東進ハイスクール東進衛星予備校

大学・学部選びのための無料動画サイト

2017.05.31

「NHK学生ロボコン2017」レポート

モノづくりが好きな若者が集う「NHK学生ロボコン」。NHK学生ロボコンとは、毎年異なる競技課題に対してロボットを製作し、その成果を問う大会です。東進は、この大会の趣旨に賛同し、2013年から協賛しています。
決勝進出した2チームには世界大会出場権が付与され、2017年は東京工業大学と東京大学が世界大会出場権を獲得しました。
今回は、代表選考会の様子と、出場学生へのインタビューをお届けします。

ナレーター:野村麻衣子(賢プロダクション)

受験アドバイス

東進は他の予備校や塾とどこが違うの?

東進と他予備校の一番の違いは、難関大の“現役”合格実績です。 東大をはじめ、旧七帝大、各都道府県を代表する国立大学、医学部、早慶上智など難関私大における現役合格実績は、ダントツのNo.1であると自負しています。
東進の合格実績は現役生のみ。対して他大手予備校の合格実績は、現役生と浪人生の合計数が示されています。「○○大学1000名合格」とあっても、そのほとんどが浪人生ということも。さらには短期の講習生も含まれています。高校生ならばやはり「現役のみ」で、しかもちゃんと通った生徒だけの合格実績が知りたいですよね。
だから東進の合格実績は、「現役のみ」「講習生を含まない」という厳格なルールなのです。

Q&Aサイトへのリンク

早稲田大学の合格体験記

早稲田大学

国際教養学部

髙石真愛さん

東進ハイスクール市川駅前校

友達や担任助手の方と乗り越えた受験

東進に入学して間もない頃は、周り人たちの頭の良さや、雰囲気に圧倒されることも多かったです。しかし、初めてできた他校の友達は自分にとっていつも新鮮で、「大学に入ったらこんな風にいろんなタイプの人たちと知り合えるのか!」と早くも期待が高まりました。

東進での受験生活は、面倒だと感じるところもありましたが、とても楽しかったです。その理由の大半は、友達や担任助手の方たちに会えることでした。受験を個人戦として家で一人で勉強していたら、きっと笑顔で受験を終えることはできなかったと思います。

大学受験はとにかく大変なことばかりで、そのぶん学力だけじゃなくて人間としても一歩成長することができました。大学に進学してからも、受験はあくまで大学生活のスタート地点なのだと思って、自分に妥協せず勉強を続けていきたいです。私の進学する学部には、大学2年生のときに一年間の留学がプログラムとしておかれているので、今からその下準備を進めていきたいです。また、その頃には東京オリンピックがあるので、日本に戻ってきて、何かの形でボランティア活動をしたいです。

合格体験記へのリンク
 

SNSで共有