東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

Q1.東進は他の予備校や塾とどこが違うの?

予備校探しをしています。東進には林先生がいることは知っていますが、他の予備校や塾との違いがよくわかりません。どこが違うのでしょうか?

A1.“現役”合格実績が決定的に違います。東進の合格実績は他の大手予備校と異なり浪人生を含んでいません。東進の難関大現役合格実績は日本一だと自負しています。

東進と他予備校の一番の違いは、難関大の“現役”合格実績です。
東大をはじめ、旧七帝大、各都道府県を代表する国立大学、医学部、早慶上智など難関私大における現役合格実績は、ダントツのNo.1であると自負しています。

東進の合格実績は現役生のみ。対して他大手予備校の合格実績は、現役生と浪人生の合計数が示されています。「○○大学1000名合格」とあっても、そのほとんどが浪人生ということも。さらには短期の講習生も含まれています。高校生ならばやはり「現役のみ」で、しかもちゃんと通った生徒だけの合格実績が知りたいですよね。 だから東進の合格実績は、「現役のみ」「講習生を含まない」という厳格なルールなのです。

Q1-2.では、東進の現役合格実績が日本一なのはなぜ?

A1-2.授業や模試を提供するだけでなく、「学力を伸ばすシステム」があるからです。

画像の説明を記載

東進は全国に約1,100校舎、約12万人という日本で一番多くの高校生が通っている予備校です。これまで100万人を超える生徒の学習情報・受験情報を元に、「学力を伸ばす」「志望校に現役合格する」システムを年々進化させてきました。

画像の説明を記載

①講師が違う!
現代文の林先生はもちろんですが、東進の講師は、日本全国から選りすぐった実力講師陣。多くの塾・予備校で「講師がすごい」と言われていますが、その違いは受けなければわかりません。東進の授業を受けずに、予備校を決めるべからず。全国の高校生をうならせた授業を、ぜひ体験してください。

②いつでもどこでも自分のスケジュールや目的に合わせて授業が受けられる
部活で遅れてしまったり、学校行事で予備校を休んでしまっても東進なら大丈夫。また、自分の目的やスケジュールに合わせた受け方ができるので、例えば苦手科目を短期間で克服したい場合、基礎の授業1年分を集中して1ヵ月で受講し一気に苦手を克服することができます。これは教室の一斉授業ではできないことですね。

③授業の他に、基礎のマスターから志望校対策まで学力を伸ばすシステムがあります
東進では授業だけでなく、全教科の基礎・基本を効率的にトレーニングでき、短期間でマスターできるシステムがあります。だから、学力に自信がない生徒でも、スムーズにスタートすることができます。また、高3の秋以降に徹底的な志望校対策を行います。記述・論述問題については、各科目のスペシャリストが採点・添削します。独学ではわからないところもしっかりと把握することができます。同じ問題でなんと3回まで再添削を実施するなど、ここまで徹底した志望校対策は東進だけです。

④学力とやる気を伸ばす総合的な指導!
さらに他の予備校と違うのは、学力とやる気の両方を伸ばす仕組みや環境を整えていること。担任・担任助手による熱誠指導、切磋琢磨できるグループ仲間の存在など、総合的な学習指導を行っています。志望校現役合格に必要な全ての指導をトータルで提供する予備校です。

ココにも注目! 「東進と他の映像授業の塾との違い」
校舎でも自宅でも受けられる!
東進の授業は校舎だけではなく、自宅のパソコンやスマホでも授業を受講が可能です。他の映像授業の予備校は自宅やスマホでは受講を制限されているため、これも東進との大きな違いです。集中できる校舎での受講に加えて、通学前、通学時間、休み時間、寝る前などのスキマ時間を有効活用できます。

※東進ネットワーク(東進ハイスクール・東進衛星予備校・東進東大特進コース・早稲田塾)の合同実績です。
※東大をはじめ、旧七帝大、各都道府県を代表する国立大学、医学部、早慶上智など難関私大における東進の現役合格実績はホームページ・パンフレット等で公表している予備校の中で最大。(東進調べ)
 

        

もっと見る

Q2.予備校の合格実績はいい加減と聞きましたが、東進は大丈夫?

各予備校が発表している東大合格者の数を足すと、東大全体の合格者数を超えてしまうのはおかしいのでは? 授業を1回受けただけの生徒もカウントしているのですか?

