東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  倉敷駅前校

東進衛星予備校
倉敷駅前校 校舎案内

住所

〒710-0055 岡山県 倉敷市 阿知1-7-2くらしきシティプラザ西ビル212
  • TOP

  • 実施要項

  • 特典

  • 魅力


※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

アクセス

倉敷駅前校でのお申し込みはこちら!

いつでも君にピッタリな
実力講師陣の授業を体験できます

詳しい資料をお送りいたします。
気軽にご請求ください。

合格実績をもっと見る  ▼

合格した先輩たちの体験記(倉敷駅前校)

1つのことをやり抜く大切さ

京都大学
経済学部
小林永典くん
金光学園高等学校

約2年間東進に通って学んだことは、1つのことをやり抜く大切さです。東進には様々な講座があり、その1つ1つが学力を伸ばすために有効なものになっています。しかし、講座をたくさん受ければ成績が伸びるわけではありません。1つの講座を自分の血肉となるまで繰り返して初めて本番で発揮される実力になります。つまり、受験において復習は最も重要だということです。

僕は志田先生の京大対策文系数学という講座を何度も繰り返し解きなおして数学力の向上だけでなく全教科で必要になる論理的思考力を養うことができました。

今後、受験生になる皆さんに知っておいてほしいことは本番の怖さです。僕は普段は緊張をあまりしないタイプなのですが、試験当日は周りの受験生が異常に賢く見えるし、普段は簡単に解ける問題が解けなくなったりします。つまり、皆さんが日常的な勉強の中では時間をかければ解けるような問題は本番では解けなくなる可能性が高いということです。なので、特に数学は多くの問題に取り組むのも重要ですが、同時に確実にできる問題を増やしてください。

最後に、皆さんはこれから様々な困難にぶつかることになります。成績が伸び悩んだり、ライバルに追いつけなかったり、色々な経験をします。その時は、常に自分を信じて前に進む努力をしてください。悩んでいてもそこで解決策は出てきません。愚直に努力をし続けた人だけが合格を勝ち取れます。皆さんが笑顔で春を迎えられることを祈っています。
合格するために

京都大学
工学部
帰山尚己くん
岡山白陵高等学校

東進に通い始めたのは、高3の5月でした。それまでの自分は勉強しなければ、と思いながらも、勉強するの億劫だなと思って、いつも遊んでばかりでした。僕は家では勉強が一切できなくて、無意識に家をオフの場所にしてしまっていて、外で勉強する場所が必要だと考え、東進に入りました。それで勉強し始めたら、2か月で急激に学力があがり、驚きました。このことから、勉強をまだ始めていない高3の人でもまだ間に合う可能性があるということです。「諦めてしまうのは簡単」とはよく言いますが、その通りだと思います。たとえ誰になんと言われても、それを気にせず、勉強し続けることがとても大事です。そうすれば全国偏差値では上がらなくても、最低でも点数は確実に上がっていくはずです。

また、成績が伸び悩んだときは、なぜ成績が上がらないのかを客観的にとらえることが大切です。では何をするべきか、得点計画を作ることです。つまり、目標の点数の把握とその点数から何点足りないかを計算していくということです。不得意な教科を克服する、あるいは得意にする、また嫌いな教科を勉強することは大変ですし、損をするかもしれません。入試というのはその教科がどれだけできるかだけで決まるわけではなく、その大学のその学部がそれぞれの教科をどういう配点で課したうえで、その合計点の高い人順から合格させています。ということは、苦手教科の点数が悪かったとしても、得意教科で挽回するという戦略でも合格できるということです。したがって、そういったことを加味して得点計画をたてて、それに近づけるためにはどの教科にどれだけの勉強量を割けばいいのかということを考えて、実践し続けてください。そうすれば、絶対に合格に近づくことができます。

後輩の皆さんが行きたい大学にいけることを願い、そして応援しております。
努力したことは無駄にはならない

京都大学
法学部
品川陽太朗くん
金光学園高等学校

東進に入学したのは高校1年生の冬でしたが、東進で勉強を始めた初日から受験を間近に控えた先輩方の気迫に僕は驚かされると同時に触発されて、僕も人を驚かせるほど勉強しようと決心しました。

