東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  津島駅南校

東進衛星予備校
津島駅南校

住所

〒496-0803 愛知県 津島市 今市場町4-31-1第2岡本ビル3F

TOP
3つの特長
講座紹介
実施要項

4無料招待!

招待状をお持ちでない方はまずは招待状を請求してください。簡単に請求できます。
※新年度特別招待プレ講習を受講している方は、申込せずに受講いただけます。

アクセス

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

愛知教育大

109

豊橋技術科学大

11

名古屋工業大

185

愛知県立大

90

名古屋市立大

155

三重大

240

三重県立看護大

18

信州大

208

公立諏訪東京理科大

20

長野大

19

長野県立大

17

静岡大

233

浜松医科大

16

静岡県立大

74

静岡文化芸術大

25

岐阜大

144

岐阜薬科大

17

昨対+280

旧七帝大

3,278

東京大

802

京都大

451

北海道大

367

東北大

295

名古屋大

381

大阪大

540

九州大

442

昨対+858

国公立大学

15,836

  私立大学

早慶

4,636

早稲田大

2,881

慶應義塾大

1,755

上理明青立法中

15,871

上智大

1,007

東京理科大

2,154

明治大

3,768

青山学院大

1,587

立教大

2,018

法政大

2,925

中央大

2,412

関関同立

10,867

関西学院大

1,823

関西大

2,473

同志社大

2,512

立命館大

4,059

日東駒専

8,000

日本大

3,540

東洋大

2,450

駒澤大

986

専修大

1,024

学習院大

475

国際基督教大

103

愛知大

798

中京大

942

南山大

1,405

名城大

1,623

合格実績をもっと見る  ▼
資料請求

合格した先輩たちの体験記(津島駅南校)

生徒

名古屋大学
農学部
秋田弥憂さん
南山高等学校

私は高校1年生の2月から東進に通い始め、それからはほぼ毎日、学校帰りに東進で10時まで勉強していました。通塾することで毎日勉強する習慣が身についたので、早く入っておいてよかったと思っています。今振り返ってみて思うことですが、高校の3年間ってあっという間で、当然、その中にある受験勉強の期間はもっと短かったと感じます。なので、受験勉強において、要領よく勉強することが大切だと思い、私のやっていたものの中で、よかったなと思う勉強の仕方を紹介してみようと思います。どなたかの参考になれば幸いです。1つ目は入試問題といった難しい問題を解いたあと、基礎に立ち返ることです。生物の問題集を解く際には隣にハイレベル生物のテキストをおいて、題材にされた現象の仕組みを確認しなおしたり、化学の過去問で解けなかった問題が属する分野をハイレベル化学のテキストで復習したりしていました。これを習慣にすることで、演習と並行して基礎の再確認ができたので効率よく応用力を身につけることができたと思います。また、上記の東進のテキストは大事なところが奥深く、そして本当に分かりやすく説明されているので、上質な教科書だと思ってよく活用するのをおすすめします。2つ目は典型問題はちゃんと理解するまで何度も繰り返し解くことです。私は理論化学と数学が苦手だったので、この2つは学校で配られるセンサーやスタンダードといった問題集や東進のテキストに載ってる問題を高3の夏休みに全範囲2周をし、特に苦手な単元はさらにやりました。繰り返し解くにつれて、間違える問題が減って勉強のモチベーションは上がったし、典型問題がしっかり解けるようになったことで、過去問の部分点を取りやすくなったり、センター模試の得点も25点くらい上げられました。応用問題や目新しい問題にむやみやたらに手を出すまえに、以前やった問題に丁寧に取り組み、完全に自分のものにすることが大事だと思います。これから受験生となって、辛いことが多くあるとは思いますが、終わった後はなんだかんだいい思い出になるので精一杯頑張ってください。
生徒

名古屋工業大学
工学部/第一部
鈴木慧悟さん
五条高等学校

僕が入塾を決めたのは高校1年生の1月のときです。入塾を決めたきっかけは高校1年生の冬に受験した進研記述模試で数学の偏差値が50、英語の偏差値が50を切ってしまったためこのままだと大学受験は厳しいという考えに至り親の勧めもあり東進への入塾を決めました。入塾にあたり当時の塾長との面談でもっと勉学に励むように叱咤激励され気持ちにスイッチが入り東進で全力で成績向上を務めようと決めました。僕が入塾を決めたのは高校1年生の1月のときです。入塾を決めたきっかけは高校1年生の冬に受験した記述模試で数学の偏差値が50、英語の偏差値が50を切ってしまったためこのままだと大学受験は厳しいという考えに至り親の勧めもあり東進への入塾を決めました。入塾にあたり当時の塾長との面談でもっと勉学に励むように叱咤激励され気持ちにスイッチが入り東進において全力で成績向上を務めようと決めました。僕は勉学に力を注ぐ五条高校に通っていたのですが高校2年生の間は課題と塾の勉強と部活の両立がとても大変でどちらの授業にも身が入らず苦労し、その対策としてコーヒーなどのカフェイン飲料を愛飲しその悩みを乗り越えました。その結果3年生に上がる頃に行われた外部模試では数学と物理の偏差値が60を超え英語の偏差値は50台後半を取ることができました。しかし受験シーズンが近づくと精神的なストレスが大きくなっていき普段犯さないようなケアレスミスを犯してしまうこともあり、本番のセンター試験や二次試験の時でもすごく怖かったことを覚えています。実際センター試験では今まで取ることがなかったような点数を取ってしまいボーダーラインに50点近く届きませんでした。そこで出願校のレベルを下げようか悩んでいた僕に「弱気になったらダメだ」との言葉により出願校を変えず受けた二次試験、センター試験のハンデを振り切り見事に第一志望校に合格することができました。私が大学に合格できたのは悩みだけではなく他愛無い日常的な雑談に乗ってくれたスタッフや校舎長のおかげだと思っています。大学、就職など、この先も東進で学んだことを忘れずに常に向上心を持って懸命に努力をしていきたいです。
生徒