A2.東進の合格実績は、予備校の中で最も「厳格」で「明確」。
現役高校生に一番わかりやすい基準です。

①現役生のみで、高卒生は含みません。
部活や高校生活と両立しながら合格をめざす高校生と、1年間受験勉強に専念できる高卒生では、勉強の仕方は異なります。他の予備校は現役生と高卒生を区別せずに合格数を公表していますが、東進では「現役生のみ」という、高校生にわかりやすい基準です。ちなみに全国の医学部・医学科では合格者の6割以上が浪人生です。

②講習生を含みません。
十分な学習をした生徒のみの集計です。

東進に入学して、通期講座1講座相当以上を受講した生徒のみを集計の対象としています。例えばある生徒が東大に合格しても、東進での受講回数が通期講座1講座分に1回でも足りなければ、東進で十分な学習をしていないとみなし、合格者にカウントしていません。

画像の説明を記載

各予備校の東大合格者の数を足すと東大全体の合格者数を超えてしまう最大の要因は、講習生を実績とカウントしている予備校があるからです。しかし、「5回の講習会を受けただけ」「入学したけど1回授業を受けただけ…」という生徒は、その予備校の生徒と言えるでしょうか?

東進では合格実績は正しくフェアに出したいという思いから、あえて厳しい基準を作って、それに則った合格実績を公表しています。 資料① 合格実績の対象の比較 資料② 合格実績にカウントする対象や発表時期の比較

画像の説明を記載 画像の説明を記載

3月31日が最終締切の理由
※東進は合格が判明した東進生が、ゾクゾクと校舎に報告してくれる伝統ができています。
そのため、東進では合格発表の翌日から速報として合格実績を公表します。
合格実績は3/31までに報告があった人数を最終実績とし、4月以降に判明しても合格者にはカウントしません。
なぜなら、4月以降に合格を報告する生徒は、東進への信頼が高くないということだからです。
早期に集計して公表する。そこが東進と、夏以降に合格実績を発表する多くの予備校との違いです。

もっと見る

Q3.東進には「過去問演習講座」があると聞きましたが、本当に必要なの?

過去問は、勉強してある程度問題が解けるようになってから、入試直前にひとりでやるものだと思ってました。東進では「過去問演習講座」があると聞きましたが、わざわざ予備校でやるものなのでしょうか。

A3.過去問は志望校合格の道しるべ。過去問演習なくして合格なしと言えるほど重要です。特に記述・論述問題の独学はきわめて困難。
だからこそ、東進では丁寧な採点・添削を、同じ問題について3回まで行うなど、他の予備校ではありえないくらいに徹底的です。

「過去問演習は入試直前にやるもの」「過去問は二度と出ないからやっても意味がない」……よく聞く言葉ですが、大きな間違いです。

近年、大学では過去問の再利用が増加しています。また、全く同じではないが一度解いておけば簡単に解ける類題も、多数出題されています。そして何よりも、まずは実際の入試問題を知らずして戦うことはできません。過去問はできるだけ早くから取り組み、繰り返し解いておく必要があります。

画像の説明を記載

東進では、遅くとも高3の夏までに入試出題範囲を一通り終わらせ、秋以降は徹底的な志望校対策を行います。志望校対策の中心である「過去問演習講座」では、センター対策、国公立二次・私大対策、いずれも10年分の過去問を徹底的にやりきります。東進の実力講師陣による圧倒的に分かりやすい解説授業はもちろん、一人では採点しにくい記述・論述問題については、君が作成した答案を、各科目のスペシャリストが、採点・添削。2,500名もの添削者が採点・添削を行っています。どこで部分点が取れるのか、なぜ減点されるのかなど、独学ではわからないところをしっかりと把握することができます。

さらに、一度返却された答案をもとに、もう一度答案を作成し「完全答案」を目指します。東進では同じ問題でなんと3回まで添削を実施します。ここまで徹底した過去問演習は東進だけです。

もっと見る

Q4.近くにある小さい校舎より、遠くても大きい校舎の方がいい?

家の近くに東進の校舎があるのですが、少し離れた駅前にある東進や、他の大手予備校の校舎と比べて
小さいようです。多少遠くてもやはり大きな校舎の方がいいのでしょうか?

