ページを更新する ページを更新する
東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  千早駅西口校

東進衛星予備校
千早駅西口校

住所

〒813-0044 福岡県 福岡市東区 千早4-22-37EタクビルC1F

千早駅西口校で冬期特別招待講習を受講しよう!
冬期特別招待講習(冬期講習)

招待状をお持ちでない方

招待状請求はこちら

招待状をお持ちの方

お申し込みはこちら

招待状をお持ちでない方はまずは招待状を請求してください。簡単に請求できます。
冬期特別招待講習について詳しくはこちら

アクセス

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

九州工業大

149

福岡教育大

61

北九州市立大

120

福岡女子大

30

熊本大

244

熊本県立大

52

佐賀大

137

大分大

107

長崎大

159

長崎県立大

49

鹿児島大

135

琉球大

108

宮崎大

97

山口大

257

下関市立大

43

旧七帝大+東工大/一橋大/神戸大

4,612

東京大

853

京都大

468

北海道大

438

東北大

372

名古屋大

410

大阪大

617

九州大

437

東京工業大

211

一橋大

251

神戸大

555

  私立大学

早慶

5,678

早稲田大

3,412

慶應義塾大

2,266

上理明青立法中

21,321

上智大

1,488

東京理科大

2,805

明治大

5,351

青山学院大

2,111

立教大

2,646

法政大

3,848

中央大

3,072

西南学院大

662

福岡大

1,321

※東進の現役合格実績は、東進ネットワーク生(東進ハイスクール・東進衛星予備校・早稲田塾)の現役生のみ、高3時在籍者のみの合同実績です。
※高卒生や講習生は含みません。以上が東進の合格実績計上の基準です。
※東進リーダー塾 東大特進コースは2018年7月より東進ハイスクールに統合されました。
※掲載の合格実績は、全国の合格実績の総計です。
※東大をはじめ、旧七帝大、各都道府県を代表する国立大学、医学部、早慶など難関私大における東進の現役合格実績はウェブサイト・パンフレットなどで公表している予備校の中で最大(2022年JDnet調べ)。

合格実績をもっと見る  ▼
資料請求

合格した先輩たちの体験記(千早駅西口校)

地方であっても都心で受けられるようなハイレベルな講座を受けられる
生徒

東京大学
理科一類
樋口拓朗くん
宗像高等学校

僕は比較的受験勉強に取り組むのは遅く、本格的に取り組めたのは部活が完全に終わった7月からでした。僕は東進で長岡先生の「数学ぐんぐん」と「微積もぐんぐん」を受けていました。確かにこれによって成績が上がり、6月の東大本番レベル模試から8月の東大本番レベル模試において、数学を30から60まで伸ばすことができました。

個人的には、できるだけハイレベルな講座を受講するべきだと考えます。例えば、物理や化学は最初からハイレベルをとるのが結局近回りでしょうし、数学は真髄やぐんぐん以前の基礎的な部分は参考書で済ませて、これらにできるだけ早く取り掛かってください。

ただでさえ地方ということもあって進度的には後れを取っており、さらに東大レベルの質問ができる人財も限られていることを考えると、特別な才能のあるのでない限りは、時間をかけて学習するべきです。また、東進模試もかなり役に立つと思います。

東大本番レベル模試のような、難易度の高く、良質な演習を積む機会は多くありませんし、解説授業の解くプロセス等は、東進の映像による授業ならではの得られるものです。様々な手段の得意部分を上手に生かして、賢く受験してください。
東進に通わせてくれる親への感謝を忘れずに勉強することが大切
生徒

九州大学
工学部
厚地俊哉くん
福岡高等学校

僕は1年生の4月から東進に通わせてもらっていました。部活はハンドボール部に所属していて、1年生の時は副キャプテン、2年生の時はキャプテンになって、週に6日活動をしていました。夜東進に来ると寝てしまうのは当たり前で、1日1受講すらもできないでいました。

そんな僕が変わることができたのは、2年生の4月から2年間指導して頂いた担任助手の方のおかげです。その先生は自分の境遇を1番理解してくれる先輩で、勉強・部活・学校行事・日常生活など本当に多くの場面で相談に乗ってもらいました。

何か決める時は最終的に僕に決断をさせてくれて、基本的にはあまり口を出さないでくれました。そのおかげで、自分の決めたことはちゃんとやろうと思うようになり、また、その先生の教えもあって何事も早めに取り組むようになり、試験前に余裕を持って勉強することができました。東進の良い所は、実際に受験を経験した現役の大学生に色んな事を聞けることだと思います。

