東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  河内松原駅前校

東進衛星予備校
河内松原駅前校 校舎案内

住所

〒580-0016 大阪府 松原市 上田3-6-1ゆめニティまつばら3F

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

アクセス

河内松原駅前校でのお申し込みはこちら!

いつでも君にピッタリな
実力講師陣の授業を体験できます

詳しい資料をお送りいたします。
気軽にご請求ください。

合格実績をもっと見る  ▼

合格した先輩たちの体験記(河内松原駅前校)

まずは基礎学習の徹底を

立命館大学
政策科学部
篠原博人くん
生野高等学校

最初は全く英語ができなくて6月の模試は50点しかなくてこんな調子でいけるのだろうかと不安しかありませんでした。まずは基本的なことさえわからなかったので徹底して基礎学習をしました。内容は講座で文法の基本をおさえ、高速マスター講座の単語は毎日1000個くらいやっていました。8月の模試は100点で点数はあがったもののまわりとは離れていて焦りもありました。それからは大問別の長文を1日2題問いて文章に慣れるようにしました。また長文の音読を繰り返して速く読む訓練もしました。それをやっていく内に自分でも英語が読めるという実感がでて自信がついてセンター試験の過去問を解いたら140点をとって自信がつきました。11月になると2次試験の英語の講座では難しく、文章が読めなくなりとても苦しい時期でした。それでもあきらめず毎日音読を繰り返している間にまた自信を取り戻しました。2次試験本番でも以前では確実に読めなかった長文も簡単に思えました。

受験生活を通して自分自身成長できましたし、後悔もすることなく心地良く終われたことに満足しています。それは周りの環境(家族、友達、担任助手の方)が良くて最後までやり続けることができた結果だと思います。

これから受験をする人たちは合否だけが受験の成果ではないとわかってほしいです。合格者がいるということは不合格者も必ずいます。その中で自分が何を見つけれるかどうかが受験で学ぶことだと思います。長くなりましたがここで自分の高校生活最後のイベント「受験」を終了したいと思います。
東進の皆さんや友人に支えられた受験

東京外国語大学
国際社会学部
和島左京くん
生野高等学校

中学の頃から国際関係学の勉強がしたいと思い、ずっと同じ第一志望校で突き通して、何とか進学したかったので東進に入学しました。

自分はあまり勉強の効率がいいわけではないです。他のクラスメイトのように授業さえ聴いていれば定期考査で赤点をとらずに済むということもなく、ただ、効率が悪くても、やった分は少しずつ結果が出るタイプだったので幸い勉強自体は嫌いにならずやってこれました。

センター対策はとにかく量をこなしていました。10年分の過去問は夏休みの中盤くらいには仕上げて、8月のセンター試験本番レベル模試では、本番でこれくらいとれればという目標点を一応達成できました。今思うとこの時点である程度センター対策を終えられていたことで精神的余裕をもって勉強ができたかなと思います。何事も早め早めに終わらせておくと最後まで自分のペースを乱さずに取り組むことができて、本番でも平常心をもって挑めたと思います。

最後まで自分の第一志望校を変えずにきたことには後悔はしていないし、むしろ満足感に満ちています。この1年間を通して自分はあまりストレスをため込まずに受験勉強に取り組めたことが一番大きかったと思います。時間は少ないながらも多少趣味を楽しめたし、学校の先生、東進の皆さんや友人に支えられたからだと思います。中でも12月、1月になってもピリピリせず和やかな雰囲気のクラスメイト達、プレッシャーを与えないよう細心の気配りをしてくれた家族には感謝してもしきれないです。

大阪市立大学
生活科学部
川本聖さん
生野高等学校

東進に行こうと思ったきっかけは将来の夢や志望校が決まって,自分1人では合格できそうにないので予備校にいこうと思ったことです。東進なら9月まで部活があっても自分のペースで進めていけそうだと思いました。2年生の春休みに市大を受験しようと決めて、合格したら市大の大学院に進んで,臨床心理士になりたいと思っていました。

入学時には得意科目がなく学力診断テストではどの教科も5割にも満たない感じで本当に得点できるようになるのか不安でした。東進には仲のいい友達もいて、担任の先生や担任助手の方もみんな優しくて、体験授業もわかりやすくおもしろかったので東進に入学しようと決めました。東進の映像の授業は授業を自由な日と時間に受けられるので、部活や学校が休みの時に普段より多くの授業を受けられるところがいい点だと思います。特に英語の今井先生の休憩の話もおもしろかったです。

高速マスター講座は何回も繰り返すことではやく身につけられて、英語を速く読めるようになったり数学の基礎が身につけられたりしました。センター試験対策講座では得点によって3色に色分けされて、8割以上の青を増やして自信をつけられました。

