東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  豊田駅南校

東進衛星予備校
豊田駅南校

住所

〒471-0025 愛知県 豊田市 西町6-61 カシマゴ豊田ビル3・6F

現役合格実績[2021年]
1日体験
大学入試問題過去問データベース
合格体験記2021
資料請求

アクセス

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

愛知教育大

152

名古屋工業大

171

愛知県立大

91

名古屋市立大

165

三重大

216

信州大

215

静岡大

247

浜松医科大

19

静岡県立大

61

岐阜大

139

昨対+260

旧七帝大+東工大/一橋大

3,868

東京大

816

京都大

461

北海道大

396

東北大

327

名古屋大

381

大阪大

644

九州大

476

東京工業大

174

一橋大

193

  私立大学

早慶

5,193

早稲田大

3,201

慶應義塾大

1,992

上理明青立法中

18,684

上智大

1,314

東京理科大

2,441

明治大

4,555

青山学院大

1,943

立教大

2,464

法政大

3,170

中央大

2,797

中京大

1,036

愛知大

811

南山大

1,435

名城大

1,664

※2021年の東進の現役合格実績は、東進ネットワーク生(東進ハイスクール・東進衛星予備校・早稲田塾)の現役生のみ、高3時在籍者のみの合同実績です。
※高卒生や講習生は含みません。以上が東進の合格実績計上の基準です。
※東進リーダー塾 東大特進コースは2018年7月より東進ハイスクールに統合されました。
※掲載の合格実績は、全国の合格実績の総計です。

合格実績をもっと見る  ▼
資料請求

合格した先輩たちの体験記(豊田駅南校)

受験は過去問の演習量
生徒

名古屋大学
医学部
伊藤大揮くん
豊田西高等学校

僕は東進に入るのが高校3年の夏と大分皆から遅れをとっていたため、授業は流し見程度で終わらせていました。

僕が思うに、受験は過去問の演習量がものをいうものだと思っていて、授業の内容なんてほとんど抜け落ちたまま入試に挑みました。なので、あまり授業ばかりに時間をかけるのはおすすめしません。ただし、数学なら計算速度を速めるコツ、化学なら、無機化合物の暗記方法など、豆知識的なものは積極的に授業から取り入れるべきだと思います。

さて、受験は過去問の演習量だといいましたが、それはなぜかというと、結局同じ問題を入試で引き当てれればその問題は丸をもらえます。その引き当てる確率を上げるためにやるんです。大学入試は何年も前から存在し、ほぼすべての大学が一年に一、二回作成するんです。果たして毎年違う新鮮な問題を作れるでしょうか。そんなわけないですよね。だからとりあえずいろんな問題に触れて、解法を暗記せずしっかり理解し(答えを見るのも手だと思います)次に同じ問題が出てもしっかり解けるように準備することを繰り返せば合格に近づけるはずです。

あとは、受ける教科すべてで得点源を作ってました。数学なら整数や確率、化学なら有機というように作っておけば本番まずそれを解くことで、安心感を得られたり、あまり解けなければほかのところで稼ぐ必要があるというように得点の指針を立てることにも繋がるのでおすすめです。

僕が嫌いな言葉一位は努力、二位は頑張るですが、上記のことを脳死でやってただけで気づいたら旧帝受かるくらいの学力ついてました。皆さんもコロナがまだ収束しない中で受験生になるとは思いますが、気楽にやればいいと思います。
死ぬ気で努力
生徒

名古屋大学
工学部
松島良太くん
豊田西高等学校

まず高校1,2年生の人たちは、毎日でもいいので少しずつでいいのでしっかりと映像による授業を理解したり、英単語などを覚えてください。この時期にどれだけ頑張るかで最後の最後でどうなるかが決まると思います。

そして高校3年生の人たちは4月から、ずっと入れる時間ぎりぎりまで全力で集中して頑張ってください。

具体的な勉強法は人それぞれ向き不向きがあると思うので、参考程度に僕がしていた勉強法を紹介します。

解説授業よりは志望校別単元ジャンル演習講座に重点を置いて問題演習メインで取り組みました。その問題を通して、理科などはその現象や法則などを理解していきました。

勉強で良い結果が出るのは半分は運だと思います。でもその運をどれだけつぶせるかは努力だと思います。死ぬ気で努力して進路実現頑張ってください!
一年間やり切った経験は一生の宝物
生徒

