東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  豊橋駅前校

東進衛星予備校
豊橋駅前校 校舎案内

住所

〒440-0075 愛知県 豊橋市 駅前大通1-138 新豊橋駅ビル3F
全国統一中学生テスト・全国統一高校生テスト

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

アクセス

豊橋駅前校でのお申し込みはこちら!

いつでも君にピッタリな
実力講師陣の授業を体験できます

詳しい資料をお送りいたします。
気軽にご請求ください。

合格実績をもっと見る  ▼

合格した先輩たちの体験記(豊橋駅前校)

東進の3つの神器

名古屋大学
工学部
岡田和也くん
時習館高等学校

僕は高1のころ学校の授業についていけなくなり、このままではいけないと思い、高2の4月に東進に入りました。部活のサッカーは高3の5月まで続けましたが、僕は志望校に合格することができました。東進のここがよかったというところはいくつかあります。

 1つ目は高速基礎マスター講座です。英単語や英熟語以外にも古文単語・数学計算演習などもありこれらを毎日やっていくことで受験勉強の土台となる基礎的なことが習得できると思います。

 2つ目は授業です。授業は東進の先生たちがとても丁寧に教えてくださるのでとても分かりやすいです。また東進では自分の好きな時間に授業を入れることができます。そのため部活や学校行事などで忙しい時期でも、自分の空いている時間にどこででも授業を受けることができました。

 3つめは過去問演習講座です。センター試験や二次試験の過去問を東進の先生がわかりやすく説明してくれるため、内容がすぐに理解できるようになります。また二次対策の過去問演習講座では、採点のみならず添削までしてくれます。過去問を解いてみて点が取れたか否か、だけにとどまらず、英語の和文英作などではどこがだめだったから、何点減ったのかなどを教えてくたため、今の自分の実力がいかほどかを知ることができました。

 後輩の皆さん、勉強をしてもなかなか成績が伸びない時期があると思います。それでも耐えてやり続ければ必ず成績は伸びます。がんばってください。
東進のお勧めの講座

広島大学
教育学部
藤本愛捺さん
豊橋東高等学校

私が東進に入ったのは高2の夏休みです。周りの友達がどんどん塾に入って行く中、私もそろそろ勉強をする習慣を身につけないといけないと思っていましたが、どこに入ろうかずっと迷っていました。そんな時、東進の時間割に融通が利く仕組みや、高速基礎マスター講座の魅力にひかれて東進に入学することに決めました。

 東進の授業の中で私が一番好きだったのは現代文の講座です。もともと私は現代文が得意ではありませんでした。しかし、授業では私たちになじみのないような難しい文章も、身近な出来事と関連づけて教えてくださったので、わかりやすく、現代文への苦手意識はなくなりました。ほかにもお勧めの講座はあります。「𠮷野敬介先生の基礎からの的中パワーアップ古文」はわかりやすい解説、興味深い雑談が古文を身近なものに感じさせてくれました。𠮷野先生の助動詞の覚え方はとても覚えやすいのでおすすめです。「今井宏のB組・英語実力アップ教室」は長文を一文一文丁寧に解説してくれます。また、今井先生は思わず吹き出してしまうような雑談をたくさんしてくれるのでとても良い息抜きにもなります。また、大吉先生の「受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎)」は数学嫌いの私でもすんなり理解することができました。途中式もしっかり書いてくれるので数学の苦手な人にはとても良い講座だと思います。

 3年生になり部活を引退してからはほぼ毎日東進に通い必死に勉強しましたが、センター試験で納得のいく点数を取ることはできませんでした。レベルを下げて受験することも考えましたが、二次試験の教科が国語と英語の得意な2科目だったのでがんばって勝負しようと決めました。

 センター試験から二次試験までの約1ヵ月は、1日の勉強時間は減りましたが、受験生活の中で最も頭を使って勉強した1ヵ月だったと私は思います。無事、志望校に合格できた今、諦めずに受験して本当に良かったと思います。

 これからは本をたくさん読んで知識をつけ、親しみやすく優秀な教師になることを目指してがんばっていきたいと思います。
入学時期が遅くても合格できました

関西学院大学
法学部
杉浦歩夢くん
豊橋南高等学校

私は高3の9月に友達の誘いから東進に入学しました。部活動を7月に引退し、夏休みも今思うとただなんとなく過ごしてしまったので、初めて東進に行った時は周りとの勉強に対する意識の温度差を感じました。でも、周りのことを意識しつつも自分のペースで講座を受講し、進めていくことができたので良かったです。