僕が勉強する上で大切にしていたことは、何事も、「なぜそうなるのか」という根本を理解することです。そのために、毎日教科書を持ち歩いて、気になることがあったら見るようにして、それでも分からなかったら学校の先生や東進の担任助手の方に質問していました。

また、東進が開いている時間には必ず東進に行くようにしていました。受験生にとって1番邪魔なものはスマホなので、必ず入口で預けるようにしました。

僕が1番ためになった講座は、やまぐち先生のスタンダード物理です。この講座のおかげで苦手だった物理を得点源に変えることができました。また、変に参考書に手を出さず、過去問演習講座に早くから取り掛かり、演習・復習を繰り返すことをおすすめします。

最後に1番大切にして欲しいことは、親への感謝です。東進に通わせてもらっていることへの感謝を忘れなければ、勉強せずにいられないはずです。

僕自身現役で第1志望校に合格することができましたが、まだスタートラインに立っただけだと思います。これからは、将来立派に親孝行できるように頑張ります。
先生方が間違えた問題を丁寧に解説してくれた
生徒

九州大学
工学部
佐伯啓貴くん
福岡高等学校

中学校時代に英進館生だった自分は、一年生の時から招待講習や公開模試などでよく利用させてもらっていて、家の近くにある方が通いやすいだろうということで東進にしました。

入ってすぐの頃は部活等もあり主に家で講座受講を進めました。夏休み頃から東進に自習室に行き始めました。十一月頃にやっとスイッチが入り、東進に入り浸りました。それからは過去問演習講座共通テスト対策、過去問演習講座国立二次私大対策、志望校別単元ジャンル演習講座等を最大限活用し、それまでは良くてもC判定だった志望校で、一月の共通テスト本番レベル模試ではB判定が出ました。

前期終了後、後期に向けて勉強をしていた時、前期試験での間違いに気づき不合格を覚悟しました。しかし、一点でも多くとろうと、取り敢えず何か答えを書こうとしたのが功を奏したのか、見事合格を勝ち取ることができました。志望校別単元ジャンル演習講座は、二次試験の直前まで利用していました。何人かの先生方が間違えた問題を丁寧に解説してくれたことが、大いに助かりました。

受験生の皆さんは、毎日ではなくてもいいので、できる限り早いうちから、校舎に行き、講座受講したり、自習したりして、ぜひ東進を最大限利用してください。
自分が今できることをする
生徒

九州大学
理学部
小草智拓くん
福岡高等学校

僕は部活が終わり、ひと段落ついた高校三年生の六月に東進に入りました。正直僕が東進に入ったときは、他の人は受験のための基礎の土台がほぼ出来上がっており、僕は人よりも努力する必要がありました。そんな僕が、周りと差をつけ、受験を成功させるめに大事だと感じたことを三つ紹介したいと思います。

一つ目は、夏休みでの基礎固めです。今振り返ると、一番努力した時期は夏休みだったと思います。僕は東進の講座を毎日5個受講して、高速マスター基礎力養成講座の数学を完璧にすることを心がけました。わからない問題は、何がわからないのかを分析し、東進の担任助手の方に質問をし、もう一度問題を解くという流れを意識しました。

二つ目は、東進の模試、および大学の過去問の復習を徹底することです。最初のころは点数が悪く、模試の問題を見返すことも辛かったです。しかし、そこを頑張って問題を見返し、次に似たような問題が出たときに絶対に間違えないようにしました。特に東進の解説は、色々な解法が載っているので、様々な角度から解けるようにするためによく活用していました。

三つ目は、受験のためのルーティンを作ること。睡眠時間をはじめとし、昼食の量、タイミング、休憩時間の使い方などを模試だけでなく、日ごろから実践していました。こうすることで、落ち着いて問題が解けるようになり、安定して点が取れるようになったと思います。 テスト本番はとても緊張します。難しい問題が出たらとても絶望します。そんなときこそ、「自分が今できることをする」という考えでテストに臨んでください。周りを見渡すことができるくらいの余裕を持ってください。最大限の実力を発揮するためには、落ち着くことだと僕は思います。今までやってきたことを信じて、自分の実力が発揮できるように頑張ってください。