東進に入学してしばらくすると、グループ・ミーティングなどの影響で学校に関わらず友達ができ始めて勉強以外のことも学ぶことが出来たように思えます。

入試本番の前や合否発表の前は今まで僕がしてきた努力を思い返すと自信が持て、思っていたより落ち着いていられました。しかしそれでも合格発表の前は緊張し、自分の受験番号を見つけたときはどちらかというと安心した気分になり、後から喜びがこみあげてきました。また、家族や学校の先生など身の回りの人たちが自分のことのように喜んでくれているのを見ると、私のしてきたことは決して無駄なことではなかったのだと改めて確認することが出来ました。

後輩の皆さんも、これは僕も以前そうだったのですが、受験のイメージがあまりつかめていなく、漠然と勉強している人もいるかもしれません。ですが、何か努力しているとそれは無駄にはならず何かするうえで役に立つと思います。これは受験勉強だけではなく何につけても言えることだと思いますので一生に一度の高校生活をしっかりと楽しんでほしいと思います。

今後僕は法学部に進みますが、将来の夢としてはっきりとしたものは決まっていません。しかし大学生活の中で興味のある法学を学んで、色々なことに興味をもって挑戦し、満足のいく人生を歩んでいきたいと思います。
自分の進度に合わせて講座を選べる東進を選びました

慶應義塾大学
商学部
榊原一成くん
広島大学附属福山高等学校

私が東進衛星予備校に通い始めたのは高校二年生の秋とずいぶん遅い時期でした。他の予備校ではそれぞれの進度があり当時あまり勉強をしていなかった私にはそれらの予備校は不適でしたが東進は自分の進度に合わせて講座をとることができたので東進に通うことを決めました。

東進は自習室が充実しており東進に来るといやでも勉強をする気持ちになれるのがとてもよく勉強する癖のついていなかった僕でも勉強時間を何とか確保することが出来ました。また東進では現役の大学生が担任助手をしており大学生に大学生活がどんなものか聞けて大学というものを身近に感じることができそれによってモチベーションを保つことが出来ました。結果としては第一志望である東京大学に合格することはできませんでしたが東進の授業を生かしてセンター試験や私立大学受験で結果が残せたことには満足しています。

将来の夢はまだはっきりとは決まっていませんが大学生活を送る中でいろいろなものや人と触れ合う中で自分の興味のあるものを探していこうと思います。後輩の皆さんはぜひ東進の自習室を活用して自分で勉強法を考えて第一志望合格をつかみ取ってください。最後になりましたが東進衛星予備校の先生方本当にありがとうございました。
できないことをできるようにする

早稲田大学
政治経済学部
増田祐貴くん
広島大学附属福山高等学校

受験勉強とは何でしょうか。僕は、「できないことをできるようにする」ことに尽きると思っています。英単語の暗記、数学の典型問題の演習、社会の論述などすべてのことに共通していることです。すべての勉強は、できることを広げていくための作業に過ぎないとまで僕は考えています。このことは皆さん納得していただけると思いますので、このことを念頭において以下を読んでください。

まず第一に、「質と量を区別する」勉強はしてほしくないです。だらだらしながらある程度の量をこなすだけの勉強に効果がないとは言いません。それでもある程度成績は伸びるでしょうが、あまり効果は見込めません。それよりは、30分でもいいので、今自分ができないことを意識しながら、その点を理解しようと取り組む勉強のほうがよっぽど効果があると思います。また、実体験からもそのほうが定着しやすいです。しかし、一般的には、前半の勉強を量、後半の勉強を質として、時期によって量から質へと切り替えていく勉強が良いとされています。それを否定はしませんが、勉強の基本を「できないことをできるようにする」ことだとするならば、いつ何時も質中心の勉強をするべきです。もちろん量をこなすことも大事ですし欠かせませんが、そればかりに囚われないでください。