 私のおすすめの講座は、安河内哲也先生の「基礎から偏差値アップ総合英語」です。音読が大事だと言われ続けて、本当にこれでいいのかと半信半疑でありながらも言われた通り続けた結果、英語の得点は入学した時よりも倍近くになり、一番苦手意識のあった英語を、最もやっていて楽しい科目に変えることができました。

 私は入学時期が遅かったため、グループ・ミーティングはなかったものの、担任助手の指導やアドバイスにより短期間内での目的・目標がはっきりしていたため、迷いなく学習することができました。自分一人の力では合格することは絶対にできなかったので、担任助手の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

 東進模試も、私と同じ大学を志望しているライバルとの距離や去年の合格者との比較など、自分の現在地を知ることができるうえに模試の回数も多いので、一つのモチベーションとなりました。特に、有名大本番レベル記述模試がおすすめです。間違えたところだけではなく、間違えた範囲を全て復習することで力をつけることができました。

 私には、現段階で将来こうなりたいという明確な夢はまだありません。ですが、4年間で様々な経験や友達との出会いを通して、広い視野を持ち、いろいろな視点から意見が出せる人間になっていきたいです。
諦めて楽な方へ進まないこと

横浜国立大学
経済学部
川嶋早紀さん
時習館高等学校

受験を通して、簡単に諦めて楽な方へ進まないことが大事だと痛感しました。

 私は高校に入学してから1、2年生ではあまり勉強に力を入れておらず、3年生になって焦って猛勉強しました。特にもともと苦手だった数学は、1年生のころの内容を一から復習することになってしまい、とても苦労しました。これは、1年、2年で苦手なものから逃げていた結果だと思います。そんな経験から、苦手だと思うものがあったときはすぐに克服する努力をしてほしいです。東進の授業や講座修了判定テストなら、わからない所があったらバックアップサービスを使って質問することができるので、私はそれを活用し苦手を克服してきたのでおすすめです。

 そして、模試で良い判定が出なくても簡単に志望校を変えないことも大事です。実際、私は模試でC判定以上の判定をとったことがなく、何度も志望校を変えたほうがいいのかなと思うことがありました。でも、その時オープンキャンパスでもらったパンフレットや大学のホームページを見たりして、この大学に行くんだという強い気持ちを持ち、モチベーションを上げるようにしてきました。

 思うように成績が上がらない時も、東進でがんばっているほかの受験生と同じ空間で勉強することで気持ちの切り替えをし、努力し続けることができました。また、担任助手の方々に話を聞いてもらったりして、何度も励ましてもらいました。だらけてしまいがちな休日にも東進に通うことで、自然と意識が高まりました。

 東進は、わかりやすく面白い授業、高速基礎マスター講座、意識の高い仲間のいる空間、優しい先生や担任助手の方々といった勉強する環境が完璧にそろっています。がんばればがんばった分だけ必ず結果はついてきます。最後まで高い志を持ち続けてください。

首都大学東京
健康福祉学部
内田亜希さん
浜松学芸高等学校


浜松医科大学
医学部
小林実央さん
豊橋東高等学校

勉強はやった分だけ必ず報われます

南山大学
経営学部
篠田拓郎くん
小坂井高等学校

僕は高2の3月まで勉強を全くしておらず定期テストでは最下位に近く、模試では学年最下位をとったことも何度かありました。さすがにこれではまずいと思い、友達の勧めで東進に通うことに決めました。しかし、僕はバスケットボール部に所属しており、当時はまだ引退もしていなかったので、練習の後に東進にいくのはしんどいな、と思う日もありました。そんな中、できるだけ勉強に触れない日を作らないでおこうというに決めてがんばっていきました。

 昨日は勉強をたくさんやったから、今日は少なくていい、というやり方ではなく、一定にやり続けることが大事だと思います。ですが、息抜きもたまには必要で、息抜きがだらだらと長く続かなければ僕は全然ありだと思います。

 見栄を張って、最初から難しい問題集や参考書に手を出すのではなく、自分の実力を知り、自分の実力にあったものをひとつひとつ丁寧にやっていくのがいいと思います。

 東進の英語の高速基礎マスター講座はとてもお勧めで、発音もしてくれるので聴覚と視覚を使って覚えられます。さらに、携帯のアプリと連動しているので、手間も場所もとらずに手軽に勉強ができます。これのおかげでセンター試験の問一の問題はほとんど満点でした。