名古屋大学
文学部
加納さくらさん
豊田西高等学校

私は高校ではそこそこ厳しい部活に所属しており、入学当初から勉学との両立に悩まされてきました。その上、家で勉強するのが苦手でサボり癖があるため、大学受験を控えた身として危機感を感じ、高校2年生の秋に半ばヤケになって東進に入学したのが始まりでした。

私は数学が圧倒的に苦手だったので、文系数学には本当に苦労しました。志望校別単元ジャンル演習講座などを活用して私の苦手箇所を意識しつつ、演習をたくさん行い、まずは問題を解くことに慣れ、共通テストが終わってからはひたすら過去問を解いて志望校の出題傾向を分析し、その分野の問題ばかりを徹底的に解くようにしていました。

昨今の入試改革で重視されている思考力とやらが皆無な自覚があったので、数学的背景を理解することなんて私にはできないと割り切り、ヤマを張って入試で似た問題が出ても対処できるような勉強を心掛けました。どんな判定が出ようが、私は最後まで実力に自信が持てませんでした。答えを見てもわからない問題もあったし、一問解くのに二時間かけたこともあります。私がやっていた勉強方法が大正解だったとも限りません。だけど、自信が持てないなりにした努力は裏切りませんでした。受験は怖いですが、サボり癖のあるこの私が一年やり切ったという事実だけでも一生の宝物になると確信しています。後輩の皆さんが有意義な受験生活を送られるよう祈っています。
受験は勉強を好きになってからがスタート
生徒

名古屋大学
法学部
高橋将史くん
豊田西高等学校

受験勉強を終えて、僕は、勉強が好きだったんだと気づきました。

今、新高校1,2,3年生の人の中には、「勉強が好きな人とか理解できない」という人がいると思います。僕もそうでした。勉強が好きな人は特殊な人が嘘をついているのだと、高校2年生の時まで思っていました。しかし、東進に入って勉強漬けの毎日で、東進生と成績を競ったり、分からないと所を友達と一緒に悩んでいるうちにいつのまにか勉強を好きになっていたと思います。そして、それからは成績がどんどん上がっていきました。

何が言いたいかというと、受験は勉強を好きになってからがスタートだということです。勉強においてもスポーツにおいても上達するためには続けることが大事です。そして続けるためには、好きになることが大事だと思います。勉強を嫌々やっていては、すぐにゲームやスマホに手を出してしまい、なかなか成績は伸びません。

新高2,3年生で勉強が嫌いという人は多いと思います。無理に好きになろうとする必要はありません。勉強自体を好きになる必要はないと思います。自分も最初から好きだったのではなく、成績が上がることが嬉しくて勉強していました。勉強ができるかっこいい自分になりたい、好きな子に勉強を教えられるようになりたいなどきっかけはなんでもいいと思います。

勉強の楽しさを知って、勉強を楽しみましょう。
毎日東進に通うことで合格できた
生徒

名古屋大学
経済学部
酒井凜さん
豊田北高等学校

私は高校に入学してから、自分は要領もよくなく、頭の悪い部類に入るなということを悟り、早いうちから勉強をしようと思い、毎日東進に通うことにしました。1、2年の頃は受験のことをあまり重く考えておらず、なんとなく毎日東進に通って迎えの時間になるまでただ席に座っているだけと言えるような状態でした。

私にとって毎日勉強することは決して楽なことではなく、受験生になってからはどこにも受からないのではないかという不安に襲われながら日々過ごしていました。けれども、毎日東進に通うことが習慣化されていたので、なんとか継続して学習をすることができました。そのおかげで合格できたのだと思います。
与えられた状況の中で精一杯努力すれば、第一志望校合格にぐっと近づく
生徒

一橋大学
商学部
粥川萌さん
岡崎高等学校

ずっと目指していた一橋大学に合格できてとても嬉しいです。この受験が終わった今、振り返ってみると合否を決めたのは夏休みでも冬休みでもなく、春の臨時休校期間だったと思います。