次に、常に本番を見据えた勉強をしてください。入試において必要な科目、必要な範囲は人それぞれです。それを念頭に置いて、入試においてここまでできるようになればいいということを考え、それに向けた最短経路の勉強をすることが、必勝法の1つではないかと思います。しかし、このような勉強が完成することはありません。勉強をすればするほどできないことというのは生まれてきます。そう考えると、本番を意識していない勉強というのが無駄なもののように思えてきます。学校の授業でも、東進の授業でも、自学においても、常に本番に必要なことを意識しながら勉強してください。そのことの積み重ねが、合格につながってくるのだと思います。

さらに、東進の環境をうまく「利用」してください。「活用」ではないです、「利用」してください。「活用」という言葉には、自分で何か工夫して、より良いものにするというニュアンスが含まれています。でも僕が思うに、東進の勉強環境・システムは、自分で何か工夫する必要がないほど整いすぎています。だから何か工夫しようとする必要はありません、東進に全部乗っかってください。その意味での「利用」です。東進の環境で、システムに従って勉強していけばきっと自分に必要なだけ成績は伸びます。是非皆さん、東進を「利用」してください。

最後に、受験勉強は「できないことをできるようにする」ことに尽きるともう一度強調しておきます。是非このことを念頭に置いたうえで、第一志望校の合格をつかみ取ってください。
最後まで自分を信じること

上智大学
文学部
片岡菜々子さん
岡山高等学校

東進の担任助手の方々には、とてもお世話になりました。模試後の面談では今後何をすればいいかなどの的確なアドバイスをもらうことができました。また、担任助手の方から大学での話を聞くことで、学部や学科を決める際の参考になりました。

グループ・ミーティングで他の人の勉強方法を聞いたり、みんなで目標を決めてがんばることも出来ました。それだけでなく、ホームルームは先輩の経験談などを聞くことができるので、とても役に立ちました。
 
私は公募推薦で大学に合格したので、推薦がもらえる機会があれば是非活用してほしいと思います。しかし、レポートや志望理由書の作成、試験科目や面接の練習などに、とても時間がかかりました。またセンター試験などの勉強も平行してしなければならないので、大変です。推薦入試後の切り替えも必要なので、早めの決断がとても大切です。

東進の講座に関しては、遅れていたり、予定とほとんど同じペースで進んでいると、最後のほうで焦って適当に受けてしまうことがあるので、予定より早く進める方がいいと思います。
 
大学ではドイツの演劇も学ぶことが出来るので、将来は学んだことを活かしてドイツなどの海外の演劇に関わる職業に就きたいと思っています。この目標にたどり着くまで、自分の勉強してきたことは間違っていたのではないかと何度も思いましたが、やはり、無駄な努力はなかったと今振り返れば思います。最後まで自分を信じて目標に向かって突き進んでください。
「東進で勉強」が習慣化

関西学院大学
総合政策学部
白髪里佳さん
岡山高等学校

東進に行き始めた頃、入るのが遅かったというのもあり、周りの人皆自分より頭がよく見えて怖かったのと同時に「頑張らなければ」という気持ちになりました。今まで感じたことのない勉強の雰囲気に鼓舞されているようでした。

映像授業は面白い先生方がわかりやすく教えてくださるので、毎回楽しみでした。学校のテストや模試はどんどん成績が上がっていくのが目に見えてとても嬉しかったです。勉強の楽しさを知ってさらに頑張ろうと気になりました。

毎日閉校時間まで東進、というのが習慣付いてくると自信が持てるようになりました。私としては勉強の量はとても大事だと思います。やる気が出ない時でも勉強をする格好をしておけば、自然と勉強する体になります。だから、少しでも時間があるなら東進に行くのが最良の時間の使い方です。東進に行けば勉強しているのは自分だけじゃないので共に頑張れます。

ホームルームでは毎回焦りを感じていたけど、とてもいい刺激になりました。先輩方の体験談や入試に関しての情報なども知ることができてとても助かりました。

一生のうちに、こんなに勉強することがもうないかもしれないこの期間はいい思い出です。大学でも自分の勉強したいことに一生懸命頑張ります。
ひとまわりもふたまわりも成長