最後に、応援してくれた友達、指導してくださった東進の先生の方々、相談に乗ってくれた学校の先生、そして最後まで支えてくれた家族に心から感謝します。ありがとうございました。
大変だったが、挑戦して良かった
生徒

九州大学
経済学部
中嶋乃愛さん
香住丘高等学校

推薦と聞くと、何か堅苦しくて生徒会やリーダーを経験していなければ、合格できないように思えるかもしれません。私も初めはそう思って、挑戦するか迷いました。実際に取り組み始めても、共通テストや二次試験の勉強に加えて、志望理由書を考えたり面接の練習をしたりしなければならなかったので、想像以上に大変でした。しかし、私はすべてを含めて挑戦して良かったと本当に思います。

特に推薦を受けて良かったと思う点は、自分のしたいことや学びたいこと明確になった点です。私は受験生になっても国際関係の仕事に就きたいという曖昧な考えがあるだけで、将来やりたいことがありませんでした。ですが、約1800字の志望理由書を書くことが、興味のある分野を深掘りするきっかけとなりました。ただ国際系の仕事に就きたいという漠然とした考えから、貿易を通して貧困や環境問題を解決する人になりたいという夢にまで膨らますことができました。

高校では男子テニス部のマネージャーを務めました。そこで人を支える楽しさを知って、人を裏からサポートする仕事に就きたいと思い始めました。そして、間接的に人と人とをつなぐような仕事である貿易関係の仕事に興味を持ちました。

目標が決まると、その大学に行きたいという気持ちが高まって勉強のモチベも上がるので良かったです。東進に入って良かったところは、周りの頑張っている人を見て自分も頑張ろうと思えるところ、模試がたくさんあって自分の足りないところが分かるところ、担任助手の方が親身になってくれるところです。

特に共通テスト本番レベル模試は、実際の形式と似ているので、自分の課題点がはっきり分かるのでおすすめです。おすすめの講座は、過去問演習講座大学入学共通テスト対策
です。良かったところは、模擬形式で試せるところです。

受験期になると一人で抱え込んでしまいそうになりますが、東進の担任指導の制度のおかげで、やる気を保つことができました。周りの担任助手の方も担任の先生のように関わってくれたので、心の支えとなりました。
志望校を諦めない気持ちを持って
生徒

九州大学
経済学部
田中雅也くん
福岡高等学校

僕は、九州大学経済学部経済工学科に合格しました。まず初めに高校2年生の2月時点で私は偏差値40しかありませんでした。そこから、東進に入学し、九州大学に合格できました。ちなみに、東進を選んだ理由は、無理なく継続するために、学校帰りに寄れ、自宅から比較的近かったからです。

僕は、部活が終わった夏頃から毎朝1時間、1時間目の開始間に勉強時間を取りました。僕は、量よりも質が大事であると考えます。ただやみくもに勉強をしても学力は伸びません。東進では、担任の先生との面談ができ、合格するための勉強方法を考えることができました。色々な事を身近にアドバイス頂けるので、大変心強かったです。

また、おすすめする講座は、スタンダード物理です。理由として、授業よりも先に学習することができたことで、学校の授業を復習として使うことができ、他の科目を勉強する時間を作ることができました。また、共通テスト本番レベル模試は、返却が早いため、すぐに振り返る事ができ、勉強計画の立て直しができました。勉強のモチベーションを保つために、受けることをお勧めします。

僕はバレー部に所属していて、体育祭では役員をしました。学校行事は1度きりしかありません。高校生活を楽しむ事も忘れないで下さい。勉強方法は、何が正しいのか分かりません。自分で勉強法を見つけることが大切です。だからこそ、色々な人のアドバイスを聞いて下さい。自分に合った方法は必ず見つかります。最後に、受験はきついです。なので、東進をさぼることもあると思いますが、大丈夫です。先生方が、温かくサポートしてくれます。最後まで、志望校を諦めない気持ちを持って頑張って下さい。
いろいろな人の考え方や解法を見て、自分なりに吸収する
生徒

九州大学
経済学部
永井陸士くん
福岡高等学校

自分のペースで進められる形式に魅力を感じて、三年生の春休みに東進に入学しました。入学したときは高校の中でも400人中250番くらいの成績だったので、授業コマ数を多くして、1日2コマペースで進めようとはりきっていました。