三重大学
人文学部
菱田智菜さん
一宮西高等学校

私は高二の三月に体験授業のダイレクトメールをみて、それがきっかけで東進に入り、約一年間勉強しました。高校に入学してから、そこの高校に行けたことに満足してしまった私はあまりきちんと勉強していませんでした。そのせいで、模試では偏差値50以下の教科がほとんどで得意な世界史だけがずば抜けてよく、一番苦手な英語は偏差値40を下回ることもありました。しかし最終的にはセンターでも全体で七割以上とれ、無事に志望校に合格することができました。私が東進でおすすめなのはまずは高速マスター基礎力養成講座です。英単語センター1800や英熟語750はまず完全習得し、そのあとも毎日少なくとも100個ずつはやり、その日分からなかった単語はその日に覚える、ということを繰り返すことによって、しっかりと覚えることができたと思います。単語や熟語は本当にやった分だけ伸びると思うので、はやめからしっかりと取り組むことをおすすめします。そしてなんといってもわかりやすい講座です。私は英語に集中して講座を受けていたため英語の講座だけ受けていました。私が受けていた講座は「今井宏のC組・英語実力アップ講座」です。ほかにもD組、B組というものも受けました。今井先生はとにかく授業が面白すぎてまったく眠くならないし、わかりやすいので内容もしっかり頭にはいります。今井先生は特に音読を勧めていて私も講座のあとに五回ほど講座であつかった文章を音読していました。音読をすることで、長文の読むペースが速くなり、最初は時間が足りなかった問題も時間に余裕をもって答えることができるようになります。私は最初はE判定で直前まで最高C判定しかとったことなかったけど最後まで諦めないことで本番ではとてもいい点数をとることができ、合格することができました。ここまで支えてくれた東進には感謝しかありません。本当にありがとうございました。
毎日全科目に触れると忘れにくくなる
生徒

三重大学
生物資源学部
鈴木優介くん
五条高等学校

僕は、入学が3年生の6月という遅い時期でしたけれども、勉強する際に基礎の徹底に取り組みました。

2次試験対策としては学校での授業や学校でもらう教材を利用していました。東進では高速マスター基礎力養成講座を毎日取り組み忘れないようにこころがけました。センター試験対策としては大問分野別総合演習をひたすらこなす毎日でした。

僕のオススメは大問分野別総合演習の苦手な単元だけを演習するのではなく、できるだけ複数の科目を演習することです。覚えることがとにかく多いので毎日全科目に触れると忘れにくくなり知らぬ間に定着しています。東進で勉強したことを家に帰ってから見直すだけでもかなり効果的です。

暗記科目に取り組む際に活用していたのは自分で暗記ノートを作って通学途中の電車の中や隙間時間に見直しができるようにしました。英単語などは単語帳を活用していましたが、その他の科目では自分の苦手としているところが一目でわかるので効率的に学習できます。

僕がセンター試験勉強で伸び悩んでいたのが現代文や英語の長文でした。対策として取り組んだことは、寝る前と朝起きてから音読をすることです。センター試験は時間との勝負なので速読するためには日々長文を読んで慣れておくことです。
日ごろから基礎をやっておけば、試験前に焦らない
生徒

名古屋市立大学
医学部
栗原瑞季さん
五条高等学校

受験勉強を通して私が一番大切だったと思うことは基礎を怠らないことです。

正直私は基礎を怠っていました。先生たちも高校生活で基礎が大切と言っていたけれど基礎をやっても試験で基礎問題はでないからと私は応用問題ばかりやってきました。センター試験レベルまでは解けていましたが、二次試験対策で過去問を解き始めた途端、分からない問題の多さに驚きました。答えを落ち着いて見てみると基礎をやっていれば解けるようなものが多かったです。

だから私は本番までの時間で基礎をやり直しました。学校の授業でメモしていた細かいところまで全部読み返しました。幸い、授業でやったことを記憶していたことで何とか試験本番までに間に合い、合格することができました。しかし、日ごろから基礎をやっておけば、試験前に焦ることはなかったと思います。