関西大学
外国語学部
若狭ひとみさん
金光学園高等学校

私にとって受験は自分を大きく成長させてくれたいい機会でした。長いようで短い受験期間を終えて振り返ってみると、東進に入学した当時よりひとまわりもふたまわりも成長した自分がいました。スタートからゴールまでの道のりは決して容易ではなく、諦めそうになったり、誘惑に負けそうになったりしました。模試の成績も順調に上がっていくばかりでなく停滞したり下がるときもありました。しかし最後まであきらめない姿勢や絶対に関西大学に合格するんだという気持ちが、最終的には合格に結びついたのではないか、と思います。

今の私があるのは、自分の努力でもあり、東進のおかげでもあります。いつも中途半端でとてもいい成績とは言えない成績しか取れていなかった私が、両親の勧めもあり東進に通い始めたのは高2の夏でした。最初は受講や高速マスターを進めたら帰宅していましたが、だんだん受験が迫ってくるにつれて東進で学習する時間が増えていきました。時間は要じゃないと世の中には言う人もいますが、それが当てはまるのは高3の夏もしくはセンターを過ぎてからだと私は思います。だから後輩の皆さんにはどんどん学習する時間を増やしていってほしいなと思います。勉強嫌いだった私も東進に通うことで、勉強するというクセをつけていきました。また東進は行こうと思えば毎日通えるので、できるだけ通うことをおすすめします。私が東進に継続して通えたのは授業の分かりやすさや面白さにもあると思います。基本があやふやでもしっかりと固めることができるし、わからないところは何度も巻き戻して理解できるまで受講できます。また一風変わった先生が多いので、興味をそそられることもしばしばありました。受講中何度も眠たくなるときもありましたが、集中して聴くことを心がけていました。板書はもちろん、先生が口頭で言っていた重要なところもメモするようにしていました。

東進には多くの学習ツールがありますが、とくに役立ったのは高速マスター講座です。英語では圧倒的に語彙力が増えて、自信につながりましたし、苦手だった日本史、古文の知識もどんどん得ることができました。自分のペースで進めることができるし、完全習得した後も復習できるので、私は結構時間をかけて高速マスターに取り組んでいました。(センターが終わっても毎日高速マスター講座を行っていて知識の漏れを防いでいました。)

他にも思い出がありますが、東進に通うことができて本当に良かったです。通わせてくれた両親はもちろん、頑張れと背中を押してくれた先生方には本当に感謝です。ありがとうございました!
最後まであきらめないことが自信になる

立命館大学
総合心理学部
藤澤昇生くん
金光学園高等学校

東進に入るまであまり勉強というものをしてこなかったので、大学の受験勉強をやっていけるのかとても不安でした。しかし、東進に入ると勉強する環境が整っており、集中して取り組むことができました。そして、勉強するってこういうことなんだなと、気づくことができました。

東進の授業はわかりやすく、受講することは好きでした。しかし、授業を受けるばかりでその後の復習は正直あまりしていませんでした。すると、やはり模試やテストなどで、一度理解したはずの問題ができないということが増えてきました。そのことに気づいた高3の夏、それまでの全てのことを復習しなおすのはとても大変でした。後輩の皆さんは、一度理解したことは失わぬよう、復習の時間は大事にしてほしいと思います。特に高速マスター講座は手軽に復習できるのでおすすめです。

センター試験本番レベル模試は、現在の自分のレベルを知れるいい機会だと思います。最初のうちは難しくて大変だと思いますが、返ってくる結果を直視してぜひそこからの成績を上げる糧としてください。

僕は、12月の最後の模試まで第一志望はC判定すら取ったことはありませんでしたが、そんなことは気にせず東進に来て勉強し続けたことで第一志望に合格することができました。なので、模試がどんな結果でも最後の最後まで諦めないでください。そうすることでそれが自信にもなり、試験会場でも臆することなくテストに望むことができると思います。
どんな問題が出ても点を取れるような勉強をしてほしい

神戸大学
経営学部
秋山尚輝くん
倉敷青陵高等学校

僕は高校3年生の6月に倉敷東進衛星予備校に入りました。6月のマーク模試や7月の記述模試ではとても悪い成績を出し、このままではマズイという状態から始まった受験シーズンでしたが、なんとか志望校に合格することが出来ました。そこで、いま東進での日々を振り返って、これをしていて良かったなと思えることやこれはするべきではなかったなと思うことを紹介していこうと思います。