しかし、しばらくして部活や遊びを優先してしまい、1日1コマどころか2,3日に1コマのペースにまで落ちてしまいました。三年生の夏になっても、次は体育祭を言い訳にして勉強を頑張れず、模試の判定もずっとEでした。そこでようやく受験に対する危機感が生まれ、9月からは朝7時に学校に着いて、夜は9時過ぎまで東進に残る日々が続きました。それに応えるかのように成績も上がっていきました。

実際に初めはE判定だった僕でも合格することができたので、今あまり頑張れていない人も落ち込まず、自分のペースで勉強すると良いと思います。自分が勉強するときに意識していたのは、いろいろな人の考え方や解法を見て、自分なりに吸収するということです。例えば過去問を解くとき、答えだけを見るのではなく、他の人に教えてもらうのはすごく役に立ちました。だから、今点数がとれてなくても諦めることなく、いろいろな考え方を吸収して頑張ってほしいです。
記述式の回答を採点してくれたのが、とても役にたった
生徒

九州大学
芸術工学部
森雄大くん
福岡高等学校

僕がこの1年間でやったことを書いておこうと思います。僕は2年生の10月頃に東進に入り、そこから一時は、習い事のボクシングと勉強を両立する日々が続きました。部活と違って東進に来るのは、夜の9時前であまり時間をとれなかったので、平日は高速マスター基礎力養成講座を中心にやっていました。

そして休日には、平日の遅れを取り戻すために受講をやり込みました。その中でもスタンダード物理とハイレベル化学は分野ごとに分かれているので、受験直前期に復習に使う事が出来ました。また高速マスター基礎力養成講座は英単語だけでなく古文単語、数学計算演習もやっていました。

模試に関しては、共通テストは癖があるので、共通テスト本番レベル模試を多く実施してくれたおかげで、本番でもしっかりと取り組むことができました。そして模試の後には面談があり、そこで苦手科目の勉強法を担任助手の方々から教えてもらうことで、自分なりの勉強をやれるようになりました。

3年生になってからは、主に過去問を解く時間になりましたが、その中でも記述式の回答を採点してくれたのが、とても役にたったと思います。特に英語や数学は部分点が重要なので、なかなか自分で採点しにくい所があるからです。

また、受験期で辛くなった時期はあえて志望校のことではなく、その先のなりたい職業、僕で言えば建築士の作品を見てモチベーションを高めていきました。皆さんも誘惑に負けてしまいそうになるかもしれませんが、何とか打ち勝って合格をつかみ取ってください。
合格するイメージを常に忘れずに
生徒

九州大学
薬学部
青木悠真くん
福岡高等学校

第一志望大学に合格できた今の率直な思いは喜びというよりも、安堵に近いもののように思います。それは、合格する自信があったからではなく、自分が受験期を120%全力で走り抜けた自信がなかったため、不合格であれば悔やまれる点が少なからずはあったからです。どれくらい頑張ったかというのははもちろんですが、どれくらい頑張れなかったかというのも自分自身が一番わかっていると思います。また、後者の意識は本番近くになって大きな不安や焦りにつながります。ですので、僕が言っても説得力はないかもしれませんが、これを読んでくださっている受験生の方々は、悔いのないような時間を過ごしてください。そうすれば結果も悔いのないものになると思います。

僕は、東進に三年間お世話になりました。そこで感じたのは、高校での勉強と東進での勉強のバランスの大切さです。東進に通うことで、勉強時間の確保に繋がります。しかし、僕の場合は、高校と東進での勉強の両方に同じくらいの力を注ぐことで、両方の勉強があまり身についていなかった時期がありました。ですので、高校と東進での勉強に追われている人はどちらかに軸足を置いてみることを考えるのもいいと思います。僕の場合は、高校の授業に軸足を置いて復習に特に力を入れました。そして、東進でそれを補強するという形でした。

受験生の方々は、不安に襲われることも多いと思いますが、大学に落ちるイメージではなく、合格するイメージを常に忘れずに全力を尽くしてください。応援しています。
東進の授業がなければ第一志望に合格できなかった
生徒

大阪大学
基礎工学部
渡辺蒼都くん
福岡高等学校

僕は高二の九月ごろに東進に入学しました。きっかけは母の勧めで休校期間に受けた東進の映像による授業です。この授業がなければ、僕は第一志望に合格できなかったと思います。東進は予習ベースで学習を進めることができるため、学校の授業が復習となり授業内容の理解度がとても高まりました。この高速学習のおかげで演習量が増え、周りと差をつけることができました。