志望校対策講座では添削をしてもらえて、自分で判断しづらい所も採点してもらえたのでとても役に立ちました。東進と学校の両立をするのは難しかったけど、この教科は学校メインでやるというのを決めると楽になりました。

得意科目は語彙を増やして力を伸ばして、苦手科目は基礎をおさえて予習復習をきっちりして、得意教科に近づくようにしました。入試直前は今までやった過去問を2周3周して復習に努めていました。入試本番は、やり込んだ参考書や過去問をもっていって、自分を信じられるようにしました。受験勉強を始めて1年間とても大変だったけど、大きな体調を崩すことや、落ち込んで何もできなくなることはなかったので元気に勉強できたので良かったです。

この1年は今までの人生で1番努力したし、自分がこんなに頑張れると思わなかったので受験生活で得たものはすごく大きいと思います。ずっと志望した大学で4年間しっかり勉強して、大学院につなげられるようにがんばります。
マイナスなことは考えないこと

大阪教育大学
教育学部 第一部
齊藤大輝くん
生野高等学校

1年前の僕は、とりあえず受験をなめきっていました。全然勉強していないのに塾に行かんでも大学なんていけるって思ってました。でも、友達に塾行かないとやばいやろ的なことを言われて行ってみることにしました。そこで、僕は初めて大学受験の厳しさを教えられました。英語のテストは50点ぐらいしか取れなくて、本気でやらないとまずいと言われて塾に行こうと決めました。けど、3月中は部活もあるし、授業の時間とか気にせずにやりたいと思っていたので東進がぴったりやと思って東進にしました。

僕は4月で部活を引退するつもりでした。でも、目標には全然届かず悔いがすごい残って9月まで残ることにしました。それは、簡単なことではなくて平日は朝練もあって5時間ほどしか寝れず、とりあえずしんどかったです。それでも周りはどんどん引退していって勉強時間もすごい差があって不安もマックスで夏まで残ってよかったのかなと思ったりもしました。最後はしっかり結果を出せてすぐ切り替えることができました。結局はいろいろしんどかったけど、大事なことはマイナスなことは考えないことだと思います。

本番の直前も思うように点数がとれず落ち込むこともありました。でも、今考えるとすごい時間の無駄やったなと思います。そういう時は本番に運がたまってるんやと考えるのがいいと思います。本番は紅茶とチョコで眠くならないようにと集中力をたもてるようにしました。センター試験終わったとき、なんのためにがんばってきたんやろって結構落ち込みました。でも、結果的には行きたかった大学に行けてほっとしています。

受験を振り返ると、ネガティブはすごく不利です。模試の結果とか気にしすぎて勉強に集中できなくなるのが一番まずいと思います。あとはいろんな先生にいろんなこと言われるけど、ちゃんと自分で考えて自分でやると決めたことをやるべきだと思います。僕は、この1年間わりと失敗の方が多かったからこれからの人生に活かしながら明るく生きていこうと思います。
東進で効率よく進められた。

和歌山大学
観光学部
山本恭平くん
生野高等学校

東進で初めて受けた体験授業は、大吉拓馬先生の二次関数の授業でした。感動して涙が出るほどわかりやすかったです。

東進の長所は、自分のペースで進められるので、マイペースな性格の僕には合っていました。高速マスター講座や過去問演習講座もすべてPCが処理してくれるので、かなり効率的な勉強ができます。

得意科目は、英語と数学でした。
英語は「今井宏のD組・英語スタートダッシュ教室」、「今井宏のC組・英語基礎力完成教室」、「今井宏のB組・英語実力アップ教室」を受けました。ただ、D組→C組→B組で英語ができるのかと思うと、世の中そんなに甘くはありません。ある部分が欠如していたのです。それは英文解釈力です。そこで、補ったのは高速マスター講座の基礎例文300です。一文一文正確に文意をつかむということをしてこなかったので、長文は読めませんでした。だから、長文読解に入る前に、解釈力を強化することをすすめます。僕は、これで成績が上がりました。また、単語・熟語・文法などといった基礎的なことがまだ仕上がっていない人は、早急にやりましょう。当然、毎日の音読も忘れてはなりません。
数学は、東進や学校で扱った問題を完璧にするまで、復習していました。「え?問題集とか使わなかったの?」となりますが、僕は使いませんでした。なぜなら、僕の性格上、正解か不正解で一喜一憂して自己満足で終わってしまうなと思ったからです。それならば、授業で扱った問題を完璧にする方が良いと思いました。

入試本番は、舞い上がってしまうとパニックになるため、平常心、気負わないことが大事だと思います。覚悟と自覚、そして、勉強できることのありがたみを感じて邁進してください。

校舎の天気

河内松原駅前校の天気情報

<今日の天気>

最高 / 最低
10℃ / 3
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) --% --% --% 10%

<明日の天気>

最高 / 最低
9℃ / 3
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 20% 10% 10% 10%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。