以内のスピード答案返却

 答案は、5日以内でスピード返却します。返却はWEB上なので、どこでも効率的に学習可能です。

2.各問題3回の添削指導で”完全答案”を実現する

満点が取れるまで復習

 答案が返却されたら、満点が取れるレベルまで復習。その成果は再添削指導により、はっきりとわかります。再添削指導まで実施するのは東進だけです。この繰り返しが、得点力を飛躍的に高めます。
   ※同一試験の提出は3回まで可能。

3. AI演習講座との連携で課題を明確化

限られた時間の中で優先順位を明確に

 志望校の「過去問演習講座」と「志望校別単元ジャンル演習講座」「第一志望校対策演習講座」といった東進のAI演習を併用して学習するのがおススメです。志望校合格のために、君が本当に必要な対策とその学習優先順位がより明確に提案されます。

4.実力講師陣による徹底解説授業

答えではなく、解き方・考え方を知る

 予備校界屈指の実力講師陣が、過去問の先にある入試本番を見据えた問題の「解き方」「考え方」を、解説授業で徹底的に伝授します。授業は、映像による配信なので、自宅でも受講が可能です。

提出後すぐに受講可能

 「過去問演習講座」の解説授業は答案返却を待たずに校舎での受付後から受講が可能。すぐに復習をすることで自分の考えの足りなかったところ、正すべきところを効率的に確認し、次回の演習に役立てることができます。  
※教育効果向上のため、講座内容を変更する場合があります。

5. 学習効果を追究

自動採点システムで即時採点

 選択問題のみの問題については、自動採点により受講後すぐに結果がわかります。

先輩の合格平均点と競争できる

 選択した入試方式に応じて、目標点(=先輩の合格平均点)が表示されます。目標点との差を明確に把握し、次回の演習につなげられます。

優先的に復習すべき試験(科目・年度)のトップ5がわかる

 合格平均点に対して、得点の乖離が大きく、復習する優先度が高い試験(科目・年度)が一目でわかります。

過去問演習講座(併願校対策)
 難関私大合格者の絞り込みで私大入試がより厳しくなっている今、併願校対策は非常に重要です。そこで東進では、対象大学の最新5年分相当が演習できる「過去問演習講座(併願校対策)」を開講しています。

【例】東京大学(文科)の過去問演習講座を取得しながら、早稲田大学政治経済学部の過去問演習講座を5年分相当取得できます。

自分ひとりでは決してできない
過去問の採点

記述の採点と配点・部分点がわかることが、
過去問演習のカギとなる

 東進タイムズが実施したアンケートで「過去問を解いていて困ったことはありますか?」と質問したところ、多かった回答は「部分店が分からない」「記述の採点ができない」「設問ごとの配点が分からない」の3つでした。できたかできなかった程度はわかっても、正確に自己採点ができないのが難関大の記述問題です。
 入試では、「合否を決めるのは1点の違い」というように、たった1点の間に数十人がひしめきあっています。その一点を見極め、より精度の高い答案を作成できるようにするには、第三者の目による採点や添削が必要なのです。

過去問を解いていて困ったこと
[現役合格者]

2023年共通テストまで
全国 学校のお天気
proverb・格言 東進から高等学校の先生方へ 過去問データベース 大学案内 大学入試偏差値ランキング 在宅受講コース 東進CODE MONKEY みんなの一問一答オンライン 悩み相談Q&A 志指導マンガ 気鋭の実力講師 緊急募集 東進タイムズ 実力講師陣による学習アドバイス 共通テスト分析のご案内 すでにお申し込み済みの先生方はこちら 大学案内 大学入試過去問データベース 日本代表プログラム
世界時計
日本最大!
世界1,700都市以上の
現在時を掲載!
ナガセ世界時計