入学時は特に志望校を決めておらず、近くの大学に通えればいいと考えていたけれど、東進の担任の先生のアドバイスをもとに大阪大学を目指すことにしました。高三の七月まで部活動があり、受験勉強との両立が難しかったけど、担任の先生や志望校が同じ友達の支えもあり、ほぼ毎日登校し受験勉強を進めていきました。高三の最初は思うように成績が伸びず、何度もやる気を失いかけたけど、勉強するしかなかったので諦めずに東進に通い続けました。そして部活動引退後、初めての模試でこれまで積み重ねてきた努力が報われました。

その後はこの成功体験をモチベーションに、やる気をキープし続けることができました。共通テストの結果は思うようにはいかなかったけれど、親や友人、担任の先生と話し合い、第一志望を貫くことができました。共通テスト後は、二次試験の勉強に入り、過去問演習講座を通して難問へのアプローチの仕方を学び、内容がわからないような時は担任助手の方に質問し、復習を徹底しました。その結果、合格点が取れるようになり本番でも実力を最大限発揮できました。僕は受験を通して周囲の支えのありがたさを改めて実感しました。これからは些細なことでも周囲に感謝できるような人になりたいです。
学問そのものを楽しめた
生徒

大阪大学
工学部
川島汰三くん
福岡高等学校

自習スペースの確保と、苦手科目の克服のために、二年生の夏休みに東進に入りました。初めは、大阪大学を目指すのには厳しい成績でしたが、東進で受講や演習をしていく中で、力をつけていくことができました。

苦手だった英語では、予習、受講、復習のサイクルができたおかげで、成績は上がっていきました。得意だった物理では、正しい理解を授けてもらって、より一層物理が好きになりましたし、楽しくなりました。

本格的に受験勉強に入る前に、受講を通して自分の基礎的な土台を作ることができたのがよかったです。部活が三年生の六月ごろに終わって、志望校を大阪大学に決定しました。志望校との成績のギャップもあり、苦しい時期が続きましたが、過去問演習講座大学入学共通テスト対策や過去問演習講座を通して成績が上がっていくのが楽しかったです。特に過去問演習講座では、重厚な阪大理系の過去問をわかりやすく解説してくれたのがよかったです。

最後に、受験勉強は長く苦しいものです。自分は十一月から一月にかけて成績が伸びず、かなりきつかったです。ですが、学問そのものを楽しめたので、最後まで頑張ることができ、第一志望校に合格できました。多くの人は勉強が「手段」になっていると思うのですが、大学に行く、勉強するということは、今学んでいるそれ自体が「目的」であることを忘れないでほしいです。そうすれば最後まで頑張れると思うし、東進はそういうものも提供してくれていると思います。私も東進で学んだことを生かして、大学で学び、世界の発展に貢献していきたいです。
似た問題を繰り返し解くことで学力が伸びる
生徒

九州工業大学
情報工学部
前田陸くん
香住丘高等学校

僕は九州工業大学情報工学部に合格しました。僕が東進に入学したのは高2の7月からで、数学、英語を中心に講座を受けました。特に数学の講座の『受験数学ⅠAⅡB』は応用的な問題を扱っており、この講座のお陰で数学を得意科目にすることができたため、理系の人には非常におすすめな講座です。

共通テスト前になると、共通テストの過去問や予想問題を解いて解説授業を受けることを繰り返していました。しかし、それだけでは模試の点数があまり上がりません。間違えた問題の類似問題、同じ分野の問題を解いたり、過去問の解きなおしをして初めて学力が伸びます。僕はそれに気づいたのが遅かったため共通テストでは思ったように点数が出せませんでした。後輩の皆さんは是非、同じ問題や似た問題を繰り返し解くということを試してみてください、同じミスを減らすことができます。

また、志望校別単元ジャンル演習講座では特定の分野を集中して勉強することができたため、苦手分野を減らすことができました。様々な問題をバランスよくこなすよりも、的を絞って問題を解く方が効率よく勉強できると思います。暗記系の科目や分野では一度暗記事項をまとめて、ひたすら周回していくのが良いと思います。東進のツールには高速マスター基礎力養成講座があるので、英単語の学習がまだ不十分な人は是非活用してください、選択肢が表示されるので低いハードルでアウトプットができるため、英単語を覚えるのがとても速いです。