 最後に、これだけ勉強する機会はもう先にはめったにないので、あきらめず、粘り強く、がんばってください。勉強はやった分だけ必ず報われます。

椙山女学園大学
国際コミュニケーション学部
笹瀬晴子さん
小坂井高等学校


愛知工業大学
工学部
木藤博路さん
豊橋西高等学校

継続した高速基礎マスター講座が報われた瞬間

名古屋工業大学
工学部
羽佐田瑠真くん
豊橋東高等学校

僕は高校2年生の夏休み前に東進に入りました。それまでの勉強は学校の宿題がほとんどで、自主的な勉強はほとんどしていませんでしたが、東進に入り英単語センター1800や数学などの高速基礎マスター講座をやるようになって、自分の基礎力の低さを実感しました。それからは基礎力の向上を意識した勉強に変えるため、高速基礎マスター講座の徹底を心がけようと思い授業を進めるのと平行して高速基礎マスター講座を行いました。
 
 しかし、結果はすぐには出ず、高校2年の最後の模試でも学年80番くらいだったので、自分の目指す大学のレベルとの相違に焦りを感じていました。ただ、部活との両立も忙しい時期だったのでそのままの勉強スタイルを継続していました。

 ところが、部活引退後の最初の模試で英語と国語の点数が急上昇して学年で10位以内に入ることができました。夏休みの間は模試で特に点数が低かった理科の勉強に集中して東進の授業を進めました。特に苦手だった物理に関しては授業後と1週間後の2回復習を行いました。夏休み後の模試では物理の点数は上がりましたが、ずっとほったらかしにしていた世界史の点数が50点くらいで伸び悩み合計点が変化しないという状態が3ヶ月位続き、センター1ヶ月前になってしまいました。

 センター前1ヶ月は世界史に特化して勉強してセンターではギリギリ75点とることができました。センター後は名大志望でしたが名工大に照準を合わせて物理、数学の勉強だけ勉強して二次力をつけることを心がけました。二次では数学はあまりできませんでしたが、その分英語と物理で稼いで合格することができました。
 
 受験はいろいろ大変なことも多いと思いますが自分の目標をしっかり持って、諦めずに頑張ってください!応援しています!

愛知淑徳大学
心理学部
佐藤舞さん
豊橋南高等学校

やりたいことよりやるべきことを。

愛知教育大学
教育学部
波多野雄介くん
豊橋東高等学校

僕は高校受験が終わってすぐに東進に入りました。早い時期に入ったおかげで高速基礎マスター講座を早くから進められ、基礎が身に付きました。また、数学の授業をとっていたおかげで学校の授業が復習の時間に変わりとても効率よく勉強できていたと思います。1年のうちから東進にいったことで勉強の習慣を身に付けることができ、とてもよかったと思います。

 僕は運動部に所属していたので毎日練習があり、東進に入っていなかったら、家に帰ってすぐに寝てしまっていたと思います。しかし、僕には東進があったのでどんなに疲れていても塾へ行き、高速基礎マスター講座や授業を受けて帰るような良い習慣がついていました。2年生までには英語の高速基礎マスター講座が文法まで終わり、何度も繰り返しやり直していました。僕は理系選択でした。2年生までは定期テストの度に範囲のところを勉強するだけで本格的な受験勉強を開始はしていませんでした。やはり本格的な受験勉強を始めたのは部活の引退後でした。引退した後は学校の課外を受け、東進に行き授業を受けていました。勉強時間も大幅に増えました。

 3年になっておもにちからをいれて勉強したのは物理と化学と数学と英語です。2次試験で使うこともあり力をいれていました。しかし、今振り返ってみるとセンター試験では国語が200点分あるので古文単語のマスターや現代文の勉強をしておけばもっとセンター試験ができたのに、と思います。これから大学に行ったら身に付いた勉強習慣で自分の夢に向けて勉強していきます!