私は2年生のころ二次試験で必要にもかかわらず世界史が大の苦手科目で、ずっと世界史から逃げていました。しかしこのままでは一橋大学に合格できないと思い、腹をくくって本気で世界史に取り組みました。この時期に集中的に世界史に取り組むなかで覚え方のコツも掴め、一気に世界史を伸ばすことができ、今まで共通テスト本番レベル模試で全国平均をさまよっていた世界史が、秋の一橋大本番レベル模試で世界史全国8位をとれるまでになりました。世界史が安定してとれるようになったため他教科の対策も十分に行うことができました。

私は商学部志望で二次試験の数学の配点が高かったのですが、本番では数学が思うように解けませんでした。でも今合格できているのはきっと世界史を含む他教科で数学の失点を補うことができたからだと思います。また併願校の慶應義塾大学においても世界史で高得点を出せたことが合格につながったと思います。

これから受験に挑む方々も今年の臨時休校期間のような予測不可能な事態に陥ったとしても、与えられた状況の中で精一杯努力していけば、第一志望校合格にぐっと近づいていけると思います。そして私がこの受験で学んだことは、謙虚でいることです。模試の判定が良くても油断したり、おごったりせず、またわるかったときは反省して弱点に真剣に向かい合うことが大切です。こんなことは当然のことだと思うかもしれませんが、いざ受験生になると忘れてしまうものです。

最後になりましたが私の受験生生活を支えてくださったすべての方々に感謝します。本当にありがとうございました。
自信を持つことが大事
生徒

北海道大学
法学部
早川駿矢くん
豊田西高等学校

志望校合格の秘訣として、自信を持つことは非常に重要であると感じました。たとえ根拠がない自信であったとしても、その自信が勉強中の不安や試験での過度な緊張を取り除いてくれます。実際に、僕は判定が余裕でEのときでも、自分なら絶対合格できると自信をもっていたことで、めげずに勉強を続けることができましたし、本番もほぼ緊張せずに臨むことができました。

もしかしたら、暗記が苦手であったり、理解力に不安があって自信が持てないという人がいるかもしれませんが、恐れることはありません。受験において、最も重要であるのは勉強の質です。僕は社会科目の暗記がとても苦手だったのですが、学習の仕方を工夫することで、共通テストではよい点をとることができました。

東進では多くの過去問をこなすことができるので、傾向を掴んだり今の自分の力の指標にしたりするなどして、有効に活用すれば、効率よく合格に近づくことができると思います。
自分のペースで、都合のいい時に受講できた
生徒

北海道大学
総合入試理系
谷本康太くん
豊田西高等学校

僕が東進に入ったのは高2の春でした。学校のテストでは360人中340番台をとり続け、母にブチ切れられ、これはまずいと思って東進に入りました。僕は弓道部に属していたので日々全国に向けて部活に全力投球でしたが、東進は自分のペースで、自分の都合のいい時に受講できたのでそれが自分には合っていたと思います。

また、担任の先生や担任助手の方は丁寧に僕の質問に答えてくださるだけでなく、大学生活の楽しさ、受験のアドバイスなどを話してくださりそれがとても力になりました。受験期は共に東進に通う友達に刺激を受け、「負けたくない」と思い、開校時間の最後まで自習室に残って勉強をしていました。

グループ・ミーティングでは模試の結果を共有することで自分の弱さや強さを認識し、今後の学習計画に活かすことができたと思います。また、東進は模試が多いので短いスパンで目標を作れることや自分の実力を確認できたことがよかったです。

志望校別単元ジャンル演習講座はたくさんの大学の多くの問題を解くことで問題に対するアプローチの仕方や大学の傾向、各大学の難易度を掴めたのがよかったです。

過去問・共通テスト対策講座では豊富な問題を大量に解くことで慣れと時間感覚を養え、また解説授業で理解を深めることができました。やればやるほど点数の伸びと実力の向上を感じられました。