まず、していて良かったとおもうことは、センター試験と二次試験の徹底した過去問演習です。特に僕はセンター試験の過去問演習を頑張りました。センター試験は基本的な問題と基本+αの問題しか出さないため科目によっては似たような問題が出題されることはよくあります。よって、センター試験過去問十年分を完璧に演習する事を勧めたいです。

次に、僕が後悔していることは、ブース内でたまにウトウトし、眠くなっていたていたことです。僕は高校1年生の時から、夜の2時ごろまで勉強して朝遅く起きるという習慣が身についており、3年生になってもその習慣はなおりませんでした。そのため夕方ごろに東進で眠くなるという事態が頻発していた時期がありました。しかし東進のブースは静かで快適な空間なので後輩の皆さんは朝方の生活を送って眠らないようにしてほしいです。

最後に後輩の皆さんにメッセージを送りたいと思います。受験は一発勝負です。過去の模試の成績や学校のテストの結果は合否に直接影響するわけではありません。つまり、一人一人の能力を平等に評価してもらえないわけです。したがって、どんな問題が出ても点をもぎ取って合格を勝ち取るような勉強をしてもらいたいと思います。
苦手科目はセンター試験直前まで克服するチャンスがある

山口大学
教育学部
松井浩輔くん
倉敷青陵高等学校

私は東進に入るまではっきり言って勉強を全くしてきませんでした。高校受験もなんとかなったし大丈夫だろうという甘い考えで高校に入り、毎日勉強もせず適当に生活し、気づけば学年最低点を取ることもあるレベルまで落ちていきました。そんな状態で高3になり、一回目の学校の面談でこのままでは行ける学校無いよと担任の先生から言われたときになって初めて今の自分の危険度がわかり、6月に東進に入りました。

東進に入ってからは学校が近かったこともあり、毎日学校帰りに友達と東進に通い、少しずつ遅れを取り戻していきました。集中力の続かない自分が勉強出来るのかと思っていましたが、安河内先生をはじめ、様々な先生の勉強だけじゃない、興味を惹かれる話の上手く絡まった授業に夢中になり、時間はあっという間に過ぎていきました。3年間サボったツケは大きく、数学2Bや英語の文法は完璧に出来ませんでしたが、東進での勉強のお陰で山口大学に合格することが出来ました。

後輩の皆さんは自分のようにならないよう、復習だけでもしっかりしましょう。苦手科目はセンター試験直前まで克服するチャンスはあります。私はセンター前日に友達に教えてもらったおかげで数学は入試の武器になりました。自分一人で分からなかったら友達や、担当助手の先生を頼ってください、きっと力になってくれると思います。

私はこれから大学で教育について学び、学校の先生になろうと思っています。自分もいつか、東進の先生方のような生徒の心を動かす素敵な授業ができるように大学で学びたいと思います。
東進の授業の受け方・使い方

徳島大学
理工学部 夜間主
小野瑞樹くん
倉敷青陵高等学校

高校2年生の期末試験でとんでもない結果を叩き出してしまい、塾に通わなくてはならなくなりました。様々な塾を見学しましたが、自分向きの受講方法に魅力を感じたことや、講師の巧みな話術によって、東進に決めました。講座では抜けていた事項をおさらいしたり、覚えていたことも別の視点から再認識したり、逆に新たな発見もありました。

受講をしていて眠くなった時などでも、覚えているところまで巻き戻すことができます。こんなことが出来るのも東進の魅力の一つです。

東進では基本、受講をベースとして、合間に高速マスター講座をやっていくのがおすすめです高速マスター講座は最初はサクサクいくものも、進むにつれ難しくなっていくものもあります。それでも頑張ってやっていくと大きな力になります。

目標や夢は、モヤモヤしいてますが、今後もやれることをやっていこうと思います。最後になりますが、個人的に一番大事なことは、「後回しにしないこと(試験除く)」だと思ってます。これは勉強に限ったことではないです。今やれることを最大限にやりましょう!
基礎固めから掴んだ合格

