google

カスタム検索

1

大学入試について
大学を目指すということ

大学を目指すということ
大学に進学する目的

このページを読んでいる皆さんは、大学進学を希望していると思います。では、「あなたは何のために大学に行くのですか?」と問われたら、何と答えますか? すでにはっきりとした目的を持っている人もいるでしょうし、「何となく」「みんなが行くから」「まだ就職は考えられないから」という人もいるかもしれません。

大学は専門分野の学問を修めるための場であると同時に、将来の夢を実現させるためのステップとなる場でもあります。ですから、大学は「入学すること」が目的なのではなく、将来に役立てるために「どのようなことを学びたいのか」を目的として選ばなければなりません。そのために適した環境はどこなのか、ということに重点を置くことが大切です。

まだ将来に対する具体的なビジョンがない場合でも、自分はどのような分野の学問に興味があるのかを考え、それを学ぶことでどのような道につながる可能性が高いのかを調べてみましょう。

これから自分の目標に向かって努力を開始する皆さんが、大学入試について正しい知識を身につけて頑張れるよう、志望校選びのポイントや学問の内容、入試制度などについて詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてください。

大学を目指すということ
大学選びの流れ

STEP1

将来の夢(職業)を考える

高1~高2

「どう生きていきたいのか」「どういう人間になりたいのか」が決まれば、「そのために何をすべきか」が見えてきます。将来の夢がまだ具体的に決まってない場合でも、 どのようなことに興味があるのか書き出してみましょう。

東進では

自ら求め、自ら考えるとき、人は受け身で行うときの10倍もの力を発揮すると言われています。それは、大学受験でも同じ。嫌々勉強するよりも、自ら進んで勉強する方が、学力は飛躍的に向上します。

高い壁に向かって、自ら努力する――その原動力は「夢」です。大学受験は、夢を実現するための通過点。将来の夢や、なりたい自分の姿を明確に描くことができれば、勉強へのやる気もぐんと高まります。

夢がまだ見つかっていない君でも大丈夫。東進では、「夢を見つけ、夢を育む指導」によって、君の将来と現在をつなぐ道を、一緒に描いていきます。自分の夢、本当に行きたい大学を見つけるためのイベントとコンテンツが東進にはあります。

東進では、就職活動報告会を実施しています。校舎OB・OGが、就職活動を中心に、大学時代の経験や社会人になってからの目標、仕事観や将来の夢について発表します。自らの手で人生を切り拓いた先輩の話を聞くことで、将来について考えるきっかけとなります。

>関連ページはこちら
STEP2

学問分野を調べる

高1~高2

目指すもの、興味があることはどのような分野の学問なのか、それはどの学部・学科で学べるのかを調べましょう。同じ名前の学部や学科でも、大学ごとに学ぶ内容が異なることもあります。

また、名称だけでは学ぶ内容が判断しにくい学部や学科もあります。大学のホームページや進路情報誌などできちんと調べましょう。その際、その分野が文系なのか理系なのかも調べましょう。文理では入試科目が異なるので、慎重に検討してください。

東進では

「大学学部研究会」は、日本の頭脳ともいうべき一流教授陣が、自らの研究内容について講演してくださるイベント。夢を実現するために大学で何を学びたいかという視点で志望校や学部選びを考えるきっかけになります。

>関連ページはこちら
STEP3

志望校を決める

高3春まで

志望校の決定にあたっては、オープンキャンパスに参加したり、学期中のキャンパスを訪問するなどして、実際に必ず見学することが大切です。志望校選びのポイントを参考に、まずは目標とする第1志望校を決め、学習スケジュールを立て、受験勉強を開始するようにしましょう。早期スタートが勝利へのカギ!

東進では

東進の大学案内では、全国172の大学情報を掲載! 自分に合った志望校選びに役立つ情報はもちろん、卒業生・現役大学生の“ナマの声”が多数掲載されています。

>大学案内はこちら
STEP4

大学入試制度を理解する

高3夏まで

大学入試の制度やしくみは目まぐるしく変化しています。
また、志望校が国公立大学なのか私立大学なのか、一般入試で受験するのか推薦入試やAO入試を利用するのかでも入試科目やスケジュールが大きく異なります。志望校や受験校(併願校)の入試制度については、各大学のホームページや入試要項、募集要項などでしっかりと調べるようにしましょう。

>大学入試について(2)「大学ではどんなことが学べるの?」を読む