大学では幅広い勉強をして、社会のために自分に何ができるかを考えて将来を設計していきたいと思います。支えてくれた家族や東進の方々など多くの人に多大なる感謝をし、これからの人生を頑張っていきたいと思います。来年度の受験もまだまだコロナの影は残り、不安が多いかもしれないけど正しい方向に努力を重ねれば必ず報われると思うので頑張ってください!
最後まで諦めなかったらいい結果がついてくる
生徒

立命館大学
文学部
松本鈴佳さん
豊田北高等学校

私は、高校三年生の四月から東進に入学して今まで勉強してきました。東進模試や学校の模試で満足のいく結果をとれたことはなく、毎回結果が返ってきては落ち込んでいました。志望大学を変えたほうがいいのではないかと悩むこともたくさんありましたが、東進の先生方や共に勉強する友達のおかげで最後まで頑張ることができました。

ですがそんなにうまくいくはずもなく、一般入試で第一志望の大学に落ちました。その為私は合格した第二志望の大学に入学しようと思っていました。そんな時に母から「まだ後期試験が残っているじゃん。可能性は低いとしても、0ではないんだから挑戦してみたら?」と言われました。最後の望みだと思い受験を決めました。その結果一番行きたかった大学に合格することができました。最後まで諦めなかったらいい結果がついてくると思うので、諦めずに最後まで頑張ってください。
過去問をしっかり復習したことで点数が伸びた
生徒

愛知教育大学
教育学部
久米真優さん
豊田西高等学校

私が東進に入ったきっかけは、成績が良くないということからでした。家だとなかなか勉強する習慣がつかなかったり、高校受験が終わったりしたことで学習が疎かになっていました。勉強も何すればいいのか正直わかりませんでした。しかし、東進に入ると、部活終わりに通って勉強するというサイクルができて、自分の習慣を改善することができ、成績もあがりました。こういった面で入ってよかったなと思います。

私が思ったことは、行きたいところはできるだけ早めに決めておいたほうがいいということです。東進は二次対策講座を早くに購入するので、曖昧な状態ではもったいないことになるかもしれません。また、早くに志望校が決まるとモチベーションがあがります。私は学びたいことが早くにはっきりしていなかったので、受験勉強のとりかかりが遅くなってしまいました。また、二次対策を買ったものの、志望校が変わってしまい、国語と英語の二次試験が小論文になりました。小論文の対策は東進では深くできないので、こういったことが起きないためにも志望校を早く決めることをお勧めします。でも共通テスト対策は過去問が10年分あり、解説もあるので点数がたくさん伸びました。しっかり復習したことが良かったのだと思います。

私の夢は社会福祉士になり、困っていたり、苦しんでいたりする人を助けることです。そのためにも福祉に関することが学べるカリキュラムがある大学に入る必要がありました。これからその夢に進んでいくために、東進で身に着けた勉強習慣を活用しながら勉学に励んでいきたいです。
受験は努力するだけの価値がある
生徒

愛知教育大学
教育学部
大山暁生くん
豊田北高等学校

無事に愛知教育大学に受かることができてほっとしています。

新型コロナウイルスの流行もあり、東進には直接は通わずに家で東進の教材を使って勉強した時期がありました。しかし、東進での演習が本格的になった頃になると、演習は東進、演習以外のことは家というように区別をつけました。このようにした理由としては、演習を東進でやると、分からないことがあればすぐに質問することができるし、周りがやってるから僕もやらないといけないという気持ちになるからです。反対に、演習以外のことを家でやったのは、僕の場合、集中できるからです。僕が思うに、やるべきことを自らに合った最適の場所でやることが重要だと思います。

僕は高校3年生になる少し前に入学したので高校1年生、高校2年生のことはよく分かりませんが、受験において志望校別単元ジャンル演習講座はとてもいい教材だと思います。単元ジャンル演習をこなしていくことで、勉強になるのはもちろんのこと、受験の時に努力の成果として見ることができ、自信になります。やりきることをお勧めします。

勉強の話ばかりしていますが、受験で何よりも大切なことは、食事や睡眠などの普段の生活を乱さないことであったり、心に余裕を作っておくための息抜きだったりします。人それぞれなので、あまり周りの人たちに流されず、自ら決めたペースを守って頑張ってください。受験は辛いし、思っている以上に大変です。でも、受験に成功するとものすごく嬉しいです。努力するだけの価値はあります。頑張ってください。
仲間の存在と、悩みを相談することが受験勉強において大切である
生徒