 最後に僕が伝えたいのは自分の目標からやるべきことを取捨選択していくことが大事だと言うことです。僕は学校の課外や授業などたくさんとりすぎてやりきれなかったという後悔があります。なので、これから受験勉強をしていく人には自分がやりたいことをすべてやるのではなく、やるべきことをじっくり選んでやりきるようにしてください!!応援しています。

愛知教育大学
教育学部
加藤菜那衣さん
時習館高等学校

東進で遂げた自らの成長

中京大学
法学部
大須賀あさみさん
蒲郡東高等学校

私は、東進に入るまでは、大学受験のことをそれほどしっかり考えていませんでした。しかし、東進に入ったことが自分の将来を考える良いきっかけになりました。私は、高校2年生の夏頃に東進に通い始めましたが、最初の頃は、自分から進んで勉強をしようとしていませんでした。

 高速基礎マスター講座をやるようになり、自分で目標を立てるなど自分で勉強に対しての計画が立てられるようになりました。私は英語がすごく苦手だったので英語の授業を徹底して行い、難しい文法や語句はしっかりチェックして授業が終わった後に何回も見直しました。単語や熟語は何回も繰り返し、しっかり習得することが大事なので受験の直前までしっかり見直しを行いました。

 また、世界史もなかなか思うように結果が上がらなかったのですが、教科書がボロボロになるまで何回も読み続けて、問題演習をしっかりやるようにした結果、センター試験で8割を取ることができました。

 模試の結果があまり上がらず、何度か諦めかけた時もありましたが、受験を終えて振り返ると最後まで諦めずにやってくることができてよかったなと思います。

 私は法学部に進んで国家公務員の資格を取りたいと思っているので、大学に入学したから終わりではなく新たなスタートだと思って、東進で学んだことを生かし、自分で進んで目標を立て、勉学に励んでいきたいと思います。
計画と基礎力をしっかりと

南山大学
人文学部
久保田美波さん
小坂井高等学校

私は高3の夏まで部活に所属していて、夏休み直前に友人に東進を勧められるまでは、大学受験を意識して勉強をしたことはほとんどありませんでした。気づけば周りの友達はみな、部活や授業の合間に単語帳を眺めたり参考書を開いたりしていて、やっと私も「時間がない」と自覚するようになり、東進への入学を決意しました。

 ゼロからスタートした私は、まず一日の計画を立てることから始めました。何時に起き何時に寝るのか、食事や風呂や通学にどれくらい時間を使うのか、そして余った時間を何の教科にどんな配分で使うのかなど、簡単に達成できるようなものではないけれども計画倒れにもならないようなものを目指しました。一日が終わったら振り返るといいと思います。そうすると、「通学のときは単語帳を見ることができるな」とか「寝る前にもう一度復習するようにしよう」などと、より自分に合った時間の使い方が見つかるからです。

 そしてもっと大事なことは、やはり基礎力です。私は英語しか講座を登録していなかったのですが、東進の高速基礎マスター講座の英単語、英熟語は毎日やりました。たまに基礎を抜かして他の勉強ばかりやり、覚えていたことを忘れてしまい焦ったときもありました。ですが、2月の試験の直前、前日までほぼ毎日続けたことによって、本番では長文も落ち着いて読み進めることができました。

 東進の講座なども、なるべく基礎をしっかりと定着させることから始めるといいと思います。私が受けた講座は、大岩秀樹先生の「新 難度別システム英語 文法編Ⅲ」でした。志望校のレベルを考えて文法編Ⅳと迷ったのですが、当時の私の英語の成績がかなり悪かったので、基礎力の定着を目指してこのレベルを選びました。受講が終わった後は、ひたすらこの講座の復習や同レベルの問題集を解きました。すると、最初は模試でも50点しか取ることができなかった私が、センター試験本番では150点も取れるほど英語ができるようになっていました。

 東進では、担任や担任助手の先生方がよく声をかけてくださり、勉強面でのアドバイスや、時には雑談などをしてくださいました。そのおかげで、比較的リラックスして勉強に取り組むことができました。最後までバックアップをしてくださった先生方には、本当に感謝しています。

 今後は、自分の好きな本に携われる職を目指して、大学で勉強をしていきたいです。
東進で遂げた圧倒的な成長!

信州大学
工学部
鈴木嵩人さん
豊橋西高等学校

私は、中学生のころはとても不真面目で内申点もとても口にできるようなものでないくらいでした。迷わず偏差値の低い公立高校に入学し「勉強が何の役に立つんだ」とずっと思っていました。

 東進に入ってから私はすぐに変わりました。2年最初の定期テストで学年1位を取ったのです。もちろんレベルが高い高校ではないですから、他の高校の生徒からしたら鼻で笑う程度でしょう。ですがそのことが私の勉強の見方をひっくり返し、受験のやる気に火をつけてくれました。そして1年間がんばった結果3年最初の模試からC判定が取れるようになりました。

 ところが夏休み明けの東進模試の不出来さに私のメンタルはズタボロになりました。夏休みがんばってきた分その辛さは絶大なものでした。それから東進にあまり行かなくなり、模試も怖くて受けられなくなりました。今考えると自分は弱かったと思います。