香川大学
医学部
渡邉菜月さん
金光学園高等学校

東進に通い始めたころは、学校の定期テストや部活を言い訳に受験勉強との両立があまりできていなかったと思います。しかし、日頃のグループ・ミーティングやHR、面談を通してさまざまな指導していただいたおかげで、効率のよい勉強法や自分にあった勉強法を知ることができました。また辛いときには周りをみると自分より頑張っている人がたくさんいて、負けてられないと気持ちを奮い立たせることができました。

そして後輩の皆さんへのアドバイスは、とにかく高速マスター講座を毎日動かすことです。高速マスター講座は基礎を固めるのに最適のツールだと思います。また復習にも使うことで自分の抜けている部分を補うことができ、知識を定着させることができます。問題演習をするためにもまずは基礎固めが大切です。他にも講座や確認テストなども利用して、最後まで諦めずに合格を目指して頑張ってください。

これまでに東進で学んだこと、身につけたことを活かし、将来の夢である看護師になって、これからの高齢化社会に貢献できるように今後も夢に向かって努力していきたいと思います。
成績の伸びは自分次第

香川大学
教育学部
大森雄登くん
倉敷古城池高等学校

私は東進に3年の8月から入塾というみなよりも遅いスタートでありました。しかし、9月には文化祭などもありその余韻で、真剣に受験勉強に取り組んだのは10月からでした。

入塾当初は、平日は夕方の5時に来て7時過ぎ、休日は昼の2時に来て7時過ぎには帰るという生活を送っており、学校での疲れから塾に来てまず30分は寝ていましたが、8月でのセンター試験本番レベル模試の結果を見てこれじゃだめだと思い、意識を変えて勉強するようになりました。

それでも自慢できるほどはやっていませんが、平日は5時間、休日は10時間は塾に来て、勉強中は気づいたら3時間くらい経った程には集中して勉強していました。もっと偏差値の高い大学に受験をし、もっと苦しい思いをした人からすれば「そのくらいで何を言ってるんだ」って言われるかもしれませんが、正直だいぶきつかったです。くしゃみや咳の音さえうるさく思われそうなほど張り詰めた塾内の空気は重く、居心地が良いものではなかったですが、その雰囲気のおかげで勉強に専念することができました。自分なりに頑張って志望大学に合格することができたので、とりあえず今はうれしい気持ちでいっぱいです。

僕よりも優秀な後輩の皆さんに僕から言えることはたいしてありませんが、学力は勉強すれば伸びるし、しなければ伸びません。そのくらい簡単な仕組みです。皆さんも志望校を目指して頑張ってください。

今後は大学で勉強をより頑張って、立派な教育者になりたいと思っています。ありがとうございました。
他では得られない充実した環境

高知大学
教育学部
川手克浩くん
玉島高等学校

僕は高校1、2年の時は部活動ばかりして家に帰っても疲れて予習も復習もせずに寝てしまうという生活を続けていました。課題だけは空き時間などでしていたのですが、それだけではほとんど力にならず校内のテストではひどい点を取っていました。2年の秋頃に受けたテストで物理で0点を取った時に「これは本当にやばい」と思いました。そんな時に親に相談して、東進に入学をすることに決めました。

理科と英語が特に苦手だったので、入ってからは重点を置いて高速マスター講座や受講をしましたが物理はなかなか伸びませんでした。苦手教科ばかりに集中しすぎて、得意教科で点が取れなくなったこともあったのでバランスはとても大切です。

英語が苦手な人は多いと思ます。自分も最初はセンター試験で100点も取れなかったのですが、東進の英文法や英文の講座、高速マスター講座、英文の音読を毎日繰り返してしているうちにどんどん点が取れるようになり、今では二次でも英語を選択して受けるほど得意になりました。

理科は本当に全然伸びずに心配でしたが、夏休みに全範囲をやり直し、基礎分野からやり直すことで段々と点が取れるようになりました。理科は公式や単語を覚える勉強では点は伸びないので、公式に成り立ちや、現象の仕組みを理解することが大切です。

東進に来て良かったと思った点は、自由に休憩が取れることや充実した環境です。

長時間続けて勉強することができなかったので、自分で時間を決めて休憩をしていました。外の空気を吸ったりして、気分転換することは息抜きになるので良いです。また、緊張感のある雰囲気の中勉強できたり、内容の濃い講座、先生の的確なアドバイスは他では得られないと思います。