愛知教育大学
教育学部
杉山由真さん
豊田西高等学校

受験勉強において、確かにうまくいかないことや苦しいこともありましが、東進には楽しく面白い授業が多く、受験に役立つから勉強するというよりも純粋に楽しいから勉強するという姿勢を身につけることができました。

大学受験が終わった今、受験で大切だと思うことは2つあります。

1つ目は仲間の存在です。一緒に学ぶ人が周りにいることで「自分も頑張ろう」という気持ちになれます。そのため、同じように勉強する人がたくさんいる東進で勉強することが大切だと思います。

2つ目は悩みを相談することです。受験生になると志望校や受験科目等、悩むことが増えると思います。しかし、担任の先生や友人に相談することで不安を解消することができます。実際に私も、受験のことで不安なことは多々ありましたが、担任の先生に相談すると親身になって相談にのってくださったので、その都度不安を解消することができました。これから受験生の方は、是非この2つの事を意識して受験勉強を頑張ってください。

大学に入学後は、養護教諭になるための専門的な知識を身につけるだけでなく、今までよりも広いジャンルの本を読むことで知見を広め、教育実習等で教員として働くための実践力を身につけたいと思っています。また、将来養護教諭になった際にはお便りや掲示物を利用して相談しに来やすい保健室を作り、児童生徒一人一人に応じた支援を行いたいです。
東進では頑張っている同級生から良い刺激を受け、集中して勉強に取り組めた
生徒

神戸大学
経営学部
石井日菜さん
岡崎高等学校

私が東進に入ったのは高3の4月、ちょうど休校中でした。そこで自分よりも真剣に努力し、毎日志望校合格に向けて頑張っている同級生の姿を見て、初めて焦りを覚えました。今思うとそこからエンジンがかかったような気がします。

私は家では誘惑や睡魔に負けてしまって、なかなか集中できない人間だったので、毎日朝から夜まで東進に通い詰めました。東進に行けば、頑張っている同級生から良い刺激をもらえ、とても集中して勉強に取り組むことができ、たまに睡魔に負けそうになっても優しく起こしてくれる担任の先生がいらっしゃったおかげで、限られた時間を有効に使うことができました。

皆さんのこの先の受験生としての一年では、やってもやっても成績が上がらない、模試の判定が一向に上がらない、と志望校を諦めそうになるときがあるかもしれません。しかし、勉強の効果はすぐに出るものもあれば、後になって出るものもあります。実際私は受験直前期に東進の映像による授業の効果を強く実感しました。だから、目の前の結果だけを見て志望校を諦めないでください。結果が出ないなか、続けていくことはつらいし、苦しいです。これを続けても意味があるのか、と不安になることもあると思います。そんな時は、東進の担任の先生、担任助手の方をどんどん使ってください。きっと親身になってアドバイスをくれるはずです。

そして、自分のやっていることを信じて、つらくてもあきらめず、やり続けてほしいです。私は受験本番、少し緊張はしましたが、不安は全くありませんでした。「これだけやってきたんだから大丈夫」と思えたのは、1年間の自分の努力に自信をもてたからだと思います。そのおかげで、当日も落ち着いて解くことができました。本番の自分に自信をもたらせるのは、だれでもない自分自身のそれまでの努力だけです。

第一志望校に合格できた今、受験生としての1年間、つらくても頑張って本当によかったと思っています。その頑張り抜いた経験は、自分を一層強く、大きく成長させてくれました。悔いなく受験勉強ができたおかげで、すべてを終えた今、楽しかったと心から思えています。東進で充実した時間を過ごすことができて本当によかったです。皆さんが来年の春、笑顔で合格をつかみ取れるように応援しています。
効率よく勉強できた
生徒

広島大学
理学部
井上颯くん
豊田西高等学校

僕は勉強が好きではないです。しかし、東進の授業は効率よく短時間で内容が身につくので、そのおかげであまり勉強しなくても合格できたと思います。また、東進は映像による授業なので、自分のペースで勉強を進められるのも大きかったと思います。僕が受験を通して勉強に大事だと思ったことは、勉強を好きになることです。