 そして11月の学校の模試でB判定を取った時に、担任からセンター利用推薦の話を聞きました。私はこんなお手軽な方法があるのかと驚くと同時に、これなら絶対いけると思いました。そして私は一般入試を諦める覚悟で指定科目の3教科だけに勉強を絞りました。これが合格の一番の要因だと思います。

 後輩の皆さんに伝えたいのは情報が努力より強いことがあるということです。是非色々な事を調べあさってください。必ず何か見えてくるはずです。

 最後に、私のように成り上がりたい方。東進は最適です。高校なんて気にせずがんばってください。

関西外国語大学
外国語学部
柳澤直輝さん
小坂井高等学校


山梨大学
教育学部
斉藤智子さん
蒲郡東高等学校

東進で伸びた数学

富山大学
工学部
内藤将平くん
小坂井高等学校

僕がこの塾に入って最も成績が伸びたと思う科目は数学です。僕はもともと数学があまり得意ではありませんでした。特に数学のII・Bはかなりひどいものだったと思います。しかしながら東進の数学の講座はとても分かりやすくて、なおかついくつか問題もついてくるのでとても良いものでした。また数学の終了判定テストは問題が何種類かあるので、一回だけではなく何回も受けることができました、それによってはじめはとても苦手としていた数学でしたが、かなり得意な科目となりました。僕の受かった学科の試験では数学の配点が非常に高く、この試験に受かったのは正直東進での数学の講座のおかげでもあると思います。

 また僕は英語の単語の暗記では高速基礎マスター講座を使って、ただ見て覚えるのではなく、いらなくなったプリントに書いて家に持ち帰って音読したりして覚えました。高速基礎マスターは、発音も聞くことができるので発音問題の勉強も同時に行うことができます。

 このように東進には、さまざまないい教材などがあるのでこれをただやるのではなくいろいろと工夫して勉強するととても覚えやすくなるので、いろいろと試して自分の覚えやすいように工夫するするといいと思います。大学受験は正直言って高校受験よりもはるかにつらいし期間も長いので心が折れそうになったことも何回かありましたが終わってみると結構よかったものだと自分は思っています。これから受験生となる方々は頑張って勉強して自分の望んでいる第一志望の大学に行けられるように頑張って努力してください。
東進なら、自分のペースにあった計画を立てられます。

明治学院大学
経済学部
渡邊敬太くん
小坂井高等学校

私が東進に入ったきっかけは、部活を引退したあと受験勉強へと切り替えなければならないと感じていた時に、友達に勧められたことです。

 他の人よりもスタートが遅かったので、志望校と当時の学力との差がかなりありましたが、高速基礎マスター講座で基礎を素早く固めることで、授業も効率よく受けることができ、成績もだんだんと上がっていきました。

 東進の一番の良いところは、自分のペースにあった計画を立てられるところです。自分がもっとこれをやりたい、これはあまりやらなくてもいいだろうといったことを自由に決めることができるので、苦手な分野だけ講座をとって補ったりできたのは東進ならではだと思います。

 私が一番辛かったことは、英語がなかなか伸びなかったことです。受験勉強を始めた時から苦手な英語を重点的に勉強していたのですが、なかなか点数が上がりませんでした。そこで「安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語」の講座を取りました。安河内先生の講座は、長文の構造がわかりやすくなり、安河内先生が選んだ話の内容も面白いので英語が楽しくなります。また、一読入魂プラクティスもリスニング対策にとても効果的です。

 私立受験をするにあたり、一番大切なことはその大学の過去問を徹底的に研究することです。私は過去問を12回分取り寄せ、それをすべて2周解きました。そして英作文への対策のために2〜3日に一度添削をしてもらうなど徹底的に対策をしていきました。私立大学はその大学特有の問題への対処や傾向をつかむことが大事になると思います。

 最後に後輩の皆様へ、受験勉強をしていて辛い時や伸びなくて悩んでしまう時もあると思いますが、一生懸命努力をしている人にはかならず良い結果が訪れるので、最後の最後まで気を抜かずに、あきらめないで勉強を続けてください。

校舎の天気

豊橋駅前校の天気情報

<今日の天気>

雨のち晴時々曇
最高 / 最低
22℃ / 14
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 50% 10% 10% 20%

<明日の天気>

最高 / 最低
24℃ / 13
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 10% 10% 10% 10%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。