センターではかなり失敗したのですが、私立の一般入試や国立の二次試験の二次試験を緊張することなく受けられたのは、「毎日通って、あれだけ勉強してきたんだ」と思えたからだと思います。
得意教科を活かした受験

福岡大学
医学部
高浪怜花さん
倉敷天城高等学校

私は、元々得意教科は英語しかありませんでした。さすがにいくら英語が得意であっても志望している学部には合格することが出来ないと思い、東進に入学して苦手教科を徹底的に勉強することにしました。しかし、私が入学したのは三年生の夏というかなり遅い時期でした。限られた時間の中で合格するには作戦を練って入試に挑むしかなく、看護学科はほとんどの場合生物と英語が必須だったので、生物を集中して学ぶことにしました。

東進に入ってからは、学校の授業だけでは理解できていなかった範囲も分かるようになり、今までずっとD判定だった学校でも射程圏内に入るほど成績があがりました。

年末になると毎週のように模試があるようになり、成績や判定に一喜一憂することが多くなりましたがそれでは心身がもたないので、最後はやはりメンタルとの闘いでした。実際一回しか模試でA判定をとったことがないような大学に合格できたし、ずっとA判定だった大学には落ちたので大学受験と模試の判定ほど恐ろしいものはないと思います。ただひとつ私から言えるのは得意教科があるのは受験の際にとても有利なので、私みたいに英語しかできないとか他の教科でもそういう人は賢い受験の仕方があるのでぜひ自分の能力を生かして合格できるようにしてください。
東進で勉強する習慣ができました。

同志社女子大学
表象文化学部
宮本早紀さん
岡山大安寺中等教育学校

「コツコツは勝つコツ」とよく言われますが、受験を通して本当にその通りだなと感じました。私はコツコツ何かをすることが苦手で、進路講演会や学校の先生にその言葉を言われる度に、コツコツ勉強し始めないとなと心では思っていましたが、高1高2時代はそれができませんでした。

高2の冬になり、受験を意識し始め東進に入学しました。ほぼ毎日東進に行く習慣ができ、コツコツが苦手な私が継続的に勉強することができるようになりました。また、それまでは日によって学習時間が違っていましたが、東進に通い始めてからは毎日安定した学習時間を確保できるようになりました。

高3になり、部活も引退して、いよいよ本格的に受験勉強を始めるにあたって、東進に行っていなければ分からなかったであろう受験勉強のやり方や優先事項も、こまめに行われるHRや先生との面談で教えていただき、スムーズに受験勉強を始めることができました。東進に行けば必死に勉強している生徒がたくさんいて、私も頑張ろうという気に自然となりました。とても良い学習環境の中で、勉強時間も勉強量も次第に増えていきました。しかし、今考えると、勉強時間だけがすべてではないなと思います。問題と向き合っていても、集中していなければいくら時間をかけても、勿論身につかず、ただの時間の無駄となってしまいます。私自身、学習時間ばかりを気にして満足していた時期があったので、そこは反省点です。

高3になると東進でも学校でも模試が増え、休日がなくなることも多く、はじめは体力的にしんどかったですが、丸一日使ってセンター試験本番レベル模試を受け続けることで、次第に長丁場に耐える体力もついたと思います。東進の模試は自分の実力を知ることができるだけでなく、そういった意味でも、自分の力になりました。

東進は受験に必要な力を養える最高の環境です。最大限に活用して、第一志望合格に向けて悔いのないよう勉強してください。私は大学で外国語を学び、将来は日本人だけでなく外国人とも関わりを持てる仕事に就きたいと思っています。受験を通して身につけた力や、反省点を活かして大学でも頑張ります。
東進だから出来たことが多くあった