僕は勉強が好きではないと言いましたが、科目やその中の分野に細かく分けていくと好きなのも多少出てきます。そして自分の好きな分野を勉強するのはさほど苦ではありません。また、自分が学びたいと思って勉強するとしたくないと思って勉強するより吸収率がいい気がします。なので、自分の好きな科目や分野を見つけることで合格に近づくのではないかと思いました。ただ、どうしても好きになれないものも出てきます。それはやらなきゃ合格しないと諦めて頑張るといいと思います。または、その嫌いな科目、分野を別の視点から考えてみたり、もっと細分化してみたりして好きなところを見つけるといいと思います。受験生になるといろいろなストレスがかかりますが、勉強を好きだと思えるとそれも少しは軽減されると思います。
胸を張って頑張れたといえる努力ができれば、後悔なく受験を乗り越えられる
生徒

名古屋市立大学
人文社会学部
棚内萌絵さん
岡崎高等学校

私が東進に入ったのは、コロナで休校が決まってからでした。休校に加え、緊急事態宣言が発令され、学校にも通うことができず、思うように学べない毎日でした。しかし東進に入り受講することで、間違いなくコロナ渦でも安定した学習の質と時間を得られました。

また、学校が再開してからも毎日のように東進に通い、一緒に通っている友達からも刺激を受け、より集中して勉強をすることができました。大学受験が初めてで、右も左もわからなかった私に、東進はたくさんの可能性とアドバイスをくれたことに感謝しています。

私は、共通テストでマークミスという失敗をしましたが、それでも、東進担任の先生のアドバイスや励ましの言葉で新たな可能性を開くことができ、名古屋市立大学に合格することができました。今の結果に満足しています。

どんな結果になっても、自分が胸を張って頑張れたといえる努力をすることができれば、後悔なく受験を乗り越えられると思います。応援しています。

私は東進のおかげで受験を後悔なく終えることができました。今後も大学でたくさんのことを学び、将来は英語を使う職に就けるよう頑張っていきたいと思います。
なるべく早くに志望校を決めて計画を立てることが大切
生徒

名古屋市立大学
看護学部
山内菜月さん
豊田北高等学校

私は高校二年生の秋に東進に入学しました。私は家では本当に集中して勉強することができず、自習室の雰囲気や、授業のわかりやすさから東進への入学を決めました。東進では高速マスター基礎力養成講座や授業の受講を日課にすることで、勉強する習慣や基礎から応用までの学力を確実につけることができました。また、高い目標をもつ他の生徒と同じ空間で勉強することで、コロナ禍でもモチベーションを保って効率のいい勉強をすることができました。

東進のいいところは、自分のペースで勉強を進められることだと思います。しかしそれは自主的に勉強を進めていかなければ、勉強量が減ってしまうということでもあります。受験期にはスマホなど、様々な勉強を妨げてしまうものがあり、自主的に勉強するのが難しい時もあると思います。そのため私はメリハリをつけることを意識して勉強に取り組みました。東進にいるときはスマホの電源を切るなどして極力触らないようにし、寝る前など自分が決めたときにしか触らないよう意識しました。自分で効率のいい時間の使い方を考えることで、東進の良さが十二分に活かせると思います。

私が大学受験を通して感じたことは、なるべく早くに志望校を決めて計画を立てることの大切さです。私は高校に入る前から志望校が決まっており、三年間志望校に合格することを目標にずっと勉強をすることができました。一つの叶えたい目標があると、辛くても前向きに勉強に取り組むことができると思います。また、志望校合格のための計画を立てておくことで、直前になって焦ってしまうこともないと思います。無理のない範囲で目標を立て、優先順位を決めることで東進のことだけでなく、学校の勉強や部活動なども効率的にできると思います。

大学ではこの受験期に学んだことを活かし、主体的に学習をして、地域に貢献できる看護師になれるよう努力していきたいです。皆さんも健康を第一に、主体的に勉強に取り組んでいってください。皆さんが悔いなく受験を終えられることを祈っています。
なかなか勉強のやる気が起きない人にこそ、東進がおすすめ
生徒