次に大切だと思うことは日々の積み重ねです。今の時期は部活も忙しくて、帰ったら疲れて寝てしまうことがあるかもしれません。ですが、一日全く勉強しないのと、五分だけでも単語帳を読んで覚えるのとでは今後の人生が変わると思います。私は単語を覚えるのが苦手だったから、毎日単語帳を読んで覚えていました。そうしたら三年の十月くらいから何を言ってるのか分からなかった英語の長文が理解できるようになりました。

まだ遊びたいと思う受験生もいるかと思います。しかし、一日でも勉強をしない日をつくってはいけません。少しでもいいから勉強すれば後できっと良いことがあります。悔いのない受験となるようにぜひ皆さんも頑張ってください。
数学は、高速マスター基礎力養成講座の完全習得で基礎的な力は必ずつく
生徒

名古屋市立大学
経済学部
若山明日翔くん
津島高等学校

僕は高校1年生の3月に友人の紹介によって東進に入りました。

その経緯は、それまで、学校のほうで実施した模試で、英語が全く出来ず、偏差値50を下回るほどでした。そこで、「英語をどうにかしないと大学に行くことはかなり厳しい」という考えに至り、ここにお世話になることにしました。その中で、東進の先生方と話をし、数学ももっとやらないと厳しいともいわれ、僕は英語・数学で高得点を取るための講座や高速マスター基礎力養成講座を行うことになりました。

英語では、英単語センター1800、英熟語センター750、英文法750を3年生になるまでに完全習得することができました。また、完全習得した後も基本的に毎日100個ずつ単語はやり、こまめに熟語・文法をやっていく、といった形で、入試直前まで続けてきました。やはり、英語を学ぶ上で、単語・熟語・文法といった基礎を徹底する事は重要で、やればやった分だけ成績が上がってくれるのも英語だと思います。

また、僕が受けた講座の中では、「安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語」の講座が特に良いと思いました。毎回の講座で、ためになる文、読んでいて楽しい文を用意してくださり、それをしっかりと読み解き、音読によって英語を素早く理解する能力を鍛えることができました。この能力は非常に重要で、特にセンター試験では、非常にシビアな制限時間の中で、長文を3つ読む必要があるので、「素早く読み、正確に理解する」能力を音読によって養うべきであると実感しました。

また、数学では、高速マスター基礎力養成講座の計算演習は、ⅠA・ⅡBをすべて完全習得すれば、基礎的な力は必ず身につくので、たとえ数学が苦手な人でも、必ずやり切るべきであると思います。僕は、志田先生の授業が一番好きで、「センター対策数学70%突破」「テーマ別数学」の講座は時によかったです。数学を自分のこの上ない武器にすることができたのは、志田先生のおかげでもあります。

僕は、センター試験利用の推薦で第一志望校に合格することができました。これもセンター試験で自己ベストを更新することができたからです。本格的にセンター対策をしたのは夏ぐらいからで、どの教科も過去問の研究から入り、少なくとも5年分は解くようにしていました。学校でも、9月ごろからはセンター演習が始まるので、マークならではの対策も十分にすることができます。

しかし、ここで一番伝えたいことは、センター試験の一番の対策方法はセンター試験の過去問を解くことです。大手予備校さんの対策問題集をとくのがダメということはありませんが、やはりセンター試験独特の問題形式を知るためにも、過去問は絶対やるべきです。

二次対策については、夏までは記述の対策を中心にやると良いです。というのも、前述のとおり、秋からはマーク演習に入るので、記述ばっかりやる、といったことが難しくなってくるからです。なので、夏までは、記述演習をやり込めると、センター試験終了後の記述対策、第一志望校の過去問題集を解くことにすぐ切り替えることができます。

私は、第一志望校に無事合格することができましたが、人生はここで終わるわけではありません。ですので、今まで支えていただいたすべての人への感謝の気持ちを忘れず、今度は皆さんへの恩返しが少しずつできるように、地域のため、地域の人のための職業に就きたいと考えております。ここで学んだことは決して無駄になることはないので、自分は最後までやり切った!という誇りをもって、生活していきたいと思っております。

東進広告ギャラリー
東進は様々なイベントを実施しています。
共通テストの情報サイト
合格の可能性を広げよう!
高校生の悩み解決サイト
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東大を目指す高校生必見!
東進模試と他の模試の違いをチェック!
志望校判定なら、東進の合否判定システム
合格体験記をマンガ化!
東進ドットコムに寄せられた皆さんの疑問にお答えします

校舎の天気

津島駅南校の天気情報

<今日の天気>

天気アイコン
雨のち晴れ
最高 / 最低
10℃ / 7
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) --% --% 80% 50%

<明日の天気>

天気アイコン
晴れ
最高 / 最低
14℃ / 5
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 0% 0% 0% 0%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。
天気