琉球大学
医学部
三宅司くん
岡山白陵高等学校

僕が東進に入学したのは高校二年生の秋でした。そろそろセンター試験まで一年となることもあり、不安を感じ始めたことがきっけでした。

これまで僕は正直に言って勉強時間が圧倒的に足りていませんでした。まず理由の一つは家での勉強を習慣づけ出来なかったこと。そしてもう一つは学校でも塾でも家でも居眠りをすることでした。これについては自分自身、身も周りの人間も手を焼いていて、ほぼ不可抗力に近かったです。夜中まで起きていると寝不足でもないのに何故か昼間に寝てしまうのです。しかしそんな僕に東進はうってつけでした。まずは予定がない日は東進に通うことで普段から勉強する習慣を身に着けました。そしていつも東進の閉校時間の10時まで勉強しました。普通の人ならこの後、家に帰って勉強するのでしょうが、僕はご飯を食べて寝てました。普通に考えれば医学部受験生あるまじき行為ですがこれも東進であるからできたことなのです。

まず東進のいいところは質のいいい授業の中から自分に本当に必要なものを選んで受けることができるということです。なので僕は東進にいる間は集中して勉強しました。東進の先生方は的を得たわかりやすい授業をしてくださるのとても理解をしやすく、一度で分からなくても何度でも見返すことができるということは本当に便利でありがたかったです。短時間で理解できるのでとても効率よく勉強できました。そのおかげで東進にいる間だけでも安定した知識がしっかりと身についていきました。

そして東進の高速マスター講座や過去問演習といったツールにもとてもお世話になりました。高速マスター講座ではどの教科も基礎的なことからハイレベルなことまでできるまで繰り返し学ぶことができました。しかも、どこででもできるというお手軽なものなので空いた時間などにぴったりでした。そして、おすすめはセンター試験の過去問演習講座です。過去十年分のセンター試験が収録されているだけでなく大問別の演習を合わせればまさに解ききれない量の問題があり、夏前からひたすらやりこみました。センター試験に関してはやはり演習量がものをいうので徹底的にやりこむのがおすすめです。

そしてもう一つ東進は模試の返却がとても速く、まだ記憶のあるうちに間違いを徹底的に復習することができるのでとても助かりました。正解することも大切ですが自分の弱点を知るいい機会です。うまく役立ててください。

上記のことはあくまで僕に関してですが少しでも役に立つと幸いです。頑張ってください。
最後の最後まで諦めないこと

専修大学
文学部 一部(昼)
斎藤真由子さん
岡山高等学校

高2の冬まで私は、あまり勉強をしてませんでした。その頃あった模試の結果を見て、「このままだとだめだな。」と思い東進へ入学しました。世界史だけが得意科目で英語,国語,理科は全部苦手でした。特に英語が苦で単語も全く分からなかったので高速マスター講座を頑張りました。センター1800の完全習得にすごく時間がかかりました。

私は、高3の7月に文転をしました。それまであまり勉強をせずにいた国語を夏休みひたすら勉強しました。国語,英語は8月のセンター模試まで100点を下回っていました。自分で何が弱点かを探し、今まで苦手で避けていた分野を勉強しました。得意の世界史もまだしっかりした点を取れていなかったので最初から勉強し直しました。最後のセンター模試では今までで一番良い成績をとることができました。

しかし、本番は思ったより点が出ませんでした。世界史は思っていたよりも点数が取れていて嬉しかったです。すぐに切り替えて一般入試の対策をしました。10校ほどあった試験はあっという間に終わりました。残念ながら、第1~3志望は不合格でした。諦めずに後期試験を受けましたが結果は不合格でした。専修大学と東海大学は合格していたので、専修大学に行くことを決めました。

私は、大学受験を通して学んだことがたくさんあります。苦手なことを後回しにしないこと。高速マスター講座を使って基礎をしっかり固めておくこと。最後の最後まで諦めないこと。大学は地域にこだわらずに広く受けること。自分のしたい事(趣味など)を我慢すること。夜は遅くまで起きず、規則正しい生活を送ることなどです。

まだ将来何になりたいかは決まっていませんが、後悔しない大学生活を送りたいです!

校舎の天気

倉敷駅前校の天気情報

<今日の天気>

晴時々曇
最高 / 最低
11℃ / 5
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) --% 10% 10% 10%

<明日の天気>

曇のち晴
最高 / 最低
10℃ / 4
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 10% 10% 10% 10%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。