横浜市立大学
国際商学部
森虎汰朗くん
豊田北高等学校

大学受験を終えて、第一志望の横浜市立大学に合格できて、とても嬉しく、達成感でいっぱいです。入試を終えて結果発表までは、とてもそわそわしていたと思います。結果を見て思わず声が出ました。

僕は勉強が好きではなくむしろ嫌いで、集中力も続かず、大学受験にも不安しかなかったです。そんな僕でも合格できた理由は、三つあると思います。一つ目は、東進の自由なペースで進められる学習です。自分のペースで学習を進められるので、疲れた時は外の空気を吸ってリラックスしたり、息抜きなどをすることができました。おかげで集中の続かない僕でも頑張れたのだと思います。

二つ目は、わかりやすいだけでなく面白くもある授業です。東進の授業は、トップの講師陣の方々が行っており、わかりやすいだけでなく面白いです。次の授業が楽しみになることもありました。

三つ目は、合格への最短ルートを示してもらえたことです。志望校合格に向けて過去の先輩方のデータを参考にしながら、意欲的に学習に取り組むことができました。時間は有限なので無駄のない学習計画はとても大切だと思います。受験勉強は友達や家族など周りの人たちの支えが大切だと思います。東進では、友達と切磋琢磨し、励ましあうこともできます。そんな環境に身を置けたのは幸せなことでした。なかなか勉強のやる気が起きない人にこそ、東進がおすすめです。

僕は将来の社会に必要とされる人間になり、人の役に立てる仕事に就きたいと考えています。そのためにも大学では様々な人たちと交流し、既存の概念にとらわれない価値観を磨くつもりです。受験生にはきっと何度もつらい場面があると思いますが、そんなときは東進にいる仲間や、先生方と励ましあいながら乗り越えてください。努力はきっと実を結ぶので最後の瞬間まで頑張ってください。
もともと好きだった科目を得意科目として勝負できるように
生徒

中京大学
総合政策学部
小林美楽さん
豊田高等学校

私は、学校や家より東進は勉強する環境が整っていて集中ができ、一番自分に合っていたので基本毎日東進にきて勉強する習慣をつけました。全体授業はあまり好きではなかったので画面越しで一対一になれる東進の学習の仕方はとても良かったし、わからないところやもう一度確認したい時に何度でも見返せる便利さもあって、学校の授業よりも理解することができました。

一番受けてよかったと思った授業は、日本史です。どの資料集や参考書よりも一番わかりやすい時系列を自分のノートにまとめることができて、日本史の勉強において一番役立ちました。他にも、文化史や経済史などの細かい分野に分けられた授業によって苦手だった文化の流れなどもわかるようになりました。日本史の学習においてもう一つ役立ったのは志望校別単元ジャンル演習講座です。自分の苦手な分野の入試問題をたくさん解いて間違えた問題の範囲をもう一度勉強しなおすことで少しずつ苦手が克服できました。苦手な英語なども単元ジャンル演習に取り組んでたくさんの問題を解いてき長文などに慣れるように頑張りました。

私は、英語と日本史の二教科型で志望校に合格できました。もともと好きだった日本史を得意科目として勝負できるようになったのが合格の決め手だったと思います。受験を通して一つでも得意科目を作ることは大事だなと思いました。私はまだ将来の夢などは決まってないけど、大学での勉強を通していろんなことを学び自分の進みたい道を見つけたいと思います。

東進広告ギャラリー
東進は様々なイベントを実施しています。
合格の可能性を広げよう!
高校生の悩み解決サイト
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東大を目指す高校生必見!
志望校判定なら、東進の合否判定システム
合格体験記をマンガ化!
東進ドットコムに寄せられた皆さんの疑問にお答えします

校舎の天気

豊田駅南校の天気情報

<今日の天気>

天気アイコン
くもり
最高 / 最低
21℃ / 7
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) --% --% --% 10%

<明日の天気>

天気アイコン
くもりのち雨
最高 / 最低
18℃ / 13
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 20% 70% 90% 90%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。
天気