僕は高3の夏まで柔道部に所属しており、練習は週に6回ありました。東進には部活が終わった後来ていたのですが、疲れてしまいよく受講ブースで眠っていました。どうせ寝てしまうならと東進に行かない日もありましたが、それでも毎日東進に通って少しでも勉強しておいた方がよかったと後悔が残っています。

僕は将来は大学院に進み、卒業後はSEとしてアプリケーション開発や企業向けのソフト開発などをして働きたいと思います。九州工業大学はその将来の夢にぴったりの大学だと思います、大学に入ってからも頑張りたいと思います。後輩の皆さんもまずは大学受験に向けて頑張ってください。
最後まであきらめることなく取り組むことが大事
生徒

福岡教育大学
教育学部
尾﨑悠くん
香住丘高等学校

僕は高校入学と同時に、中学時代の東進の先生や友達の助言で東進に入ることにしました。高校一年生のころに現代文基礎トレーニングという講座を受講していたのですが、これが三年間の中で一番いいと感じた講座です。また、高速マスター基礎力養成講座では、アプリを活用することで英単語や古典単語をスキマ間時間に勉強でき、単語帳を持っていなくても暗記ができるのがよかったです。そして東進模試は、結果が詳細に分析されたデータが見ることができるので、復習やこれからの勉強に役立ちました。チームミーティングでは、同じ高校の人などと競争のようなことをしてモチベーションを高めることができました。また、担任の先生には勉強の進め方や志望校の決定について相談させていただき、お世話になりました。受験勉強をする上で相談できる人がいることで、一人で勉強するよりもはるかに気持ちが楽になりました。

大学では自分の将来のために勉強することになるので、後悔することが無いように一生懸命頑張っていきたいと思います。大学受験を通して、最後まであきらめることなく取り組むことが大事だと学びました。これからも、たとえ失敗したとしても挫けることなく、自分がやりたい仕事に就けるように、そして自分が思い描く理想に少しでも近づけるように頑張ろうと思います。
環境は人を変える。東進に入って勉強が好きになった
生徒

立命館アジア太平洋大学
国際経営学部
江内田諭くん
香椎高等学校

僕は高校入学後まったく勉強せず、二年生の時に受けた模試の悪さに危機感を抱き、東進に通うことを決めました。その時僕は偏差値が40程で、大学受験のことも全く知らない状態でした。しかし担任の先生方のサポートがあり、志望校合格のためのプロセスを設定できました。

東進の講師の方々によるわかりやすく面白い講座や、定期的に行われる模試があったことでモチベーションを保つことができ、ほぼ毎日通うことができました。うまくいかない時には担任の先生が自身の体験をもとに的確なアドバイスをしてくださったり、定期的な面談で逐一自分のやるべきことを確認できたりと、サポートが徹底されていました。そうした恵まれた環境のおかげで合格をつかみ取ることができました。

後輩の皆さんに伝えたいことは、環境は人を変えるということです。まったく勉強をしなかった自分が東進に入ったことで勉強が好きになり、さらには勉強が習慣化されたのがいい例だと思います。しかし東進に入ることだけが環境を変える手段ではありません。部屋をきれいにしてみたり、早起きして勉強してみたりとどんな些細なことでも構いません。その中で自分の変化を体験しそれを積み重ねることで、理想の自分へ近づけるに違いありません。

僕は将来海外でも活躍できる社長になりたいと考えています。そのために大学で経営学を学び、留学生が半分を占める学内で世界中に人脈を作り、英語を話せるようになり、4年後に理想の自分になって卒業できるように成長していきたいと思います。
話題の東進CM公開中!
東進広告ギャラリー
東進 イベント報告ページ
東進は様々なイベントを実施しています。
AO入試・推薦入試の基礎知識
合格の可能性を広げよう!
高校生の悩み解決サイト
高校生の悩み解決サイト
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東大を目指す高校生必見!
東大を目指す高校生必見!
志作文コンクール
若く可能性に溢れたリーダーに
今週のQ&A

校舎の天気

千早駅西口校の天気情報

<今日の天気>

天気アイコン
くもりのち晴れ
最高 / 最低
14℃ / 4
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) --% --% 10% 10%

<明日の天気>

天気アイコン
晴れのちくもり
最高 / 最低
16℃ / 5
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 0% 10% 10% 10%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。
天気