A4.東進には小ぶりの校舎もありますが、校舎の大小は指導内容に全く関係
ありません。東進は「近さ優先」で小さな校舎をたくさん作り、高校生が
通いやすくしました。

かつての予備校は、ターミナル駅に大きな校舎を構えるというスタイルでした。それは浪人生のための、教室一斉授業予備校だったからです。教室授業は1つの校舎にたくさんの生徒が集まらなければクラス分けができないため、大型校舎を構えていました。東進もかつてはそうでした。しかし、高校生を対象とする予備校は考え方が異なります。

画像の説明を記載

予備校選びの決め手は「家からの近さ」「通塾時間の短さ」
高校生にとって通塾時間は非常に大きな要素です。予備校に通うのに片道1時間かかるとすると、年間300日通った場合、1年間で600時間、3年間では模試なども入れれば2,000時間近くなります。難関大現役合格者の、高校3年間の総学習時間(学校以外)が4,093時間(東進タイムズ調べ)ですから、通塾時間2,000時間というのがいかに大変なロスなのかがわかります。

それだけ机に向かっている時間の差があったら、大学受験においては決定的な差になります。東進は、「近さ優先」で各地域に小さな校舎をたくさん配置することにより、高校生の通塾時間を極力減らしました。自宅から近く、学校帰りに通えます。 わかりやすい授業に加え、早戻ししてもう一度聞いたり、一時停止を使ってじっくり考えたり…。自分のペースで学習できるので、「苦手」のタネを作らず、効果的に学べます。

しかも東進は、ITを活用した授業スタイルのため、どの校舎に行っても最高レベルの授業を受講できます。教室一斉授業の予備校の場合は、小さな校舎にするとレベルによるクラス分けができなかったり、選択科目が設置されなかったり、良い講師が来なかったりと、質の低下を招いてしまいますが、東進にはその心配はありません。

また、一つひとつの校舎のサイズは小さくても、東進は日本最大数の高校生が通っている予備校ですので、その膨大なデータを活用したノウハウを全校で共有しています。科学的根拠と過去の経験に基づく確かな指導を、全ての校舎で実施しています。地元密着の校舎ならではのアットホームな雰囲気で、校舎スタッフとの距離が近いのが特長です。

もっと見る

Q5.志望校のレベルがけっこう高いんですけど浪人したくありません。受験勉強っていつから始めれば現役で受かるんですか?

私の志望校、高校の先輩は去年現役で3人しか受かっていなくて、けっこうレベルが高いです。でも絶対現役で行きたいので、いつから何を始めれば良いか教えてください!!!

A5.難関大現役合格者の7割以上が高2までに受験勉強を開始しています。スタートは早ければ早いに越したことはありません。難関大現役合格のポイントは時間×効率です。

画像の説明を記載

センター試験本番の1年前に英語は8割目標
本番の1年前(高1生なら2年前)に、センター試験と同じ問題を解く「センター試験同日体験受験」。さて難関大の現役合格者は高2・1月の時点でどのくらいの点数を取っていたのでしょうか。東大現役合格者の平均点は170.9点(得点率85.5%)、難関国立大が141.6点(70.8%)、早慶上智が147.9点(74.0%)と、センター本番の受験生平均点125.3点(62.7%)をこの時点で大きく上回っています。1年前に8割の得点を取ることが難関大現役合格の一つの目安です。このことを念頭において受験勉強をスタートさせましょう。
※難関国立大:東大を除く旧七帝大(京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東京工業大、一橋大、東京医科歯科大)と全国の国公立医学部医学科

画像の説明を記載 高3スタートは受験まで残り10カ月を切っている!
新高3生はすでにセンター試験まで10カ月を切っています。今すぐ始めて夏前までに入試範囲を一通り学習することが大切です。「でも部活があるから」そんな声が聞こえてきそうですが、難関大現役合格者の8割以上が部活生。しかも6割以上が高3まで部活を続けていました。その多くは部活引退前に受験勉強をスタート。そんな部活生の強い味方が東進の高速学習です。自分のスケジュールに合わせ部活と両立。遅れている人も限られた時間で効率的に集中学習し一気に遅れを取り戻すことが可能です。

高1生は大学入学共通テスト1期生。英語4技能と数学は高1のうちから始めよう。
2020年度より新テストが実施されます。高1生はどんな問題になるのか不安を抱いているかもしれません。英語は4技能入試が本格化。語学の修得にはやはり時間がかかりますので、ぜひ高1のうちから始めましょう。東進では高1生向けの4技能対策講座を開講。最先端のシステムで特に日本人の苦手なスピーキングとライティングの力を飛躍的に伸ばします。また文系・理系にかかわらず数学は早めに取りかかることをお勧めします。

もっと見る